%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年6月15日号 No.414

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月6日 AM7:34
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 ちょうど一時間くらい前、6:40くらいに、6時過ぎに目が覚めたんだ
けれど、マルセリーノの映画を聞いてたんです。そのあと、ちょっと聖体
にほんとに挨拶がしたくって、「マリア様、守ってくれてありがとう」
って聖体に挨拶したら、松の木の匂いがしたので、「あれっ、しるしは?」
って言ったんだけど、最初しるしがなくって、サタンを追い出しました。
でも、そのあとしばらくしたら‘桜を捧げたいなあ’って何かそんな思い
になって、‘しるしあるかなあ’と思って、しばらく祈って待ってました。
そしたら識別のためのしるしがあって、’これを誰に伝えたらいいのか
なあ‘って思って、ミッシェル・マリー・フランソワのとこに行ったら、
ミッシェル・マリー・フランソワがスースー寝てて‘これは起こすの可愛
そうだから’って思って、起こさないでちょっとしばらく待ってました。
ちょうど、時計を見たら7:15頃になったので‘じゃあちょっとジャン・
マリーのとこに行ってみようかなあ’って思って2階に行って見たら、
その時にもすごい松の匂いがして、‘あ、これちょっとすごい’って
思ってしるし求めて行ったら、やっぱり識別のためのしるしがありました。
ジャン・マリーに「桜の花、捧げたいんだけど。」ってことを伝えて、
祭壇に捧げたいっていうことを伝えて、話をしてました。そしたら、
「もしかしたら御出現があるかもしれないから」って言われて、下に
おりてきて、今ジャン・マリー司祭が桜の花を祭壇に捧げてくれました。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「小さいイエズス」って言われてるんだけど、
「マリー・レベッカ休んでて」って。

ジャン・マリー:
 じゃあ、二人だけだ。マリー・マドレーヌに愛の語らいがあるはず。
イエズスとマリー・マドレーヌだけっていう望みだと思う。

マリー・マドレーヌ:
 識別のためのしるしありました。もう一回くれました。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌに、ちっちゃい5歳のイエズスがお話するね。
みんなから、マリー・マドレーヌは‘マルセリーノ坊や’って愛称され
てるけど、僕もそう呼んじゃおうかな。でも桜の花、捧げてくれてあり
がとう。イチゴのあめに続いて、嬉しいな。いつも僕の心の中に入って
きてね。コルベ・マリーが起きてメールを見ないとわかんないけど、
パブリックレターはたぶん載せられてないかもしれない。あとでジャン・
マリー神父、聞いて下さい。ちっちゃいイエズスは、この二人がけちょん
けちょんにやられたので、慰めるためにきました。もう絶対にジャン・
マリーは司祭じゃないと、ニセ神父だということを、みんなに広める
はずです。自分たちの行いを隠しておいて、ジャン・マリーとマリー・
マドレーヌの二人をなぶり者にしちゃった。ちっちゃいイエズスは、
マリアママに泣いてね。「どうしてこんなこと、人がするんだろう」って
言ったの、人がそのはかりで相手を計ったら、そのはかりに従って、
神は裁いちゃうのに。本当は人は相手の罪を言えないはず。すごく残念で
仕方ないです。でも、今回の3人の写真には、大変な反響を教会はよんで、
すごく軽視したと思う。こんなの、オカルトの集団そのものだって言って、
性的に苦しむ人のこと、全然理解しないで、ますます扉を閉じちゃった。
そういうのを一般の人が見て、どっちがちゃんと門を開いているか、
見極めると思う。コルベ・マリーに、ジャン・マリー司祭、よかったら
伝えて下さい。彼らの悲しむべき行動は、昨日わざとはずして他の日に
するのか、それとも絶対にこっちに見せないのかを決めていると思う。
こちらの状態を、もう悪くしか見れていないんだもの。イエズスは悲し
くって、誰か慰めてって呼んだの。
 マリー・マドレーヌ、ありがとう。寺沢のママも喜んでるよ。いつま
でも、ちっちゃい子のマリー・マドレーヌでいてね。そう、みんなに話す
けど、あのパンとワインのマルセリーノみたいに、あんな無垢な幼な子
路線でいって欲しいな。よかったらもう一回、映画を、他の可愛い子
たちは観るといいと思う。ちっちゃい子は、何も考えないで、やりたい
放題、いたずらしまくるでしょ。愛するジャン・マリー神父は4歳だから、
大暴れするって。まったくちっちゃい子だから、みんな彼に巻き込まれて、
大きなことするよ。楽しみにね、イエズス、期待してるんだから。
イエズスは、ちっちゃい頃から、いっぱいラビに教えてもらって、律法
とか神様(僕のお父さんだけど)の話を聞いて、おもちゃでも遊んだよ。
ヨゼフパパが、木のおもちゃを作ってくれて、貧しい生活だったから、
それくらいしか遊べなかったけど、でも楽しかった。いっぱい自然の中で
過ごしたから。みんなに祝福、おくります。ジャン・マリー司祭の祝福を
お願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、最後に「マリア司教と仲間たちを祝福して
終わって下さい。」って。確認のしるし、とりますけど。
 しるしあった。

ジャン・マリー神父:(マリア司教と仲間たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしもらいました。


--------------------------------
2007年5月6日 AM8:10
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、
天使セラフィムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 イエズスの御出現が終わった後なんですけど、
マリア様が出現されて・・。桜の匂いが最初したんです。
実は、私「桜の花を捧げたい」って言って、ジャン・マリー司祭に持って
きてもらって捧げたんですけど、「この桜の花の匂いはしないんだ」って
言われて、「御出現かもしれないから、しるし求めなさい。」って言わ
れて、あれって思って、しるし求めたらマリア様で・・。そしたら、今度
はこちらの聖堂に入ってきたら、松の木の匂いがすごい立ち込めてて、
しるしあるかどうか聞いたら、やっぱりしるしがありました。
マリア様が「みんな呼んで」って言って、みんなにここに来てもらった
状況です。

ジャン・マリー神父:
 その前のことも入れちゃって。

マリー・マドレーヌ:
 その前のこと?なんだっけ?

ジャン・マリー神父:
 おっぱいのこと・・。

マリー・マドレーヌ: 
 ジャン・マリーが、おっぱい飲んでて、そのおっぱい飲むまで待って
るってマリア様が言ってて。何かびっくりしちゃって、「ほんとに?」
って言ったら、そうだって、「ジャン・マリーは赤ちゃんだからしょうが
ないね」って。

ジャン・マリー神父:
 マリア様が言ったの?

マリー・マドレーヌ:
 マリア様が言ったから。
ジャン・マリーが満足するまでしてもらって・・。
そんな状況だったんです。

ジャン・マリー神父:
 しるし求めて・・。

マリー・マドレーヌ:
 今識別のためのしるしありました。もう一回しるしくれました。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、まず寺沢の聖母が伝えます。
この食堂とここの部屋、そしてマリー・マドレーヌの一室を特別に祝別
します。イエズスが先程、マリー・マドレーヌを‘マルセリーノ坊や’
と名づけました。子供たちにお願いがあります。幼な子路線を知るには、
『汚れなき悪戯』の映画をもう一度みんなで観て欲しいのです。子供は
ちっちゃくて、ところかまわずいたずらしまくりますが、その
中でも、彼が一人ごとを言いながら何かをしている場面、想像している
場面を観てみて下さい。何度も映画を観ているマリー・レベッカをはじめ、
コルベ・マリーもミッシェル・マリー・フランソワも、ちょっと照れく
さいかもしれないけど、自分の子供時代を思い出すのに、ちょうどいい
映画になります。なぜなら男の子ですから、いっぱい暴れまわったと思
います。これから、愛する4歳の息子(ジャン・マリー神父)は大いに
悪戯(いたずら)し、暴れまわります。先程も、イエズスがはっきり
4歳の息子と明言しました。マリー・マドレーヌは愛称で、‘マルセ
リーノ坊や’と呼ばれ、愛する息子は、‘4歳のままのちっちゃな神父’
という、面白い面白い共同体になります。名古屋では、これは大うけに
うけるでしょう。早く名古屋の子供たちに知らせてあげて下さい。司祭の
祝福を、マリア司教と仲間たち、そしてナウラの司教たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリア司教と仲間たち、ナウラの司教たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。
 「ミッシェル・マリー・フランソワと愛する息子にしるしを見せますが、
二人どうですか?」って、しるしがあって、マリア様が聞かれています。

ジャン・マリー神父:
 まだないんです。

マリー・マドレーヌ:
 「求めて下さい」確認のしるしもらいました。「求めて下さい」って。

 『寺沢のサルベレジナ』を歌う。

 しるしがあって、「ミッシェル・マリー・フランソワ、ジャン・マリー
の横に並んでますか?」って聞いてますけど。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 並んでます。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとります。
 しるしがあって、「ジャン・マリー司祭とミッシェル・マリー・フラ
ンソワの頭の上に、寺沢の聖母が手を置いて祝福されてます。」確認と
ります。確認のしるし、今とりました。
 今しるしがあって、ジャン・マリーの頭上に真っ赤なものがあって、
炎のようなものがありますね。
 確認のしるし、今とりました。
 しるしがあって、「セラフィムです」って声が聞こえています。
 先程のしるしの確認とりました。
 またしるしくれました。

天使セラフィム:
 愛する二人の子に、ケルビムと一緒にいるセラフィムが話す。
特別に神が愛される二人に、神秘的教会の建て直しを命ずる。このことを
伝えに来た。子供たちにお願いする。二人は、しるしをもらったものと
して、もう感謝しているが、はっきりつかめていないので、祝福を祈って
あげて欲しい。重要な働きを、これから二人は一致してなすからである。
正しい方向に導けるように、願って欲しい。そして、幼な子たちのガード
に関しても、方法を神が愛する息子に示すので、いち早くそれが与えられる
よう、祈るように、私は言う。祝福をおくる。
父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今とりました。
 今しるしがあって、マリア様が「ローザミスティカに、接吻して下さい」
って、二人が。
 確認のしるしとりました。
 しるしがあって、マリア様なんですけど「何か変化があったら、遠慮
なくどんどん言って下さい」って言ってます。
 ちょっと確認のしるしとりますね。
今のマリア様の言葉に対しての確認のしるしとりました。
 しるしがあって、ジャン・マリー司祭にちょっとメッセージがあるみ
たいです。
 今しるしがありました。

聖母マリア様:
 愛する息子に、聖母が話します。ビジョンが始まりました。あなたは、
聖母の涙をこれから目撃します。世界に対して泣く聖母の涙で、あなたを
愛し、本当に苦しめられたあなたに対しての人が犯した残虐さに対する
涙です。誤解ばかりの人生で、日本人にない特質を持つあなたに対し、
皆牙(きば)をむいたことに対する悲しみの涙です。あなたは、イエズス
の受難の道をずうっと通ってきました。聖痕が現れたら、本当にあなたの
真実性がわかるようになります。確実にしるしを与えます。もう間もなく
与えられます。待ち望んで下さい。あなたへの祝福です。
父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしとりました。
 しるしあって、「ミッシェル・マリー・フランソワはどうですか?」
って聞いてます。
 ちょっと確認のしるし、とらせて下さいね。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 光が点在するのは見えますけど・・。はっきりとしたしるしは、まだ
見えてない。

マリー・マドレーヌ:
 先ほどの言葉の確認をとりましたけれども、しるしがあって「寺沢で
見た光と同じですか?」って聞いてますけれど。確認の言葉、ちょっと
取らせてくださいね。確認のしるし、とりました。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 光の色がいろいろあります。寺沢で見たのと、今見たのは違います。

マリー・マドレーヌ:
 ジャン・マリー司祭に、今しるしがあったんですけど、「ミッシェル・
マリー・フランソワに香と聖水で、聖水は目につけてあげて、香を頭の
方に振ってあげて下さい。」って。
 今しるしあって、「今何か見えますか?」って。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 今は見えない。

マリー・マドレーヌ:
 ジャン・マリー司祭にしるしがあったんですけど、「サタンを追い出
してあげて下さい」って。

ジャン・マリー神父:
 イエズスの御名によって命ずる、サタン出て行け!

マリー・マドレーヌ:
 ミッシェル・マリー・フランソワに、マリア様からメッセージがあり
ます。しるしがありました。
 今しるしがありました。

寺沢の聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワに、寺沢の聖母が話します。
先ほどの光の現れ方が持続しないならば、全部それは攻撃なので、悪魔を
追い出して下さい。しかし、最初に見えた時の状況を話す時に、どこに
光が見えているのか、天井とかマリアの像とかいう風に話をして下さい。
でも、持続しなかったら、即サタンを追い出し、識別のためのしるしを
求めながら、ビジョンが与えられてくるので、回復を待って下さい。以前、
ジャン・マリー司祭が司教になるというビジョンをあなたは見ています。
それは天からのものなので、あきらめないで待ち続けて下さい。どうしても
心が不安になると、そこを悪魔がついてくるので、大天使聖ミカエルに
祈りをし、悪魔を完全に追放してもらうように祈って下さい。
愛には恐れはありません。天からのものであるなら、確実に天使が守り、
しるしを天は求めれば見せますから、安心して下さい。そして、司祭の
助言をよく受けるようにします。そうでないと、独りよがりの危険な状態に
なってしまうので、神秘的な事柄に対し、慎重に、司祭と一致して取り
扱って下さい。会話中にも起こり得ることがあるので、神秘的な事柄に
関しての一致を司祭ともっと強める必要があります。絶対自分の判断に
頼らないで下さい。霊的指導司祭がいるのはそのためで、一人一人の霊魂
を導きます。祝福し、最後に早『く全ての恵みの仲介者、贖いの共贖者の
聖母のドグマ』が、ベネディクト16世教皇によって宣言されるのを祈り
つつ、『アヴェマリア』を歌って終わりにして下さい。司祭の祝福を、
ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

 アヴェマリアを歌う

ジャン・マリー神父:(みんなに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしをとりました。

--------------------------------
2007年5月6日 AM11:00
マリー・マドレーヌに与えられた、寺沢の聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今さっき、ちょっと薬を飲むために食堂に行ってたんだけど、聖堂の
方に入ったら、また松の匂いがすごくって、それをジャン・マリー司祭に
言ったら「しるしを求めるように」って言われて、しるしを求めました。
そしたら、識別のためのしるしがあって、それと同時に「いつも一緒に
いるよ」っていう声が聞こえたんです。で、まだ誰だか尋ねてないです
けど、しるしはあります。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。ってしるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ: 
 今しるしありました。またしるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

寺沢の聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、寺沢の聖母と私の子であるイエズスは、
いつもあなたを離れずに一緒にいます。たくさんの天使も聖人も、あなた
を守っています。あなたはちっちゃい4歳の魂だから、聖人もかわいい
子たちを与えました。日本の聖人は、ミッシェル・マリー・フランソワと
一緒で、若狭・小林、そして天草四郎もいます。あとはイメルダ・ラン
ベルティーニ、ベルナデッタ、そして幼いイエズスのテレジアがいます。
かわいいケルビムちゃんもいるし、セラフィムも一緒にいます。愛する
4歳の魂の息子(ジャン・マリー神父)と一緒にくっついていって下さい。
かわいい二人の子供が、どんでん返しのことをやらかしますから、みんな
あきれるか、変な顔をするか、無視するか、ちっちゃい奴らにしか見え
ないって見るか、それぞれです。なぜかと言うと、旅の途中でも、名古屋
に行っても、他の子供たちを巻き沿いに哺乳瓶を離さないからです。
「え〜っ、大人が哺乳瓶?これは気ちがいとしか思えない。」そう笑わ
れて、そして噂が噂を呼び、「哺乳瓶で大人が赤ちゃんになっちゃった」
と騒がれに騒がれます。特に愛する息子がチューチュー吸ってたら、
みんな「でっかい図体(ずうたい)してて、何やってんだ!」って目を
まるくするはずです。でも愛くるしい姿を見て、みんな子供になりたくて、
ぬいぐるみを買う時代になっているこの時に、共感を覚える人もいるはず
です。癒しが必要で、みんなぬいぐるみを抱っこする人たちがいたり、
髪の毛にいろんなキャラクターのちっちゃい子が好きな飾りをつけたり、
携帯のストラップにくまのプーさんとかキティーちゃんとかつけたがって
やってる若い子たち、この子たちはみんな子供のままで飢えているんです。
だから、特に二人は堂々と哺乳瓶でミルク飲んで下さい。二人でやれば
怖くないから、マリー・マドレーヌは一人にしません。いつも二人でやら
かすんです、いたずらを。マルセリーノ坊やと言ったのは、本当は愛する
息子のほうなんだけど、マリー・マドレーヌもちょっとしか顔を洗わない
から、髪の毛もくしゃくしゃだし、男の子みたいに短く切っちゃって、
愛する息子のおもちゃにされてます。この子は、養女だと聞けば、みんな
納得するので大丈夫です。二人を祝福します。司祭の祝福を、マリー・
マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって「名古屋に連絡して下さい。」って。確認のしるし
もらっちゃった。
 しるしがあって、「コルベ・マリーが前の二つのメッセージ、イエズ
スとマリー・マドレーヌの語らいのメッセージも含めて、彼らにメール
で送ると言っていましたが、今ちょっと電話してみて下さい。いなければ、
ポスティングに行っているか、何かをしているかです。ロンジン・マリー
を喜ばせてあげて下さい。11日に行ったら、もう‘マルセリーノ坊や’
しか呼ばなくなります。旅行に行く時に、‘がらがら’も‘おしゃぶり’
も忘れないで持っていって下さい。北岡ファミリーが来ても、恥ずかし
がっちゃ駄目です。ちっちゃい子たちは、ちょっと大人にあこがれ始め
ちゃっています。特にくるみちゃんがそうですから、かわいく接して
あげて下さい。ストレートな反応に驚かないで大丈夫です。二人でやるん
ですよ。祝福します。北岡ファミリーと名古屋のメンバーを、司祭が祝福
して下さい。

ジャン・マリー神父:(北岡ファミリーと名古屋のメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「寺沢の聖母が話しました。」って。もう一回確認の
しるしとります。しるしがありました。

ジャン・マリー神父:
 電話に行っていいですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。


--------------------------------
2007年5月6日 PM3:15
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 実は私、ミサ中ほとんど寝てて、聖体拝領の時だけ起きてて、後は
ずっと寝ちゃってたんです。今ミサが終わったのもやっとわかって、目が
覚めたら、松の木の匂いがまたした。「しるしある?」って聞いたら、
識別のためのしるしがありました。
 しるしあった。しるし、またくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスに、僕、5歳のイエズスが話すよ。
クララも、神秘的なことがじきに起きるから、愛する4歳の息子ジャン・
マリー神父について行ってね。実に、最初の頃、マリアママが、「あな
たはイエズスもマリアも天使もみんな見る」って話したと思うんだけど、
これからあなたも幻視者になるから、そして子供を泉が出来た時に、
同時に宿すから、大変だ〜。けど、でも絶対に乗り越えられる力を、僕の
お父さんである神様がくれるから、絶対に愛する4歳の魂でいっぱいの
息子ジャン・マリー神父にぴったりくっついて甘えて、神秘的な事柄を
識別のための秘密のしるしももらわないといけないから、気をつけて
みてね。じきに、それが始まると、アタックもすごくなるから、絶対に
怖がらないで、「このやろ〜、悪魔め、出てけ!」って言って追い出す
んだよ。でも悪魔は力強いから、愛するジャン・マリー神父にいっぱい
相談して、「最近こんなことあるんだけど」とか、ちょっとでも、目に
見えたり、光のようなもの、また匂いのようなものを感じたりしたら、
即報告してくれるかな?すごく緊張するかもしれないけど、でも天は
放っておかないんだ、クララ・ヨゼファ・メネンデスのこと。天はやさ
しいから、天使と遊べるようにいっぱい見せてくれるけれども、悪魔も
いるっていうこと、忘れないでね。なぜなら、似せて見せることもある
ので、ミッシェル・マリー・フランソワがすごく攻撃されてるの、見てる
と思う。これからは、ミッシェル・マリー・フランソワといっぱい一致
して、幻視者の仲間として、一致して欲しいな。ただ、秘密のしるしに
ついて、絶対一回正しいものが示されたら、ジャン・マリー神父にだけ
「こんなしるしなんだけど」って聞いて、それが何度も続くようだったら、
それがあなたに与えられるしるしだから、それを見たら誰にもしゃべっ
ちゃ駄目だよ。悪魔に見破られて、すぐ騙されちゃうから。天はしるしを
ちゃんと携えて出現します。で、しるしの用い方とか、マリー・マド
レーヌが自叙伝に残したりしているので、愛するジャン・マリー神父に
聞きながら、慎重に取り扱って欲しいな。司祭の祝福を、クララ・ヨゼ
ファ・メネンデスにお願いするね。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。
 もう何にもないですね。ちょっとリトル・ぺブルさんに聞いてみますね。
 リトル・ぺブルさんにじゃないんだけど、「あ、忘れてた!」って
イエズスが、しるしもらって言ってます。
 ちっちゃい子の5歳の子だから・・。確認のしるし、今くれました。

イエズス様:
 ここでみんな集まったけど、言うね。ねえねえ、哺乳瓶で何か飲みな
がら、『マルセリーノ』観て欲しいな。マリー・マドレーヌも、愛する
ジャン・マリー神父も一緒にいてもいいけど、たぶんお風呂に入るかなあ?
そのほうがいいかもしれない。マリー・マドレーヌと愛するジャン・
マリー神父は、ちょっと別行動で、でもお風呂からあがったら、まだ
ちょこっとやってるから、哺乳瓶みんなで飲んでね。ジュースでもお茶
でも、ミルクでもいいんだけど、愛するジャン・マリー神父は、そして
マリー・マドレーヌはミルク飲むんだよ。他の子たちは、自由に遊びな
がら飲んでね。おはじきとか剣玉、やってもいいよ。一回しか遊んで
ないよ。何のためにおもちゃ買ったの?イエズスもそこにいるから、
忘れないでね。男の子の遊びも、今度見つけて買ってくると、ミッシェル・
マリー・フランソワとかコルベ・マリーも喜ぶよ。でも凧揚げはちょっと、
季節に合わないね。かわいいちっちゃい子たちに、祝福します。司祭の
祝福をお願いするね。

ジャン・マリー神父:(かわいいちっちゃい子たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。他に何かあるかな?
 なんか、まだ話したいみたい。しるしあった。

イエズス様:
 あのね、お絵かき大会のことについて、イエズスが話すね。マリー・
マドレーヌがフランソワ・マリーにしゃべったから、みんなどんな絵を
描くのか見たがってるの。今度名古屋で旅行に行くときに、みんなの
描いた絵を見せてあげて欲しいの。フランソワ・マリー、見たがってるよ。
これ本当なんだ。「え〜、清水小屋でもお絵かき大会始めたの〜!」って
言ってるから。今日マリー・マドレーヌに、何て電話にでたか、知ってる?
「画伯です」って言ったんだよ。面白いフランソワ・マリーだから、絶対
楽しんで絵を見てくれるから、大丈夫、大丈夫。忘れないで、11日、
旅行で持って行ってね。それと、夜、名古屋でも、お絵かき大会しても
いいから。で、名前をちょこっと隅の方に書くと、誰が描いたかわかる
から。でも、名前入れなくてもわかるかなあ。みんなに祝福するね。
お絵かき大会のものはみんな一つにまとめて、絶対捨てちゃやだよ。
まとめて、ちゃんと清水小屋共同体のお絵かき大会の本にしてみるの。
出版されちゃったら楽しいかもしれない。祝福します。お絵かき大会、
「大人路線にいっちゃった」なんて嘆かないで、毎日面白いこと、いっ
ぱい描いてね。ジャン・マリー司祭に、お絵かき大会でのことで、祝福
してもらいます。

ジャン・マリー神父:(お絵かき大会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「あ〜、やっと言うことが終わったあ〜」だって。
確認のしるしもらいます。
 しるしありました。
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか、聞いても何もないので、
これで終わりですね。


--------------------------------
2007年5月6日 PM8:49
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ジュディエル、
イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 先ほど、ちょっと久々にまた『パッション』を聞いてて、すごいマル
セリーノの話とかで盛り上がってたんだけれども、みんながそれぞれの
場所に散って行って、私とコルベ・マリーがちょっと話をしたあとで、
コルベ・マリーも上に行って休む」って行ったので、私も静かにしようと
思って、寝れるかなあ?って思ったんだけれど、何かやっぱりイエズスの
受難に引きつけられてて、『パッション』また聞き始めました。で、
途中からだったんだけれど、もう一回最初のほうに戻して聞き始めたら、
急に何かイエズスが祈って、捕らえられて、裁かれるっていうところの、
カヤファと他の衆議会の人たちから裁かれる場面のところにくる時に、
急に『あ、ミッシェル・マリー・フランソワ、寂しいのかな?』と思って、
ちょっと話をしたんです。やっぱり彼もすごく寂しさを感じてるような
ところが、ちょっと感じたので。
 最初聖堂に入ったら、すごい松の木の匂いがしたので、『しるし求め
よう』と思って、求めたんだけど、この時にアタックがあって何もなかっ
たんです。だから「イエズスの御名によってサタンに命じる、サタン出て
行け!」って祈りました。そのあと、まだしばらくずっと、もう一回ベット
に戻る頃に、急にまた右足がすごく痛くって、昨日ブヨに刺されたもん
だから、右足が痛くなっちゃって、これはちょっと足を引きずりながら
歩く状態になって、『これ一人じゃ無理なのかなあ』って考えながら
歩いてたんで、もう一度戻ってきてベットに寝たら、その途中『パッ
ション』聞きながら、イエズスとマリアママがすごく仲良く話をしている
回想部分にきたところで、何かちょっと途中で「マリアママ」ってちょ
っとつぶやいたんです。何度も何度も「マリアママ」ってお話をしたん
ですけど、すごく何か急に寂しさが突然私の心の中を襲って、しばらく
して、イエズスが捕らえられ、ほんとに鞭打たれて、っていうところで、
ボロボロ涙が出てきちゃいました。あと、パブリックレターについても、
何も反応もないし、『あ、これ私たち、本当に見捨てられてんだ』って
思ったとたんに泣きだしちゃって・・。そんなことが起きたんです。
そしたら、私の唇のほうに風を感じて、誰だかわからないんだけど声が
聞こえて、「あなたには母親がいない」っていう声が聞こえました。
『あ、私本当に見捨てられたんだな』って思って、そしたら涙がちょっと
止まらなくなっちゃって、「しるしある?」って聞いたら、松の匂いが
して、しるしがありました。2階に行って、どうしようもなかったので
ジャン・マリー司祭に伝えて、「どなたですか?」って聞くように言われ
たので、聞いたら「ジュディエルだ。」って言われたので、そしてしる
しがありました。こういう状況が起こっています。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

天使ジュディエル:
 マリー・マドレーヌに、あなたの守護の天使ジュディエルが話す。
ここの共同体の共通しているところは、全員が家族から見捨てられ、母親
も父親も全く関係なく、「この子は知らない」と異口同音に言う。クララ・
ヨゼファ・メネンデスも実の母親からそうされる。イエズスの御心に入る
時に、あなたに愛情飢餓からくる寂しさ、突如の気分の落ち込みはイエ
ズスの受難の一環として背負ってきたものである。昨日もアタックを受け
たが、全くの偽者で、もうあなたは決して実母とは関わりなくなる。
マルセリーノのように、母親がいない寂しさをあなたは負った。それを
埋めるのが、マリアママなので、寂しさ、悲しさが感じられたら、ミカ
エルちゃん、ニコニコ、ガブリエルちゃん、ニコニコ、ジュディエル
ちゃん、ニコニコ、マリアママ、ニコニコと言って、イエズスの御心の
中に避難し、愛する息子(ジャン・マリー神父)を求めるようにしなさい。
彼も全く家族からの連絡が、あの写真をきっかけになくなっている。
クララ・ヨゼファ・メネンデスは、マリー・レベッカとの血縁関係がある
ので、少し寂しさは軽いけれども、一番重たいのは愛する息子とマリー・
マドレーヌ、ミッシェル・マリー・フランソワで、コルベ・マリーはきっ
ぱり家族との縁を自分から切ったので、寂しさをあらわにしない。でも、
彼も同じ目に合う。名古屋の共同体は、家族の共同体になり、天草に行く
ときに、ロンジン・マリーとフランソワ・マリーが新たな人々を導く。
天草では、愛する息子とマリー・マドレーヌが一緒に北岡家の中で過ごす
ので、家族の共同体を味わうようになる。イエズスとマリアママが、あ
なたを慰めるので、今言ったようにして欲しい。マリアママの出現が
非常に多いのは、この母親飢餓に対する理由からである。マリー・マド
レーヌは、捨てられたみなし子のようにされたけれども、愛する息子が
父親役、そして母親のようにも接してきた。子供よ、悪魔の手口は、
寂しさを与え、気分を落ち込ませ、母親のことを考えさせようとしている。
でもこの家族こそ、あなたに一番幸せを与える家族なので、絶対にマリア
ママがあなたを離さないので、恐れないで歩みなさい。愛するクララ・
ヨゼファ・メネンデスに、いろいろビジョン、出現が起きてきた場合、
しるしを求めてなかったら、「イエズスの御名に命じる、サタン出て行け」
と言うようにさせて欲しい。先ほど、幼いイエズスが言ったのは、イエ
ズスの立場からの言葉なので、わかりやすくするために話した。司祭が
直接指導をして欲しい。家族の団らんを、特に、ミッシェル・マリー・
フランソワに与えてあげて欲しい。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・
フランソワとクララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・レベッカ、コルベ・
マリー、最後にマリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワ、クララ・
     ヨゼファ・メネンデス、マリー・レベッカ、コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          
マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、「今のことをみんなに伝えて欲しい。」って
ジュディエルが言われました。
 しるしがあって、「あなた方は、完全に見捨てられた」って。 

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明おねがいしますって。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。しるしがあって、イエズスです、今度。

イエズス様:
 愛する子に、イエズスが話をする。
日本の教会も、シャーベル修道会も、あなた方のこの共同体、名古屋の
共同体を、全く異端者として見捨て、「私たちとは関わりありません」
と明言するようになる。それを見て、未信者である人々の中に神の光が
与えられ、各個撃破のように、あなた方を取り扱ったグループとして
見なしたカトリックの教会とマリア司教たちのやり口も見て判断し、
かえってならず者集団のあなた方を違った目で見るようになる。イエズス
が改心の目をこの日本に起こさせ、種をまく実りは神により行われ、成さ
れていくので、あなた方は自然に振舞い、先ほど言ったように哺乳瓶で
挽回しなさい。幼な子路線を捨ててはいけない。最初見る人々はあざ笑う
かも知れないが、でも神の計画がここにあるので、みな赤子のように戻っ
てくる。かたくななのはカトリックの教会だけであり、20年続いている
リトル・ぺブルの支持者たちだけが、あなた方を批判する。人が多ければ
考えもそれぞれで、共感する人もいれば、そうでない人もいるのは当然
である。あなた方は一人ではないので、先にイエズスが笑われたように、
その後に続く弟子たちも、皆この世から締め出されるようにして、憎まれ、
殉教した。あなた方は幼な子であればあるほど、どんどん小さな子たちが
寄ってくる。祝福をおくる。司祭の祝福を、この共同体にお願いする。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は6月22日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]