%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年5月11日号 No.409

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月1日 PM4:35
マリー・マドレーヌに与えられた、
聖ヨゼフ様、聖母マリア様からのメッセージ(非公開)
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
  まだミサ中なんですけど、ジャン・マリー司祭の意向の事をちょっと聞きました。
そして、それがどうか果たせるようにって、もう一度果たせるようにっていう
深い苦悩の意向を聞いたんですけれども、そしたら、ちょっと声が聞こえたんです。
「クララ・ヨゼファ・メネンデスは男性の愛に飢えてる」っていう声が聞こえたので、
「ちょっとこれ、しるし求めたいんだけど」って言って、しばらくしてしるし求めて
いました。ジャン・マリーが「もう一度、このことについてやらせて欲しい」って
言われていたので、その事を聞かれているみたいで、そしたらしるしがあって、
「誰ですか?」って尋ねたら、ゆっくり「ヨゼフ」って言われました。今しるしもら
いました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖ヨゼフ様:
 マリー・マドレーヌ、ヨゼフがあなたに話しをする。クララ・ヨゼファ・メネンデス
は幼な子のようでいて、実に大人の女性としての経験を積んでいる。彼女を
包む男性が欲しくて、何度か求めたけれども、彼女のことを理解できる人は
いなかった。マリー・マドレーヌ、恐れてはいけない。愛する息子(ジャン・マリー
神父)が、真実な行動をし、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデスを守るには、
正しいセックスが必要であり、奇跡による子供を授かる。彼女は、殉教せずに
生き、何人もの子供を産む。マリー・マドレーヌ、恐れてはいけない。
神の御旨に従って歩み、もう償いのセックスから解放されているので、あなたは
内的にベッティーナの痛みと、マルーの痛みを負い、クララ・ヨゼファ・メネンデス
はベッティーナの代役と、バロネスの両方を受け持ち、非常に試練は厳しいが、
愛する息子とマリー・マドレーヌとクララ・ヨゼファ・メネンデス、そしてコルベ・マリー
との旅行になることを伝える。
 愛する息子、罪責感の中に今いるけれども、マリー・マドレーヌの償いのセックス
を見て理解しているように、自分のことでも同じことをするのであれば、彼女(クララ・
ヨゼファ・メネンデス)の方からそれを望むはずである。様子を見ながら、優しく包ん
であげて欲しい。彼女の心は、孤独そのものであるし、男性に対する不信頼があり、
傷が深いので、情緒的な面も合わせて愛する息子が癒して欲しい。祝福をおくる。
今日、二人は新しく神秘的結婚をするに至る。預言的使命の説明については、
愛する息子が、彼女に話す時がきたとみることができたら、なるべくわかりやすく
話してあげて欲しい。祝福をおくる。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスに
お願いする。このメッセージは非公開にし、愛する息子が、落ち着いたときに、
こういう事情で、という説明を名古屋の人に話してあげて欲しい。祝福する。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 聖ヨゼフにね、娘に戻ったマリー・マドレーヌを、もう一度妻として、この
あずかって、正しいセックスを再開していいですか? 償いのセックスね、
御聖体の前でこの公然と皆にするセックスは終わったけどね、ジャン・マリーが
この一夫多妻をまた実現するために、正しいセックスを再開していいですか?
って聞いて。マリー・マドレーヌに対して。

マリー・マドレーヌ:
 何もしるしがない。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 一夫多妻において、以前と同じように正しいセックスを二人にするべきだと
理解しているんですけどって。説明お願いしますって。
違ったら教えて下さいって。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「娘として取り扱いなさい」って言われちゃった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ありがとう、って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、その前に「童貞として守って」っていう声が聞こえて、
しるしをたずねたら、識別のためのしるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました、今。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 2度目の預言的使命に関して・・

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、聖母が話をします。マリー・マドレーヌは
一粒の麦になり、地に落ちました。クララ・ヨゼファ・メネンデスを守るには、
マリー・マドレーヌの愛も含めて、愛する息子が支えてあげて下さい。聖職剥奪
されても、天は終生誓願を覚えています。ですから、あなたの心がけの良さを、
心から喜んでいます。つまり、彼女の百合にペニスでオーガズムに達し、射精させ、
絶対にあなたの精液で、受精することのないためにそうするなら、神は
リトル・ぺブルの聖なる輝く棒から、聖霊により、子供を受胎させます。2度の
痛い苦しみを負った彼女の傷を癒すには、あなたしかいません。リトル・ぺブルの
中にある奇跡の業が、誠に神からのものであるのを証明させ、そしていつも
コルベ・マリーも含めて、マリー・マドレーヌと愛する息子が、彼女を支えるのです。
祝福を、コルベ・マリーとクララ・ヨゼファ・メネンデス、そして、マリー・マドレーヌに
おくります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリー、クララ・ヨゼファ・メネンデス、
マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミサを続けて下さい」って。確認のしるしとりました。


--------------------------------
2007年5月1日 PM6:10
マリー・マドレーヌに与えられた、
聖母マリア様、天使ケルビム、アンナリアからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 カリスの洗浄のときなんですけれど、マリア様の声で「クララ・ヨゼファ・メネンデス
は子供が好きなので、名古屋に一緒に連れて行ってあげて下さい。」って、すごい
優しい声で言われたんです。しるしがあるかどうかをたずねました。そしたら、識別
のためのしるしがあって・・。実はこれ、これもちょっと、クララから実際に聞いた話
なんですけど、「子供がすごく好きで、子供が欲しいの」っていうことを私に話して
いた事があるんですけどね。で、そういうこともあってかな、ってちょっと心の中で
思ったんですけど。でもすごく北岡家には、たぶん会ったらすごい祝福だろうなあ
って私は思ってますけど。またしるしを確認します。今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと大天使聖ミカエルに祈って下さい。(大天使聖ミカエルの祈りをする) 
今しるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなたがたにお話します。クララ・ヨゼファ・メネンデス
には、可愛い子供と遊ぶ時間がとっても必要になります。近々、名古屋に一緒に
旅行できるようにして下さい。それから彼女に与える聖人が変わります。今まで、
ロンジーノとジャンヌ・ダルクでした。けれども、彼女はマリー・マドレーヌと同じように、
痛みながら、非常な誤解も受けながらなので、マグダラのマリアと幼きイエズスの
聖テレジアを、保護の聖人として、むしろ、マリー・レベッカにロンジーノとジャンヌ・
ダルクを与えます。メスライオンにさせるため、軍人も両方扱うためです。つまり、
クララ・ヨゼファ・メネンデスは、実に母性愛にあふれています。ただ、大変な道のり
を行くので、もう一人、ベルナデッタを加えます。彼女の好きな聖人になっている
ようです。
 シナリオをたくさん変えるのは、その一人一人の交わりを天は愛し、避雷針の
働きのために、だんだん皆が変えられてきています。今、マリー・マドレーヌは
マリー・レベッカが意志が弱くなっているのを負っていて、今、罪責感にさいなま
れる状態で、「どうか許して下さい」と祈っています。どうしても、やめられない遊び
があって、それを抜いてしまうと落ち込んでしまう遊びです。前、愛する息子が
本の整理、プレクストークでの整理を禁じました。でも、また彼女は遊んでいます。
マグダラのマリアの助けを願いながら。先ほど、彼女は「やっぱり長に不従順
しちゃった」と恐れたので、いろいろ迷いました。でも、天は許しています。意志力の
弱さ、それを今一緒に担っていて、とうとう自分の力で意志力が奮い起こせなく
なっている状態で、今過ごしています。マリー・レベッカから少し慰めを得た彼女は、
少しずつ心を、彼女を愛そうと傾き始めました。神が絶対に勝ちます。
 クララ・ヨゼファ・メネンデスは、いっぱい聖人に囲まれることになります。特に
ベルナデッタを愛する子になります。まだ、よくわからないと言っているけれども、
でもベルナデッタを愛し始めています。幻視者・神秘家・恵みの霊魂の保護者
ベルナデッタとヨゼフに支えられ、これからもマリー・マドレーヌとクララ・ヨゼファ・
メネンデスは守れられ、導かれます。マグダラのマリアも一緒ですから、勇敢な態度
を彼女は持てるはずです。そこが、きっぱりと嫌なものは嫌、いいものはいい、という
感じで、彼女がはっきり態度を決められる、よい特質を持っています。天は、何か人に
要求する時には、「はい」は「はい」、「いいえ」は「いいえ」と言いなさいと言う
イエズスの言葉を与えています。人間は何か都合の良くない事を言われると、反応
してしまって、理由づけしてしまいます。神のあわれみの生活の中で、もう皆を
罰しません。あわれみを伝えたいのです。これが、これから起こされる人々に
必要な事です。祝福を、マリー・レベッカ、クララ・ヨゼファ・メネンデス、ミッシェル・
マリー・フランソワ、コルベ・マリー、そして名古屋のメンバー、北岡ファミリーに
お願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。 
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (名古屋のメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (北岡ファミリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあったけど、「この子、アンナリアってつけて」って、誰か言って
るんだけど、誰かわかんない。「しるし・・、十字架ちょうだい」

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 アンナリアかもしれない・・

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ビジョンが見えてるんだけど、ケルビムちゃん来てる。しるし
くれました。

天使ケルビム: 
 ちょっとお邪魔します。ケルビムが話すね。昨日、「僕の絵、描いてくれないかな」
って言って、何だかおかしい絵を描いたんだけど、猫じゃないから、しかも3本ひげ
じゃないから、名古屋の所に行って、よくケルビムを見て描いてね。でも、みんな
知っててわざと描いたのは、よくわかるからさ。天国には引き上げなくて、いつも
いるよ。コルベ・マリーに特に言うね。祝福を、コルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ビジョンがあって、天使のちっちゃな羽があって、ケルビムちゃん
がまた挨拶してくれました。確認のしるし、今ありました。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ほんとにアンナリアが来てくれてる。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 いっぱい、いっぱい話してって。ジャン・マリーが好きなんだ。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。

アンナリア:
 私はアンナリアです。皆さんに挨拶します。イエズスがエルサレム入城で、みんな
がホザンナを言っていた時に、私は幸せのあまり、死んだアンナリアです。マグダラ
のマリアと一緒にマリー・マドレーヌを守り、クララ・ヨゼファ・メネンデスも守ります。
もうたくさん聖人がいて、誰が誰だかわかんなくなりそうかな? でも大丈夫、
いっつも一緒にいる聖人だから、アンナリアはとってもイエズスの麗しさに魅かれて、
愛のうちに幸せの絶頂に達して死にました。でも、天国にすぐに行けたのです。
 今日は、ヨゼフパパの祝日。ヨゼフパパは、本当に優しくて、こんなちっちゃい子に
いっぱい恵みをあげたくって、私も一緒に来るように言われました。マリー・マドレーヌ
とクララ・ヨゼファ・メネンデスを守ります。今、先ほどいなかったマリー・レベッカには、
ジャンヌ・ダルクとロンジーノを与えています。クララ・ヨゼファ・メネンデスには、違う
聖人に変更されています。マリー・レベッカ、早くメスライオンになってちょうだいね。
祝福します。司祭の祝福を、マリー・レベッカとミッシェル・マリー・フランソワに
お願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「この祝福は寺沢組だから」って言われました。確認のしるし
とります。しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ジャン・マリーにも何か言ってって、アンナリアに。

マリー・マドレーヌ:
 「しるしありますか?」しるしあった。

アンナリア:
 司祭でありながら、4歳の子供の愛するジャン・マリー、あなたの大好きな
アンナリアが話します。あなたは、いたずらっぽくて、めちゃくちゃ大騒ぎして、
暴れまわって、また何かするんですか? でも、愛しているので、へまをやらない
ようにね。アンナリアは童貞の保護者で、いつも導きます。愛しています。いっぱい
食べて、いっぱい大きくなって下さい。愛するジャン・マリーは、いっぱい天に
子供のように求めるので、「また求めてきた」と天使たちが騒いでいます。神様も
吹きだしていて、「可愛い奴だ」と言っています。こんなに求める司祭は誰も
いません。前代未聞なんです。面白いですね。この共同体と、名古屋の共同体は
本当に面白くってたまらないです。
 名古屋の共同体では、車に絵をベタベタ貼り付けて、宣伝カーのようにリトル・
ぺブル同宿会を広めまわっています。この単純さを神様が大喜びしているので、
祝福いっぱいしてます。秋田もクララ・ヨゼファ・メネンデスが加わったことで、また
面白くなりました。彼女は思いっきり男の子になったり、かと思ったら女の子、
ちっちゃい女の子になったり、いろんな人格を持っています。でも、コルベ・マリーが
人形嫌いなのは、ちょっとどうしたらいいのかな? 結婚できませんよ。赤ちゃん
取り上げるんでしょ。だから、結婚ではないにしても、赤ちゃんを可愛がってあげてね。
おもちゃもあげるんだよ。女の子は人形が好きなんだから、男の子はけん玉とか
ブロック遊びとか、車の遊びでいいいかもしれないけど、「女の子はやっかいもんだ」
と言われちゃったらどうしよう。でも、責めてるんじゃなくって、みんなを明るくさせた
くて、この話をしました。祝福します。みんな、愛し合って下さいね。司祭の祝福を、
この秋田のメンバーと、これから起こされる名古屋の可愛い3人の子供たちに
お願いします。

ジャン・マリー神父:(秋田のメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (北岡らいむ、れもん、くるみに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (アンナリア人形に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、聖母マリア様が「ミッシェル・マリー・フランソワ、何かしるし
ありましたか?」ってたずねてるんですけど。確認のしるしとりますね。

ミッシェル・マリー・フランソワ:(マリー・マドレーヌを通して)
 今はないです。

マリー・マドレーヌ:
 先ほどの確認をとりましたけれども、またしるし求めます。しるしがあって、
ミッシェル・マリー・フランソワにメッセージみたいです。今しるしありました。

聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワ、聖母があなたにお話します。確実に識別の
ためのしるしが与えられるので、あきらめないで求めて下さい。寺沢の地で与え
られます。それは決してあちこちに散らばるようなものではなく、はっきりわかる、
自分にしかわからないもので、決してそのしるしを他の人にしゃべらないで下さい。
司祭だけに伝えます。これを守って下さい。祝福します。司祭の祝福を、ミッシェル・
マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。またアンナリアがひとこと言いたいそうです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

アンナリア:
 愛するジャン・マリー司祭に、アンナリアが話します。哺乳瓶で聖水まくなんて、
面白いですね。それも前代未聞で、神様、吹きだしてます。でも、リンボウの
赤ちゃんたちは、大喜びで、マリア様のもとに走っていっています。数が多いけれ
ども、どんどん天国にあげられているのを伝えます。続けてリンボウの赤ちゃんと、
無垢な霊魂たちに、祈りを捧げて下さい。祝福を今、リンボウの赤ちゃんと、
無垢な霊魂に、お願いします。

ジャン・マリー神父:(リンボウの赤ちゃんたちと、無垢な霊魂たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしありました。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は5月18日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]