%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年4月13日号 No.405

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月26日 PM14:20
マリー・マドレーヌに与えられた、
永遠の御父、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 14:15頃なんだけれども、休憩をしていたときに、内的に私の心の中
に「秋田にいる間に聖痕ができる」って言葉が聞こえてきたんです。そ
れが、こうすごい遠くのような、かすかなような感じだったので、誰か
なあって思って、わからなかったんだけれども、まずしるしを求めよう
と思って、識別のためのしるしを求めました。そしたら、識別のための
しるしがあって、「誰ですか?」って聞いたら、すごくこうビジョンみ
たいな感じなのが見えて、優しい、ほんとに優しい穏やかな顔で、私た
ちを見つめてくれている、永遠の御父のビジョンがあって、しるしが
ありました。識別のためのしるしをもらっています。しるしもらいまし
た。もう一回しるしくれました。

永遠の御父:
 私は、永遠の神、あなた方の創造主、永遠の父である。愛する二人
(ジャン・マリー神父とマリー・マドレーヌ)に告げる。あなた方は、
わが子イエズスの受難を通り、道を歩む。今最悪な評価で受けている。
この同宿会は非常にこれから大きな変化をする。まさに、リトル・ぺブ
ル気違いと言われるほどに、あなた方の裸をも全て見せ、私は、この
償いの期間、二人には特別な恩寵を与えた。今度は、もうマリー・マド
レーヌが痛みを感じ始めているように、聖痕がこの最低の評価の中で、
二人に与えられる。過去20年の間の聖痕に対する考え方を改めさせるた
めに、二人の弱い人をたてた。今でも徳の高い人、全く人が聖人と評価
してもおかしくない人が聖痕を受けるとされて、まるで、もうその人が
生まれてから罪がないかのように取り扱われる。聖痕者は罪人で、聖痕
は回心する彼ら聖痕者なりのミサの立て方(いけにえになる方法)なの
だが、人々の誤解は、逆に奇跡を見、「この人こそ神に選ばれ、キリス
トの写しで、聖なる方です」というように、全くむごたらしい状態に
なっている。
 人は罪を持ち、私のゆるしがなければ、何もすることはできないし、
ゆるされた喜びを知ることも、本当の愛も知ることもできない。あえて、
特に二人にとんでもない計画を言い渡し、そして実行させてから、今度
のこれこそ、十字架の道を歩く二人となるので、特にマリー・マドレー
ヌの介護に関しては、愛する息子とミッシェル・マリー・フランソワ、
そしてコルベ・マリーも関わるようになる。車椅子の移動が多くなるの
で、そしてこの家で過ごせる期間、車椅子でトイレに行ったり、家の中
を全部車椅子で動く事になる。イエズスの痛みをますます深めていくの
で、恐れてはならない。すでに、私の手の中にあって、様々な受難を
受けてきて、天草で私のもとに行くまで続く。イエズスの苦しみを二人
は共有し、「こんな最低な奴らに聖痕なんて」と言わしめるほど、私は
逆用を行う。二人の祝福をする。父と、子と、聖霊との御名によりて、
アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。しるしがありました。先ほど、確認のしるし
をとったんですけど、確認のしるしはもらってます。で、描写っていう
か、話す事をしたいんですけど、永遠の御父の声はとっても穏やかで、
深みがあって、優しくて、ゆっくりした声です。「愛する息子に」って
言われています。しるしもらいました。

永遠の御父:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、永遠の父である神、私が話を
する。幼な子路線に関し、私は非常に喜び、あなたの行動を祝福する。
北岡一家には父である神、子であるイエズス、聖霊である神を本当に
身近に感じて欲しいために、わかりやすく、優しい言葉で子供たちに
教えてあげて欲しい。マリア・アントニア・りえもマリア・ヨゼフ・
直樹も大変に精神的傷を負っている。二人が助け合い、支え合って子供
たちを育てている。名古屋に旅行できる日を、近々与える。その時に、
フランソワ・マリーもロンジン・マリーも親密な天との関わりを持てる
ように、皆を祝福したい。彼らは、私の一番大事な娘マリアを泣かせて
いないので、彼女の優しさ、愛徳、善徳、全部を知っているし、『マリ
アママ』と慕うよう、もっと教えてあげて欲しい。彼らは、すぐに純粋
についてくる。マリー・マドレーヌは傷のために、聖母マリアに話す事
がなかなかできなかったけれども、あわれみを与えたので、もう彼女に
は一番話せるのが、マリアであることがわかった。第三世代の子供たち
には、優しい神とイエズス、そしてヨゼフ、マリアを伝え、人には罪が
あることと、でもその罪を罰するだけの神ではなく、自分で痛悔し、ゆ
るしを求めるなら、本当にあわれみに富む神であることを、あなたに
与えた言葉によって、教えてあげて欲しい。あなたに、大きな祝福を
注ぐ。父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。今しるしがあって、聖母マリア様が「ヒエラ
ルキーの教会のために祈って下さい」って言われたので・・。今しるし
もらいました。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、聖母が話します。神秘的教会の建て直しは、愛す
る息子(ジャン・マリー神父)とミッシェル・マリー・フランソワが
負っています。ヒエラルキーの教会については、コルベ・マリー、ロン
ジン・マリー、フランソワ・マリー、そしてこれからお父さん司祭を
目指すマリア・ヨゼフ・北岡直樹に与えられています。愛する息子も
それに関わりますが、主にコルベ・マリーの活躍を見ることになります。
祝福を、この四人の男性に、司祭がお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリー、ロンジン・マリー、フランソ
ワ・マリー、北岡直樹に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。ヒエラルキーの教会って何ですか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

聖母マリア様:
 愛する息子は、よく知っているはずです。聖母は、司祭同士の一致と、
そして実務の働きを祝福します。神秘的な事柄に関し、必ずそこに介入
して、司祭の権限で物事を動かし、決して神秘家や幻視者の指導の下に
行かないよう、見張る役目をこの四人は負います。特に、コルベ・マ
リー、ロンジン・マリー、フランソワ・マリーに関して、全く信仰一本
で立つ人々であるので、この三人はよく出版にあたっても、これからの
たくさんの事業にあたっても、できるだけ密に連絡を取り合い、決して
孤独にならないよう励ましあって、男性の柱で打ちたてられていくこと
を願っています。祝福をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(38)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 カナダ派は「なんでまたペブルさんに戻るの」って言うし、いいじゃ
んかよ〜。(一時期離れてたからね)リトル・ペブルさんのことが歪曲
してスキャンダルとして日本のメッセージ関係者に知られていたからね。
日本にペブルさんが来たときも、どこからそんな話が出てきたのって
言うくらいに、そのことで話が持ちきりだった。でも、何も本人に確認
したりしてないことがわかって、ぼくらはペブルさんを信じるんだって。
それから教会の中で二人は孤立した。もうその頃は、リトル・ペブルさ
んの日本の共同体を作る準備をしていたから、教会のお手伝い(僕は
教会の役員をしていたけど)が困難になってきた。役員っていうのは
月に一回はグループ教会で神父や信徒役員が集って会議をするんだけど、
まったくつまらない、信者のためになる話は一切なし、まったく時間が
もったいなく、つまらない日を過ごす。だから以前から辞めたくてしょ
うがなかった。辞めることを申し出ても跡継ぎがいなくて、やりたがる
人もいなかった。教会でもミサ以外はつまらなかった。

 会長に、リトル・ペブルさんを信じて、日本に共同体を作るので、
役員の辞退を申し込んだ。その話が役員全員と神父、また司教まで話が
行った。その後、臨時の役員会議で、ぼくとフランソワ・マリーが呼ば
れた。

 リトル・ペブルさんの支持者って言うだけで、「一致のしるしの聖体
を(秘蹟)を授けるわけにはいかない」っていわれた。一致を妨げるこ
とは一切してないし、身に覚えがないのに、それで、ぼくとフランソワ・
マリーは教会をおいだされちゃった。でも、何も不安はなかった、その
後はジャン・マリー、コルベ・マリー、マリー・マドレーヌのいる刈谷
を往復したりして、共同体作りを楽しく進めていた。

 その後ぐらいかな、久しぶりに運送業(クロネコヤマト)で知り合っ
たマリア・アントニアから連絡が入るんだけど。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は4月20日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]