%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年5月18日号 No.410

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月2日 AM11:55
マリー・マドレーヌに与えられた、
寺沢の聖母マリア様、幼きイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 寺沢の地に来てるんですけど、殉教碑のところでロザリオを一連祈り
ました。そのロザリオを一連祈っていて、8玉目ぐらいからずうーっと
風が吹き始めてて、ちょっとしばらくずうーっとそのままにしてたん
ですけど、終わってもやっぱり風がずっと、すごいわりと冷たい風が
すうっと私の顔のところを吹いてたので、「ちょっとしるし求めたい」
って言って、車に今ちょっと戻ってきました。そしたら、識別のための
しるしがあって、「誰なの?」って聞いてみたら、「寺沢の聖母です」
っていう答えが返ってきて、今確認のためのしるしもらいました。
今しるしがあって、「質問されてるんですけど」

寺沢の聖母マリア様:
 愛する子供たちに尋ねます。寺沢の聖母が質問をしたいのは、ここ
に書かれている殉教者の名前は、全部資料に載っていますか? もし、
書いていなかったら、書き留めて、寺沢組はとりなしを願って欲しい
のです。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 載ってるんだけどね、正しい名前がわからない人が、何人もいるんで
す。最初から、説がいくつかあって、同姓で、誰との夫婦関係かって
つきとめないと。あと、子供の名前が日本語らしくないので、何かの間違
いだと思うんです。マリア様、どうですか?って。もし、その全部の
正しい名前、発音を教えてくだされば、取次ぎを祈りやすいんですけど。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしあって、ひとこと言われるみたいです。
 
寺沢の聖母マリア様:
 こちらの殉教碑に刻まれているのを、いちおう書き留めてください。
寺沢の仕事は、愛する息子(ジャン・マリー神父)と、そしてミッシェ
ル・マリー・フランソワ、二人がビジョンと、そして愛する息子は全部
を知るようになります。祝福します。今から北向観音に行き、ミッシェ
ル・マリー・フランソワ、そして愛する息子はしるしを求めて下さい。
特に、馬井六左衛門の取次ぎをお願いして下さい。祝福します。父と、
子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、いまとれました。

マリー・マドレーヌ:
 今北向観音のちょうどまん前に来ました。なんと、マリア様をジャン・
マリーは私の白杖で触らせてくれちゃったんです。で、その後イエズス
にもちょっと触れたんだけど、もちろん手で触れられる距離じゃないの
で、白杖の先でつんつんって、触らせてくれちゃいました。これはちょっ
とびっくりなんですけど、嬉しかったし、何だか何だかはしゃいでたら、
「そのニコニコ顔が好きなの」って、イエズスに言われちゃいました。
しるしあるかどうか求めたら、識別のためのしるしいただきました。
今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛するジャン・マリー司祭に、幼きイエズスが話をします。聖水まい
てくれてありがとう。しかも哺乳瓶で。すごく嬉しかったし、マリア
ママも喜んでくれました。マリー・マドレーヌのニコニコ顔、とっても
好きだよ。いつもそれ保てるといいけど、なかなか苦心してるみたいだ
ね。みんな優しい人たちばかりだから、ねえ、こんなことしちゃったぁ
っていっぱいいってね。もうじき、マリー・マドレーヌは北向観音に
上がれなくなると思う。旅行の体制も4人に増えたのは、マリー・マド
レーヌの体が痛くなるから介護が必要になるので、特にクララ・ヨゼ
ファ・メネンデスに学ばせるために、連れて行くの。イエズスが決めて
るよ。マリアママが言ったように、ここにいる二人の大きな男の人たち
は、しるしを求めて下さい。二人とも、今日大きな祝福を受けます。
ミッシェル・マリー・フランソワもビジョンが開始されるから、信じ
て愛するジャン・マリー司祭についていって欲しいんだ。よろしくね。
司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとれました。


--------------------------------
2007年5月2日 PM12:30
マリー・マドレーヌに与えられた、
寺沢の聖母マリア様からのメッセージ
寺沢の北向観音の前で
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今、北向観音のところに来ています。『寺沢のサルベレジナ』を歌っ
て、めでたしを3回祈った後、しばらくして、私の目の前にまたビジョ
ンが見えました。識別のためのしるしがあるかどうか尋ねたら、識別の
ためのしるしをもらったので、このビジョンの説明をします。
 結構後ろまで垂れたベールをして、ベールの色とかはわからないんで
すけど、そのベールの上に、やっぱりバラの冠をかぶってて、マリア様
がこうやって、私たちのまん前にいてくれて、真正面に顔を、こう見る
ような感じで、私たちのためにこうやって手を合わせて祈ってくれてる
ビジョンです。それが見えました。今しるしくれました。

寺沢の聖母マリア様:
 愛する子供たちに、バラの花束をおくります。二人には、もうしるし
は与えられています。あなたがたが、「しるしありがとうね」と祈り始
めて、私は喜んで取り次ぎました。悪魔は、今マリー・マドレーヌに、
「この失敗ばかりする神父について行くなんてバカだ」とか「このバカ
者どもが」とか言っています。もう神の勝利が来ています。ミッシェル・
マリー・フランソワも、本当に愛された息子で、こんなに聖母をいっぱ
いいっぱい呼んでくれて、嬉しいです。よく聖母泣かせの共同体、とま
でみんな言われるし、長上に不従順になりやすい子供たちが多いけれど、
罪は天は気に留めません。イエズスに信頼、と言ってついて来て下さい。
祝福します。何か見えたら話をして下さい。二人にお願いします。司祭
の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしをとりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリア様のおでこが、最初見たときはオレンジ色になってて、次見た
ときは黄色になって、ちょっと色が変わったんですけれども、これは目
の錯覚ですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、今呼びかけられてます。

寺沢の聖母マリア様:
 愛する息子、あなたに聖母が話します。祝福は始まっています。目の
錯覚ではありません。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 今黄色の色も見えなくなっちゃって、オレンジ、黄色と何もなく変化
しました。

マリー・マドレーヌ:
 さっきの確認のしるしがとれた後に、「あなたの目に不安だったらし
るしをつけて下さい」って。確認のしるしとれました。

マリー・マドレーヌ:
 またマリア様から指示があったんですけど、愛するジャン・マリー司
祭に、「ミッシェル・マリー・フランソワに目と、頭のほうに聖水をま
いてあげて下さい」って言われました。確認のしるしとれてます。
 今戦いが起きているみたいで、悪魔のローキューションがあったんで
すけど、いれていいですか?「このくそやろう!」って言われています。
大天使聖ミカエルの祈り・・

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとれました。
 マリア様が、私たちにニコって微笑みかけくれてるビジョンが見えま
した。確認のしるしとりました。
しるしがあって、「北向き観音に奇跡が起きます」って言われています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。・・・・?

マリー・マドレーヌ: 
 「あなたのしるしです」って言われた。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明お願いします。もっとはっきりと強烈に与えて欲しいんです。ど
うもぼんやりして・・。北向き観音の奇跡の事と、ジャン・マリーの・・

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。

聖母マリア様:
 北向き観音には、いろいろな表情が表されます。愛する息子は、今ま
で聖体を見てきました。家に帰ったら、ローザミスティカの聖母像を見
て、しるしをはっきりしたものにして見ることが出来るようになります。
ローザミスティカの像にも、十字架の磔刑像にも、ヨゼフの像にも奇跡
を現します。寺沢の出現が真実である事を証明します。変化をよく見て
て下さい。
 マリー・マドレーヌは、もう歩けなくなります。皆が支えますから、
安心して下さい。クララ・ヨゼファ・メネンデスにも、奇跡を起こしま
す。ミッシェル・マリー・フランソワは、今何か見えますか?遠慮しな
いで、どんどん言って下さい。祝福しています。

ミッシェル・マリー・フランソワ:(マリー・マドレーヌを通して)
 点在する星のようなものが、いくつか見えます。御像の前にも、星の
ようなのが、星っていうか点滅するのが見えたんですけど、はっきりと
したしるしではないので、とまどっています。

聖母マリア様:
 しるしがあって、「サタンを追い出してますか?」って聞いてます。

ミッシェル・マリー・フランソワ:(マリー・マドレーヌを通して)
 サタンを追い出してます。

マリー・マドレーヌ:
 私、ジャン・マリーね。しるしがあって、星、点滅とかそういうのは
わからないんだけれども、星が見えたんです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 説明を求めてね。どうしてこれを見せたの?って。あなたなの?サタ
ンなの?って。

マリー・マドレーヌ: 
 今しるしがあって、「ここに星が輝く」って言われて。「ミッシェル・
マリー・フランソワにしるしです」って言われました。

ミッシェル・マリー・フランソワ:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリアお母さんに、「はっきりしたしるしが得られてないので、後で
またはっきりしたしるしを示してくれませんか?」って。

マリー・マドレーヌ:
 「イエズスの十字架に接吻して下さい」ってしるしあって、言われま
した。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 その次はどうすればいいですか?そして「ここに星が輝きます」って
説明、このことの説明をお願いします。
 
マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「皆が見える形で現します」

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ローキューションお願いします。説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 聖母が子供たちに話します。この前、愛する息子が「何か見える形の
奇跡があるといいな」と言っていました。これを約束します。ミッシェ
ル・マリー・フランソワも、家に帰ったらローザミスティカのマリア像
に接吻し、その前でしるしを求め続けて下さい。今まで、聖体はそれを
ずうっと聞いてきました。聖母像により、今回の召し出しの重要性を与
えられます。祝福をおくります。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・
フランソワに、そしてマリー・マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ずうーっと星があるの。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 どういう意味ですか?説明をお願いします。マリー・マドレーヌは、
何を見てるの?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミッシェル・マリー・フランソワにこの一つのし
るし、これが識別のためのしるしで、星のように輝きます。これを約束
します。祝福をおくります。悪魔との契約は、破棄されました。攻撃を
仕掛けてきたら、恐れず「サタン出て行け」と命じて下さい。あなたは、
もう聖母のものです。喜んで下さい。祝福します。父と、子と、聖霊と
の御名によりて、アーメン」今、しるし確認とりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリア様におねだりさせて。『めでたしせいちょうみちみてるマリア』
にメロディーをちょうだい。そして、穴ぼこをあいた所に、植える木、
お望みの木があったら、おっしゃってちょ。

マリー・マドレーヌ:
 しるしが今あって『めでたし』の祈りの旋律は、愛する息子に天使が
与えます。穴に植える木は、バラにして下さい。
 確認のしるし、今とりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?そしてなければ、リトル・ぺブルさんに伝言・・。
そして、クララの奇跡に関して、できたら説明して欲しいんですけど。
これ、まず最初・・。クララ・ヨゼファ・メネンデスの奇跡に関して、
説明して頂けますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 彼女の情緒の回復が早まります。そして、もっともっと愛する息子に
寄り添うようになります。まだ、何も気付かないし、知らないけれども、
彼女に神秘的なかおりが与えられ始めます。男爵としての祝福の始まり
になるので、コルベ・マリーと愛する息子が世話をしてあげて下さい。
子供のように無邪気な彼女だけれども、話を聞いてくれる人を探し求め
ています。今いっぱいはしゃいで、幼な子路線につっぱしっている彼女
のリーダーシップにのって、どんどん巻き込まれていきます。可愛いク
ララ・ヨゼファ・メネンデスなので、愛されている事を認識させる必要
性があります。人に対する信頼度が、違った意味でマリー・マドレーヌ
によく似ています。心が開けたら、いっぱい話します。でも、その情緒
の傷も癒されます。祝福します。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メ
ネンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今とれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

ミッシェル・マリー・フランソワ:(マリー・マドレーヌを通して)
 確認したいんだけれども、さっきのしるしが与えられたって言って、
星のようなしるしって言ったでしょ、それは識別のためのしるし、じゃ
ない?ちょっとそれがよくわからない。ローザミスティカの御像の前で
接吻して、「ちゃんとはっきりしたしるしが与えられる」ってマリア様
言ったでしょ。その後、マリー・マドレーヌが星のようなものをビジョ
ンで見て、それで「僕の悪魔との契約が切れました。って、聖母のもの
になりました。」って言ってくれたでしょ。そのためのしるしなのか、
僕が今ここで見ているものっていうのは、あいまいなしるしなので、前
に話してくれた三度。形も変化も同じですっていうしるしではない
ので、ちょっと戸惑っている。一番確実にしるしが得られる方法を教え
て下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「愛する息子に助言を」って言われています。
 しるしがあって、「最後にアヴェマリアを歌って終わってください」

マリー・マドレーヌ:
 言うのがすごい遅くなって、言うの忘れちゃったんですけど、北向き
観音に上がってる最中に、「これが、もしかしたら私こうやって登るの
最後なのかな」っていうちょっとしたインスピレーションがありました。
今になって、このことをジャン・マリー司祭に言ったので、「インスピ
レーションかどうか確認をしなさい」って言われたので、識別のための
しるしを確認するところです。しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに、お話します。名古屋に旅行を始めると
き、また取材のファックスが届いているので、もう近いです。北向き観
音には登れないけれども、一緒に寺沢に連れて行くことはできます。ま
ず、足の痛みが始まります。歩けなくなるので、車椅子、そしてポータ
ブルトイレの使う頻度が増えます。シャワー付車椅子については、事業
が立ち上がり次第買えるはずです。ですから、安心して身を預けて下さ
い。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリアママ、取材の前に、私たち二人聖痕が欲しいんですけど。私の
ために、お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしが今ありました。

聖母マリア様:
 愛する息子の願いは、よく聞いています。でも、決定権は神にあるの
で、どうか神の御旨のままに、と祈って下さい。決してあなた方を捨て
ません。しかし、これも、イエズスの十字架の一つになります。祝福し
ます。決して罰しているのではないので、二人の小さくて4歳くらいの子
供たち、恐れないで下さい。聖母は幼いイエズスを見るように、あなた
方二人を見て育てています。可愛い子供たちに、祝福します。父と、子
と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー:マドレーヌ:
 しるしあって、「リトル・ぺブルへの伝言はないので、下におりて下
さい」って。ちょっと確認のしるしとります。確認のしるし今とりました。


--------------------------------
2007年5月2日 PM18:00
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様と
寺沢の聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 まず、ちょっとアタックがあったことから話します。『パッション』
を聞いてて、今日はイエズスとすごい一致したかったので、寝ないで
『パッション』を聞いてました。そしたら、「落ちないでね」っていう
言葉を思い出しちゃって、ジャン・マリー司祭に話をしたんです。そし
て、「ミカエルちゃん、ニコニコ。ガブリエルちゃん、ニコニコ。ジュ
ディエルちゃん、ニコニコ」って言って、そして「御心の中に入ります」
って言って、しばらくして、やっぱり私の不安っていうのがあったこと
を、ジャン・マリー司祭に話したんです。確か昨日だったと思うんだけ
れど、ジャン・マリー司祭が「アンの代役としての私に対しても、セッ
クスを再開するんですか?」って聞いたときに、私に聞こえてきたその
言葉が「娘として取り扱いなさい」っていう言葉だったんだけれども、
それがこう私自身の心の中に「彼女一人だけに負わせるのかな?」って
不安がちょっとよぎってしまって、「神様に私、何かしたかな?」って
思って、ちょっと不安になっちゃったのを、先ほどジャン・マリー司祭
に話したら、「神が決めることだよ」って言われました。その時に、し
ばらくしたら「娘のままでいい」ってすごく優しい声が聞こえてきて、
しるしがありました。「誰?」って聞いたら、「イエズス」って言われ
て、識別のためのしるしをもらって「あなたは痛みを負うから」ってい
う言葉を聞いたんです。確認のしるしを今、またとります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 「何も出来なくていいよ」っていう言葉は?

マリー・マドレーヌ:
 あと、「何も出来なくていい」っていう風にも言われました。
 今識別のためのしるし、もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今またしるしくれました。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌ、ちっちゃくて、いっぱい転んでしまう、
みじめな可愛い子、イエズスが話をする。寺沢での恵みは本当に大きく、
天使たちはあなたの限界を超えてやってくれた愛の行動に、祝福をおく
っている。今まで、裁きのイエズスを叩き込まれたために、あなたには
情緒の深い傷があって、霊魂はもうイエズスのものなので、神によみせ
られている。恵みが近いので、不安を情緒に焼き付けようと、必死に敵
は攻撃し、直接耳に入れたり、人を使ったりしている。あなたの人生は、
イエズスのところに行く道で、これからの道は愛する息子とコルベ・マ
リー、クララ・ヨゼファ・メネンデスの旅行と、海外にはミッシェル・
マリー・フランソワと愛する息子、そしてマリー・マドレーヌが行くこ
とになる。あなたは、今日勇敢に証をたてた。神は祝福をおくっている。
大人の道ではないので、皆に助言する。言葉と違う助言を司祭はするの
で、恐れおののかないように。もう愛する息子の手の中にあって、最後
を遂げるので、不安になったら、今のように話をしてイエズスと結ばれ
るようになりなさい。お祝いの席にも、今6人でいるけれども、あなたは
ここで天使と聖人とイエズスに囲まれて食事をする。残念ながら、マリー・
レベッカがパニクッてしまい、他の人は喜ぶけれども、マリー・マドレー
ヌのアン役に戻ったことで、変化してしまっている。神の哀れみが必要
になるので、司祭はかみ合うことのできない二人のケアを、特にマリー・
レベッカに比重を置き、彼女の部屋で、一対一で話して欲しい。クララ・
ヨゼファ・メネンデスが動揺してしまうので、血縁関係を、二人はまだ
心に抱いたままである。話したがっている。神の哀れみが必要である。
マリー・マドレーヌは、ここに引きこもり、イエズスの中で憩い、休む
ように。緊張のレベルを高めようとするので、そこから離す。司祭の祝
福を、マリー・レベッカと、クララ・ヨゼファ・メネンデス、そしてマ
リー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありましたけど。しるしがあって、「3人の男性が、いつも一緒
にいるように」って「女性のケアをするように」って。今言われたこと
の確認のしるしとりました、

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いしますって。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 マリー・レベッカの精神的な浮き沈みが激しく、感情を表にあらわに
し、一番年が上であるのに、マリー・マドレーヌという、見えなくて弱
い者から痛めつけられたという心の傷があると訴えたくて、先ほどの愛
する息子の奇跡の話にも、全然そっけない状態で、聖母を見ずに、愛す
る兄弟、姉妹の仲間意識がないので、特に習慣づいてしまった、言葉の
軽さで傷つける意識は全然持っていない。善意の塊ではあるけれども、
司祭にも抵抗をしてしまうので、一番誘惑を受けやすい彼女のケアは、
司祭とコルベ・マリー、ミッシェル・マリー・フランソワに託されてい
る。でも、この三人の男性に対して、心を閉ざす表情を出すなど、それ
ぞれに嫌悪感や軽蔑な眼差しを、一瞬見せると、もう耳に入らない状態
になってしまう。特に、聖職剥奪された愛する息子には、大変見方が変
わってしまっている。今一番揺れているのは彼女で、その雰囲気にマリー・
マドレーヌが感じ取ってしまうので、このままレベッカに取次ぎを願う
ようお願いする。ヨゼフは神秘的教会の保護者なので、そのように祈って
欲しい。今の状況は、ここが戦いの場になってしまっている。何も知ら
ないけれども、少しづつ変わりつつあるクララ・ヨゼファ・メネンデスを、
コルベ・マリーと愛する息子が守って欲しい。プレッシャーを与えない
ように、彼女は何も知らないし、マリー・マドレーヌと同じように、愛す
る息子に耳を傾けていかなければならないので、今自分の心の内を話し始
めている。愛する息子との信頼関係を、クララ・ヨゼファ・メネンデスは
持つように、できるだけそのような環境にしてあげて欲しい。司祭の祝福
を、三人の女性と、ミッシェル・マリー・フランソワ、コルベ・マリー
にお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 イエズス、マリー・レベッカと服を着たままの添い寝と、口とのキスを
再開させて欲しいんだけど、どうでしょうか?って。

マリー・マドレーヌ:
 何もしるしない・・。ちょっと待って下さい。今、別のかたちで・・
今さっきから松の木の匂いがしてて、しるしが今あったんですけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 誰ですか?

マリー・マドレーヌ:
 「寺沢の聖母です」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今一言だけ言われて、ミッシェル・マリー・フランソワに「寺沢の殉
教者をもっと愛して下さい」ってそれだけ言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。もう一度しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

寺沢の聖母マリア様:
 今、寺沢の聖母が、ミッシェル・マリー・フランソワに、特別に大き
な恵みを与えます。ガイドの賜物を与え、これから送られる巡礼者のた
めに、説明ができるように、勇気と力を与えます。そして、ビジョナ
リーとしての働きも始まるので、出現の話もさせます。愛しています。
もう、過去を振り返る必要はありません。司祭の祝福を、ミッシェル・
マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるし、とれました。


--------------------------------
2007年5月2日 PM23:15
マリー・マドレーヌに与えられた、寺沢の聖母マリア様、
幼きイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 つい先ほどなんだけれども、マリア様の突然のメッセージ、声が聞こ
えました。これは、預言的使命のことに関わることなので、今は非公開
になります。しるしがあって、実は「これから、クララに母乳が出ます」
っていうメッセージがでました。「識別のためのしるしありますか?」
って聞いたら、しるしを先ほどもらったんです。今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしくれました。

聖母マリア様:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスに、寺沢の聖母が話をします。
あなたは、今日一つの恵みを受けました。それは、これから男爵の道を
歩む一つのしるしが与えられます。それは、神秘的な香りを感じるよう
になること、そして赤ちゃんが産まれる、その象徴として、母乳がでます。
あなたは、これから母性愛が大変に強くなるので、本当に赤ちゃんを可
愛がってあげて下さい。そして、愛するジャン・マリー神父に寄り添って、
情緒の傷が癒されていきますから、過去の事を思い出さなくなります。
神の祝福は、今あなたに注がれ、バラの花束を、聖母がリトル・ぺブル
につながるものとして、あなたに贈ります。祝福されたもの、幸いな女
性と、あなたはこれからなります。たくさんの誤解の中を通るけれども、
でも、全部祝福と慰めを、愛する仲間から受けます。祝福します。司祭
の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は5月25日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]