%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年6月1日号 No.412

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月4日 PM4:45
マリー・マドレーヌに与えられた、天使聖ジュディエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 カリスの洗浄が終わる頃、ちょうどその時に「天の御旨のままに」って
いう、何かこうとっても響く、とっても優しい声が聞こえたんです。最初、
女性かなって思って「誰ですか?」って聞いたら、しるしを先に求めて、
識別のためのしるしがあったんだけれども、「誰ですか?」って聞いた
ら・・。ちょっとその場で、いろいろ戸惑ってたら、ジャン・マリー司
祭が、聖体拝領唱の祈りをしたので、『これはもうちょっと後かな?』
と思って慌てないで待ってました。そしたら「ジュディエル」って聞こ
えてきたので、びっくりして「しるしありますか?」って聞いたら、
識別のためのしるしをくれました。そういう状態です。
 しるし求めます。今、識別のためのしるしありました。もう一度しる
しくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

天使ジュディエル:
 マリー・マドレーヌにジュディエルが話す。イエズスの御心(みこころ)
は、広くって深くて、御心を受け入れる者だけが、この甘美な優しい御心
を味わえる。どんなに細かく罪をすぐに犯して、きれいになれた魂が一瞬
の間に汚れちゃった、とあなたが感じても、それはイエズスにとっては
あなたは子供である。あなたが愛らしくてたまらなくて、抱きしめている
のである。会話の中に入らないように言われても、やっぱり幼な子なので、
はしゃいでしまって、可愛く入ってしまう。幼な子の観想者は、イエズス
と私ジュディエルが、愛する息子(ジャン・マリー神父)にインスピレー
ションを与え、それが出来るように導く。自分が一生懸命にならなきゃ、
と力を入れると、自分の力に頼るので、いつも天使と聖人にニコニコ笑って、
「イエズス」しか言えなくても、十分に不思議な独特な道をたどる。

 愛する男性のみんなに話す。神の御旨のままに、哺乳瓶を使い、追放
されたけれども、自由の身で、絶対にミサを止めようとしない司祭につ
いていって欲しい。普通だったら、『聖職剥奪』と言われたら、激しく
泣くか、「じゃ、ミサをもうたてません」と言って身を引くはずだけれども、
愛する息子は海賊なので、絶対に聖職剥奪も気に留めるどころか、むしろ
どんどん情熱的に天を愛し、人を愛し、牢の中に入れられているリトル・
ぺブルを愛している。ミッシェル・マリー・フランソワは司祭になり、
寺沢でミサをたてるようになる。あなたは、愛する息子の後継者として
選ばれ、たてられている。寺沢の殉教者たちを記念する責任を負っている。
コルベ・マリーも愛する息子に見習って、挑戦を仕掛けている。名古屋の
男性も、みな同じである。まさに、リトル・ぺブルのために戦うやから
として、悪党を発揮し、悪魔どもをぶっつぶす。そうでないと、伝道は
なされないし、今の教会の仕方では、聖なる雰囲気に見せかけて人をだます、
などというとんでもない道に走っている。聖体を軽く取り扱って、男性と
女性の役割を区別なく、男女平等、という名の下で行い。女性にも奉仕
する権利を与えてしまっている。侍者の役割が変わってしまったのである。
ここは、同宿会なので、いろんな前代見聞なことが行われるけれども、
でもイエズスを愛し、慕う情熱は誰にも負けないほどに、愛する息子の中
にはセラフィムの炎が燃え上がっている。彼のようになって欲しい。
実際、愛する息子は苦しみ、大変にうめきながらミサをたてていて、それ
で今に至っている。子供たちに、祝福をおくる。イエズスの御心を大切に
して、愛して欲しい。司祭の祝福を、この秋田の同宿会と名古屋の同宿会
にお願いする。

ジャン・マリー神父:(秋田の同宿会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (名古屋の同宿会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ジュディエルちゃんに、「名古屋への旅行、泉で癒される前に行くの
が望みなのか、いつ頃・・」

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「11日から行って欲しい」って言われてるん
ですけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。何日間の予定で組んで、どこに寄ればいいです
か?って

マリー・マドレーヌ:
 今の確認のしるしとれました。
 今しるしありました。

天使聖ジュディエル:
 ジュディエルが、この質問に対し、話をする。聖体行列を名古屋の
ロンジン・マリーの家の近くでして欲しい。ロンジン・マリーとフラン
ソワ・マリーも経験をして欲しい。家が密集していて、初めての都会
での聖体行列になるけれども、イエズスを公然と拝し、皆にそれを見る
ことを期待する。償いの日は、今回は秋田ではなく名古屋で一緒におく
って欲しい。そして、コルベ・マリーとロンジン・マリー、フランソワ・
マリーは、事務的な話をそこでして欲しい。北岡家が加わるかには、
連絡を入れて、都合を聞かなければならないけれども、加わるならば
大きな証になるので、大変にぎやかな集会になるはずである。天は、
名古屋を勇気づけ、励まし続けたいのである。ここに残るメンバーは、
心を合わせて、自由に映画も観ながら、そして償いの日を過ごして欲しい。
14日に帰る予定で、旅行を組めるように、天は望む。今回は、名古屋に
絞って旅行をして欲しい。ミッシェルに関しては、もう少し様子を見る
必要があるけれども、寺沢に家が見つかり次第、聖櫃を取りに行くこと
にもなり得るので、祈りながら待ち続けて欲しい。司祭の祝福を、ミッ
シェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカ、名古屋のメンバー、
そしてミッシェル□□にお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル□□に) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (名古屋のメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうしるしないです。





----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は6月8日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]