%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年4月20日号 No.406

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月27日 AM6:30
マリー・マドレーヌに与えられた、
イエズス様、聖母マリア様、ケルビムちゃんからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど10分くらい前に、私少し目が覚めたんですけど、ちょうど
聖体拝領をした後に、私は「イエズス、避雷針としてもっと、私ほんと
に避雷針になりたいの」って、「イエズスに一致できるのはこれしかな
いから、避雷針になりたいの」っていう祈りをしました。「ほんとに
苦しみだけれど、避雷針としての機能の役割を私にちょうだい」って
お願いしたら、イエズスがすかさず、カリスの洗浄のときに「避雷針」
って言われて、「識別のためのしるしありますか?」って聞いたら、し
るしをくれました。ほんとにイエズスの声だったんですけれども・・ 
今しるしもらいました。もう一回しるしくれました。

イエズス様:
 愛する子供よ、あなたの名前はマリー・マドレーヌ、マグダラのマリ
アの名である。イエズスが話をする。実は、マリー・レベッカは避雷針
の役目を負えない状態になっている。だから、愛する息子(ジャン・マ
リー神父)とマリー・マドレーヌの二人の避雷針の機能にかかっている
のである。これから、東京のメンバーのために、愛する息子もマリー・
マドレーヌも一緒にコルベ・マリーと行動し、一緒に皆の中に入り、
彼らのことを聞きながら、避雷針として彼らを慰め、励まして欲しい。
ミッシェルには大変な誘惑が、一人になったために起きている。自殺の
可能性はだいぶ薄れたものの、でもあそこの家では悪魔の支配があるた
めに、何が起きるかわからない。子供よ、愛するシャーベル中村孝一と
オーガスタン□□にも、あなたがたは会って話を聞き、重荷を負っ
て欲しい。ミッシェル・マリー・フランソワのためにも、愛する息子は
避雷針になっている。今日帰ってくるが、彼はこの時にもいろいろな
攻撃にさらされて、誘惑と戦ったはずである。神の摂理に身をまかせ、
全て身を愛する息子と共に歩むように、これからいくつもの旅行にあな
たを連れて行く。イエズスが避雷針のあなたを同席させ、または、その
家の中で苦しみを与えられる事により、一緒に愛する息子といくと聖体
の拝領もそれぞれにでき、皆が恵みを受ける。避雷針の役割に関して、
愛する一人一人が全て違った形で負えるように、神はそうされる。あな
たの経験した事柄は、愛する息子の道に正に入った証拠でもあるので、
子供よ、恐れないでその言葉も聞き、彼らのために祈って欲しい。うつ
的な感情に襲われたのは、コルベ・マリーと中村孝一の二人のための
ものであって、前に言われた言葉が、あなたには原因だったけれども、
避雷針の機能が始まった。謙遜になるよい機会になるので、あなたを
これから導く。イエズスは決してあなたを見捨てないので、恐れないで
愛する息子についていきなさい。司祭の祝福を、マリー・マドレーヌに
お願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。・・うふっ! 何かまたビジョンが見えて、
ケルビムちゃんがまた来てくれた。しるしがあって「天使と遊んでね〜」
だって。

ジャン・マリー神父:
 ローキューションがあるかもしれないから・・

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしくれました。

ケルビムちゃん:
 マリー・マドレーヌに、ケルビムが話すね。幼な子路線のトップを
いくケルビムは、いっつもちっちゃい子たちが大好きで、神様の御業を
賛美してるんだ。マリー・マドレーヌは避雷針で心が沈んじゃっている
けど、ケルビムが励ましにくるから、恐れないでみんなの救いのために、
道具になってね。ケルビムはそれがうれぴーの。名古屋の人にも、ケル
ビムと仲良くして欲しいからさ。またまたロンジン・マリーに伝えて
ちょ。お願いだから、みんなに、つまりここの秋田のみんなのことなん
だけど、大人にならないで、幼な子路線にいってくれないかな。もちろ
ん、真面目な話、真剣な話の時には本当にすごい議論いっぱいの話に
なるから、そうは言っていられないかもしれないけど、コルベ・マリー
がね、いっぱいいっぱいくまちゃんとか、ぬいぐるみで遊びはじめてた
でしょ。あれだよ、あれ。幼な子になるのは、自分の子供の時に遊ん
でた遊びを、思い出だけじゃなくって、本当の自分に戻ることなんだ。
コルベ・マリーは気がついて、マリー・マドレーヌと遊ぶ時に、「清水
小屋慰問団」と言いながら、実は遊んでいるよ。彼が、愛するジャン・
マリー神父のお話聞いて、全部を受け入れているの。実に彼は頭が良い
もんだから、いろんな毒舌はいたりするけど、でも彼はそうでないと
今はやっていられないの。でもそこが彼のいいところなんだよ。みんな、
わからないと思うけど、彼がいるのといないのと、この秋田の雰囲気
全然違うと思わない? 彼は、みんなを愛して、自分の中の苦しみも、
平気で言えるようになって、だけど博士の説明上手だから、クララ・ヨ
ゼファ・メネンデスにいっぱいお話してるけど、絶対絶対彼がいないと
駄目なの。残念ながら、マリー・レベッカはついていけてないけど、コ
ルベ・マリーのそのやり口にちょっと嫌悪感みたいになっている状態で、
今は愛するジャン・マリー司祭と二人だけで話すのが一番よくって、そ
れでこの5日ほどを過ごしてきたんだ。だから、マリー・マドレーヌは
ケルビムと一緒に寝て起きてお話して、いっぱい体に痛み受けるけど、
天使たちみんな支えるから、しかも永遠の御父である僕たちの大好きな
神ちゃまは、あなたをすごく愛してくれているから、絶対絶対許された
範囲での避雷針の役目をするはずだよ。悪魔は許された範囲でしか動け
ないから、いっぱいいろんな経験したけど、悪夢もその一つで、避雷針
になっているから、マリー・マドレーヌはイエズスの道に入るんだよ。
御心の中の心になってね。祝福しま〜す。神父さまからの祝福をお願い
ね。ケルビムより。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。・・・しるしあって、マリア様から「追放宣言が
でて一週間で、パブリックレターがそろそろ出るので、もう準備するよ
うに」っていう、一言だけ言われたんですけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあったんだけど、こっちの方に風が吹いています。もう
一度しるしくれました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、一人一人に、特に秋田の子供たちに話します。聖母
があなた方に勧めます。もう間もなくパブリックレターが出され、そし
て愛する息子(ジャン・マリー神父)と、マリー・マドレーヌの断罪、
なぶり者の状態を知ることになります。まず始めに愛する息子とマリー・
マドレーヌが裸体でちょうど百合とペニスをつけたまま、マグダラのマ
リアの出現を受けた事で、もうこれは悪魔だと言って、彼らを断罪しま
す。マザー・シャーリーやシスター・ルースは、「ほらこれ私たちが
見た悪魔だ」と言ったのは本当でしょう、と言わんばかりに司教に話を
したはずです。ですから、してはいけない行為をしたとして、愛する
息子をまず聖職剥奪、会からの追放処分による重い罰を加えました。
今度は、神の民に呼びかけて、マリー・マドレーヌとこの愛する息子
の問題をはっきり話すはずです。そこに輪をかけるように、マリー・レ
ベッカの三人のヌード写真も入れたので、完全にシャーベル修道会は
リトル・ぺブルの有罪に対して、また泥を塗った行為だとして、このこ
とを取り上げます。しかし、マリー・マドレーヌは神秘家・幻聴者であ
るから、断罪は厳しいはずです。マリー・レベッカに関しては、わりと
知られているので、愛する息子と関係を持ったこと以外には、あまり
触れられないと思います。心して読んで下さい。シャーベル修道会の
現状が明らかになります。リトル・ぺブルの名を隠すのは、迫害のため
でもあるけれども、「隠れなさい」というメッセージの影響が一番に
出ている事を意味します。リトル・ぺブルが愛する息子に、天皇陛下に
どうか取次ぎをして欲しいと求めたときは、大変にリトル・ぺブルは
良い状態でした。けれども今の状況は、愛するブロサード司教とマザー・
シャーリー、シスター・ルースの大きなうねりの組織に飲み込まれる形
で、彼は苦悩と悲しみの涙で手紙を書いたはずです。彼にはいつしか光
が与えられますから、心配しないで下さい。リトル・ぺブルに関して、
たくさんの天使と聖人たちが守り、聖母の出現も多く受けています。こ
ちらに情報が流れないけれども、リトル・ぺブルに対しての天の愛は
変わらず、彼は誠に正しいメッセージを与えられ続けています。福音の
伝え方に問題があるとして、愛する息子を断罪するパブリックレターを
読み、どうか皆動揺しないで下さい。もう償いのセックスは終わりまし
た。しかし、取材の時にいつそれがまたなされるか、それはわかりませ
ん。でも、ネットからほとんど読み取って、何かをしているはずです。
パブリックレターに関し、一人一人のこれからの生活が決まります。あ
る人は、それを見て、花嫁の愛を燃え上がらせ、ずっとついて行く。け
れども、ある人は、それをそのままリトル・ぺブルが書いたものだから
従わなければならない、と言って愛する息子のこの試しに失敗し、認め
ない道を選んでしまう人が出てきます。それを見ても、動揺しないで
下さい。最後には彼らの自由意志で動くのを、天は許します。司祭の
祝福を、子供たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:(子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

聖母マリア様
 愛するリトル・ぺブルに、あなたの浄配、聖母マリアが話をします。
あなたは、今この苦悩を捧げるべきです。悲しみを和らげてあげます。
あなたのシャーベル会に対する重荷は、大きく苦しいものになっていま
す。識別の点で、今何が起きているかを、これからの動きによって知る
はずです。祝福をおくります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ぺブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。



--------------------------------
2007年4月27日 PM16:55
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 家に帰ってきてからなんですけど、今いろいろお話をしていて、ちょ
うどイエズス大好きって、私がいろいろ訴えて祈って、希望の徳とか、
いろいろ、これから千倍罰してちょうだいって、私のみんなのための
避雷針で千倍罰してちょうだいって祈ってたんだけど、外にいるときと
家にいるときの変わりが激しくなってしまったんで、今ここに来たとた
んに、ガーンって落とされた感じで、一人になった暗さみたいのを感じ
てしまって、急に泣き出してしまいました。でもその後、イエズス大好き
だからニコニコニコだって、ニコニコって乗り越えるようにってジャン・
マリーにずっと励まされて、今こうしてきたら、風が吹いて、私の唇の
ここら辺左側の方から風があって、声が聞こえたんです。「早急にシン
ドラーを見なさい」っていう、イエズスの声が聞こえて、「しるしはあ
りますか?」って聞いたら、識別のためのしるしがあったんです。今
ちょうど、DVDの機械が壊れちゃったみたいで、今修理にかかってる
んだけれど、パソコンでは見れないとか、そういう話になっています。
どうしたらいいのかなっていうのを、祈りながら待ちます。今しるしが
あって、「どうしたらいいの?」って祈ってたら、「ミッシェル・マ
リー・フランソワに知恵を与える」って言われています。確認のしるし
とります。今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 その次はどうすれはいいの? シンドラーを見なさいっていう意義を
説明してもらえますか?って、イエズスお願いって。どういう風にパブ
リックレターと関連するの?って。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあった。今もう一回しるしがありました。

イエズス様:
 イエズスが、あなた方に話をする。罪にまみれた人たちの回心をよく
見るように。シンドラー自身が非常に罪の多い生活をしていたが、最後
に人を助ける心に変わる、これを伝えておく。この同宿会の将来の姿を
心に留めて欲しい。司祭の祝福を三人にお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワ・、マリー・
レベッカ、クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 パブリックレターと関係ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「司祭にインスピレーションを与える」って言わ
れましたけど。確認のしるしとりました。


--------------------------------
2007年4月27日 PM20:20
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私は全然眠れないで、イエズスを愛して、リンボウの赤ちゃんとか、
他の全世界の人たちのこととかちょっと祈ってたんですけど、でも祈るっ
ていっても心に留める状態だけで、言葉にはならない状態だったんだけ
れど、その時に、今まで受けてた自分の辱め、特に聖霊派による傷って
いうのが激しくうずいてたんだけれど、イエズスがさっきローキュー
ションがあって、「あなたに新しいことをする」って言われて、「聖霊
派であったことの記憶を全部消す」って言われたんです。そして、しる
しがあるかどうか尋ねたら、すぐ即識別のためのしるしをもらいました。
しるしがありました。

イエズス様:
 愛するちっちゃいマリー・マドレーヌ、あなたの聖霊派で受けてきた
「傲慢」と言われた言葉やたくさんのカトリックに対する裁きを身に
帯びて、愛する息子(ジャン・マリー神父)のところに来た。聖霊派は、
カトリックを悪魔呼ばわりし、偶像崇拝とみなし、たくさんの準秘蹟の
ものをあなたは処分するよう言われ、一度彼らに渡した。しかし、私は
あなたをここの同宿会に連れてきたかったので、もう一度一つのしるし
をもって、奇跡を行った。子供よ、悪魔は悪い思いを吹き込み、彼らの
カトリックへの憎しみをまた思い出せようとし、そしてこのミッション
の間でも裁きあうことを見させ、あわれみの神はどこにいるのか、償い
という言葉であなたを恐れさせ、避雷針の役目が途切れ途切れになり、
ほとんど愛する息子が一人で負わねばならなくなっていた。でも、痛み
を与えること、悪魔のアタックは避雷針の機能の仕方であって、回復を
与えている。先ほど、あなたの思いに「おまえは聖痕ができない」とい
う悪魔のささやきを感じ取って、そして二人で帰ったあとの状況で突然
また具合が悪くなった。ここは、天使も多いが、一番激戦地である。今
本当に悪魔は吠え猛る獅子のように、仲間を攻撃している。あなたは、
食事の時ここで食べるのは、イエズスと一緒にいて欲しいためであって、
愛する息子は一人一人の霊魂を導かねばならない。コルベ・マリーが
これからのあなたの精神的な慰めを与えてくれる。つまり、彼はクララ・
ヨゼファ・メネンデスとあなたマリー・マドレーヌを導き、愛する息子
は司祭として、また父として、あなたを幼な子路線に連れて行く。今、
どうしても心が開けなくなっているのを、あなたは自分でわかっている。
無理に心を開こうとしないで、全部沈黙の中でそのまま言葉にならなく
ても、千倍私を罰して、と心に思って歩んで欲しい。口で言えるように
なるのは、あなたの苦しみたい情熱がセラフィムにより注がれ、愛が
膨らむためである。イエズスへの愛着が始まっている。これからのパブ
リックレターで、あなたに打撃があるけれども、十分である。世界が
救われるなら、あなたの道は、愛する息子とつながっていく道であるか
ら、安心して歩みなさい。ミッシェル・マリー・フランソワは、しばら
く休ませてあげて欲しい。ご飯の係りは、愛する息子か、コルベ・マリー
にお願いする。でも、ほとんと愛する息子になると思う。イエズスの
祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワとコルベ・マリー、マリー・
レベッカ、クララ・ヨゼファ・メネンデスに司祭がして欲しい。お願い
する。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、今緊急っていうか、「大人の路線にいってる」
って言われました。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に伝える。ミッシェル・マリー・
フランソワとクララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・レベッカは、
大人の路線にいっていて、幼な子路線を理解できない。三人とも共通の
傷がある。子供になるのは恥ずかしい、これである。コルベ・マリーは
逆で、自分から難しいと言っていたけれども、マリー・マドレーヌを
理解し、愛する息子を信頼しきっている。これを緊急に伝える。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 一人一人に対して、どうしたらいいの?って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「司祭に助言の賜物を与えているから恐れるな」って
言われています。しるしもらっています。しるしがあって「今の事を
早急にコルベ・マリーに伝えるように」って言われています。確認しま
す。確認のしるしもらいました。しるしがあって「三人とも、優しい神
を認識できてない」って言われた。確認のしるしとります。しるしが
あって「これは全部イエズスが話したことである」って聞こえましたか
ら、確認のしるしとります。しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 そのことに関しては、どうしらいいか聞いて。

マリー・マドレーヌ: 
 今しるしがあって、「クララ・ヨゼファ・メネンデスが第一世代、
第二世代の傷にはまりこみ始めてる」って言われてるんだけど、私も
ちょっとそれがよくわからない。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明して下さいって。まず確認のしるしとって。

マリー・マドレーヌ:
 確認とった。今とった。このことについて確認とりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明して下さい

マリー・マドレーヌ:
 しるしが今あって・・

イエズス様:
 ミッシェル・マリー・フランソワは言葉が少なくなり、マリー・レ
ベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスの二人の会話を聞いて許して
いる。それが、原因である。彼は肉体の疲れ、精神的な疲れに、いま
犯されていて、話が十分に出来ない状態である。女性を許してしまって
いる。三人のグループが出来ている。これを覚えて欲しい。全然話して
はいけない、と言っているのではないが、やはり親族の愛着が二人に
生まれたために起きた出来事になっている。ミッシェル・マリー・フラ
ンソワも、それを敏感に感じ取っている。残念な事である。導いている
のは、マリー・レベッカなのである。男性が導くべきなのに、それが
出来ないので、そのままに放置されてしまっている。コルベ・マリーに
助けを必要とするが、まず愛する息子が、この重大事を話して欲しい。
イエズスの悲しみを覚えて欲しい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリー・レベッカ、どう導けばいいですか? ジャン・マリー神父は、
努力が足りませんでした。私の責任です;

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

イエズス様:
 マリー・レベッカは、ミッシェル・マリー・フランソワに対する態度
が変えられないでいる。彼女は、また誘導されてしまっている。一番
年上なのだから指図して欲しくない、というように、パブリックレター
のことで不安定なっているので、彼女と一対一で、彼女の部屋で少し話
をし、彼女の気がつかない部分を話すようにして欲しい。ミッシェル・
マリー・フランソワとマリー・マドレーヌに対する見方は、前名古屋で
受けたものをそのまま残しておいて、記憶が全然使えないので、全部や
られてしまっている。これは、マザー・シャーリーとシスター・ルース
の責任である。彼女は犠牲者になってしまった。クララに説明しても、
彼女は親族愛から、これを聞けないでいる。イエズスを選ぶのか、リト
ル・ぺブルではなくマザー・シャーリー、シスター・ルースを選ぶのか、
そこがきわどいところである。もう何千倍もの罰する事を、あなたは
求めたが、神に全部委ねきり、本当に最後の瞬間を見届けるようにしな
さい。□□が離れたように、彼女の心も、愛する息子と一緒にいた
いのと、そうでないのとぶつかり合っているので、誰かが愛する息子と
いると、たまらなく不安に陥る状態になっていて、この仲間を敵視して
しまうことも起こりうる。すでに、コルベ・マリーとマリー・マドレー
ヌが経験したように、守護の天使と保護の聖人に助けを求めて、彼女の
霊をもう一度、気付かせる方向に行くようにしてあげて欲しい。今ミッ
シェル・マリー・フランソワは、重荷が負えなくなってしまっている。
もう二人の会話を黙って聞くだけになってしまった。これだけ伝える。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 泉の奇跡で助けて下さいって。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがない・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ないです。



--------------------------------
2007年4月27日 PM21:11
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 マリー・レベッカの守護の天使の事で、今イエズスが一言語られたん
だけれども、「前、御父から貰った天使に執着を置いてる」って言われ
ていて、「それが消去全然できない」って。だから「ミカエルとラファ
エルとバラキエルは受け入れてない」って言ってるんだけれど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 保護の聖人誰か教えてくれる?って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「彼女は自分で、ヨゼフと思っているけれども、
レベッカなのである」って。確認のしるしとります。今確認のしるし
とりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ミカエル、ラファエル、バラキエル、レベッカの助けを願えばいいで
すね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「御父から受けた守護の天使の名を覚えているか、
と尋ねて、それを前のシナリオの時の天使であるために、前のシナリオ
に執着しているから、消すように、っていう助言を与えて、何かの反応
があっても、もう一度はっきりと直接話法で言うように」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 どうしてヨゼフだと思ったんですか? 今しるしを求めて・・

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしもらった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 保護の聖人は、どうして間違いが生じたんですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「『153本の聖ヨゼフの百合』を配ったときの喜び方
が、それを証明する」って。「レベッカに関して、良い印象を持ってい
ない」って言われてますけど、確認のしるしとります。今確認のしるし
とりました。もう一言あるみたいで・・ 今しるしあって・・

イエズス様;
 マリー・レベッカは、「マリー・マドレーヌは、天使の名前をみな
共通にさせようとしている」と考えていて、ミカエルをせっかくイエズ
スが与えたのに、「クララも男性もみんな同じ」で、不満を持っている。
彼女のミカエルに対する思いが違う。そして、「ミッシェル・マリー・
フランソワと同じ保護の天使だなんて」という何かひっかかるような
不満を持っていて、私にはやっぱり前の御父の・・

マリーマドレーヌ:
 聖水まいて下さい。正しいところから、再開してもらいます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ミカエルに関しての、最初からお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。「リーダー格となる人に、皆ミカエルを与え
て、マリー・レベッカも同宿院長の仕事を任せれて、イエズスのあわれ
みを受けたのに、喜ばなかった」って今言われたんですけど。

イエズス様:
「マリー・マドレーヌは、天使のことも知らないし、他の事も何も知ら
ない。私ばかり責めて。」という言葉が、心の中でずうっとひしめいて
いて、何も受け入れていない。「ミッシェル・マリー・フランソワと
同じ天使を受けたのは、マリー・マドレーヌが他の天使の名を知らな
いからだ」と思っている。イエズスのあわれみを蹴ってしまっている。
かたくなな心の中に、イエズスは入れない。悪魔は追い払われている。

ジャン・マリー神父:
 またしるし求めて再開して。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしをもらったので、もう何もないんですけど。今しるし
があって、「好きなようにさせなさい」って言われちゃってるんだけど。
私は、「私の愛が不足してるから、お願いだからそうしないで」って
祈ってるんだけど、「好きなようにさせなさい」って。確認のしるし、
とりますけど。しるしがあって、「残念ながら、アンと同じ道に行く」
って。今しるしをもらった。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は4月27日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]