%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年4月27日号 No.407

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月29日 AM9:35
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 カリスの洗浄の時に、一言女性の声で「二人だけで」って言われた
後に、「マリー・レベッカには、尽くすことは全て言い尽くしました」
って話がありました。「どなたですか?」って聞いて、しるしをまず
求めたんですけれども、識別のためのしるしがあって「聖母です」って
いう答えがあって、また識別のためのしるしをもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 僕は聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに、聖母が話をします。どうしてもかみ
合う事ができない女性の問題に対し、イエズスがかなり厳しい事を
話しました。でも、マリー・マドレーヌはおとといから、愛する息子
(ジャン・マリー神父)と一緒に「千倍私を罰して」と言う事を言い
始めました。でも、あなたは、その後から少し彼女(マリー・レベッカ)
の事を気にするようになっていて、「何か私がしたのでは」と恐れてい
ますが、愛する息子によるケアのもとで、最後は自分が決めるときなの
で、もう天から言うべき事は、全て彼女に言い尽くしたことを、ここで
伝えます。あなたは、イエズスの受難につかってください。イエズスが
呼んでいるところに来て愛して欲しいのです。あなたにも弱さがいっぱ
いあって、どうしてもどうしても誘惑されやすく、本当に愛する息子、
そして男性の人たちの支えがないと、もうこわごわクララ・ヨゼファ・
メネンデスとも話をしています。なぜなら、相談事を持ちかけられたこ
とで、マリー・マドレーヌは警戒心を強めました。「私ではなくほかの
人に相談して」とあなたははっきりと言う事が出来たので、あなたは
この警戒の中で、やはり緊張度が少し増しています。何も知らないクラ
ラに対し、どう対処したらいいのかわからない状態になっていますが、
愛する息子に全部話しをして、そして心を平和のうちに保って下さい。
『マグダラのマリア』を読み続け、イエズスの受難に浸り、観想者とし
て独特のマリー・マドレーヌにしか与えられていない道に入っていって
下さい。祝福を、マリー・レベッカにおくります。司祭の祝福をお願い
します。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。しるしがあって、一言だけなんですけど・・しる
しもらいました。

聖母マリア様:
 聖母が話します。パブリックレターが出たあと、日本語で翻訳され
て皆が一人一人読んで、そして自分が行く道を、自分で決めて下さい。
一人一人に配って、それぞれの部屋で読み、マリー・マドレーヌは愛す
る息子に読んでもらって、一人一人が集まらないところで意志で決めて
下さい。心からお願いします。司祭の祝福を、子供たち全員にお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:(子供たち全員に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「これは秋田の共同体に対する指示です」っていう
風に言われています。確認のしるしとりました。



--------------------------------
2007年4月29日 PM17:00
マリー・マドレーヌに与えられた、
聖母マリア様、天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 聖母マリア様の声で、「ミカエルもあなたを守っています」っていう
声が聞こえてきました。あれって思って、最初女性の声だったから、し
るしがあるかどうか尋ねました。しばらくして、識別のためのしるしを
もらいました。聞き覚えのある、聖母マリア様の声かなあっと思って、
でも「どなたですか?」って聞いたら「聖母マリアです」って一声が
ありました。で、しるしを求めたら、識別のためのしるしをもらいまし
た。今しるしもらいました。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに、聖母が話します。あなたには、もう一位天使
がいることを伝えます。洗礼を受けるときから、ずうっと今まであなた
のいろいろな危険を守った天使ミカエルです。謙遜な天使で、何度か
出現しました。でも、多くのリーダーの守護の天使として、聖母は言っ
てきました。けれども、イエズスと一対一の状態になるあなたにとって、
この三位の大天使はふさわしく、イエズスの御心の中に連れて行ってく
れます。イエズスの苦しみ、痛みも教えてくれます。罪責感を狙って
攻撃しようと、悪魔はしてきました。いまもその体験がありましたが、
司祭の指示に従って三位の天使の名により、一つ一つの事柄を変化させ
ていきます。イエズスの御心に避難するのは安全で、平和を保つのに
良い事です。個人的に与えるメッセージなので、司祭と二人だけにしま
した。レレークラさんが、大天使聖ミカエルの像をくれたのも、この
一つの理由で、あなたがたくさんひどい目にあわされたからで、天が
望んで彼らの心にその思いを与えてミカエルの像を与えました。最初
から守っていました。でも、ミカエルはガブリエルを先にあなたに示し
て、ジュディエルを次に示し、そして自分を一番最後に示すために、
聖母に願ってそうしてもらうよう言ってきました。ですから、最初に
ガブリエルを示し、そしてイエズスの御心の中に入るのを手伝うために、
ジュディエルを教え、本当に洗礼を受ける前から、愛する息子と会って
暮らし始めてから、ミカエルにあなたは守ってもらっていました。ミカ
エルに支えられて、あなたは今までここにきました。謙遜な徳をミカエ
ルは教えてくれます。それは、あわれみの神と、ゆるしの神を教えるた
めに、第三世代にはミカエルを与えたい、そう天は望むほど、とても
優しく、とても強い天使です。司祭の祝福を、マリー・マドレーヌに
お願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、何か声が聞こえたんだけど「ケルビムも一緒だよ」
だって。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 何か言ってくれない?って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、「うん」だって! しるしくれました。

天使ケルビム:
 愛するジャン・マリー神父さまに、ケルビムちゃんが話します。哺乳
瓶で聖水まいてくれるの、リンボウの赤ちゃんたち、喜んでるよ。それ
に天使たちも、吹き出してて笑ってる。神様も大喜びで、「前代未聞だ」
って言ってる。マリー・マドレーヌのちっちゃい子路線は、これで進ん
でいくからね。マリー・マドレーヌは、哺乳瓶で聖水をまかれるよ。
よろぴくね。ケルビムちゃんも一緒にいるから、賛美の心を与えます。
何があっても、にこにこにこ! 司祭の祝福をお願いしまーしゅ。

ジャン・マリー神父:(みんなに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
 
マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「最後にマリー・マドレーヌを祝福して終わってね」
って。しるしあります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。
 
 

----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(39)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 まさか、マリア・アントニアと教会のクリスマスだったかマリアママ
の被昇天のお祝いの日に結婚した旦那と子供も3人、お母さんといっ
しょに会うとは思わなかった、案外家庭的なんだ。当時は大型のバイク
に乗ってブイブイしてたのが……。そんな頃、コルベ・マリーと共同体
づくりの話の中で、ホームページを作ってペブルさんのこととか共同体
の活動を知らせることが出来たらって案が出たけど、ぼくは全くの機械
音痴、車の免許ですら43のとき、ましてやパソコンなんて。教会で
「ひつじ」って言う冊子を作ってたときにワープロを使ったことはある
けど、あの難解なパソコン、1010101って言う数字が頭の中を
運動会した。ぼくの同性愛の性癖を隠しながらあちこちの教会へ告白を
聞いてくれる神父を捜していたときに。ほんとちょうど、マリア・アン
トニアから電話があった。旦那がパソコンの仕事をしてるので、何かの
機会があったら……って。ちょうどいい、直ぐにでも協力してくれるこ
とを頼んだ。それからは、しばらくの間、マリア・アントニアの家族と
付き合うことになるんだけど。

 しばらくして、パソコンのセットを旦那さんが準備をしてくれた。僕
が少しなれた頃、付き合ってた子が大失敗を……なんと、ゲイの男子の
裸の写真を印刷しようと思って、スタートを押したけど何の反応もしな
かったから何度も何度も同じことを繰り返し、スタートボタンを何度
押したかわからないくらいに、やっと印刷し出したら今度は停まらなく
なっちゃて、とりあえず電源を切った。どう処理していいのか全くわか
らなかった。緊急事態発生てなわけで、旦那さんを呼んで、なんでこん
な画像が出てきたのかわからないって言い続けて、あっさりと直してく
れた。もう、ドキドキもの。ぼくがホモだってばれないか心配で、どう
対応したか、ただただ、「どうしてこんな画像が印刷されるのかわから
ない」を言い通した。まー気づいたか知れないけど、その後旦那さんは
画像のことに関して触れなかった。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は5月4日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]