%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年5月25日号 No.411

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月3日 AM10:15
マリー・マドレーヌに与えられた、寺沢の聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
  先ほどミサも終わって、しゃとう式も終わった後なんだけれども、
マリア様の声で「ジャン・マリー司祭が、マリー・レベッカと添い寝だけ
しなさい」って「口づけとかしてはいけません」って。「服のまま、二人
とも服のままで添い寝するように」っていう声が聞こえました。そしてし
るしがあるかどうか尋ねました。
そしたら識別のためのしるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

寺沢の聖母マリア様:
 愛する子供たち、寺沢の聖母が話します。マリー・レベッカは大きな
戦いの中に、これから置かれます。実際に、前の預言的使命の失敗で裏切り、
アンと同じ代役のようになってしまいました。今その傷を引きずっています。
マリー・マドレーヌは、神秘家なので、霊的にそして肉体的にイエズスの
道に入っていきます。ベッティーナの役は、クララ・ヨゼファ・メネンデス
で、アンの代役に関して言えば、もうセックスもできないマリー・レベッカ
になります。マリー・マドレーヌは、前の預言的使命ではアンの代役で償い
のセックスの時には、それを裏切ったアンの償いとして、愛する息子との正
しい償いのセックスをしました。霊的な意味で、ベッティーナの痛みとマルー
の神秘的苦しみ、痛みをマリー・マドレーヌは負います。愛する息子にマグ
ダラのマリアとアンナリアの取次ぎにより、マリー・レベッカとクララ・ヨ
ゼファ・メネンデスの二人に添い寝と、クララ・ヨゼファ・メネンデスには、
正しいセックスをし、ベッティーナの務めを回復できるように、そしてバロ
ネスの使命を果たすことが出来るようにしてあげて下さい。マリー・マドレー
ヌは、お風呂に入るときに少し裸で抱き合うことになります。だんだん、寂
しさが消えてきているので、神の哀れみを、マリー・レベッカとクララ・ヨ
ゼファ・メネンデス、そしてマリー・マドレーヌに注ぎ続けます。マリー・
マドレーヌに関しては、足の痛みが始まっています。男性の介護も、もう間
近になるはずですが、恐れないでして下さい。体力は、神が支え与えます。
添い寝のときに、マリー・レベッカの個人的な言葉を聞くか、静かに二人で
寝るかして下さい。一人でいる寂しさを、実に今持っています。明るく振舞う
のは、それを抑えるためです。いつも、寂しいとか苦しいとか、十分に言わ
ないで、苦行だからとか、我慢しなければいけない、などという固い決心の
もとで過ごしたマリー・レベッカは、自分の手で自分を打ちたたいて、鞭打
っています。クララが、いろいろ言っているように、彼女にも自分の弱さ、
否定的な思いなどを言わせなければ、心が爆発し、感情をあらわにし、むき
出して、怒りをぶつけてしまいます。それを誘導されてしまったので、今ま
で大変な誤解と、いろいろな憎しみがあって、愛したい、けれどもどこかで
憎むといった、アンビバラントな状態になって、マリー・マドレーヌと愛す
る息子の二人がいるだけで、もう耐えられなくなっていました。今は、もう
彼女の転換期になるので、柔らかく包んであげて下さい。アンナリアとマグ
ダラのマリアに取り次いで下さい。司祭の祝福を、マリー・レベッカにお願い
します。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、松の木の匂いがしました。今確認のしるしとります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリア様にね、マリー・レベッカがいつも好きなね、ぴったりとジャン・
マリーの胸に甘える添い寝でいいですね、って。いつも彼女が安らぐ、あの
方法でいいですね、って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「顔をうずめさせてあげて下さい」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ジャン・マリーの口を閉じたキスは駄目なの?って。夫婦のキスではなく
って、口を閉じたキスでは駄目なの?って。
 今の、確認のしるし、とり忘れてるから・・

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとります。
 しるし、今あった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 口を閉じたキスは許されるの?夫婦のキスではなくって。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「夫婦ではない、普通のキスなら大丈夫です」って。
確認のしるしとります。「頬にもキスしてあげて下さい」って。確認のしる
し、とりました。しるしがあって「それだけです」って。


--------------------------------
2007年5月3日 PM14:10
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど5分くらい前なんですけど、私はちょっと手紙を書いてるように、
自分で日記を書いて、今まであった事を、つい最近の事なんだけれど、
それを告白文みたいな感じで、また書き始めたんです。『大好きなイエズス
へ』って感じで書いていたんだけれど、しばらくしたら耳元で「あなたに
桜の花を贈る。マグダラのマリアが、アーモンドの実、枝を贈られたように」
って。「これは婚姻だ」っていう感じでその言葉が聞こえてきました。
「しるしがありますか?」って聞いたら、識別のためのしるしを先ほど、
ジャン・マリーを呼んだ後にすぐもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今識別のためのしるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 可愛い愛するマリー・マドレーヌ、イエズスが話をする。マグダラの
マリアが愛を望んだところを、ようやくあなたは聞く事ができた喜びで、
早速手紙を書いてくれている。セラフィムに願って、「愛を下さい」と
あなたは祈った。イエズスに対する燃える愛を願った。あなたに、桜の花
を贈る。イエズスがあなたにしるしを与える。松と桜である。寺沢の聖母は、
あなたを愛し、昨日誰も触る事が出来ないのを、あなたは特権に預かり、
触る事ができ、マリアへの愛を深め、幼いイエズスにも、もうキスをしたい
ほどまでに、喜んでキャーキャーはしゃいでくれた。本当だったら、扉を開
けて皆は見るだけなんだけれども、あなたは、誠に石で彫られたのを実際に
知ることができた。愛しているから、これを許したのである。あなたの不義
と咎(とが)は許され、自分の弱さを見るのではなくて、イエズスの御心の
中に避難し、イエズスを通して人を見れるように、少しずつ変わってきて
いる。これから起こる事柄についても、ますます愛する息子とイエズスが
観想の道に導くから、恐れないで歩みなさい。優しい御父をはじめ、イエズ
スと聖霊、そして、ヨゼフ、マリア、天使たち、あなたの守護の天使も、
保護の聖人も、みんな同じ愛をもって、あなたを包み恵みで満たす。赦しと
哀れみのあふれた共同体になるよう、身を捧げて欲しい。司祭の祝福を、
この共同体と、マリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。一言「婚姻である」って言われた。確認のしるし
とります。

ジャン・マリー神父:
 みんな、ちょっと来て〜。急いで・・。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・

イエズス様:
 イエズスとマリー・マドレーヌの婚姻を祝ってあげて欲しい。子供たちを、
祝福する。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、「このことを、司祭からみんなに説明して欲しい」
って言われました。確認のしるしとります。
 しるしとれました。

マリー・マドレーヌ:
 今ジャン・マリー司祭が、「長の望みで、セラフィムちゃん、ちょうだい」
って私のことで祈ってくれたんですけど、今何か私の目の前にしるしがあっ
て、丸い輪っかのような、炎のようなものがあるんですけど。

ジャン・マリー神父:
 確認のしるし求めて・・

マリー・マドレーヌ:
 今しるしあった。けど、私今祈ったのは「セラフィムって、どういう
ふうにみんな描かれているのか全然わかんないし、見たこともないからって、
不安だ」って言ったんだけど、しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌは、愛する息子の苦しみをイエズスの十字架と重ね
合わせて見た。イエズスが話をする。あなたは、ミサ中腕の痛み、足の痛
みを捧げるように。私がした。一人で食べるのが困難ではないのかと思って、
それでも、『ミカエル、ニコニコ、ガブリエル、ニコニコ、ジュディエル、
ニコニコ、ケルビム、ニコニコ』を続け、イエズスの御心に入り、いろいろ
な匂いもあって、しるしを求めたが、サタンの攻撃に対し対処し、途中左の
頬が熱くなる状態を、司祭に伝えたので、しるしを求めさせ、決着をつけさ
せた。このように、婚姻になったが、傲慢にならないよう、助けて」とあな
たは願った。謙遜なミカエルに、これからも寄りすがるように、イエズスが
与えた最初の守護の天使ミカエルであるから、彼は優しく、そしてとても強い
天軍の天使長である。「天使の羽で、みんな覆って」と幼な子になって、
あなたはいろいろな天使にみんな頼んでいた。恐れないで、一緒に食事をし
て欲しい。司祭の祝福をおくる。マリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ビジョンの説明をお願いできますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「司祭にインスピレーションを与える」って言われて
ますけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「エゼキエル書から」っていう感じで言われてるんで、
ちょっと確認とります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 炎の輪のようなもののことですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがある。今しるしがあって・・

イエズス様:
 マリー・マドレーヌは、愛する息子につながれていくので、誰もそれを
断ち切ることは出来ない。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。


--------------------------------
2007年5月3日 PM19:31
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ミサが終わって、聖体降福式も終わって、ヨゼフの連祷、マリア様に
ロザリオ全部お祈りが終わった後なんですけど、その終わる頃から「今日
は特別に、みんなと一緒に食事をしなさい」って促しのようなものを感じて、
「これは絶対ジャン・マリーに言わなきゃ」って。すごいミサ中苦しんだ
ので。「イエズス、これはイエズスからのものなんですか?」ってずうっと
聞きながらこちらに戻って、聖堂のとこにきました。すぐしるしを求めたい、
と思って、ひざまづいてちょっと祈ったら、一言ローキューションがあって、
しるしと共に、優しいイエズスが「今日は許す」って言われました。その後、
腕とか、すごいミサ中痛くて、「一人で食べられないのかな」っていう感じ
が、ちょっと不安を感じたんだけれども、「介護が必要だから」っていう言
葉も聞こえてきて、しるしがありました。そういう状況です。

ジャン・マリー神父:
 ビジョンに関して、もう少し詳しく言える?

マリー・マドレーヌ:
 私、ビジョンに関しては、私の目の前に輪郭だけっていうかこういう丸い
輪っかがあって、こんな形の、私上手く丸をかけないんですけど、目の前に
輪っかがあって、何か炎みたいなものがちょっとある。「セラフィムちゃん、
ちょうだい」って祈った後に、そういうことがおきました。で、しるしを求
めたら、識別のためのしるしがあったんです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 セラフィムちゃん、もらえたの?って、今ちょっと聞いて。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「あなたが願ったからあげた」って言ってくれたんです
けど。確認のしるしとります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 どなたですか?

マリー・マドレーヌ:
 「もちろんイエズスが」って言ってくれたんですけど。確認のしるしとり
ます。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 それについてローキューションありますか?って。

マリー・マドレーヌ:
 何もしるしないです。




----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(41)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

ぼくは、ホモだってことだけじゃない。
大嘘つきで大罪人の怠(なま)け者。
嘘つき人間。人からいい人だって思われたいがために、つく嘘(うそ)。
この人は面白いっていわれたいがための、聞いた話を自分のことのように
話す嘘。忙しい人、スケジュールいっぱいなんだって思わせる、忙しく見
せる嘘。

頭の中で想像して生きる人間。
自分の好きなタイプの人が現れると自分のいいように仲良くなっていくこ
とを想像する。仕事中のミスを注意すると、相手がどんな態度を取るかを
想像する。言ったところで聞きもしない、治りもしないからほっておけ、
って見過ごす。もう一人の自分と相談している。実際には下心を持って近
づこうとする。狼みたいな自分。

好き嫌いの激しい八方美人の人間。
人の悪口を言う。嫌いになるとその相手とも口を利かない。自分に逆らわ
ない人を選んでいる。

人を楯(たて)にする人間。
言いたいことをはっきり言える人に憧れるけど自分はなれない、かといって
その時はその人の後ろで、そうだそうだって言う自分がいる。

素直になれない。
注意を素直に受けず、逆恨みする。

人を愛せないんだ。
ジャン・マリーは人を愛せないなら神様を愛することが出来ない。ほんと、
神様大好き、マリアママ大好きって言ってる自分だけど、大嘘つきなんだ。




----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は6月1日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]