%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年3月30日号 No.403

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月25日 AM0:35
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど0:30近いときに、「断罪されるのは、マリー・マドレーヌと
ジャン・マリーだけだ」という言葉が聞こえてきたんです。そのことに
ついてのしるしがあるか尋ねました。そしたら、識別のためのしるしを
いただいて、で、まず私十字をきったんですね。最近アタックがすごく
多いので。十字をきって、誰かなあって思って、ずっとしばらく待って
いたら、「イエズス」って言われたので、「しるしありますか?」って
聞いたら、識別のためのしるしをいただきました。今しるしありました。
もう一度しるしくれました。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌにイエズスが話をする。今回のパブリックレター
に関し、主に断罪されるのは、愛する息子(ジャン・マリー神父)と
幼な子のマリー・マドレーヌであって、ヌード写真で載ったマリー・レ
ベッカに対しては、司教たちの仲間が「犠牲者だ」といって彼女をかば
う。むしろ、本当に断罪をされるのは、愛する息子とマリー・マドレーヌ
なので、このゆえに多くの人々が揺らされる。
 もうマリー・マドレーヌの言葉、イエズスやマリア、ヨゼフが内的に
語る言葉に対し、みんなそれぞれの意志を表明しはじめている。愛する
息子のアドバイスに対し、その後に同じように言うのは息子の言葉を
聴いただけのものであって、天からのものはない、と考える人が多くい
る。しかし、純真な心を持つ人たちは、本当に愛する息子の言葉を確認
するように、あとになって、マリー・マドレーヌに話しても、それは
全然気にもとめず、一つのしるしとして扱い、識別を行い、それぞれ
解釈で従ってくる。メッセージの言葉に関しては、マリー・マドレーヌ
にはただ聞くだけに集中させ、時々ビジョンを見せるが、それは限定さ
れたものであって、色や形の様々な表現方法を、彼女は生まれつき目が
見えないため乏しいので、彼女にわかりやすい方法で、ビジョンを与え
ている。子供たち、あなた方の自由意志を天は無理矢理にせき止める事
はしないので、あなた方の考えに従い、選びなさい。司祭の祝福を、こ
の共同体と、名古屋の共同体にお願いする。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (名古屋の共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。


--------------------------------
2007年4月25日 AM9:39
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今、私自身、霊的に最悪な状況で、自分をずっと責めまくってました。
って言うのは、今までの生活とかを振り返ってて、「もう自分自身は
こうなんだから、言われても当然だ」っていうようなことを、ずうっと
ずうっと思ってて、「イエズス、いいんです、私。そういうふうに恵み
受ける資格ないの」って。あとは「そういうふうに言われても当然な
人間なんです」っていうようなことずうっと考えながら。そして「私こ
そ、一番最低最悪だから」って、ずうっと言い続けてました。っていう
のは、そうやって、こう自暴自棄とかそういうのじゃなくって、ほんと
にそういうふうなことにきたんだなって、もうすごいそう思って祈って
たんですけど、「どうかみんなを祝福してあげて下さい」って、それし
か祈れなかったです。「私自身は、もう何を言われてもいいです」って。
そしたら、カリスの洗浄のときに、聖体拝領が終わって、カリスの洗浄
のときに、すごい優しい声で「濡れ衣を着るんです」って一言、言われ
ました。「ああ、そんなんだあ」って思って、「これは誰だろう?」と
思って、しるしを求めました。そしたら、識別のためのしるしがあって、
その声はマリア様の優しい声でした。もう一度今しるしを求めたところ、
識別のための印をいただいたところです。あ、今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに、聖母が話をします。愛する息子(ジャ
ン・マリー神父)が何にも裁かないで、ずうっと濡れ衣を着ているよう
に、あなたもそれに招かれています。あなたには、全く徳のかけらも
持つことが出来なかったほどに、霊魂が幼いままで止まり、捻じ曲げら
れて生活を送りました。普通の人のように、外面は見えても、内面は
全くぐちゃぐちゃで、よく人を気にしたり、平気でうそなどもついたり、
悪いくせをたくさんし、オナニーまでも犯す、そんな堕落の霊魂でした。
全部虐待のせいで、放っておかれる、それが原因でもあり、何か一緒に
話したくても、話題についていけない、そんな事を、小学生のときから
負ってきました。愛する息子も、非常に変わった性格で、虫が大好きで、
でも彼は自由に生きることが出来たので、霊魂は正常に成長できました。
マリー・マドレーヌは、昔、聖霊派にいた時に「悪魔につかれている!」
という言葉を言われたことがあります。ここでも同じようになったため
に、もううつ的な状況になったのを、聖母は知っています。「自分の力
でゆるせないし、祝福したくてもできない」と訴えました。あなたの
霊魂は、今一番どん底に落とされています。パブリックレターでは、さ
らに輪をかけて、いろいろ書かれると思います。
 あなたを慰め、そして愛する息子に導いてもらうために、あなたが
死なないようにするために、今一緒に愛する息子の側においています。
あなたの徳が、誰よりも、最低最悪な状況なのを、自分で見つめてし
まっていて、「他の人全員、私以外はみんな全員最高のレベルの人たち」
とまで、ずうっと心の中で祈ってました。「そうさせて下さい」とまで
祈っていました。「そう言われるのが当然な人間だから」とも祈ってい
ました。「あなたは誉められる資格ないです。私はけなされて当然です」
という言葉をも心に抱いていて、このままだと、人を違う目で見てしま
うから、自分の中にイエズスの御心を迎えて引きこもりました。もっと
引きこもって大丈夫です。
 今一番疲れているのは、愛する息子ですが、皆、それぞれに疲れを
もっています。コルベ・マリーの気持ちを少しあなたは体験し始めまし
た。どんなに苦しんでいるのか、どんなに孤独で悩まされているのか、
あなたも似たような状況に陥ることが本当に多いので、「希望の徳」を
愛する息子によって埋めてもらう以外にありません。愛する息子が
「希望の徳」を持っていなかったら、あなたはここから飛び出してし
まうか、あるいは自分で命を絶つほどまでに、また前のように逆戻りし
てしまうのではないでしょうか。聖母はそれを食い止めるために来まし
た。祝福とゆるしを神に願っている、あなたのあわれな霊魂を、あなた
のみじめな霊魂をイエズスは愛しています。それが地だから、あなたの
苦しみと悲しみは、絶頂に達しています。
 残念ながら、意識なく言う言葉が、一番あなたの心に、また矢を差し
込んだ状態になりました。本人は意識がないのです。でもあなたは、そ
れが言葉であるために、聞き流すことができない恐ろしい言葉を言われ
たので、もうボロボロ状態です。恵みが近い証拠なので、イエズスの
受難のもう少しのところで、一緒にイエズスと受難を味わって下さい。
今、痛みが、体の痛みがほとんどありません。「痛みまで取り去られ、
聖痕もできない。恵みを私は失った」とまで言わないで下さい。聖母は、
いつも一緒にいて、あなたを、このままのあなたを受け入れます。「も
う幻視者・神秘家として、役割は終わった」などと思わないで下さい。
これは、大きな恵みをもたらし、最後の最後まで謙遜になる大きな道に
なります。
「地獄の底までへりくだる」、これが愛する息子が言っていた言葉です。
神によりすがり、あわれみをたたえる人は裁かれることはありません。
あなたのすべてのものを剥ぎ取るために、自尊心までもゆるされて、
悪魔は狙いましたが、これ以上子供の自尊心を取り上げるのを、神は
ゆるしませんでした。もし、何か言われていたなら、あなたは死んで
しまっていたかもしれません。よくあなたは耐えました。聖母は祝福を
します。傲慢にならない一つの道を、あなたはこれから愛する息子に
手引きされてついて行きます。祝福をおくります。司祭の祝福を、
マリー・マドレーヌに、そして何も気付いていないマリー・レベッカ
にお願いします。しかし、このことをマリー・レベッカには言わない
でください。イエズスの言った言葉を、後になって知ります。彼女は、
同宿院長になって、上に立ちたい思いでいっぱいになっています。
祝福します。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (何も知らないマリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 「しるしありますか?」 もう一回、マリー・マドレーヌに言われる
みたいで、しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、もう一回くれました。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに、聖母が話します。第一世代・第二世代の人々
を、ゆるしてあげてください。傷を持ち、信心業を誇り、祈りをする、
長い祈りをするのを誇りとし、「私たちこそ、聖なるカトリックの信者
である」という大きな大きな思いが、いつもずうっと抜けないでいます。
司祭に言われても、指摘されても、もう気付けないでいますから。それ
から、マリー・レベッカのことで、裁判が起こされます。それだけ伝え
ます。司祭の祝福を、子供たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:(子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
 (マリー・マドレーヌを通して)他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今、確認のしるしとりました。「他に何かありますか?」 いや、何
もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 一言だけ、今しるしがあって・・

聖母マリア様:
 リトル・ぺブル、あなたを愛しています。浄配である聖母は、変わり
なくあなたを愛し、祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ぺブルさんに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
 
マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうないです。

ジャン・マリー神父:
 マリア様にね、「ありがとう。そして、皆を堅忍させるため、今の
一千倍も私を罰して下さい」って、これ伝えてね。

マリー・マドレーヌ:
 これは、ジャン・マリー司祭が、ですか? そういうふうに言ってる、
ってことですか?

ジャン・マリー神父: 
 うん、取り次いで。

マリー・マドレーヌ: 
 はい、わかりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 「幼な子路線に、皆、この幼な子路線のカリスマになって、そして
堅忍できるよう、どんなに悪くなっても、今どんなに悪くなっても。
今より千倍私を罰して下さい」って頼んでるんですけど。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあるだけで、何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 どういう意味?って。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、ジャン・マリー司祭にメッセージが・・。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)の取りなしは、十分に聞き入れら
れています。その寛大さのゆえに、幼な子路線はキープされます。幼な
子たちを、守って下さい。祝福します。父と子と聖霊との御名によりて、
アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今識別のためのしるし、もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。


--------------------------------
2007年4月25日 PM12:25
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 12:20過ぎに、私たち休んでて、マリー・レベッカが『ジャンヌ・ダ
ルク』を観てた時なんだけれども、その時に女性の声で「『パッション』
を観て下さい」って言われました。「明日、『パッション』を観て下さ
い」って言われたので、しるしあるか尋ねました。そしたら識別のため
のしるしがあって、「愛する息子(ジャン・マリー神父)にそれを言う
ように伝えて下さい。」って、そういうふうな言葉も聞こえました。
「誰ですか?」って聞いたら「聖母です」って言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 一言だけあって、「これからの時に備えるためです。」っていうこと
だけです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 これは、マリー・レベッカだけのことですか? ここにいる3人全員
ですか?

マリー・マドレーヌ: 
 「彼女だけ」って言われてる。しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 はい、じゃあ、終わっていいですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるし、もらった。


--------------------------------
2007年4月25日 PM12:40
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 さっき、「彼女だけ」って言われた言葉の、「『パッション』を観る
ように」って言われた時に、なんだけれども、その後にまた一言ロー
キューションがあって、「三人で観なさい」って声が聞こえました。
「一人だけではなくて、三人で」って言われたんですけど。「その声
は誰ですか?」って聞いて、しるしを求めました。そしたら、識別のた
めのしるしがあって、マリア様だったんですけど、マリア様が、「これ
はどういうことだかわからないから説明お願いします」ってジャン・マ
リーから言われています。 しるし、今ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回、しるしありました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、無原罪の聖母が話をします。明日、三人でイエズス
の『パッション』を観て下さい。マリー・マドレーヌには、イエズスの
受難の深入りが、本当に必要です。そのために録音もし、愛する息子
(ジャン・マリー神父)の解説付きで、最後の映画を観るようにします。
そして、この三人のヌード写真が出たことで、教会中は大騒ぎになって
います。それか、無関心を装う人もいますし、必ずバチカンに報告され
ます。今までやったことのない一夫多妻で、しかも司祭の行ったこの
行動が、リトル・ぺブルが果たせなかった代役のものであることを認識
させるために、預言的使命の実現が出来なかったために、教会の中で
一つの事柄が起きます。愛する息子は、聖職剥奪という重い罰を受けま
した。一人の人が罰せられました。これから起こる事柄のために、イエ
ズスの道に皆が入るように招きます。
 マリー・レベッカには、特にこれから起こる事柄のために、準備をさ
せたいのです。楽しむこと、もちろん喜びや、皆が帰って来てからの話
はしては構いませんが、これからの戦いは、フリーメーソンとの戦いに
なるので、今カトリック教会が堕落していて、現代的な教会、または
伝統主義のかたまりになった教会もあれば、シャーベル会のように、今
大変な、経済的に苦しむ教会もあります。この教会の仲間たちは、リト
ル・ぺブルをどんなに軽蔑、そして軽視しているか知れません。あなた
がたにも、イエズスがどれほどに打ち砕かれているのか、知らないほど、
無意識で砕いてしまっています。子供たち、聖体を愛する意味で、イエ
ズスの『パッション』を観て下さい。全く信仰に沿った、そのままを
描き出したものなので、是非必要です。パブリックレターは、もうじき
に出されます。それに備えさせるために、明日観て下さい。司祭の祝福
を、マリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、

聖母マリア様:
 あと、もう一言、聖母が話します。イエズスの御心を重んじることを
して欲しいのです。イエズスの聖なる御心は、本当に人々を愛しぬき、
ゆるしぬき、そしてファリサイ派や律法学士たちには、真理をはっきり
伝え、誤っていることを、堂々と伝えたために、十字架刑にされました。
勇敢なイエズスの態度も見て欲しいです。聖母は、全て苦しみながら
神の摂理に任せました。子供たちに、祝福をおくります。今、東京では、
コルベ・マリーがシャーベル中村孝一さんのために働き、明日オーガス
タン□□さんのために、勇敢に働きます。彼は、勇敢な人で、はっ
きりものを言って帰ってきます。この男の人たちのためにも祈りながら、
助けをお願いして下さい。引き続き、マリー・レベッカは『ジャンヌ・
ダルク』を観て下さい。祝福します。司祭の祝福を、東京にいる子供た
ちを、特に中村孝一、□□の上にお願いします。

ジャン・マリー神父:(東京にいる子供たち、特にシャーベル中村孝一、
オーガスタン□□に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(36)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 コルベ・マリーがよく教会に来ていろんな話を聞かせてくれた。ほん
とブラックの話も多かったけど、熱く熱く語ってくれた。その頃、ジャ
ン・マリーは教会立ち入り禁止を受けていた。まったくの教会側の勘違
いで、何にも調べずに彼を教会に入れないようにした。それも、僕の
通っていた教会で、メッセージ関係者の友人がイタリアの修道院長で、
日本に帰国していた。そして、ぼくも紹介されて、ぜひとも教会で黙想
会をしてほしいって頼んで、快く引き受けてくれた。数ヵ月後、その
修道院長の真偽を問われていて、教会側はジャン・マリーと修道院長を
間違えて、ジャン・マリーを禁止にしちゃったんだ。でも両方とも本物
なんだけど、教会側はうわさを信じて、ちゃんと調べることはしなかっ
た。でも、ジャン・マリーは弁解もせずに教会側に従順を示しつづけた。
いまでもそうだ。

 だから、ジャン・マリーとは僕の家で会ったりしていた。ペブルさん
を信じ続けているジャン・マリー、コルベ・マリーだから、ジャン・マ
リー、コルベ・マリーに会うたびに「ペブルさんを信じ続けよう」って
そう強く思うようになった。教会にいるよりもほんとのキリスト教のこ
とを教えてくれる二人と会っている時が楽しかった。刈谷にいるときも
会いに行った。生活はとても質素で、ジャン・マリーの作る、スパゲッ
ティと豆乳わかめスープがおいしかった。いつも笑ってばかりいる楽し
い時間だった。数ヶ月してからかな、マリー・マドレーヌとも会うんだ
けど。 

 ジャン・マリーが司祭に叙階されてからしばらくは、同性愛のことを
話したり、告解することが怖くて出来なかった。その頃、ぼくも日本の
教会に出入りできず、告解はジャン・マリーへの後ろめたさがありなが
らも、隠れるように南山教会の神父の所へしばらく行っていた。今は
日本の教会から一切離れ、信頼するジャン・マリーのもとで告解をして
る。ジャン・マリーは放蕩息子の話があるように、腕を広げて待ってく
れてるお父さんのようで、天のおとうさんのやさしさそのもの。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は4月6日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]