%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年5月4日号 No.408

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月30日 AM7:22
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうどカリスの洗浄の時なんですけど、まだ「誰ですか?」ってい
うのは聞いてないんですけど、「あさって二人、ジャン・マリーと私は
寺沢に行くように」って言われたんです。そのことがあったので、しる
しを求めました。「識別のためのしるしありますか?」って聞いたら、
識別のためのしるしもらったところです。ちょっと今「どなたですか?」
って聞いてみます。 今しるしあって、「聖母です」って言われました。
今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。 

聖母マリア様:
 愛する子供たち、一人一人を、聖母は愛し、祝福します。明日労働者
の聖ヨゼフの祝日に、ミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・レ
ベッカ、クララ・ヨゼファ・メネンデス、そしてコルベ・マリーの4人
がまず寺沢に行き、そこで泉が湧くことを熱心に祈ってきて下さい。そ
して、殉教者を愛するために殉教碑のそばで祈り、出来たらロザリオを
一連唱えてきて下さい。あさって、その次の日、5月2日にマリー・マド
レーヌと愛する息子が寺沢に行きます。泉の穴は掘られて、マリー・マ
ドレーヌの耳は、確かに泉の音を聞いています。いつ湧くのかは、神が
きちっと定めていますし、リトル・ぺブルのゆえの泉なので、リトル・
ペブルに何か変化が起きた場合に湧きます。早く釈放されるよう祈り、
そして殉教者のところを訪問して、聖母に出会って下さい。司祭の祝福
を、この秋田のメンバー全員にお願いします。

ジャン・マリー神父:(この秋田の共同体のメンバー全員に)  
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今すぐ、確認のしるしとれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「これだけなので続けて下さい」って。 確認の
しるしとりました。


--------------------------------
2007年4月30日 AM11:15
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私は横になって寝られないので、『パッション』を聞いてたんです
けど、その時に声が聞こえてきて、「人数の変更」って言われました。
「ミッシェル・マリー・フランソワはあさって」っていう声が聞こえて
きました。しるしがあるかどうか尋ねて、識別のためのしるしをもらっ
て、そのあと「誰ですか?」って尋ねたら、しるしとともに「イエズス」
って答えが返ってきました。今印もらいました。もう一度くれました。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、イエズスが告げる。ミッシェ
ル・マリー・フランソワの神秘的使命の回復には、愛する息子とマリー・
マドレーヌの同行が必要であり、しるしを与える機会を逃してはならな
い。彼は商標登録のことで、コルベ・マリーと友情を結び、たくさんの
話をするように。しかし、今回の場合、彼のビジョンに関する悪魔の
妨害を取り去るには、どうしても司祭の保護がなければならない。彼を
癒し、彼の仕事が出来るようにするために、あさってマリー・マドレー
ヌとミッシェル・マリー・フランソワと愛する息子が一緒に行くように
して欲しい。明日は、コルベ・マリーの指揮の下で、クララ・ヨゼファ・
メネンデスに恵みを与え、そしてマリー・レベッカの一つの転機も与え
る。寺沢に関する事柄は、今悪魔が妨害して、マリー・レベッカを痛め
ている。彼女の痛悔する恵みを、寺沢の地に訪れる度に、少しづつ回復
させ癒していく。今、彼女は疲れきり、休まねばならない。イエズスは
いろいろ言ってきたが、あわれみとゆるしの神を知るには、自分の中に
ある家庭の仕事も一人で請け負うような行動をやめさせ、協力を仰ぐよ
うに。そうでないと、信心業に走り、クララもまきぞえになってしまう。
自分で頑張る力を剥ぎ取り、人にやってもらう分担を男性たちが協力し
あえる環境にして休ませ、そして同宿服を楽しく作れるような環境にし
てあげて欲しい。本当に彼女は、自分で自分を縛り、痛めている。それ
では、あわれみの神、ゆるしの神は認識出来ない。今までの考えを捨て
させるために、たくさんの努力を愛する息子はしてきたが、避雷針の
役割も負えないので、マリー・マドレーヌとコルベ・マリー、そして
愛する息子の三人に負わせた。彼女は救霊の道を行っているが、自分で
自分をたたき続けるなら、結果は悪くなる。我慢強いことをするのは、
世間の方針で、ここでは皆の愛に支えられて、一人一人が出来るところ
までを言い合ってやるのがリハビリ共同体の必要な部分である。彼女は、
「私が奴隷だ」という考えにとらわれて、楽しく家事ができない状態に
なっている。少し力を抜かなければ、体の状態も悪化してしまう。司祭
のインスピレーションに、あとは天が与えるので、全て苦しむ人を休ま
せられるように、環境をそれぞれ整えてあげて欲しい。司祭の祝福を、
ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レ
ベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。イエズスが、今しるしがあって「早急にマリー・
レベッカに言いなさい」って言われたので、確認のしるしとります。
しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 教えて、マリー・レベッカの心にはいれた? イエズス?って

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「彼女をあわれむ」って言われてる。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 お願い、少し話してって。

マリー・マドレーヌ:
 「これ以上自暴自棄にならないように」って。しるしもらってます。
「自分を責めすぎてる」って。「これだけ伝える」って。しるしあり
ました。


--------------------------------
2007年4月30日 PM15:30
マリー・マドレーヌに与えられた、
聖母マリア様、天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 15:10〜15の間に、ちょうどお風呂からあがった頃なんですけど、私が
体を拭いていた時に、脱衣所ですよね、その時に「洗濯もさせないで」
という女性の声が聞こえました。「誰かな?」って思って、ジャン・マ
リーに「しるしを求めたいから」って話をして、落ち着いて、心を落ち
着けて、しるしがあるか尋ねました。そしたら識別のためのしるしが
あって、「誰なの?」って聞いたら「マリア」ってはっきり聞こえまし
た。「後で説明が欲しいので、ちょっと待ってて下さい」って言う事を
頼んで今に至っています。今しるしありました。もう一回しるしくれま
した。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、聖母が伝えます。先ほどイエ
ズスが話したように、マリア・レベッカを休ませるために、一切の家事
から身を引くよう、言って下さい。掃除も駄目です。洗濯もしないで。
聖母と向き合う時間を持ちます。今、睡眠時間を5時間くらいにして、
すぐ起きて仕事をして、夜中であろうと何かをしたがります。同宿服を
作る、その余力で精一杯なのに、何もかも自分でやらないと気がすまな
いのを、はっきり人に見せ、洗濯もたくさんします。ほこりに対して、
大変に敏感になっているのは、きれいにしないといけない、そういう頭
から、全くほこりの一ミリも受け付けられない、そんな行動をとるので
掃除をします。何も出来ない自分を味合わせるために休ませます。そし
て、クララ・ヨゼファ・メネンデスも家事に携わらないようにして下さ
い。しかし、同宿服を洗うときに、どうやって洗うかを見させ、将来
洗う事が出来るようにさせてあげて下さい。男性の重荷は多くなります
が、三人いて、誰かが洗濯をし、誰かが掃除をし、誰かが料理をする、
そんな楽しい時間にしてあげて下さい。自由自在に、「僕これやる」と
言えるようにします。聖母は一緒にいますから、女性の本能が受け付け
ないものもあると思います。でも、それは違って、洗濯の干し方など、
どうやってしているのかを見せないと、男性に対するプライドを捨てら
れません。男性は一人で生活できますし、一人で洗濯も掃除もやれます。
ただ、女性のようにきれいでないとか、いろいろ文句を言ってもめげず
に、海賊のようにやって下さい。男性の柱は、こうやって、これから
送られてくる人々に対し、リハビリをしていきます。自分の傷も抱えて
いるコルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワも、それでも
楽しくやれるように、男性の友情がここで生まれます。聖母は、男性を
愛し、女性を休ませ、慰め、恵みを与えます。特にマリー・レベッカは、
この意味が何なのかわからないと思いますから、司祭にインスピレー
ションを与えて、全て司祭の口から状況を説明して、全部休むように
言い渡して下さい。自分の体の弱さを隠す傾向が非常に強いです。弱い
のに無理して、苦行のように自分を打ちたたいています。信心業そのも
のになっていますから、不眠不休をやめさせなければなりません。第三
世代の子供たちは、それでつまづいてしまいます。クララが動揺するの
も無理はないのです。司祭の祝福を、マリー・レベッカ、そしてクララ・
ヨゼファ・メネンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「先ほどのイエズスが語られたメッセージと、この
聖母マリア様が語られたメッセージ、最初非公開って言われたんだけど
も、今またしるしがあって、「公開して大丈夫だ」っていう風に言われ
ました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリア様、マリー・レベッカがマリア様と向き合う時間を持ちますっ
て言われたんだけれども、それはどういう意味なの?って言っておりま
す。って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 お願いします。わからないのって。

聖母マリア様
 聖母マリアと向き合う時間は長い祈りをする事ではなく、ちょうど
疲れきった子供が、母親にだっこされるように、体を横にし、休む事
です。テープを聞きたければ聞いてもいいですが、あまりそれに傾かな
いように。そして、心の中で、自分の思っている事を告白するのです。
「自分がこんな状態なの、こういうふうになるんだけど」という感じで、
告白をし続けるのです。そうしていって、愛する息子(ジャン・マリー
神父)に、「こういうことが起きたんだけど、こういう告白を私したの」
と話せたら、大成功になります。幼な子の対話になっていくチャンス
を作りたい、そう聖母は望んでいます。黙って沈黙するのではなくって、
テープを聞きながらでも、「お母さん、こんな事あるんだけどな」みた
いな話もして下さい。それを、愛する息子が後で聞いて助言をします。
対話が聖体の前だけでしかやれていないので、これを自分の部屋でも
出来るように、どこにいても「ねえマリアママ、こうなの」って言って
欲しいのです。どこにでも聖母はいますし、イエズスもどこにでもいま
す。ただ、答えがないから、司祭の助けを得ます。これが、この時の
一つのリハビリになります。決して祈りの本で祈ってはいけません。こ
れをしたら、全く逆な世界に行ってしまいます。これを、愛する息子が
伝えて下さい。天は、聖母は、みんなあなたをゆるし、愛し、祝福して
いるのだ、という事をわからせたいのです。司祭の祝福を、マリー・レ
ベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうしるしがないんですけど・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、一言だけ、ですね。またしるしくれました。

聖母マリア様:
 愛する私の浄配リトル・ぺブルに、一言伝えます。変容が間もなく
起こります。あなたを祝福します。司祭の祝福をリトル・ペトロ・アブ
ラハム2世教皇にお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇、つまり
リトル・ぺブルさんに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「クララについて、自由に甘えさせてあげて下さい」
って一言だけ言われています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ジャン・マリーとね、スキンシップいいですか? 説明お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、今から語るこのメッセージは、
公開しないで下さい。クララ・ヨゼファ・メネンデスは思いっきり泣い
て、甘える事が必要です。心を開くためには、まず父親との関わりの傷
を治さねばなりません。母親にも傷があります。そのために、男性が
ケアをし、コルベ・マリーが話を聞き、愛する息子がスキンシップの中
で、本当の事を言わせます。あなたの方法でやって下さい。クララが
徐々に癒されていき、軍人としての性格を、生まれもったものを取り
戻すことになります。気質が回復されます。祝福を、クララ・ヨゼファ・
メネンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今天使の羽が見えて、しるしがあったんですけど、すごいちっちゃい
羽だったんで、ケルビムちゃんがいったんですけど。しるしありました。

天使ケルビムちゃん:
 また登場したケルビムちゃんで〜す。みんなに一言伝えます。お絵か
き大会続けてね。ケルビムは楽しくって笑っているよ。そこに一緒に
いるから、どんどんちっちゃい子になるんだ。祝福します。コルベ・マ
リーを筆頭に、みなやってちょ。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(お絵かき大会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、「幼な子路線を導くよ」ってまた一言、言われました。
確認のしるしもらいました。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(40)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 ぼくは、就職した頃から特に男性が女性を見るように、ぼくは同性に
眼が行ってしまう。ぼくが男性に近づくのはほとんどが肉体関係目当て。
外観を見てから近づいて声をかける。ナンパじゃなく、職場などの声を
かけやすいところで。相手の好みを聞いて、食事に誘ってはワイワイ。
満足はしない、もやもや。声をかけるまでは想像の中で仲良くなってる。
現実はそうは行かないけれど。現実にならないから、ビデオを買っては
オナニーをして満足してる。そんなことの繰り返し。

 昔は男も女もぶっ細工はぶっ細工。今の子はファッションセンスが
いいんだろうか、ぶっ細工はほとんど、流行はあってもいなくなったな。
逆に女子のほうがセンスが悪くなってる感じがする。だからかな、オカ
マキャラがファッションチェックをしたりする。最近テレビにも同性愛
の人や話題が多くなったけど、ただ、いじられて、理解するとまでは
いってないかな。そんななかでも、ぼくは自分のブログを通して同性愛
者であることを公表し、同じ同性愛者に呼びかけてる。同性愛者のブロ
グを見ると、雑誌などの情報よりもリアルで、こんなに大勢いるとは
思っても見なかった。パソコンをしなかったら、全くわからなかった。
情報も得られなかった。

 マリアママのメッセージを読んで、「同性愛者に天罰としてエイズが
与えられる」ってところで、罰を与えられて地獄に落ちるのはいやだ、
同性愛がばれるって思い、洗礼を受ければ、それから逃れられると思い、
急いで教会に走った。こんな卑怯な大罪人を神ちゃまは生かし導いてく
れてる。ペブルさんを知って、「同宿の幼な子になれ〜」のジャン・マ
リー、「これが使徒職だよ」って教えてくれたコルベ・マリー、かわい
いケルビムちゃんセラフィムくんのこと話してくれたマリー・マドレー
ヌ、ミッシェル・マリー・フランソワ、クララ・ヨゼファ・メネンデス、
フランソワ・マリーがよき理解者としてもぼくの目の前にあらわした。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は5月11日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]