%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年3月23日号 No.402

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月24日 AM5:55
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 5:50過ぎなんですけど、何か最初「パブリックレター」っていう言葉
が聞こえてきて、「あれ?」って思って、しるしを求めようとしたら、
突然硫黄の匂いがして、ものすごいアタックを受けました。もう何か
気持ち悪くなっちゃって、「硫黄の匂いがする」ってジャン・マリーに
言ったら、「落ち着け」って言われたんで、ちゃんと決着をつけるよう
に言われて、「イエズスの御名によって、サタンに命じる。サタン出て
行け!」って厳命しました。そしたら、その硫黄の匂いもなくなって、
もう一度、そしたら「パブリックレターのことで」って言われる、女性
の声が聞こえました。そして、「しるしありますか? どなたですか?
教えて下さい。」って話をしたら、しるしがあって「聖母です」って
言われました。「二人で聞くのか、マリー・レベッカも一緒に混ぜて
聞くのかどうか?」って言ったら、「今、彼女寝てるから、後で教えて
あげるように」っていう感じで言われました。

ジャン・マリー神父:
 しるし求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。またしるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話し下さい。

聖母マリア様:
 愛する二人の可愛い子供たち、愛する息子(ジャン・マリー神父)と
マリー・マドレーヌに聖母が話をします。今日中に、コルベ・マリーか
ら何らかの連絡があると思います。パブリックレターは、聖母の特別な
日を選び、早急に作るよう、日本からの依頼で作られ、公にされます。
今日、明日中にそれが起こり、子供たちのこの憤慨とまでいうほどの
パブリックレターを出します。サタンはもう愛する息子に対し、「司祭
でないお前がどうしてミサをたてる!」と言わんばかりに、マリー・マ
ドレーヌのほうに攻撃を仕掛けています。でも、「これが出されて勝利
した」と悪魔は思っても、イエズスの逆用が待っていることを知りませ
ん。「これで、この司祭は滅びるんだ」と言わんばかりに、地獄の硫黄
の匂いまで、マリー・マドレーヌに与えました。しかし、聖母が彼の頭
を砕いているように、もう何も手出しは出来なくなります。なぜなら、
愛する息子が暴れまわるからです。「この司祭に関して、何をしても
無駄だった」と後で皆が思うように、イエズスに対してもそうであった
ことの、現代版を見ることになります。
 愛する息子の福音に対する情熱は、もう誰も止めることは出来ません。
かえって自由になった身であるために、どんどん暴れまわります。聖母
は、このように福音を情熱的に語る司祭を、今か今かと待ち望んでいま
した。ようやくこの瞬間が与えられて、神の御計らいに感謝せずには
いられません。
 パブリックレターの内容は、非常にこれで人を裁いていることがよく
わかるほど、この修道会内の分裂を見て、多くの人はシャーベル修道会
に信用をおかなくなります。愛する息子のやり口は、とんでもない方向
に見えても、実によく考えれば、真理を言っているのではないか、と、
心に耳を持つ人、渇きを覚えている人は見ます。
 天皇陛下には、一つのしるしを与えます。取材に関しても、何らかの
変更がなされ、ただテレビに流すのを控える動きが出ているようで、
「こんなヌード写真を、そしてビデオをテレビに流せるものではない」
と判断し、ただ週刊誌のみになるはずです。しかし、話題が話題を呼び、
口コミによりリトル・ぺブルの名前が広がり、そしてリトル・ぺブルの
事柄が何らかの情報で皇室に届き、皇后陛下の耳に届くはずです。
 マリー・マドレーヌの鍵がそこにあります。マリー・マドレーヌは、
もう生贄となりましたから、ふしだらな女としか見ませんし、「誰も
この人がこんな事をしたのか」とネットで見る人以外は知らないので、
そのまま神の計画が動いていきます。寺沢の家は、じきに見つかります。
ヨゼフにもう一度頼んで下さい。ヨゼフは、全て不動産の関係も、うま
く事を運ばせました。バラキエルとヨゼフ、この一人と一位の天使が
今回の鍵を握っています。司祭の祝福を、ナウラの共同体に、そして
マリー・マドレーヌにお願いします。

ジャン。マリー神父:(ナウラの共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミサに入って下さい」って言われました。確認の
しるしとります。しるし頂いてます。


--------------------------------
2007年4月24日 PM14:50
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど今日、勝雲さんが家のことでいろいろしてくれました。その
仕事が終わって、ちょうどこちらに来た時、ジャン・マリー司祭が来た
時に、一つのしるしをもらいました。そのしるしが、誰だかわからな
かったので、識別のためのしるしだったんですけど、「誰ですか?」
って聞いたら「イエズス」だって言われたので、識別の確認のしるしを、
今ちょっととります。今しるしありました。「しもべは聞きます。お話
し下さい」 しるしありました。 

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスが話をする。謙遜、これが鍵である。今日
でもう償いのセックスを終えて欲しい。彼女は、つまりマリー・レベッ
カは、もう耐えられなくなっている。聖体の前での償いのセックスも、
二人で一緒にすることも、もう終わりにして欲しい。彼女はパニクッた
時に、あの発言をしてしまう。神は、ゆるしたくて仕方がないのに、
意志でそれを言うことをする。それが出来ない彼女にとってあわれみが
必要だった。けれども、彼女はマリー・マドレーヌに「裁きの神」を
教えてしまった。悲観主義が猛威を振るっており、彼女の心にもうメッ
セージは届かない。
「一緒に愛する息子(ジャン・マリー神父)と二人でいたい」、それが
彼女の願いで、マリー・マドレーヌの名前を聞いたり、姿を見るだけで、
もう疲れが増してしまう。天は待っていた。けれども、もう全てのこと
を神に任せて欲しい。ミッシェル□□と一緒である。善意の塊を、全然
取り違えてしまっているので、彼女のゆるしを最高に願った愛する司祭。
けれども、もう自由意志の段階に入った。イエズスが傷つけられたよう
に、今二人の女性の間で、傷つけて、悪魔は怒り、猛り、狂い、一番
弱いマリー・レベッカを使い、マリー・マドレーヌを混乱させ、一番
深い悲しみを与えた。もう彼女の前に出ることも出来ないと、心の中で
叫んでいる。早く命をとりたいところだが、あわれみの神とゆるしの神
がいなければ、彼女はもう追い詰められている。
 メッセージも、もう届かない。イエズスは、最後の祝福を彼女に与え
る。マリー・レベッカの本質は変わらずに、同宿院長までも拒もうとす
る。それは、身体障害者、知的障害者、お年寄りなどを看なければなら
ない、といったことで、またマリー・マドレーヌに重ね合わせたために、
彼女の心が怒りに燃え上がってしまった。聖体訪問の時も、祈りはして
いるけれども、いつも子供の祈りではなくて、祈りがかなえられたとき
に、自分の祈りが聞かれたことを喜ぶ、そんな彼女の思いをイエズスは
じっと耐えに耐えてきた。ミッシェル・マリー・フランソワと一緒に
住むのも不満で、「何で寺沢に行かなきゃならないの」という不満も
あちこちに出て、先ほどの激怒の言葉を言い表し、幼な子を傷つけて
しまった。
 神はゆるしをしたかった。しかし、彼女の霊の状態は、もう十分に
悪魔祓いされている。イエズスは彼女に何を望むのか言ってきたのに、
もう彼女は疲れきり、早く帰るような仕草をとるのではないかと、その
思いでいっぱいになっている。イエズスはゆるしたかった。しかし、
彼女の霊魂はかたくなに拒んで、先ほど、明日、今日明日ともに砕かれ
るのを、ジャン・マリーが砕かれるのを一緒に共有したい、それという
言葉を話した。けれども、悪魔は彼女を離さないで、憎しみをバンバン
入れて、特に、マリー・マドレーヌを落とそうと躍起になっているので、
もうマリー・マドレーヌの声も聞きたくないほどに、先ほど言った彼女
の言葉の打ち止めがなされた。人を、そのはかりで見てはいけないのに、
第一世代・第二世代は、その最低最悪な霊魂と見るや否や、軽蔑し、そ
の自分ではかったはかりで、物事を裁いてきた。今、まさにマリア司教の
方に、足を踏み入れようとしている。行きたければそちらに行くといい。
しかし、彼女の照らしは、後になってはっきり知らされる。
 もう愛する息子よ、十分あなたは彼女のために犠牲を払った。今度は
クララのために犠牲を捧げて欲しい。このままだとマリー・マドレーヌ
もクララも落とされてしまう。彼女の言葉の軽さはもう直らない。昔か
らの習慣になっている。一人の存在を否定される死刑囚の話を聞いても、
この行動を出したために、イエズスはこの言葉を言わねばならなくなっ
た。マリー・マドレーヌも傲慢だと言いたいのが、彼女の口であるし、
実際に悪魔が取り付いているという考えに凝り固まって、もう誰も手が
つけられない。彼女の自由の意志に任せて欲しい。ミッシェル□□と
オーガスタン□□、パードレ・ピオ□□と同じ状態で、二人を
憎み、不信におちた状態になった。イエズスは、愛の中にしか入れない
ので、ゆるしたくても、もう彼女が拒むなら、ゆるせなくなってしまう。
痛悔が出来ない霊魂であるのを、一生懸命に手取り足取り、愛する息子
が自分の限界を超えてまで話しに話し込んだが、それも耳に入らず、
記憶が閉ざされてしまった。これでふるいわけは終わりである。司祭の
最後の祝福を、マリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ: 
 もう何もないです。リトル・ぺブルさんにあるか聞いてみますけど。
いや、ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ミサの意向の変更を教えて下さいって。忘れられた堕胎されたリンボ
ウの霊魂たち、マリア様とヨゼフ様の意向、マリー・レベッカの救霊の
ため、悪魔祓いのため、そして東京のメンバーのため、性的罪に苦しむ
人々、全世界のね、これヨゼフ様の意向、ナウラの修道会、マリア司教と
仲間たちのため、とイエズスおっしゃったんですけど、今クララが入っ
てません、マリー・マドレーヌも入ってません。行使のほうの意向には
入ってません。どうぞ教えて下さい。次のミサからどうしますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしが、今ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 第三世代の子供たちのために、特にクララとマリー・マドレーヌの
ために、そしてこれから起こされる北岡らいむ、北岡れもん、北岡くる
みのために、ミサの意向をお願いする。「幼な子路線」が非常に危なく
なっている。クララもマリー・マドレーヌも、何かのきっかけで、知識
のある人たちから言われてしまうなら、泣きながらさまよい歩かなけれ
ばならなくなるので、この二人について特にお願いする。「幼な子路線」
の、愛する息子が打ち立てたカリスマにのっとる必要性があるので、そ
れに賛同する人々がついてくることになる。司祭の祝福を、クララ・ヨ
ゼファ・メネンデス、北岡らいむ、北岡れもん、北岡くるみ、そして
マリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神(北岡らいむ、北岡れもん、北岡くるみ、クララ、
マリー・マドレーヌ、これから起こされる第三世代の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
 しるし、確認してね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 確認したいんだけどね、忘れられたリンボウの霊魂たち、マリア様、
ヨゼフ様の意向と、性的罪に苦しむ人々の意向は残しますよね。「自由
に任せなさい」っていうマリー・レベッカと東京のメンバーを、そして
ナウラの修道会とマリア司教とその仲間たちの意向も省きますね、いいで
すか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあったので、しもべは聞きます。お話し下さい。またしる
しくれました。

イエズス様:
 東京のメンバーとマリー・レベッカの意志に関して、自由に任せな
さい。今まで引き止めて、愛のために、愛する息子が説得したけれど、
もう自由にさせなさい。そして、リンボウのことについては、そのまま
継続して欲しい。以上、このことを伝える。司祭の祝福を、性的に苦し
む人々のためにお願いする。内的に、この性的に苦しむ人々のために
祈るよう、これからも続けて欲しい。祝福をする。司祭の祝福をお願い
する。

ジャン・マリー神父:(全世界の性的罪に苦しむ人々に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。「他には?」って聞いたんですけど、何もない
です。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(35)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 同宿になってから、洗礼を受けててよかったって思う。前まではクリ
スチャンって言葉の響きに憧れてた。人にそう言って自己満足した時も
あった。

 自分が何のためにいるんだろうって、漠然と生きてきた。でも今は
ちがうよ。

 メッセージを知って、ペブルさんを知って、信じる仲間が集まって、
ペブルさんを信じなくなって離れていった人たち、その中に一時期
僕も入っていた。その時は、今まで何のために数十年間ここまで来た
んだろうって。周りが「何かおかしくなってきたよ」って言われれば、
「そうだね」ってすぐ、そちらに流されて、結構、人を盾にして流され
てきたな。でも、ペブルさんしかいないって気がつき、捨てたメッセー
ジを再び取り寄せ、読み直してた。

 ジャン・マリーとコルベ・マリーとの交流が始まった頃だったかな。

 でも、自分の同性愛は未だにストップがきかない。インターネットの
Gyaoテレビで同宿のこと放送しているけど、その中でコルベ・マリーの
インタビューで、ジャン・マリーが留守になった途端にオナニーをして
しまうっていってた。ぼくも、ジャン・マリーが名古屋に来た時はそん
なこと(性的な衝動)一切考えたり思い描いたりしないのに、秋田に
帰った途端、今もオナニーにふけり、ブログやホームページを作って、
パソコンを少し覚え、知恵がついた途端、ネットでホモサイトを開いて
は楽しんでしまう。これを正当化しようとは思わない。れっきとした
大罪だから。でも逃れられない。罪悪感のなかにもひたってる。それで
も、人よりも天のお父さん、マリアママ、ヨゼフパパやてんし君、聖人
は僕を見捨てたりはしない。とてもやさしいよってジャン・マリーは
教えてくれた。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は3月30日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]