%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年6月22日号 No.415

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月7日 AM3:30
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今さっき、ミサが終わって、二人が、ジャン・マリー司祭とミッシェ
ル・マリー・フランソワがしるしを求めて、お祈りしてました。
 ジャン・マリー司祭には何か起こったみたいなんですけど、「でも
しるしがなかったので」って言って話があったときに、しるしがあって、
「二人ともローザミスティカの像に接吻して下さい。」っていう声が聞
こえてきました。「しるしありますか?」って聞いたら、識別のための
しるしがあって、その声はやはりマリア様で、その後また「それはほん
とに特権です。二人の特権です。」っていうふうにまた言われたので、
「誰ですか?」って聞いたらマリア様で、識別のためのしるしがあった
んです。そして、その後ジャン・マリーが「キスすることがですか?」
って、すっごい直接で聞いてきたんですけど、「キスすることなの?」
ってお母さんに聞いたら、しるしがあって「そうです。」って言われて、
識別のためのしるし頂いてます。
 何か、しるしがあって、メッセージがあるみたいです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。また識別のためのしるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛する二人の可愛い子供たち(ジャン・マリー司祭とミッシェル・マ
リー・フランソワ)に、聖母が話します。マリアママに、何でも頼んだら
拒(こば)めないでしょってイエズスに話かけて下さい。
 イエズスと母の関係は、世界一良いものでした。とってもいい子で、
イエズスは熱心な大工仕事をしました。30歳から3年間、伝道生活をする
にいたっても、母の取りなしを願って、御父にすべてを捧げてきました。
マリアとイエズスは一体で、人が人を憎んだり、うらやんだり、本当に
弱い者であることを知っていて、ヨゼフパパ自身、そういう目にいっぱい
会って、実に身をもって人間の罪と戦った人です。ヨゼフパパは、神秘的
教会の保護者なので、特にミッシェル・マリー・フランソワは、ヨゼフ
パパにも、接吻をして下さい。
 みんな、ヨゼフと聞くと、「ああ、大工の人だあ」としか片付けられなくて、
「イエズスのお父さんでしょ」しか言わないんです。ひまで、ひまで、
取り次ぐことをしたくても、すごい極端で、熱狂的にヨゼフを愛する人が、
「お願い、お願い」って頼んでいるかと思えば、「ヨゼフなんて」と片隅に
追いやって、マリアとイエズスしか見ない、或いは、最近は、聖母が
足蹴(あしげ)にされるほど、ひどい信者の有様を見るようになりました。
教会では、聖母の名を語ることをしてても、実際に個人的に、司祭が
愛する息子(ジャン・マリー神父)のように、聖母とどのように
話すか、どのように付き合って、「お母さん」と言って慕うか、など
誰も教えません。固い教義しか教えないんです。それでは、聖堂に
行って、像を遠くから眺めて「ああ、マリア様、助けて下さい。」としか
祈りません。そんなの、親密な交わりじゃないです。そして今、あなた方
が始めたように、すごく親しげに「マリアママ」と公開したらば、「こ
れはプロテスタントに似てて、カトリックじゃない」と批判し、「聖な
る方だから、そんな変な呼び方しないで」とばかにします。もうそれは、
天で聞こえていますし、いつしかカトリックの信者に道すがら出会ったら、
何か言われるか、この白装束の人たちと変わらないように、目つきを変
えて「私たちこそ、ローマカトリックだから、あなたたちは関係ない」
と悪し様に言う人もいます。しかし、ほとんど日本人は隠れて言います。
堂々と、あなた方に面と向かって言ったら、その人は、逆用されたら、
面と向かってリトル・ぺブルを証しするように、今度は逆の立場に変え
られてもいい、そんな英雄性を持つ者になると思います。司祭になるミッ
シェル・マリー・フランソワは、もう本当にマリア母さんを、慕って慕っ
て、いっぱい慕って下さい。『マリアさまのバラ』の本を片手に、いつ
もマリア様のことしか語らない司祭になっていきます。情熱的に「そん
なの違う」って、はっきり言えるように、マリアママは近づいています
から、あなたの勇気と力、意思を奮い起こして、「お母さん、これちょ
うだい。もっと何かくれない?」とか言って下さい。いっぱいあなたに
あげたくてあげたくて、仕方がないのです。母は、あなたを見捨てません。
天の言葉は真実で、あなた方を愛でいっぱい包み、マントで包んでいます。
昨日、マリー・マドレーヌが「母親はいない」と実感したために、大泣き
に泣きました。でも、その後、私にずうっと像を持ったまま、しばらく
心静めていたら、聖母の甘美さと、その傷の深さを治療し始めています。
聖母が、本当の母だと、これで大きな転換期、二度目の転換期に入りま
した。一回目は、4月2日に寺沢に行く前に、聖母に触れられたときの
出来事、そして聖母に出会ったこと、二回目は、昨日の夜です。マリア
ママにくっついて行けば、永遠のお父さんに何でも頼んであげます。
愛する4歳の魂を持ち続けている息子のマリアママに対する甘え方を
見て下さい。司祭なのに、すごい子供の甘え方をします。人はびっくり
して「こんなこと、神父様するんだ」ってちっちゃい子たちも驚いて
反応します。でも、それが子供たちに大きな喜びと親密さを教える良い
機会となります。悪魔は、それを憎んで、ミッシェル・マリー・フラン
ソワに妨害を仕掛け、「まだ俺のものだ」と言わんばかりに、いろんな
重荷を負わせようとしています。でも、「この十字架大好き」って言っ
てみて下さい。イエズスの十字架を思い浮かべて、避難するんです。
避難とは、相手を非難ではなくて、イエズスの方に逃げることです。
そして、聖母マリアに呼びかけて下さい。いつもそうしているように、
「もう、ママ、どうしよう。こうなっちゃった。」って言っていいんで
すよ。楽しみにしるし待って下さいね。絶対に天は回復させますし、前
の苦しみ以上の、失敗以上のものを、良い贈り物として与えますから、
今のことを気に病まないで、愛する息子に聞いて、信頼してついてきて
下さい。聖母の涙に関し、じきに愛する息子は目にします。何か濡れて
いるような感じを受けて、そして本当にあなたにしかわからないしるし
を与えますから、はっきり「これは識別のためのしるしだ」とわかるよ
うにします。あなたに、いっぱい慰めてもらって、「こんなことまで
してくれるの」と聖母は喜び、あなたには本当に喜びの涙で答えています。
ただ、悪魔が嫌がって、追い出されるのをすごく嫌がっています。自分
の持ち物が少なくなっていくから、必死にあなたを責めてくるので、
「イエズスの御名によってサタンに命じる、出ていけ」と言い続けて下
さい。聖職剥奪だとか、すごい責めます。でも、そんなの聖母が赦しま
せんから、あなたは外からいっぱい言われても、未信者は、この間出会
ったように「神父様ですか?」と聞いて、敬意を表します。未信者に、
神は門を開いています。カトリックが汚い手口を使わぬよう、祈って
あげて下さい。『カトリック新聞』とか何かで公表されて、シャーベル
修道会の中で、「こんな事、起きてる」などと書かれて、愛するジャン・
マリー司祭を「司祭でない」と明言させたがっている悪魔がいます。
子供よ、今急いでこのことを伝えました。むしろ、あまりホームページで
既存の教会の動きを見ないようにしていますが、菊池司教に伝えるなど
したので、パードレ中野も知っているはずです。神の哀れみを彼らに送
ります。日本の教会は一層バチカンから離れていき、日本独自のものを、
打ちたてようとします。しかし、あなた方は、堂々と教皇ベネディクト
16世、ヨハネ・パウロ2世、そして今牢の中に入れられている、聖母の
浄配リトル・ペトロ・アブラハム2世を、教皇として、旗を高く掲げて
証して欲しいのです。哺乳瓶での武器もありますが、この教皇を崇敬す
る、これが鍵になります。本物とかうそとか、いろんな言葉を言う人の
ことは、いちいち耳に入れないで、情熱的に教皇たちを愛し、支えて祈
って下さい。司祭の責務は大きいので、天は、愛する息子の聖職剥奪は
してはいないことを伝えます。祝福を送ります。ミッシェル・マリー・
フランソワに、祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、二人(ジャン・マリー司祭とミッシェル・マリー・
フランソワ)にバラの花束を、聖母が渡してます。「受け取って下さい」
って言ってます。
 しるし確認します。確認のしるし、とりました。
 しるしがあって、「何か目に変化とかありましたか?」って二人に聞
いてます。聖母様、マリア様が。
 ちょっと、確認とらせて下さいね。確認のしるし、今とりました。

ジャン・マリー神父:
 さっき、左目の目じりの方から、涙が一粒流れ落ちるのを見たけれども、
錯覚かもしれないし、とにかく、今しるしがないから、「サタン退け!」
って決着つけましたけど。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 僕は、光が点在して・・

マリー・マドレーヌ:
 どこに点在・・?

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 さっきはローザミスティカの左側のふすまの方とか、あとはいろんな、
目に映る物の、ベットのところとか、柵のところとか、点々としてる光・・。
でもしるしではない。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ミッシェル・マリー・フランソワ「その都度‘しるし
ありますか?’って聞いてますか?」って、聞かれてます。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 「サタンに退け!」て言ってます。「しるし、ちょうだい」とか「あ
りますか?」とか・・。でも抜ける時があります。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「二人とも、ベネディクトにもう一度取り次ぎを
お願いして、これからも続けて下さい。」って言ってます。で、「ヨゼ
フパパがすごい強いので、取次ぎをお願いして下さい。」って言われて
いますけど。確認のしるしとります。しるしありました。
 ミッシェル・マリー・フランソワに、今しるしがあったんですけど、
「一瞬にして光が見えたりしたら、‘しるしありますか?’って必ず聞
いて下さい。」って。「抜けちゃうと、光にだまされちゃうので、もう
即、‘しるしありますか?’って聞いて下さい。それが防御になるので、
絶対抜かしちゃ駄目」って言われてますけど。確認のしるし、とります。
確認のしるし、とりました。
 しるしがあって、「天は、せかすようなことはしません。」って言っ
てます。確認のしるし、今とったんですけど、「もし、しるしがなくて、
怒るような態度とか、何かこう変なもの見せたりしたら、絶対悪魔なので、
‘サタン出てけ!’って厳命して下さい。」って。確認のしるし、今と
りました。
 「愛する息子のほうから、何か助言を与えてあげて下さい。」って、
マリア様が。今、しるしもらったんですけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ヒントをお願いしますって。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあったんですけど、「指導する能力を与えています。」って、
言われてるんですけど。

ジャン・マリー神父:
 根底にね、愛っていうのがなきゃいけない。天との関わり合いは、愛
なのね。それが、御出現受ける時の、イエズス様、マリア様、来て下さ
ったときの。「今ここに、安らかなお話を」とか。空っぽの心で迎えちゃ
いけない。愛と謙遜。
 
 助言が続く

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「先取りの感謝と賛美」って言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。「先取りの感謝と賛美」、未来のこと・・。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 また識別のためのしるし、くれました。
 しるしがあって、寺沢の聖母ですね。今、確認のしるし、とりました。

寺沢の聖母マリア様:
 愛する子供たちに、寺沢の聖母が話します。どんな形で殉教が訪れるか、
その時にならないとわかりませんが、そのためにも、潔く殉教できるよ
うに、今から力を頼んで下さい。そして、マリー・マドレーヌのことで、
聖母が話しますが、たったちっちゃい一匹のぶよに刺されただけで、足
の痛みを患い、歩けない不自由さを感じて、「イエズス捧げます。」と
言うよう、司祭に言われています。ほんとに、こんな虫ごときな事なん
ですけど、これも、痛みの経験の一つになっていて、歩けなくなるという
一つのプロセスになっています。一週間ほど、痛みが続きますが、彼女
にとっては生まれて初めての経験なので、昨日痛みも負ったせいで、正直
に泣きました。でも、「十字架負ったんだね」と言って、足を引きずり
ながらでも歩いて、とうとう車椅子に乗るのを拒まないで、そのまま御旨
に任せるようにしました。小さな事柄の従順は、大きなことを任されて
従順できるようになるためのステップになるので、司祭を愛し、皆、子供
たちを愛してあげて下さい。ミッシェル・マリー・フランソワの優しさは、
一つの良い徳として、天が与えています。神からの贈り物を、子供たちは、
みんな無償で与えられています。「イエズスが、私のために、こんなに
痛んでくれたんだね。」これが一つの感謝になったら、十字架を愛する
ことが出来るようになります。あなたのために、ありったけの血で贖って
下さっているんですから、毎回の聖体拝領は本当に大きな喜びで、感謝
なはずです。恐れないで、引き続き、マリアのバラを読みながら、お母
さんと対話して下さい。怖い神のイメージを捨てるのに、最高に良い本
ですから、大丈夫です。イエズスは神の子であるがゆえに、厳しく指摘
しますが、根源にあるのは、愛です。憎んでその指摘をしているのでは
ありません。マリー・マドレーヌも、脅えてイエズスの言葉を聞いたり、
最初してました。でも、愛されていることが知らされて、もう嬉しくって
はしゃいでいます。子供とは、そういうものなので、親が与えるものは
全部良いものであることを認識し始めました。「卵をちょうだい。」と言
って、何か他のものをあげる父親、母親はいないように、天の御父も同じ
です。「もうしるしもらえたんだもんね。」って感謝して下さい。本当に、
何倍もの祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワに用意しています。
むしろ、秋田に生まれたことを、感謝して下さい。殉教者をたたえられる、
素晴らしい土地にいられる、これは今住んでいる仲間には、ほとんどな
いことで、特権中の特権です。神の祝福を、あなたのために取り次ぐ母が
います。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、とりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 「リトル・ぺブルさんに何かありますか?」
 「リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?」って言ってないんですけど、
しるしがあって、一言、マリア様が。しるしもらって・・

寺沢の聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)のように、押しかけ女房のように
「これやるもんね」って海賊みたいに横取りして、恵みをかっぱらって
下さい。愛しています。息子は、本当にいたずら好きで、子供そのもの
です。天は、毎日毎瞬、捧げられる息子の祈りに、大騒ぎで、「また祈
られたあ」と言って、天使たちがひしめき合って、「お父さん、どうし
ます?」と言っています。でも、天の御父は、息子に対し、微笑んでい
ます。こんな子が欲しかったようです。祝福します。父と、子と、聖霊
との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 お母さん、取り次いでって。マリアママ、取り次いで、って。アン役
のマリー・レベッカとのセックスを再開したいんだけどって。少なくとも、
おっぱいもらいたいんだけどって。マリー・レベッカとね。

マリー・マドレーヌ:
 何もないですね。しるし、ないんですけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 駄目だったら、「駄目」って、はっきり言ってって。「駄目よ。」って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・。

寺沢の聖母マリア様:
 マリー・レベッカには、マリー・レベッカの道があるので、セックス、
おっぱいを飲むことも駄目です。可愛い息子よ、聖母を見たら、絶対あな
たは私のおっぱいに飛びついちゃうから、いっぱいの女性からおっぱいを
もらうのは、ちょっと控えて欲しいかなあ。

マリー・マドレーヌ:
 何か笑ってますね。しるし、確認とりました。笑ってる・・。
 「ほんとに甘えたくって仕方がないんだからあ・」って。「しるしある」
って言われちゃいましたよ。
 確認のしるし、あったあ。
 しるしが、今ちょっとあって・・

寺沢の聖母マリア様:
 実は、マリー・マドレーヌの体に、奇跡を与えているのは、あなたの
慰めを、今彼女を通して聖母が与えているので、彼女にリンボウの赤ち
ゃんの母性愛を引き出すために、母乳が出るようにしてます。決して、
罪ではないので、飲んで構いません。

マリー・マドレーヌ:
 って言われちゃった。どうしよう・・。

寺沢の聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌは、傲慢かなあって、今思ってました。でも、
一度ベッティーナ役の償いのセックスを経験した彼女は、クララ・ヨゼ
ファ・メネンデスを支える役割になってます。マリー・レベッカとは、
添い寝が必要だし、まだ、傷もいっぱいあるので、服を着たまま、一緒
にいてあげて下さい。マリー・マドレーヌは子供なので、時々入ってく
るかもしれないけれど、クララ・ヨゼファ・メネンデスもマリー・レベ
ッカも、マリー・マドレーヌを愛し、喜んで迎えてくれています。昨日、
マリー・マドレーヌが泣きじゃくった時も、「お母さん、泣いてるよう」
ってマリー・レベッカが言いました。彼女の心の変化は、愛する息子の
添い寝により、回復しています。性格が性格なので、ポンポン言葉を言
うのは、なかなか直すのに時間がかかるけれど、愛が芽生えてきてます。
 汚れなきいたずらの愛する息子(ジャン・マリー神父)、そしてマル
セリーノ坊やのマリー・マドレーヌは、離れること、出来ません。マリー・
レベッカ、クララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・マドレーヌに、司
祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカ、クララ・ヨゼファ・メネン
           デス、マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、「本当に愛する息子は、いたずらをやらかし
ます。」って、最後に言ってますけど。「愛されてますよ。」って。
 確認のしるし、とります。しるしありました。
 「これで終わりです。」って、しるしがありました。


--------------------------------
2007年5月7日 PM0:25
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 聖体拝領が終わって、第一ミサがあって、結局やっぱり第一ミサも私は
今日ずうっと寝てました。そして
「ジャン・マリー、寝ててごめんねぇ」とかいう話をしてて、「気にす
るなぁ」とか言われたんですけど、聖体拝領をして、カリスの洗浄の時
なんですけど、「赤ちゃんになるんですぅ」って、何かちょっと可愛い
声がしたんで「誰だろう?」って思ったら、「5歳のイエズス!」とか
言われて、「え〜!」とか思って「しるしあるの?」って聞いたら、し
るしがあって、そしたら、また内的に「マリー・マドレーヌは4歳じゃ
なくって3歳!」とか言われて、「しるしがあるの?」って聞いたら、
識別のためのしるしもらいました。
 しるしもらいました。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌに、寺沢のママといつも一緒にいるちっちゃいイ
エズスが話すね。今、僕は5歳で来てるけど、ジャン・マリー司祭は4歳
で、マリー・マドレーヌは、昨日4歳って言ったんだけど、やっぱり、
おしゃぶり持って寝るから3歳だね。がらがらもあるし、もうぬいぐる
み持ち放題持ってるから、3歳が一番いい。ミッシェル・マリー・フラ
ンソワは、どうしようかな?6歳か7歳かやんちゃ坊主かなあ?どうな
んだろ?で、クララ・ヨゼファ・メネンデスは、ちょっといろいろある
けど、やっぱりまだ9歳とか10歳で、甘えるの出来ないから、それで
突然「ほら、やったあ」とか言って、「すっきりしたあ」とか突然男の
子になるから、7、8歳でもいいや。マリー・レベッカちゃんはちょっ
とわかんない。コルベ・マリーは、ウイスキー勝手に飲むから、大人ぶ
ってるから、12、3歳のやんちゃな子かなあ。みんなの年齢、遊んで
みたけど、マリー・マドレーヌは、今度名古屋に行ったら、れもんと遊
ぶんだよ。でも、れもんはお母さんしかなつかないから、どうなのかあ。
3歳の同じ霊魂のれもんと仲良くなってね。僕はそうしたくって、マリー・
マドレーヌを『ちっちゃいマルセリーノ坊や』ってつけたんだ。二人、
ジャン・マリー司祭とマリー・マドレーヌは、絶対ミルクで、哺乳瓶飲
むんだよ。そうじゃなきゃ、僕仲良くしてあげないからね。って言うのは
冗談で、絶対見捨てないから、いつもいっぱい遊んでね。ジャン。マリー
司祭の体力はちょっと衰え気味だから、今日は、今のところはこれで終
わりにするけど、でも、ちっちゃいイエズスはみんなにいっぱい遊んで
欲しいから、おもちゃで遊ぶの、要求します。ちっちゃい子にならないと、
天国に入れないよ。天のお父さんは、ちっちゃい子、好きだから、自分
のそばには、ちっちゃい、ちっちゃいケルビムちゃんを入れて、赤ちゃんも、
いっぱいそばにおいてるの。でも、みんな楽しみにしててね。一人一人に
天国で家を用意しに行くって、僕言ったもんね。だから、どんな家なのか、
楽しみに待つんだよ。みんな素敵な家に住んでいるから、しかも、永遠
のお父さん、いつも見れるし、とっても幸せで、悲しみも痛みも本当に
ないし、みんな喜んでお父さんとお話出来てるし、いっぱい何千万もお
話してても、お父さんは一人一人の声、本当に良くわかるし、神様だも
ん、何もかも全部よくわかるよ。でも、早くコルベ・マリーに「お酒や
めて」って言ってね。でも、そんなことしたら、またコルベ・マリーは
寝込んじゃうかなあ。でも、哺乳瓶にお酒は会わないよ。「何でも飲み
物、飲んでいい」って言ったからって、理屈つけちゃやだあ。5歳のイ
エズスくん、あのねえ、大人のウイスキー知らないよ。じゃあね。神様
の祝福、みんなにお願いします。

ジャン・マリー神父:(みんなに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、もらっちゃったあ。
 「早速、コルベ・マリーに伝えてね。」って、しるしもらったと同時に。
 確認のしるし、もう一回とります。ありました。


--------------------------------
2007年5月7日 PM17:40
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 第二ミサで、カリスの洗浄が終わったところなんだけれど、聖体拝領
した後に、やっぱり私緊張してたのかわからないんだけども、あと魂も
すごくカラカラで、どうしようもなかったんだけど、「リラックスさせ
たい。」って、すごく何かイエズスが優しく言ってくれる声が聞こえて
きました。で、しるしあるかどうか尋ねてみたら、識別のためのしるしが
あって、もう一度「誰?」って聞いたら、今度は、唇の方に、私の唇に
風が吹いて、「イエズス」っていう、「ちっちゃい子のイエズスなの?」
って言ったら「違う」って言われて、しるしを求めたら、識別のための
しるしがありました。
 しるしがあって、「ミッシェル・マリー・フランソワもおいで」って
言われてる。

ジャン・マリー神父:
 「ミッシェル・マリー・フランソワ〜」

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミッシェル・マリー・フランソワもおいで」って
言われたんですけど、しるし求めます。今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌとミッシェル・マリー・フランソワに、
哀れみのイエズスが話をする。幻視者と神秘家、この二人の共通点は、
とっても緊張のレベルが高くて、思い煩いをしやすいこと、不安にかられ
やすいことである。細かいことにまで神経を使うので、二人とも本当に
リラックスできないで、気がつかないうちに、「こうしなきゃならない
んじゃないか」と言って、また自分で判断して、自分の頭を使おうとし
ている。今度、クララ・ヨゼファ・メネンデスも加わるけれども、本当に
3人は自分で自分に鞭を打ち、「こうやらないと誉められない」とか
「いい評価がもらえない」とか、神に対して、もうそういう習慣づいた
考えに陥ってしまい、受けた恵みがたくさんあるのに、「その日だけな
んだ」と後になって時間が経つにつれ、神が遠くにいるような錯覚に落と
されてしまう。二人とも、暗夜を経験し、まるで自分がこの世のものの
ように感じ、「戻ってしまったのではないか」と本当にちっちゃい子ら
しくない考えになってしまっている。大人を見てしまうから、そうなる
のである。マリー・レベッカも、クララ・ヨゼファ・メネンデスも、コル
ベ・マリーも大人路線で、現実に向き合う性質で、実際にやらなければ
ならない仕事の多さに、心が押しつぶされての結果である。でも、コル
ベ・マリーとクララ・ヨゼファ・メネンデスが二人でいると、幼な子路線
にいこうと努力をする。ところが、マリー・レベッカが入ってこれない
悲しみを、マリー・マドレーヌは自分の魂の中に渇きを感じ、空間があ
るように思えてならず、「彼女に何かしてしまったかな?」と、また彼
女を意識するようになってしまっている。マリー・レベッカは、やっぱり
家事がやりたくて、洗濯がしたくて、掃除もしたくてたまらないように、
何がしか動いてないと気が進まない方向に行きつつある。ミッシェル・
マリー・フランソワは、重荷が一つ増えてしまったために、体を横にして
休み、ずうっと黙って寝ているか、本を読んでいるのか、本当に静かな
静かな子供になってしまっている。ミッシェル・マリー・フランソワと
マリー・レベッカの寺沢組の距離がなかなか縮まらないので、ミッシェ
ル・マリー・フランソワは、少し苦悩しているようである。二人に、
マリー・マドレーヌとミッシェル・マリー・フランソワだが、リラック
スをさせたい。マリー・レベッカは主婦としての頭がどうしても捨てら
れないので、すぐに「これして欲しい。」とか要求を出してしまって、
緊張をあげさせてしまう。彼女の心の状態は、今一番休みが必要なのに、
自分が働かないと変わらないかのように思い、クララ・ヨゼファ・メネ
ンデスとの預言的使命の再開についても不安がっている。「なぜ、マリー・
マドレーヌがアン役をしないの?」とちょっと不満気味である。それを、
マリー・マドレーヌが、また罪責感に注がれてしまって、自分が愛する
息子(ジャン・マリー神父)とのセックスを拒んでしまって、裏切った
のではないか、と恐れおののき、リトル・ぺブルからも見捨てられ、何
もない状態で、「自分の責任ではないか」と思いつめ、また少し不安定
になっている。このまま、マリー・レベッカと愛する息子は、服を着た
ままの状態で添い寝するのを続けないと、彼女は照らされない。マリー・
マドレーヌの、この捨てられた苦しみは、日ごとに増している。マリー・
マドレーヌの神秘家としての歩みは、もう進んでいて、イエズスの方に
向かなければ、全てが満たされないんだと少しづつ、また心が向けられ
るようになった。可愛いマルセリーノ坊やになるのを、私は望む。ミッ
シェル・マリー・フランソワも、いっぱいいっぱい男の子らしく、口笛
吹いて、そして緊張をしないで自由に振舞い、女性のことを気にしないで
振舞って欲しい。コルベ・マリーとの話も、少しづつアップ出来ているし、
傷が少しづつ癒されている。祝福をおくる。クララ・ヨゼファ・メネン
デスの男の子みたいな部分も、とっても可愛いので、あとは思いっきり
愛する息子に甘えられるよう、祈ってあげて欲しい。みんなは、赤ちゃ
んにならないと、この共同体は本当に、心の中での緊張レベルの故に、
みんな一致が出来なくなってしまう。コルベ・マリーが、一番に敏感に
感じ取っていくので、彼がバロメーターになる。彼がふさぎ込んでしま
ったら、この共同体の状態は悪いと見なければならない。マリー・マド
レーヌも同じで、コルベ・マリーと一緒に、心の不安定さを抱えている
ので、皆一人一人置かれた立場が違って、なかなか幼な子路線に結び付
けられない状態が続くのは、仕方がないけれども、マスコミが動き始め
たら、もう戦闘モードに入ってしまうので、マリー・レベッカの行動に、
皆気をつけて欲しい。祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワ、コルベ・
マリー、マリー・マドレーヌに与える。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワ、コルベ・
           マリー、マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、確認とりました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、しるしないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないですね。


 

----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は6月22日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]