%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年7月6日号 No.417

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月11日 AM9:20
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市寺沢にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 まず最初起こったことから言っていいですか?9:20頃、ジャン・マリー
が、しるし求めに北向き観音に登ってからしばらくしてからなんだけれど、
9:20頃に「ケルビムちゃんも一緒だからねえ」っていう声が聞こえました。
「しるしあるの?」って聞いたら、しるしを見せてくれたんです。そして、
何かその後、まだジャン・マリー帰ってきてないんだけど、「クララも
かいかいしてね。」って言うんですよ。「だから、ちょっと待って!
しるし求めるからさあ。」っとか言って。遊びたがってるみたいで。
「しるしあるの?」って聞いたら、ほんと、またしるしもらったんです。
「今の長の望みとして、クララのこれからのアトピーのケアとかどうし
たらいいの?」っていうのを、ちょっとケルビムちゃんに聞いてます。
 今しるしあって、「保険証を作ってもらうのって時間かかる?」って
聞いてるんですけど、どうなんですかね?確認のしるし、とります。確
認のしるし、とれました。

ジャン・マリー神父:
 何日ぐらいかかる?

クララ・ヨゼファ・メネンデス:
 来週、半ばくらい・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 説明お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 「平鹿病院の先生にお世話になって。」って言われてるんだけど、どう
なんですかね。皮膚科・・。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 とりあえず、この前行ったから。保険証できるまで、待って・・。
それでいいですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「アトピーの発作は、アタックもあるから、聖水と
香をまいて、よくまいてあげて、我慢できるんだったら、その保険証
もらって、早く病院に行って」っていう答えが返ってきたので、ちょっと
確認とります。しるしあって、「掻(か)き過ぎちゃって、血が出ちゃっ
たらちょっと大変だから」って。確認とります。そんな感じですね。今、
また確認のしるしとりましたから。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「この旅を、天使たちが守ってるから、よろぴくね。」
って。よろぴくだって。
 しるしもらった。それだけ、みたい。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 長の望みで、寺沢第一軍団に祝福をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「寺沢第一軍団を祝福します。司祭の祝福をお願い
します。」

ジャン・マリー神父:(寺沢第一軍団に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
 確認のしるし・・。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとれて、「コルベ・マリーに、時間があったら、ミッシェル
・マリー・フランソワとよく話してあげて」って。
 確認のしるしあって、「名古屋のIP電話でよく話してあげてね。」って。

ジャン・マリー神父:
 名古屋から電話すると・・。

コルベ・マリー:
 名古屋からミッシェル・マリー・フランソワに電話する・・。

マリー・マドレーヌ:
 そうそう。「一人になっちゃうような感じがあって、寂しくなっちゃ
うから」って、しるしをもらったと同時に言われました。「随時報告し
てあげて。」って。確認のしるし、とれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「寺沢のサルベレジナ歌って終わりにして下さい。」
って。確認のしるし、とります。
 確認のしるし、今とりました。


--------------------------------
2007年5月11日 PM13:00
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
山形にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今、ちょうどまだ山形にいるんです。高速道路走ってる途中、12:30
過ぎ、35分から40分ぐらいに、最初ちょっと木の匂いがしたなあ、と思
って話をしながら進んでたんだけれど、しばらくたって、また松の木の
匂いがしたので、「ねえ、木ある?」って聞いてみたら、「ここサービス
エリアの近くで、何もない」って言われたので、しるしを求めました。
そしたら識別のためのしるしがあって、「北岡らいむ、れもん、くるみ
のために内的に祈りなさい。」っていう声が聞こえてました。「誰です
か?」って聞いたら、しるしがあって、「イエズス」って言われて、
「くるみちゃんのことについて言われたんですけど、くるみちゃんが幻
視者になる」っていうふうに言われて、その後「理枝さん、お母さんを
助ける」って言われたんです。その都度しるしを求めて確認したら、識
別のためのしるしがあって、今度ちょっとサービスエリアで休憩をした
んですけど、その時に「理枝さんが神秘家になる。」っていうふうな言
葉を言われました。で、「しるしありますか?」って聞いたら識別のた
めのしるしがあった。っていう、この状況なんです。

ジャン・マリー神父:
 クララ・ヨゼファ・メネンデス

マリー・マドレーヌ:
 あ、それと、最後に言われたのが、「理枝さんとクララ・ヨゼファ・
メネンデスの一致」っていうふうに言われました。「一致するように」
って言われています。識別のためのしるしの確認をとったら、そのしる
しがありました。
 今しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。

イエズス様:
 愛する子供たち、名古屋の北岡家のことで、イエズスが話をする。
北岡らいむ、マリア・ミカエル・らいむとマリア・ラファエル・くるみ、
この二人は幻視者になり、マリア・アントニア・理枝とマリア・ガブリ
エル・れもんは神秘家になる。マリア・アントニア・理枝に関して、子
供をもうけることになり、クララ・ヨゼファ・メネンデスと同じバロネ
スの使命に召されているので、クララ・ヨゼファ・メネンデスとマリア・
アントニア・理枝は、これから互いに仲良くし、子供の育て方などを、
クララ・ヨゼファ・メネンデスはマリア・アントニア・理枝と、会える
期間、話をし、またメール交換などもして、友情を深め、愛する子供た
ちを育てられるようにして欲しい。マリア・ラファエル・くるみは、こ
れからの環境において、母親を助ける役割になっていく。精神的な障害
について、マリア・ヨゼフ・天草四郎・直樹とマリア・アントニア・理枝
は、この奇跡のことにより、治されていく。フランソワ・マリーとロン
ジン・マリーは、この祝福された家族をしばらく面倒をみ、愛し、互い
に手を取り合って過ごしていくように、ますます幼な子路線を広めるよ
うにしていって欲しい。マリア・ヨゼフ・天草四郎・直樹に関しては、
愛する息子とのやり取りを強くし、コルベ・マリーも加わって、よくケア
をしてあげるように。今精神的に苦しむ彼を、どうしても支えてあげる
必要があり、傷ができているので、その傷を癒すために、愛する息子に
インスピレーションを与え続けていく。祝福を、北岡家に今おくる。
司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(北岡家に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今とれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 「他に何かありますか?」って先ほど聞いたんですけど、何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ○○ちゃんと、その恋人、○○ちゃんのお友達の○○○○さん
とその恋人、たぶん4人とも精神病者ですけども、助言が欲しいんです
けども・・。

マリー・マドレーヌ:
 何もないですね。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は7月13日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]