%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年6月29日号 No.416

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月9日 AM10:20
マリー・マドレーヌに与えられた、永遠の御父からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと不思議なことが起きたのは、朝ちょっとお風呂入って、その
後、私は何か『マリア様のバラ』をちょっと聞きたくって、聞きながら
横になってました。6時過ぎて、「もう寝れないかなあ」とか思ってたら、
ちょっとして静かに寝てたんです。目が覚めたのが8時過ぎだったんだ
けれども、その期間だったのかわからないんだけど、何時だったのかも
全然わからないし、起きてしばらくして気がついたことだったので、大
急ぎでしるし求めようと思って、求めたんです。夢で、とっても不思議
なことがありました。夢の内容をまず語る前に、そのことでちょっと
何か「あれ?永遠のお父さんの声を聞いたのかな?」っていうような
感じの、何ていうのかな、印象っていうか思いっていうのがあったので、
「しるしありますか?」って聞きました。「しるしがなかったらサタン
を追い出しますから」って言って、しばらく待っていました。識別の
ためのしるしがあって、聞こえてきてた言葉は、その「あなたを慰める」
って言われたんですけど、その夢の中では、何かこう、くうっと誰かに
運ばれてなのか、高い所・・。何て言ったらいいのかな、すごい幸福感
しかなかったんですけど、ほんとにすごい、何かに上げられて、永遠の
御父の声をすぐ側で聞いてるような感じだった、っていうような夢だっ
たんです。
 今、識別のためのしるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

永遠の御父:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)とマルセリーノ坊やみたいに世界で
こんなに可愛い子はいないほどのマリー・マドレーヌ、あなた方二人に、
一番優しい神である私が話をする。マリー・マドレーヌに、希望の徳を
与える。あなたの成した全裸体を見せ、ネット上での公開をする程、命を
捧げたこの愛は報われ、リトル・ぺブルに結ばれるものとなった。イエ
ズスとの婚姻もあったが、あなたの過去にも未来にもないほどの最低最悪
な傷を持ったにも関わらず、こんなに愛する息子を信頼し、慕ってついて
きた子はいなかった。コルベ・マリーは、全く10年間愛する息子と肩を
並べて、男として戦闘モードを繰り広げてきた。リトル・ぺブルの花嫁
としての愛を、あなたは成し遂げたので、あなたの結びつきは、今見捨て
られた形であっても、愛する息子の、今まで失敗ばかりの人生で、こんな
に希望の徳の強い子供はいないので、特別に3人がリトル・ぺブルを愛し
ぬき、語り証するものとなっていく。人々は、白装束と間違えて身を引く
か、あざ笑うか、どちらかだが、全然違う行為をする。もう、マリー・
マドレーヌと愛する息子は、新しい恩寵を受けている。マルーが、大変な
目にあっている。ミサの意向を、司祭にお願いする。これから、第二の
ソーン・ブッシュとして選ばれていたマルーのためにだけ絞り、そして、
忘れられ堕胎されたリンボウの霊魂とともに、ミサを立てて欲しい。
今日から、この旅行をはさみ、2週間捧げるようにして欲しい。第三世代
の子供たちのためには、これから直接に、神の介入を見ることになり、
新たな恵みを与える。マリー・マドレーヌは、もう映画でしかないマル
セリーノ坊やみたいに、彼が2階に行っていけないのに行くように、同じ
汚れなき悪戯で遊んでいるので、でもそれが、聖母マリア、私の一番慰め
となる娘マリアの取次ぎで、むしろ喜んでいるくらい、私はあなたを抱擁し、
あなたがこんな事を言ったのを、私は覚えている。何を言ったか、愛す
る息子に話そう。「天国に行ったら、みんなに抱っこしてもらうんだ。
でも、一番最初に永遠のお父さんのところに行って、抱っこしてもらう
の。」こんな可愛いしゃべり方で、しかもトイレの中でしゃべっていた。
秘密にしようかと思ったが、あまりにもかわいくてしょうがなかったので、
夢でまずそのような状態を与えた。世の中には危険が多くて、マリー・
マドレーヌの行為は、良くとる人と悪くとる人を、はっきりわけさせて
しまうほど、今牢獄にいないのが不思議なくらいの二人の行動であるた
めに、これは神が誰も手を出さぬよう、守っているしるしである。婦女
暴行で訴えてもおかしくないほどの行為なので、だからブロサード司教や
マリア司教たちは、リトル・ぺブルのことを考えずに、愛する息子は
まさに「泥を塗って、彼を痛めるどころか、裏切った」とまで思わせる
ような、そんな写真から始まり、3人のヌード写真まで堂々と出した。
大部分の人は「おかしい奴らだ」と言って、目を背け、耳をふさいでいく。
今度は哺乳瓶で、しかも赤ちゃんのおもちゃいっぱいの、この家族がみん
なで‘わいわい、がやがや’やって、「なんちゅう奴らだ」とあきれ
はてるような、しかも取材もしたくないような、皆あきれ返るであろう。
みんなが哺乳瓶でチューチュー吸ってるビデオを公開したら、もう誰も
「変な奴らだ」と言って取材をしたくなくなる程、皆「おかしい奴らだ」
と言う。これは私の悪戯であって、「マリー・マドレーヌにもう一匹猫を
買ってあげると、イエズスが嫌がるかどうか聞け」とコルベ・マリーが
言っている。そして愛する息子は、「動物の中で一番嫌いなのは猫だ」
と言い、イエズスは冗談が入って、ちょっとブラックがかって、「猫は
死刑」だと言ったもんだから、コルベ・マリーは大慌てしてしまった。
みんな、私の悪戯である。幼な子が好きなのである。これは、精神的に
狂ったのではなくて、非常に重要な問題を提供する。今の時代、めちゃ
くちゃ氾濫(はんらん)していて、異性も狂って、性的障害を受ける人も
でるほどで、子供になりたいのになれなくて、無理矢理、大人にされて、
子供の時を過ごしたのに、無理矢理、管理教育により、人間の機械性の
ような状態にされてしまった。ぬいぐるみで癒しを求めたり、音楽やい
ろんなもので癒しを欲しがっている、かわいそうな子供たちが大勢いる。
その時には、とっても気持ちがいいけれども、本当の癒しは聖母マリア
からくる。これが皆に理解されにくいので、ちょっと証を変えて、『哺乳
瓶計画』を私が立てたのである。お母さんが恋しくてたまらなくなる程に、
今度は聖母マリアに目を向けさせるよう、私が計画を立てる。愛する子
供たち、祝福をおくる。司祭の祝福を、この共同体に、全員にお願いする。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんへの伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

永遠の御父:
 愛するリトル・ぺブル、あなたの創造者、永遠に支配する神であり、
あなたを愛する父が話をする。本当に無価値と思われるような3人の
しもべ、愛する息子(ジャン・マリー神父)とコルベ・マリー、マリー・
マドレーヌを、あなたは見る。あなたの忠実なしもべであると認識する
ようになる。マチソン夫妻とマザー・マリー・テレーズの働きと同じよ
うに、この3人は体も心も全部をあなたに捧げてきた。あなたは、この
生贄の霊魂たちをよく見なければならない。日本からの情報は、悪いもの
なので、識別する能力を与える。愛する息子に対する誤解も解け、一番
愛してくれていたことを、あなたは知るようになる。ただ、愛する息子の
単純で豪快な悪戯のやらかしにより、「こんな誤解を生ませて」と最初
思って、あなたは跳ねのけたけれども、でも、彼の頭には「こうするしか
リトル・ぺブルを釈放できない」と言って、隠れたがる人々をとがめる
意味で、反対の事をしたのである。あなたは、はっきり知るようになる。
祝福をおくる。いつも変わらず愛している。あなたは一人で苦しむ必要は
ないことをよくわかるようになるので、あともう少しで変わる。楽しみに
待ち、希望の徳をあなたに、また注ぐ。司祭の祝福を、リトル・ペトロ・
アブラハム2世教皇のためにお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 日本語の理解が出来なかったんだけれども、名古屋の旅行をはさんで
2週間っていうことは、名古屋の旅行の期間中は、ほかの意向が、その
ミサにあるんですか?それとも、その旅行中もぶっ続けで、そのまま旅行
関係なしに2週間っていうふうに立てるんですか?マルーのためにね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・。

永遠の御父:
 名古屋の旅行では、第三世代の子供たち、今までしていたように、ク
ララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・マドレーヌ、そしてこれから起
こされる北岡らいむ・れもん・くるみのために捧げ、その捧げた4日・・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正しいところからお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしが・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正しいところから再開して下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

永遠の御父:
 北岡らいむ・れもん・くるみのために、名古屋にいる期間は捧げて、
秋田で2週間、マルーのために祈りをするよう、お願いする。事情を名
古屋にも、知って欲しいので、マルーの状況も説明して、内的に祈りを
するよう、彼らにお願いする。私が伝えたいことは、以上である。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今とれました。


--------------------------------
2007年5月9日 PM12:49
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、
天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 第二ミサで、カリスの洗浄の途中なんですけど、その時に、マリア様の
声で、すごい悲しげで「シャーベル修道会のことで泣いてます。」って
いう一声が聞こえました。で、「しるしありますか?」って聞いたら、
すぐしるしをくれて、「誰ですか?」って言ったら「マリアです。」って
ひとこと言われて、識別のためのしるしくれました。

ジャン・マリー神父:
 しるし求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今、識別のためのしるしがあって、今ちょっと、私、手とかすごい痛く
なってます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母が話します。特に、ナウラのシャーベル修道会
と、そこにつながる日本の幼きイエズスの聖テレジア修道会他、リトル・
ぺブルを支持する広島他いくつかの団体は、愛する息子ジャン・マリーと
その仲間たちを外しました。彼らは、信心業に固まり、祈りと苦行、聖
なることへの追及に没頭し、それについてこれない、弱い者を排除する
序列関係を作りました。愛し合い、家族でとても暖かく、しかし世に対
して、聖なる家族の証をすべきだった修道会が、権力を振るう共同体に
なり、純真に信仰を求める人たちを追い散らし、おおかみと羊のような
有様になってしまっています。つまり、強い者が生き残り、献身的に働く
人や、体の思うように動かない人など、それから能力に障害のある人など
を排除したのです。マルーは純真で、メッセージも本当にかわいらしい
ものを出していました。永遠の御父の膝に遊ぶケルビム、または小さな
子を見たのです。彼女のメッセージは、今こちらにはまったく届けられて
いません。純真無垢な子供たちも、同じ取り扱いを受けています。規則を
要求し、幻視者のリーダーに従わなければ排除する、といったようなとん
でもない構造を作り上げてしまいました。それを、ブロサード司教は止
めるべきだったのです。司教としての取り巻きができ、彼らは、マリア
司教を叙階することにより、なおすも、幻視者の重要性を重んじる共同体
になりました。愛徳を教え、シュート練習を教える共同体でなくて、外
国の人たちは長く祈る事も出来ますから、その要求も聖母はしているの
で、それを誇りにし、「裁くな」とか、「互いに愛し合え」とか、「敵
のために祈れ」などのイエズスの福音の言葉を足蹴にして、それを遠ざ
けてしまったのです。つまり、妥協を選んだわけです。悲しくてたまり
ません。聖母はこれだけ伝えに来ました。子供たち、寺沢に家が与えら
れたら、二人は分かれることになります。今いる6人のチームは、本当に
愛し合って下さい。許しあって下さい。互いに謙遜になって、本当に弱さ
をさらけ出せる、そんな共同体になって下さい。「自分っていうのは、
こんなに悪い奴なんだ」と平気で人前で言えるようになる、これが6人の
間柄になる程、深い愛情を抱いて、本当の愛する家族、イエズス、マリア、
ヨゼフ、天使、聖人を真ん中にして、本当に幸せな家族となって欲しい
のです。祝福をおくります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ジャン・マリー司祭は、また聖母の涙を見ます。」
っていう言葉が聞こえたので、確認のしるし、とります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いしますってね。今日北向き観音行くよ。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。メッセージがあります。
 またしるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)  
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 ミッシェル・マリー・フランソワと愛する息子は、北向き観音に登り、
しるしを求めて下さい。マリー・レベッカも、もちろん登って、そこで
痛悔できる恵みを注がれます。新しい花を、そこに置いて下さい。何が
いいのか、司祭にインスピレーションを与えます。水仙か、何でもいい
です。祝福を与えます。父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ぶよに刺されないようにね。」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 守って下さい、マリアママって。守ってくれないと刺されちゃうよ。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしがあって、マリー・マドレーヌが行けない分、3人に天使
たちをいっぱい送りますから、お願いします。確認のしるし、とります。
 しるしありました。
 何か「一言だけ、言わせて」ってケルビムちゃんが来ちゃったあ。

ジャン・マリー神父: 
 大歓迎!

マリー・マドレーヌ:
 しるしくれました。

天使ケルビム:
 ミッシェル・マリー・フランソワは、車を持ってくんだよ。北向き観音
に「僕、車持って来たあ」って、見せてあげてね。幼いイエズス、喜ぶし、
いっぱい恵みくれるよ。いっぱい遊ばなきゃだぁめ。そしたら、もし遊ぶ
のやめちゃったら、僕たち、どっか行っちゃうよ〜っていうのは悪戯で、
絶対見放さないから大丈夫。ぶよのこともお願いしてね。みんな天使たち
、守ってあげるし、マリア様の楽しい恵み、いっぱいもらえるから、期待
するんだよ。愛するジャン・マリー司祭、4歳の汚れなき悪戯の坊やは、
今日何をしでかすのかな?マルセリーノみたいに、棒を振り回すのかなあ?
それやってもいいけど、壊さないでね。マリー・レベッカが脅えちゃう
から。もうマリー・レベッカは、愛するジャン・マリーを自分の子供み
たいに可愛がってるから、いっぱい楽しんできてね。ここでは、クララ・
ヨゼファ・メネンデスとコルベ・マリーが悪戯大会してるはず。いっぱい
風船飛ばすか、それか疲れて「おやすみ〜」って言っているか、どちらか
だけど、でも寝させたくな・い・なあ〜。ばいばい。ケルビムちゃんでした。

マリー・マドレーヌ: 
 「しるしあるの?この子ったら!」しるし、もらっちゃった。
 しるしがあって、聖母が「ミサが終わったら、すぐ寺沢に行って下さ
い。」って言われたんですけど。
 ちょっと確認とります。しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:
 じゃ、ミサに戻るよ。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は7月6日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]