%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年6月8日号 No.413

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月5日 AM2:35
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 ちょうど悪魔祓いの一般的祝福をしていて、最後に大天使聖ミカエル
の祈りをしたときなんですけど、その時に「この前約束したように、
泉が湧くときには、ミッシェル・マリー・フランソワと愛する息子
(ジャン・マリー神父)二人に知らせます」っていうマリア様の声が
はっきり聞こえてきました。「しるしありますか?」って聞いたら識別
のためのしるしをもらったところです。
 今識別のためのしるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度もらいました。

聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワと愛するちっちゃくって、そ
れでも体の大きな息子(ジャン・マリー神父)、二人を愛し、祝福します。
神秘的教会の建て直し、発展には二人が重要な責務を負います。リトル・
ぺブルに何らかの変化が起きたときに、事が動き始めます。そして二人
には、それぞれの形で同時に泉が湧くのを知るようにします。わざわざ
水が湧く場所でない所を掘らせて、神の奇跡を与え、皆が泉に吸い寄せ
られてやって来ます。近くには川が流れていて、源流があります。でも
北向き観音の近くの場所で、リトル・ぺブルのための証としての泉を与え、
それを皆体験し、オーストラリアで、しかもあまり日本では名前が知ら
れていない、全く無関係な外国の人の名をとった泉は珍しく、普通地名で
泉の名前が呼ばれるようになっています。ルルドのベルナデッタが代表
的で、ここでは『寺沢のサルベレジナ』が歌われる、この特徴ある日本
での出来事は、これから一つのしるしとなって殉教者が注目されるように
なります。子供たち、楽しみにしていて下さい。それから、この間マリー・
マドレーヌに見せた丸い輪の幻は、そして炎があった幻に関し、新しい
啓示を与えました。ケルビムも、とっても可愛い姿で現れているのも、
幼な子路線の象徴とも言えます。今回輪っかと炎しか見えなかったので、
とても不思議な状態でした。でも、イエズスは「あなたがセラフィムを
願ったので、もちろん与えた」と言っています。神の不思議な事柄はた
くさんあって、本当に聖書の神秘的な部分が多く、預言書にはたくさん
散りばめられています。新約では、黙示録が代表されます。神の全能の
力は、今でもはっきりあり、一人一人の霊魂に直接働きかけています。
今、二人がそれを受けつつあるので、男性の二人が治めるようになるなら、
神秘的教会の判定がなされます。ヒエラルキーの教会も男性の力強い、
そして能力が与えられて、柱とされてきちっと守られます。女性は、
どうしても曖昧で、男性のような現実と向き合い、戦う精神を持たず、
夢を見るかのようにふわふわ状態にされてしまって、きちっとまとめら
れません。ですから、同宿会であっても、男性の役割は大きく、重要で、
本当に生まれ持ったものを十分に発揮できるようにしなければならない
のです。女性は、男性に従う事を覚えなければなりません。どうしても
傲慢になりやすいのが女性であると言わねばならないのです。男性は
その点、厳しさを目の当たりにし、世間でもぶつかり合うので、自分は
低いんだと謙遜になりやすく、自然的に従い助言も素直に受け入れやすく
なっています。子供たち、恐れないで歩んで下さい。司祭の祝福を、今
ミッシェル・マリー・フランソワと、コルベ・マリー、それから東京に
いるミッシェルにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしは特にないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリア様にね、インスピレーションを与えるっておっしゃった、その
セラフィムの啓示なんですけど、無限で完全な愛を示す姿っていう、
そういうこのインスピレーションは天からのものなんでしょうか?
神の無限で完全な愛を示す啓示のインスピレーション・・。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがある・・。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明して下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。もう一回、しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する息子に伝えます。天使はみな愛の塊だと、この間話しました。
聖母は、特に強調したいのは、神の被造物に対する完全な愛の象徴を表す
ものであるというのがセラフィムで、人に対して本当に愛そのもので、
燃え上がっています。そこには、愛しかありません。憎しみは愛によって
消される程に、神の愛は完全で全く無限なものなのです。言葉で説明し
きれないほどの愛で、神は一人一人を愛し、守り、包んでいます。これが、
聖母が説明できる最大の言葉です。祝福を贈ります。マリー・マドレーヌ
に祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、今ありました。

--------------------------------
2007年5月5日 PM2:35
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
寺沢の殉教公園にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって「寺沢の聖母です」って言われて、「ミッシェル・
マリー・フランソワと愛する息子(ジャン・マリー神父)とマリー・
マドレーヌに恵みを与えます。」って。「北向き観音に上がって来て
ください」って

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリー・レベッカは待ってるの?って。ここで待つの?って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「マリー・レベッカは登れますか?」って聞いてる
んだけど。


ジャン・マリー神父:
 (マリー・レベッカに)「マリー・レベッカ、登れますか?って
マリア様が・・」

マリー・レベッカ:
 登れる。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 登れるって。

マリー・マドレーヌ:
 「一緒に来てください。」って。「四人で、全員で来てください」って。
確認のしるしもらいました。


--------------------------------
2007年5月5日 PM3:00
マリー・マドレーヌに与えられた、寺沢の聖母マリア様、イエズス様、
小林わかさからのメッセージ
北向き観音の前で
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 先程の寺沢の聖母の「北向き観音に来て下さい」って言われた時間が
2時45分でした。今ちょうど3時になったところなんだけれど、
『寺沢のサルベレジナ』を歌ってる途中から私の手が、両手がすごく
あったかくなってきて、今しるしを求めたら、識別のためのしるしが
ありました。で、声が聞こえてきて「マリー・レベッカとミッシェル・
マリー・フランソワ、寺沢組を祝福します。」って言われました。
「マリー・レベッカ前に出てきて下さい」って言われたので今ちょうど
前に出てきてもらってます。で、確認のしるしとります。確認のしるし、
今とれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

寺沢の聖母マリア様:
 マリー・レベッカとミッシェル・マリー・フランソワに寺沢の聖母が、
特別の恵みを与えます。寺沢の殉教地を訪れる人々をどうか世話して
あげて下さい。16人の殉教者たちも、あなた方の奉仕に感謝を表し、
祝福をしています。これから特に二人がその奉仕を受け持つことになり
ます。祝福をします。力と体力を与えますので、それを信じてこれからの
日々を過ごし、準備して下さい。寺沢の家が早く与えられるよう祈り、
過ごして下さい。家が与えられて住み始めたら、仕事が待っています。
司祭の祝福を二人にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ: 
 確認のしるしとりました。
 しるしがあって、「ミッシェル・マリー・フランソワと愛する息子は
しるしを求めて下さい」って声が聞こえました。確認のしるしとります。
しるしありました。

 しるしを求める。そして『めでたし・・』のお祈りをする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 次に何をしたらいいですか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、10歳の男の子の声で「僕は小林わかさです」って
聞こえました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしが今ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度しるしくれました。

小林わかさ君:
 寺沢の殉教者、小林わかさが話します。天使がすごく好きでマリア様
も好きでした。僕はミッシェル・マリー・フランソワの傷を癒し、
ずうっと守ります。一緒にいるのでいっぱい話して、友達になって下さい。
ちょうどミッシェル・マリー・フランソワが辛い時期だった年齢とほと
んど重なるけれど、僕は幸いでした。イエズスとマリア様に会えたから。
ミッシェル・マリー・フランソワ、もう泣かなくて大丈夫。いつも僕が
一緒にいるから、これからもよろしくね。神父様の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしもらいました。
 今、松の匂いがすごいので、しるしを求めます。しるしがあって、
小さいイエズスが二人に「何か見えましたか?」って聞かれています。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 僕は光があちこち点在する・・。しるしかはわからない。

ジャン・マリー神父:
 ジャン・マリーは何も見えません。
 天使に祈ろうね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、幼いイエズスが「心を平和にして落ち着いて求めて
下さい。」って。確認のしるしとります。
 確認のしるしとれました。
 しるしがあって、イエズス、同じ幼いイエズスなんですけど、
「ヨハネ馬井さんと天使に取り次いで下さい」って言ってます。 
確認のしるしとれました。

 今ちょっとしるしがあって、ビジョンが見えたんですけど、言ってい
いですか?
 この間からこれで3度目なんですけど、今回ははっきりしてて、マリア
様が、たぶん、私、色が見えないからわかんないんだけど、たぶん白だと
思うんですけど、白いドレスで長袖で胸にボタンがいくつかあって、すご
い足の方まで垂れてて、下にちょっとひらひらっとしたものがあって、そ
して上にはベールをかぶっていて、髪の毛はほんとに、割りとちょっと
長い髪の毛をしているみたいな感じで、背中の方まで垂れてるんだけど、
その背中の髪の毛を隠すような感じでベールをかぶったマリア様がいて、
上にバラの冠をかぶってらしてて、やっぱり私たちの方を向いて、胸の
ほうに手をこういう風にして祈ってくれてるっていうビジョンです。
しるしとります。ちょうど立ってるマリア様ですね。ビジョン、確認とり
ました。
 しるしがあって、幼いイエズスが今日よく話してくれるんですけど、
「何か見えましたか?遠慮しないで言って下さい。」って言ってますけど。
確認のしるしとりますね。しるしくれました。

ジャン・マリー神父:
 ジャン・マリーは何も見えない。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 光が点滅する・・。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、幼いイエズスが「ミッシェル・マリー・フランソワ、
新しい友達に取次ぎを願って下さい。これからも。」って言われました
けど。確認のしるしとります。確認のしるしとりました。
 今しるしがあって、「ジャン・マリー司祭は、哺乳瓶でいっぱいミルク
飲んで、マリアママにいっぱい甘えてチューチューして下さい。」って。
確認のしるしとります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 従います。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしと同時に、「早くマリアママに会いたいよ〜。」って
言ってねって。
 またしるしがあって、「たぶん会ったらおっぱい飲んじゃうと思うけ
ど」だって。

ジャン・マリー神父:
 『たぶん』じゃなくて『絶対』なんだもんね〜!

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとるね。今日イエズスちょっとお話いっぱいしてくれる。
確認のしるしとりました。
 「これは本当だから、公開するかしないかは、そちらに任せます。」
って。確認のしるし、今とりました。
 しるしがあって、ビジョンが見えたんですけど、先程のマリア様が
見えて、「マリー・レベッカにバラの花束を渡します。」って言われ
ました。確認のしるし、とりますね。
 しるしがあって、「祝福のバラの花です。」って。確認のしるし
とりました。
 しるしがあって、ジャン・マリー司祭に、幼なきイエズスが言ってる
んだけど「ミルク飲んで、いっぱい大きくなってね。」だって。これよ
りもっと大きくなっちゃうんだよ!
 また松の匂いがして、しるし求めたらしるしがあって、イエズスが
「最後にもう一度聞きます。何か見えましたか?」って。

ジャン・マリー神父:
 ジャン・マリーは見えません。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 同じ光・・。

マリー・マドレーヌ:
 「持続してますか?」って聞いてる。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 持続してません。瞬間的です。

マリー・マドレーヌ:
 先程の質問のしるしを求めたんですけど、しるしがあって「絶対与え
られるから、信じて待って下さい。」って言ってます。イエズスが言っ
てます。
 確認のしるしがあって、ジャン・マリー神父に「パブリックレターの
後にです。」って、イエズスが言ってますね。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明お願いしますって。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 小さいイエズスが話します。パブリックレターは出ているけれども、
公的な手紙と言いながら、日本で隠そうとしています。今日は初土曜日
なので、今日出ていなければ、また様子を見ることになります。情報を
こちらに送ると、全てホームページにアップされるので、それを嫌って
の行動だと思います。内輪でジャン・マリーはずしをしようとしてい
ます。また、『153本の聖ヨゼフの百合』に書かれている事柄を、
彼らは改めようとせず、繰り返し行っています。幻視者の指導のもとに
身を寄せているから、いつしか船のへさきが全然違うところに向いていて、
真理ではない行動に走っています。コルベ・マリーに聞いてみて下さい。
帰ったら、今日の夜までその状況を見ているように伝えて下さい。もし、
彼らが出せば事は変わります。イエズスが、マリア司教と仲間たちをあわ
れみ、祝福を与えます。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリア司教と仲間たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、イエズスが「すべての恵みの仲介者と、贖いの共贖
者の聖母のドグマの宣言を早く出されるように願いながら、‘アヴェ・
アヴェ・アヴェマリア’を歌って終わって下さい。」って。

ジャン・マリー神父:
 すべての恵みの仲介者、贖いの共贖者のドグマの宣言、一刻も早くで
きること、願いましょう。
 
‘アヴェ・アヴェ・アヴェマリア’を歌う。

ジャン・マリー神父:(みんなに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

 


----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は6月15日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]