%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年7月27日号 No.420

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月14日 AM11:05
マリー・マドレーヌに与えられた、
ジェンマ・ガルガーニからのメッセージ
名古屋の共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 聖体拝領前は、ものすごいひどいアタックでした。いろんなローキュー
ション聞こえてきてて、何か「やっぱりおまえには聖痕がないんだ。」
とか何だかって、すごいいっぱい言われてて、「侮辱されてもいいのか?」
とかいっぱい言われてきたんですけど、「いいんだぁ」とか言って、
「悪魔、イエズスの御名によって出て行け!」ってずっと言い続けてま
した。でも、ジャン・マリー司祭がすごい良い説教してくれて、私も
ジェンマのお姉さんがすごい好きになってきたんで・・。そしたら何か、
聖体拝領後、カリスの洗浄の時に、しるしだけ先にポンっと見せられた
んです。そして「誰ですか?」って聞いたら「ジェンマです。」って声が
聞こえてきたんです。何かとっても軽い感じなんだけど、きれいな声の
人です。で、確認のしるし、とりました。
 しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしくれました。

ジェンマ・ガルガーニ:
 愛するみなさんへ、ジェンマ・ガルガーニが挨拶します。今、ここに
いないけれども、ミッシェル・マリー・フランソワが、とっても私のこと
を慕ってくれていて、何だか面白くって、でも嬉しいです。彼の保護者
であり、そしてマリー・マドレーヌと愛する息子のジャン・マリー司祭
の保護者になります。そして、この名古屋共同体の保護者にもされました。
「あらっ!」って言ったのは、誰ですか?みんな、幼な子路線を突っ走
って下さい。思いっきり笑われて、侮辱されるのは、イエズスにとって
慰めと喜びになります。私の場合、一時たりともすごい喜びはなくって、
いつも何から何まで指摘されっぱなしの指導司祭と守護の天使がついてい
ました。あなた方は、幼な子ですから、そんなに指摘は多くないけれども、
でもイエズスと結婚したマリー・マドレーヌはだんだん近づいてます。
でも愛する息子の傷のケアは、一人一人違います。ロンジン・マリーは、
自分で自分を厳しく見過ぎていませんか?フランソワ・マリーは、何から
何まで、いたずらやりたくって仕方ないでしょ。いたずら坊主のフラン
ソワ・マリーと指摘家のロンジン・マリーは、何だかとっても対照的で、
面白い家族を作りあげています。告解した後、「絶対同じこと、しない
ようにするんだ」ってロンジン・マリーが言ったとき、マリー・マドレ
ーヌは「この人、怖い。」って実に思ったんですよ。ロンジン・マリーの
このすっごくしっかりした性格は、お母さん譲りだと思います。お母さん
は何でも良い子になるために、「いっぱい良い子になれますようにお参り
しなさい」って、昨日ちっちゃい子たちにすっごく怖い声で、言ってま
した。すっごいしっかり者のお母さんは、実は自分が耳が聞こえないので、
とってもすごく寂しがっているんだけど、「女として名古屋の人として、
強く生きなきゃ。甘えてなんかいられるか」って言って、頑張っていっ
ぱい家事、洗濯、掃除、花の手入れまでやってます。でも、自分が楽しみ
たいことは決して忘れないで、自分の心を和らげようとしているのは、
とってもいいことです。でも、子供たちに叱りつけるお母さんだったのか、
そこはよくわからないけど、マリー・マドレーヌは、ちょっとビビって
大変でした。あと、□□さんに関して、残念ながらまだイエズスのこと
理解できずに、お母さんと話をよくして、輪廻転生とイエズスの復活と、
混同してて、マリー・マドレーヌはこれを耳に聞こえてしまったために、
激しく心が刺されました。マリー・マドレーヌは、このようにだんだん
イエズスのことで、心痛くなるようになってきてます。イエズスの御心
から出ないで、ずうっと幼稚・白痴・引きこもりをすることにより、世間
からは変な目で見られ、愛するシャーベル修道会の仲間からは、とうとう
嫌われる存在になってしまいました。まだ、誰もマリー・マドレーヌに
会ったことがないのに、です。とっても残念です。マリア司教がしたこ
とは、本当に日本に損害を与えかねない程の、悲しい悲しい物語を作り
つつあります。愛する息子とマリー・マドレーヌは、本当にイエズスの
生贄になりました。クララ・ヨゼファ・メネンデスも、いっぱい侮辱さ
れます。ジェンマ姉さんを思い出して、ね。大丈夫、いつも一緒にいて
あげるから。ジェンマ姉さんほどの、侮辱のされ方ではないはずです。
家庭的には不幸せだったし、今もちょっと苦しんでいるかもしれないけ
れど、イエズスの十字架は侮辱で始まったことを思い出して下さい。
あなどりと、侮辱しかなかったし、イエズスはつばをかけられ、鞭を打
たれ、十字架にかかって、最後は釘付けにされて、激しく痛み、そして
永遠の御父からも見捨てられる、という大変悲惨な死に方をしました。
人間でこんなに悲惨な死に方をした人はいません。殉教者は、それぞれの
死に方で、火あぶりの刑にあったジャンヌ・ダルクもそれに似てますけど、
とってもみんなイエズスを愛したがために、イエズスの死にならって、
殉教の道を選びました。クララ・ヨゼファ・メネンデスは、殉教しない
けれども、相手からすごい目で見られ、「なんつう女だぁ」って言われる
ほど、侮辱を言葉で受け、精神的に大きな打撃を受けます。それがあなた
の十字架になります。マリー・マドレーヌと愛する息子は、もう侮辱いっ
ぱい受けてます。これから二人は聖痕を持ちます。このことで、大きな
変化が起きますが、教会は「あの気ちがいどもが」と言って、侮辱に侮辱
を加えます。二人は偽せ者で、特にマリー・マドレーヌに与えられる
メッセージそのものは「彼女の思い込みで、勝手にしゃべって作ったも
のだ」とか言われ、そして非難され、そして信じない人もとうとう現れ
ました。そのように、まずリトル・ぺブルさんが重婚したことで、侮辱が
始まり、そして支持する人たちも同じ道を歩くことを覚えて欲しいのです。
侮辱は、そのときはめちゃくちゃ心が痛いし、辛いし、悲しいけれど、
神様の報いははるかに勝って、よいものをくれます。優しい神様だから、
「神様が侮辱されている、その侮辱をもらってるんだぁ」と思って、耐え
て欲しいです。この名古屋の共同体は、ヨゼフパパとイメルダ・ランベル
ティーニちゃんと私ジェンマ・ガルガーニが担当します。祝福をおくり
ます。司祭の祝福を、一人一人にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ロンジン・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (フランソワ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。で、何かまた一言・・。
 
ジェンマ・ガルガーニ:
 絵を、いっぱい貼りまくって下さい。それが、とってもいい伝道で、
証になりますよ。宣伝カーみたいになるから楽しみにね。よくロンジン・
マリーは、堂々と行動しているので、みんな天の人たちは祝福の雨をいっ
ぱい降らせたてあげたくって、本当に大喜びしてるんです。これは前代未
聞で、リトル・ぺブルさんを堂々と証する模範になってますから。同宿服
は外で着るんです。家の中では大丈夫ですよ。みんな安心して、愛する
ジャン・マリー司祭についていって下さい。偽の神父だとか、いっぱい
いっぱい言われます。だけど違いますから、よく耳を開いて聞いて下さい。
すごいお腹が鳴ってる人がいるので、そろそろ終わりにします。『苦し
みの受難の花』と言われたジェンマだけれど、実際にユーモアたっぷりな
面白い人なんです。みんなのほうが、マリー・マドレーヌよりジェンマ
のこと知ってると思います。でも、マリー・マドレーヌには、こういう
方法で話しました。最後にもう一度、祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、確認のしるしありました。「他に何かありますか?」
 またしるしがあって・・。
 
ジェンマ・ガルガーニ:
 そうそう、哺乳瓶とがらがらは、絶対忘れないでね。ちっちゃい子た
ちが、「ミルク振り回さないで。」って言ってるけど、ミルクじゃなく
って、聖水入れてるの、あとでわかるようになります。ちっちゃい子のス
トレートな言葉は、本当に真をついているので、みんなどきっとさせら
れるかもしれないけど、でもでも大丈夫です。いつもみんなの側にいま
すから、何でも何でも「お父ちゃん」って言って、甘えて下さい。いっ
ぱい祝福もらったから、これで終わりにしますね。バイバイ

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。しるしはないけど、別のしるしで「秋田は‘猫共
同体’って呼んであげるからね。」だって。大変だ、こりゃ!

ジェンマ・ガルガーニ:
 クララ・ヨゼファ・メネンデスとコルベ・マリーも猫を持ちます。
マリー・マドレーヌはキティちゃんと猫を持ちますから、みんな‘猫共
同体’です。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。「ブログに投稿して下さい。」だって。しるし確認も
らってる。
 他には何もない・・。しるしないです。


--------------------------------
2007年5月14日 PM7:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
名古屋の共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 先ほど、ご飯ちょっと食べてて、フランソワ・マリーが、初の哺乳瓶を
体験して飲んでたんだけど、その飲みっぷりとか、それでみんなで大笑い
しちゃってて楽しく過ごしてたんだけど、今さっきジャン・マリーが
バナナ食べてるのとは違う、バラの花の香りがちょっと外からしたのか
なぁっていうくらいの、そんな感じが2度もあったので、「しるし求め
たい。」って言って、識別のためのしるし求めたら、マリア様の声と同
時にしるしがあって、「フランソワ・マリーにバラの花束あげます。」
って、「送ります。」って言われました。

ジャン・マリー神父:
 しるし、求めて。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。バラの香りがしてます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 いたずら坊主のフランソワ・マリー、でも本当はいたずらじゃなくって、
とっても純朴で可愛い息子になります。聖母が話します。あなたは、マ
リー・マドレーヌの自叙伝の絵を助けてくれて、そしてようやく赤ちゃん
の気分を味わいました。もう止まりません。「頭では抵抗したけど、体が
要求する。」こんな面白い発言をした子は、あなたが初めてで、理性と
本能と持ってるものが違うのがわかったと思います。聖母マリアは、あ
なたの献身的なお父さんの介護と、全ての事を全部ここの共同体に捧げ
てくれているのを、本当に喜んでいます。この哺乳瓶共同体は、秋田も
名古屋も、今度天草でも行われます。泉が湧く頃には、哺乳瓶のこの神様
のいたずら計画は、浸透していくはずです。純朴な子だけが、神の言葉
を喜び、冗談を言い合いながら、本当の愛を築ける団体になります。
言いたいことを言い合って、そして楽しんで過ごす・・
 
(誰かがゲップした!)
 
マリー・マドレーヌ:
 ちょっと待って・・。マリア様、正しいところから再開してちょ!
 しるしがあって・・

聖母マリア様:
 こんな御出現は、今まで見たことがないです。聞く側の面白い反応が
返るのは、見たことがないです。マリー・マドレーヌは、脱魂してない
ので、何もかもがわかってしまうので、出現の間はミルクを飲むのを止め
てちょ!愛する息子(ジャン・マリー神父)の全く4歳のいたずらのしで
かしには、天は「ほとほと疲れた」と言ってしまう、そう考えてしまい
たいけれど、でもそんなことはありません。ますます、赤ちゃんになって
下さい。博士の称号を持つコルベ・マリーは、すっごく冷静に、これも
前代未聞です。内面では面白く笑ってるんでしょうけど、今は幼な子に
なってるから、淡々と哺乳瓶を味わっています。聖母は、それぞれの
キャラクターを愛しています。責めていません。でも、最後にロンジン・
マリーが哺乳瓶を吸うのを見てから、あなた方4人、クララ・ヨゼファ・
メネンデス、コルベ・マリー、マリー・マドレーヌ、そして愛する息子は、
秋田に帰ることになります。マリア・アントニア・理枝北岡のことで祈っ
てあげて下さい。司祭の祝福を、フランソワ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(フランソワ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、確認のしるしもらったんだけど、「もう赤ちゃんに
なりました。」だって。


聖母マリア様:
 聖母が話します。可愛い絵をどんどん描いて、送ってあげて下さい。
いつも祝福しています。神の平和があなたとともにありますように、
祈ります。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうないです。
 「リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?」 ないです。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は8月3日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]