%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年7月20日号 No.419

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月13日 AM5:20
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
名古屋の共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今日はイメルダ・ランベルティーニちゃんの祝日なんですけど、昨日
の夜の10:15頃のことだったんですけど、私がちょっと横になってた時に、
マリア様の声で「滞在期間をもう1日延ばして下さい。」っていう声が聞
こえました。13日に終わって14日に帰るはずで、私たちはそれで旅行を
用意してきたんですけど、14日までいて15日に帰る、ということになる、
っていうそういう感じのことを促されたので、それをジャン・マリー司
祭に伝えたんですけど、「その理由を後で説明して下さい」って言って、
その識別のためのしるしをもらっています。「ミサが終わってからお願
いします。」っていうことを、ジャン・マリー司祭が言ったので、それ
をマリア様に伝えました。今こういう状況で、また先ほどしるしがあっ
たので、「あ、そうだ」と思って、もう一度思い出して話しました。
 今識別のためのしるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度くれました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、あなた方を愛して止まない聖母が話をします。旅行
の滞在期間を、もう一日増やし、ロンジン・マリーとフランソワ・マリー
の交わりを、あなた方と持てるように、聖母はお願いしに来ました。
そして、今この4人は猛烈なアタックを受け、霊戦の只中にあって、一人
一人の肉体に精神に苦しみを受けています。コルベ・マリーと愛する息子
には、休みが必要だし、買い物も十分にできるようにして欲しいのです。
クララ・ヨゼファ・メネンデスも、今激しい痒(かゆ)みと出血を伴って、
苦しみもだえ、マリー・マドレーヌは、イエズスの御心に入る、その時
に大変な暗夜をくぐっています。神の望みは、名古屋のこの苦しい状況を、
一緒に4人が分かち合って、今日北岡家が来ますが、明日、これからの
この問題対処のために、ロンジン・マリーとフランソワ・マリーとよく
話をしてあげて、ケアをして欲しいのです。神の祝福が、大変に必要に
なっています。新しい人も来ましたし、神ご自身が介入をされて、今日
マリア・ラファエラ・くるみ北岡が、初聖体をします。そして、新しい
動きがスタートしますが、子供たちの純粋な心と引き換えに、愛情を育
てなければならない家庭であるので、理枝さんの傷と直樹さんの傷も、
今日愛する息子は聞いてあげて欲しいのです。まだ、マリア・アントニ
ア・理枝北岡は、クララ・ヨゼファ・メネンデスとお話が出来ない状況で、
心がどきどきする、とマリー・マドレーヌに打ち明けてきました。実際
汗ばんでいて、緊張しています。二人とも、独特の傷を抱え、なかなか
話が出来ないでいます。逆に、マリア・ヨゼフ・天草四郎・直樹北岡は
女性のように優しい面が、「自分は男らしく出来ないのかな」という傷の
ために、一生懸命子供たちをしかってしまう。「お父さんにならないと」
と必死で、よく、くるみと遊ぶようです。女の子が好きで、男の子には
厳しく育てないといけない、そういう心の動きを示しています。その傷の
故に、彼は何も男性に打ち明けずにいます。逆に、マリア・アントニア・
理枝北岡が、自分の夫の傷も、マリー・マドレーヌに打ち明けたために、
本当に優しいお父さんになれるように、そして男の子と女の子の育て方が、
どのようにしたら良いのかを、実地で学べるようにしてあげて欲しいの
です。らいむとれもんは、お父さんに対し、びくびくしています。特に
れもんは、もう3歳で、この生育期間で全ての人間の感情も性格も出来
上がってしまうので、今が大事です。ただ、くるみの場合、甘えることを
教えてあげないと、「しっかりしたお姉さんにならないといけないんだ」
という自覚を、学校でもこの家庭でも見せてしまいます。自分で自分を
痛めることをし始めています。らいむも「お兄ちゃんだから」という気
持ちと、お姉ちゃんと弟に挟まれてどうしたらいいのかわからなくて、
つい、やんちゃな行動に走ることを始めてしまいます。3人のそれぞれの
ケアは、愛する息子が関わって初めてわかるようになりますし、二人の
夫婦が母親と父親と逆転するかのような状態でいるので、特にそれが二人
ともが互いに気にし合っていて傷を抱えて、愛し合える状況でない状況に
陥っています。お互い愛していますが、マリア・アントニア・理枝北岡の
本当の心の奥深さは、自分が女性になるのが苦手で、誰からも男っぽく
見られる、それで恥ずかしい、というその傷をよく行動で表現してしま
います。強さとその意味とは違います。強く言うべき時には言うのですが、
自分の心の苦手な状態を、愛する息子はマリア・アントニア・理枝北岡に
施してあげて、マリア・ヨゼフ・天草四郎には男性の優しさと自分が男性
っぽくなれてないのか、という不安を取り除いてあげる必要があります。
叱って厳しくするお父さんだと、子供たちが寄り付かないので、特にマ
リア・ガブリエル・れもんが現した情緒の痛みはそうでした。しかし、
昨日の晩からだいぶれもんの変化がでてきていて、長く一緒にいたら人と
慣れる、そんな行動を見せ始めました。最初に、人に会った時に、とっ
ても自分はとっつきにくい、という表現を出すので、それで心がなかなか
開けずにいて、マリー・マドレーヌに握手をするのでさえ、怖がって出来
ないでいました。でも、長くいたらだんだん慣れてきて、一緒にロンジン・
マリーと車椅子を押す、というまでに、マリー・マドレーヌに心を開く
ようになっています。毎日の子育ての忍耐と、本当に愛情を注ぐ必要性を、
今いるこの二人の女性は学び始めました。クララ・ヨゼファ・メネンデス
も非常に苦しむので、聖水と香を使い、薬を塗れるのかわかりませんが、
その皮膚に薬を塗って、明日一日耐えてもらって、火曜日の朝に出発で
きるようにしてあげて下さい。コルベ・マリーも、本当に避雷針として
アタックを受けています。「何千倍も罰して」と言い始めたマリー・マド
レーヌも、アタックが多いです。神の計画は進みつつあるので、名古屋の
家族の共同体の計設も出来るように、ロンジン・マリーとフランソワ・
マリーのチームの関係、友情関係が必要になっており、経済的にも、本当
にバックアップが必要になっています。神の祝福を、この名古屋共同体に
おくります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(名古屋共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 経済的バックアップのことに関して説明して欲しいんですけど。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって・・。今しるしありました。

聖母マリア様:
 聖母が話します。コルベ・マリーとの会話が必要になります。どのく
らい紙代を使っているのか、印刷代もほとんど自分たちの手で出しており、
本当に誰からも助けがなく、北岡家も生活保護を受けている貧しい、本
当に貧しい共同体です。だけど、一生懸命にイエズスを、またリトル・
ぺブルを証しようと、アイデアを工夫し、ロンジン・マリーが自腹を切っ
て進めています。これは、コルベ・マリーと愛する息子に知恵を与えま
すから、経済的な面に関する悩みが打ち明けられるように、4人で話し
合って欲しいのです。その時間を設けてあげて下さい。ロンジン・マリー
は、本当に悩みをあまり言いません。一生懸命に、創りあげる事業のた
めに立ち上がろうと、信仰をもって進んでいますが、やはり愛する息子
との親密な関係、チームとしての関係が必要です。聖母はそれを期待し
ます。他のところからの援助者がでてきますが起こされるのは、まだ先に
なりますし、教会には求められませんから、子供たちの自発的な奉仕に
のみ、今神が哀れみと祝福を与えている状況です。ロンジン・マリーが
経済のことでも、愛する息子に打ち明けられるようにして、男の友情を
育てられるようにしてあげて下さい。司祭にインスピレーションを与え
ますので、天の導きに耳を傾けられるように機会を設け、旅行の間もそう
ですが、これからもっと親密に連絡が取り合えるようにしていかないと、
やっぱり愛する息子と離れると、苦しみと孤独がむしばもうとしています。
本当に愛する息子の一人一人に対するケアの重さが増しています。祝福を、
愛する息子に与えます。父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「今のメッセージは、北岡家のプライベートなこと
も入ってるので、名古屋だけに留めて下さい。」って言ってます。しるし、
確認します。しるし、確認しました。
 もう一回しるしがあって、「クララに聖水と香をまいてあげて下さい。」
って。
 確認のしるしとります。しるしありました。


--------------------------------
2007年5月13日 AM5:20
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
名古屋の共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今の、聖水と香をまいてもらった後なんですけど、「マリー・マドレ
ーヌに対して」って、しるしがあって、マリア様がお話して下さるみた
いなんで、今もう一回しるし求めます。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに優しい母、聖母マリアが話します。幼な子路線で、
いっぱいくるみちゃんとマリア・アントニア・理枝北岡に話をしてくれ
たのを、喜んでいますが、ちっちゃい子供たちが大人の路線にいきそう
なのを見て、ちょっと戸惑いました。しるしに、もう一匹、猫ちゃんの
ぬいぐるみを買ってあげて下さい。そして、マリー・マドレーヌも哺乳
瓶で飲むのを、みんなの前で、恥ずかしがらないで出来るようにしてあ
げて欲しいのです。コルベ・マリーが猫ちゃんの鳴き声をしたりするのも、
一つの幼な子路線のしるしで、自分の表現の逃避とは言っていますが、
これが結構みんなに親しみを受けさせるものです。ちっちゃい子たちには
「お兄ちゃん」と呼ばせてあげて欲しいのです。でも、養子になるクララ・
ヨゼファ・メネンデスの子が生まれたら「おじいちゃん」とか言って遊
んでいますけど、聖母は何でも喜んでいます。
幼な子路線に恥ずかしさを与えさせようとするサタンに対し、今、敵対
心を一生懸命に、マリー・マドレーヌはイエズスの御心の中に入って戦っ
ています。おしゃぶりも持ってきていますから、今日は赤ちゃん路線が
繰り広げられるはずです。れもん君がどんな反応を示すか、ちょっと楽し
みであるけれども、マリア・アントニア・理枝北岡は「とっても親密に
なりたい」と言っている状態になっています。謙遜を教えるミカエルを、
らいむに与えていますから、これからの戦いは、自分の謙遜を身につける
ための戦いになります。男の子たちは、純真で無垢で、謙遜になるのを
喜べるようになりますが、くるみは、人のお世話をするのが謙遜だと思っ
てしまっています。ちっちゃい子たちが、幼な子そのままで純心に育てる
ように、どうかみんながみんながちっちゃい子になってあげて下さい。
リトル・ぺブル同宿会は幼な子路線ですから、聖母はそれを願っています。
司祭の祝福を、マリー・マドレーヌ、そして3人の幼な子たちにお願い
します。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌ、そして3人の幼な子たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。何もないです。(リトル・ぺブルさんに)いや、
ないです。


--------------------------------
2007年5月13日 PM8:35
マリー・マドレーヌに与えられた、
イメルダ・ランベルティーニからのメッセージ
名古屋の共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 ちょうど、今日最後の償いの日の聖体行列が終わったところで、今聖堂
のとこに戻ってきました。その8:15頃のことなんですけど、その前に私、
聖体行列が始まる前にものすごい猛攻撃にあって、悪臭がすごくて大変、
猛攻撃にあって「イエズスの御名によってサタン出て行け!」って
「退け!」って言って戦ってました。その後、何かやっぱりどうしても
気分がこう、落ち込み気味になるような、そんな感じがずうっと聖体行
列の中でずっと、そういう状況が続いてて、歌も歌うんだけれど、寂し
そうな感じが、みんなの中の雰囲気に漂っているのを感じてたんですけど、
8:15頃になったら、若い女の子の声で「希望の徳ですよ。」って聞こえ
たんです。識別のためのしるし・・。その前に私の手の方にあったかい
風を感じたので、そのしるし最初求めたくって、しるしを求めた時には
何もなかったので、「あ、もうこれアタックだ。」と思って、「イエズス
の御名によってサタン出て行け!」って言いました。その後8:15頃にこ
れが起きたんですけど、「希望の徳ですよ。」って言う若い女の子、13歳
くらいの女の子の声が聞こえたんですけど、それを知って、「しるしを
求めたいので」ってジャン・マリー司祭を呼んでしるしを求めたら、識別
のためのしるしがあって、誰か尋ねるように言われました。そしたら
「イメルダです。」って、「くるみちゃんとマリー・マドレーヌを守る
イメルダです。」って言われました。で、確認のしるしをもらってます。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしくれました。

イメルダ・ランベルティーニ:
 みなさん、こんばんは。イメルダ・ランベルティーニが、みなさんに
挨拶します。マリア・ラファエラ・くるみちゃん、初聖体おめでとう。
私は、本当にイエズスの御聖体が欲しくって、イエズスと何でもお話し
たくて、ずうっと「聖体拝領をさせて。」って神父様にお願いしてたし、
神様に祈っていました。でも、年齢が聖体を拝領できる時期ではなかった
ので、「まだ駄目だよ。」って神父様にずうっと止められていました。
500年前は、本当に厳しくって、だいたい14歳以上にならないと、聖体が
もらえなかった、そういう厳しいカトリックの規定がありました。でも、
私は希望の徳を、神様からもらって、「絶対聖体が拝領できるよね。
イエズスと結婚できるよね。」そう祈りながら、憧れていたんです。そう
したら、本当に奇跡が起きて、聖櫃の中から聖体が光輝いて、空中に浮
かんだので、神父様がびっくりして、光に驚いて、私の願いを、イエズス
が聞いてくれたのを知って、拝領させてくれたんです。もうすっごく嬉し
くなっちゃって、イエズスのもとに、そのまま喜びのあまり、息を引き
取って、天国に行きました。みなさんにお話します。自分が求めたお祈り
が、すぐに聞き入れられる時と、何年待っても聞き入れられない時と、
その状況によって、みんな一人一人、神様に近づくか、あきらめちゃって、
他のことを求めちゃうか、どっちかを選んでしまう、その自由を、神様は
人に与えました。みんな洗礼を受けたら、天のお父さんの子供になるん
です。天のお父さんは、死んだ神様じゃなくって、宇宙も全部創った方で、
人の心の理解をはるかに超えた、大きな存在です。一人一人の悩み、苦し
み、痛み、悲しみ、みんな知っています。絶望の神様ではないんです。
希望をくれる神様なんです。それを知らせたくて、ここに来ました。日本
の人は、とっても現実的で、自分と向き合って、厳しくしないと過ごせ
ないように、小さいうちからそうされて、伝統で受け継がれて、しつけの
文化がそうなっています。神様は、生きていらっしゃいます。イエズス
様は、神の子として2000年前に地上に来て、33年間の生涯を終えて、最後
は自分を捧げて、十字架にはりつけになるまで、全部を愛して、私たちが
犯す悪い行いのために、自ら罰を受けてくれました。永遠のお父さんに
許しを請い願って、イエズス様は最後に誰からも見捨てられた、そんな
死に方をしたんです。永遠のお父さんからの放棄、ものすごいむごい死
に方でした。でも、人類を贖うために、そうして自分から、イエズス様は
命を捨ててくれたんです。そして、3日目によみがえって、今に至るまで、
私たちを天で守ってくれるどころか、聖体の形となるまで、私たちを愛し、
すぐ側にいてくれる、優しい神様として、私たちと一緒に身近になって
くれる、そんな優しい神様の子として、イエズス様をみんなたたえて、
聖体をいただきます。名古屋の共同体の保護者は、ヨゼフ様と私イメル
ダが保護します。神父様の祝福を、この共同体にお願いします。

ジャン・マリー神父:(名古屋のこの共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。「最後に一言だけ言わせて下さい。」って言わ
れました。確認のしるし、とります。今確認のしるしをとって、言われ
た言葉が、「聖体を大好きになって下さい。これを伝えます。」
 確認のしるし、とりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに、何かありますか?

マリー・マドレーヌ: 
 ないです。




----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は7月27日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]