%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年4月6日号 No.404

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月25日 PM6:25
マリー・マドレーヌに与えられた、
イメルダ・ランベルティーニからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今日はまだ第二ミサ中なんですけど、聖体拝領が終わって、ジャン・
マリーが一言いろいろ話をしてくれた時に、それからカリスの洗浄が
あって、私もちょっと喉を潤すためにお茶を飲んでいたんですけど、そ
したら、とっても可愛い声で、元気な声で「あなたが大好きです」って
言ってくれたんです。で、誰かなあって思ってしるしを最初求めました。
何か聞いたことあるような声だけど、ケルビムちゃんではないし、誰
だろう?って思って、しるしあるか聞いてみたら、しるしありました。
「誰なの?」って聞いてみたら、「イメルダです」って言ってくれて、
識別のためのしるしくれました。今しるしもらいました。もう一度くれ
ました。

イメルダ・ランベルティーニ:
 マリー・マドレーヌに、イメルダ・ランベルティーニが話します。
イエズスが一つ一つの状況を変えてくれます。あなたは、人の表情が
見えなくって、言葉の調子、声の調子ですごく敏感になって、緊張して
生きてきました。あなたの経験は、多くの視覚に障害を持つ人たちも
一緒で、特に一人一人はそれぞれの性格に応じて、強く生きれる子、そ
して少し人を気にする子など、それぞれでいます。でもあなたの場合、
愛するジャン・マリー司祭に会うまでは「自分は普通に過ごしているん
だ」と思っていました。ただ、他の友達を見て、お母さんたちが来ると、
その友達の親子の会話を聞くと、親しそうに話しているから「あ、ちょっ
と違うのかな」というだけで、あとは本当に普通に生活をするように
しつけられ、育てられました。でも、愛するジャン・マリー司祭は、ひ
とり一人の生まれて間もない頃につけられた傷を見抜く力を天から授け
られていて、日本人ほとんどが、そのような傷を負う文化に生きている
と『聖ヨゼフの百合』に書くほど、日本人の素質を見抜いています。
日本人独特のしつけの文化は、その親から子へ、子からまたその子供へ、
と代々受け継がれていて、今もその子供たち、小さな子供たちが母親、
若い母親によりしつけられ、育てられています。日本人ほど、人に目を
向ける民族はいません。人と人とを比較する民族は、たぶん日本だけだ
と思います。他の国は、個人主義で、一人一人が全部自分で行動するの
にも、考えるにも、責任を負うんだという育ち方をします。日本では、
その責任を他人になすりつけるなど、そんな弱い状態を持っています。
 互いに、「あなたのせいだ」と言い合うなら、どうして一致が出来る
でしょう? パブリックレターは外国から出されるけれども、ほとんど
日本の情報が向こうにいったので、それをリトル・ぺブルが聞いて書き、
そのまま載せるはずです。みんな、日本からの悪い情報で、印象付けら
れてしまったなら、その人がいくら言っても、その悪い情報が基準に
なってしまって、みんな悪く思われてしまいます。残念ながら、ブロ
サード司教様も、ジェームス・ダフィー司教様も他の司教様も、加わっ
たと思います。日本の過去の、そして今組織として残されている広島を
はじめ、多くのリトル・ぺブル支持者たちは、本当に愛するジャン・マ
リー司祭を敵視しています。愛はどこにあるのでしょう。なぜ、人を
裁くのでしょうか、なぜ?なぜ? イメルダは悲しくて仕方がないです。
人を裁かないで欲しいし、愛し合って、赦しあって、互いの欠点を認め、
そして、そこを補う愛徳を持って欲しいな、そう思います。
 聖体のイエズスが本当に苦しんでいます。何も言わずにだまっている
ようで、でも痛んで苦しんでいます。聖体のイエズスを痛めないで下さ
い。もう償いのセックスはないけれど、聖体のイエズスに対する愛着を、
マリー・マドレーヌも他の人も、持ってもらえたらと、もっともっと
強く思っています。
「イメルダはいつも愛する神父様(ジャン・マリー神父)に感謝でいっ
ぱいだし、私こそあなたが大好きです」と今愛するジャン・マリー神父
様に答えます。聖職剥奪されても、なおも聖体を愛してミサを立て続け
てくれる、こんな情熱家を見たことがないです。みんなはどう思うか
知れないけど、イエズスの愛の塊でいっぱいなジャン・マリー神父様の
ミサは、本当に本当にイエズスの受難を描いて教えてくれます。どうか、
みんなそのままちっちゃい子のままで、十分にミサにあずかって下さい。
聖人のみんなは、あなたがたを支えています。神のあわれみによって、
生活が支えられています。神様の介入なしに、このことは起きません。
恵みが取り去られたらどうなるかをよく考えて、みんなは行動して欲し
いです。マリー・マドレーヌは、その事をいち早く、この教会ではな
くって、恐れさせられました。だから、よく感じているし、でも、本当
にようやく今日の先ほどになって立ち直る元気が戻ってきました。愛し
ています。神父様の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌと子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「もうミサ続けていいですよ」

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 プレゼントちょ。聖痕の前倒し、二人の聖痕の前倒し。大好きな
イメルダちゃん、プレゼントちょ。

マリー・マドレーヌ:
 「神様に取り次ぎます」って、しるしもらった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 一言、説明して欲しい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ひとつぶの麦が地に落ちて死にました。証のため
に与えます。神様に取り次ぎます。祝福します。父と、子と、聖霊との
御名によりて、アーメン」 可愛くしるしくれた。


--------------------------------
2007年4月25日 PM23:49
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今日は、特別に『パッション』の映画を観ました。三人で観たんです
けど、途中風が吹いたのと、ものすごい手とか足とかに痛みが何度も、
三度か四度ありました。イエズスがはりつけられるところに関しては、
自分の手の平に、今までに痛みがあったのを思い出したのもあるんです
けど、ワルトルタの本も重ね合わせてちょっと観たら、とてもじゃなく
て、泣いてしまう状態で、あと「父よ、なぜ私をお見捨てになったので
すか」というところでは、もう今日の部分、何かこれからやっぱり本当
に何かあるんじゃないか、そんな雰囲気、インスピレーションなのかど
うかはわからなかったんですけど、それもちょっと感じてたんで、今
さっき、聖体の前に行って祈りたくって、「イエズス、これは私たちに
何か話されたいんですか?」って聞いてみました。「何かお示しになる
事があったら」って聞いてみたら、しるしがあったので、今手にも風が
吹いています。識別のためのしるし、先ほどもらいました。もう一回、
確認します。今識別のためのしるし、ありました。もう一度くれました。

イエズス様:
 イエズスと一致できるように、マリー・マドレーヌには、このリアル
な形での映画を通し、イエズス私と深く一致させていく。愛する息子
(ジャン・マリー神父)は、会からの追放と聖職剥奪の宣言をされ、も
ういくつもの修道会からの剥奪追放をされた。イエズスと同じ道に歩む
愛する息子は、公にパブリックレターで、彼のした行為、司祭としての
失格、それらたくさんの事柄を書かれ、マリー・マドレーヌの見世物に
された最初の写真と同様に、今度は文書となり、しかも愛して止まない
リトル・ぺブルからの直接レターとして、なぶりものにされる。彼はつ
いに十字架を担い、かついでいく。
 マリー・マドレーヌと二人で、最初に裸体を見せ、そこで起きたマグ
ダラのマリアの出現に関し、論議が交わされ、信じる人と、信じない人
とまっぷたつにされる。大部分の人は、「あれは気ちがいだ」と言い、
偽幻視者だ、とも言って、あざけりののしる。こんな前代未聞なことを、
よくも司祭がやったものだと、彼らは憤慨と軽蔑のまなざしで見て、特
に信者から恥ずかしめられる。心に深い痛みを負う人、罪にまみれて
どうしようもない人、教会にあちこち行ったが、全然合わないで行くの
を控えた人、つまり、教会の中にいる人ではなく、外にいる人々が、あ
なたがたを判断する。真理を求める人が耳を傾け、愛する息子の勇気あ
る捨て身の行動に感動し、全てついていきたいと念願するようになる。
 子供たちに、祝福をおくる。名古屋の子供たちにも、同様に祝福を
おくる。司祭の祝福を、まず名古屋の子供たちに、そしてここで事業を
行うコルベ・マリーに、そして、寺沢に行く二人に、最後に痛みを負う
マリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(名古屋の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしが今あって、ミサの意向を、今日特別にイエズスが今言われた
んですけれども、ブロサード司教と、ジェームス・ダフィー司教と、ナ
ウラのもう一人の司教(名前はわからないですけど)、ジュリアーノ
司教、マリア司教、この人たちに、って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 名前がわからないとまずいので・・

マリー・マドレーヌ:
 もう一人の新しい司教って誰だかわからない。しるしがないので・・。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正確な名前と、このことに関する説明をお願いします。ミサの意向は
大事だから・・

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

イエズス様:
 情報が遮断されているために、新しい司教の名はコルベ・マリーに
聞いてみて欲しい。しかし、そのままにしてもよい。特にイエズスが
お願いしたいのは、マルコム・ブロサード司教と、ジェームス・ダフィー
司教、ジュリアーノ司教、そして日本の司教を代表するマリア司教、これ
らの司教のこれからの歩みについて、全て閉鎖ではなく、堂々とリトル・
ぺブルを証する勇気が持てるように、マザーやシスター・ルースなどの
幻視者の指導のもとではなく、本当に司教としてしっかり働けるように、
その勇気が与えられるよう、祈って欲しい。祝福を、今言った人々に
お願いする。

ジャン・マリー神父:(マルコム・ブロサード司教、ジェームス・ダ
フィー司教、ジュリアーノ司教、マリア司教、ナウラの新司教、マザー・
シャーリー、シスター・ルースに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 次のミサの一回だけなんでしょうか? 今日の第二ミサ、一回だけで
すか?って。

マリー・マドレーヌ
 しるしありました。

イエズス様:
 パブリックレターの現状をみて、一週間お願いする。祝福をおくる。
父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、同時に「この第二ミサからお願いする」って言われ
ました。今確認のしるしとりました。 今しるしがあって・・

イエズス様:
 イエズスは、名古屋の共同体を愛し、祝福しているので、このことを
今連絡して欲しい。司祭にお願いする。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしもらいました。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(37)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 名古屋の東区にある主税町教会(名古屋の教会の中では眼の上のたん
こぶ的存在、老神父がいた頃は伝統教会として知られていて、マリア
信仰の熱い教会で日本語のミサに替わっても、しばらくはトリエント・
ミサをあげていたんだって。時の司教に散々注意を受けていたみたい)
へはフランソワ・マリーといっしょに行っていた。相変わらず教会は
ギクシャク、僕のいたところは他のマリアママの出現を信心している
(サンダミアーノ、アムステルダム、司祭のマリア運動、カナダ(元
リトル・ペブル))、グループが入り混じっていた。

 大聖年の時、巡礼教会に指定されていたから、全国から訪問者があっ
て、そのことも知られるようになった。後に、ミカエルくんの御像があ
るから、訪問者がミカエル君の前で祈っていたら足が熱くなったとか、
とんでもないことをいう人まで現れた。この大聖年を機会に何とかリト
ル・ペブルさんのこと、マリアママのメッセージを知ってもらうために
フランソワ・マリーと冊子を作った。最初は教会に無断で冊子を置いた
ので役員から叱られた。神父にも呼び出され、(リトル・ペブルさんの
名前を出すことを洗礼前から隠しておいた。)信心とかメッセージを
伝えたいと話したところ、出版の許可をもらった。役員には相変わらず
いい顔はされなかった。数百冊が直ぐ無くなって、他の教会の問い合わ
せもあって季刊誌をつくった。冊子の内容はほとんどがリトル・ペブル
さんが出しているメッセージを中心で出した。みんなそんなことは知ら
なかっただろうな。

 神父は平田義雄神父といって、サン・ダミアーノの出現を信じていた。
数ヶ月教会に通った時に司祭館に来るよう言われ、「こんなお化け屋敷
によく来たな」っていうのが最初に言われた言葉だった。いろいろ話を
して食事をごちそうになった。その後も何度か誘われ、数ヵ月後サン・
ダミアーノへいって来いとまでいわれるぐらいに信頼されるようになっ
た。サン・ダミアーノへはパスポート代以外、全部神父が出してくれた。

 この頃も同性相手と付き合っていた。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は4月13日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]