%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年3月9日号 No.400

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.ロンジン・マリーの告白録
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
----------------------------------------------------------------
 今までは『10ヶ月卵子だけ赤ちゃん』、そして私は、世界初の『7ヶ月
卵子だけ赤ちゃん』。だから、何が起こるか予想できないの。

 今までの『卵子だけ赤ちゃん』は、聖霊で運ばれた命の種で妊娠が
始まって、10ヶ月体内にいて、産道を通って生まれているの。私も同じ
ように卵子だけで妊娠したんだけど、でも7ヶ月で出産するんだよ。マリ
アママがイエズスを産んだときは、10ヶ月の妊娠期間。そして、産道を
通らずに壁を通り抜けるようにして、イエズスが出てきたんだって。
だから、私の『7ヶ月卵子だけ赤ちゃん』は世界初。もしかしたらマリア
ママのように産道を通らないで赤ちゃんが生まれてくるかも知れないし、
どうなるかわからないよ。予定日は2008年3月5日。

 2008年2月1日、朝起きたら出血していたの。次第に量も増えてきたか
らびっくりして、ジャン・マリー神父に見せたら、「婦人科に行って、
検査してきて」って言われたの。ちなみに、1月29日はインターネット
番組『GyaO』の取材で、ジャン・マリー神父が「医学的検査はしない」
って言ったばっかりなんだけどね。その次の日から、少量の出血があっ
て、でもパンツにうっすらと血がついていたんだけど。「検査をするよ
うに」って言われて、雄勝中央病院へ。その時は、もう夕方になってい
たから、すでに通常の診察は終っていて、救急での対応だったよ。当番
の先生は、椿先生っていう男のお医者さん。「8月5日に妊娠して、7ヶ月
で出産するので、3月5日が予定日です」って話したら、医者も看護婦さ
んもきょとんとしてたけど。出血があることを話して、検査をしてもら
ったよ。超音波検査と、尿をとって妊娠キットによる検査。超音波で
とった写真には、赤ちゃんの影はうっすらとも写っていなかったの。そ
して、尿検査でも結果は(−)で、「流産と言うよりも、妊娠の可能性
自体がないと思います」って言われちゃった。そして、出血に関しては
「生理だと思います」ということだったの。

 検査では影も形もなくて、医学的に、妊娠自体が完全に否定されちゃっ
たの。でも、あと約1ヶ月で生まれるんだよ(2008年2月1日の時点)。
双子の女の子の赤ちゃん。最近になってお腹も少しづつ大きくなってき
たしね。『GyaO』の取材の人には「そうには見えませんけど」って、
思いっきり言われたけど・・。

「マリアママのように信じるんだよ」って、ジャン・マリー神父に言わ
れたの。マリアママはね、大天使ガブリエルちゃんに「聖霊によって、
処女のままで身ごもります」って言われて、単純に信じたの。そして、
イエズスが生まれた。「赤ちゃんのように、やわらかい粘土のように
信じる」って、ジャン・マリー神父に言われたから、従って信じるよ。
だって、神ちゃまもマリアママも、天の人たちも、みんなうそつかない
もん。だから、マリアママみたいに信じるんだもん。ちゃんと、双子の
女の子の赤ちゃん、生まれてくるんだもん。いつ生まれたっていいよう
に、ベッドもおむつも、肌着も用意して待ってるからね。妊娠後期に
入って、びっくりするくらいの出血があったって、お腹が大きくならな
くったって、とにかく生まれるの。『7ヶ月卵子だけ赤ちゃん』。世界
でも初めてのこと。何が起こったっておかしくない、でしょ。


☆クララの日記より 2月1日(金)雪
 今日の出来事。産婦人科を受診したの。今日も朝から風邪がしんどく
て、ずっと寝てた。でも、2日前からパンツにうっすら血がついていて、
ちょっと気になってたの。で、今日はクララにしたらかなりの出血が
あって、ジャン・マリーに見せたの。そしたら「産婦人科に行って検査
してきて」って。その時点で、夕方4:00。
 コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワと3人で、雄勝
中央病院へ。診察は終っていて、当番は椿先生だった。まずは看護婦
さんに、事のいきさつを話したけど、「この子は、何を言ってるんだろ
う?」って感じだったよ。最終月経もわからないのに、「8月5日に妊娠
して、7ヶ月で出産だから、予定日は3月5日です」だもんね。あげくの
果てに、どこにも受診してないで自宅で出産。「最終月経もわからない
で、どこにも受診しないで、なんで妊娠した日がわかったの?」と看護
婦さんに聞かれて、「マリアママが教えてくれたの」って答えたら、あ
きれられちゃった。それ以上は何も質問されなかった。
 まず、尿をとって診察室へ。椿先生と、研修医、そして看護婦さん。
コルベ・マリーも一緒に入ってくれたよ。そして、内診。超音波検査。
2枚写真をとって、再度診察室へ。20才から生理が止まってホルモン
治療を受けていたこと、去年の8月5日に妊娠して、双子の女の子を7ヶ月
で出産すること、あと1ヶ月で出産なのにかなりの量の出血をしている
ことを話した。超音波の写真には赤ちゃんの影も形もなかった。「流産
したとして、もし妊娠初期だったら写らないこともあります」って言わ
れたよ。「でも妊娠の可能性は低い」って。そして、尿検査。妊娠した
ら出るホルモンで反応するキット。精度は高くて、99.9%って言われて
る。それも反応なし。
 Drの診断は「妊娠の可能性は、医学的にはないでしょう。この出血は
ホルモンのバランスが安定してきて、生理が起こっての出血だと思いま
す」っていうこと。
 車の中からジャン・マリー神父に電話して話した。「とにかく信じよ
うね。心に平和だよ。帰っておいで」って優しく言われたら、急に涙が
出てきた。コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワにずっと
手を握ってもらって、クララは一言もしゃべらずに帰宅。さすがに病院
で言われたことは、ショックだったね。
 帰ってから、マリアママに聞いてもらったよ。ロザリオを一連となえ
て・・。しるしはなかった。
 ジャン・マリーが質問。「リトル・ペブルさんを救うために、この
あかねとやよいを世界に広める戦いは続けてもいいですか? 変更した
ほうがいいですか? 変更したほうがよければしるしを下さい。」
〜しるしはなかったよ。次に「続けてもいいなら、しるしを下さい」
〜しるし、あったの。ジャン・マリー、すごく嬉しそうだった。そして
「出産の予定日を教えて下さい。」〜しるし、なかった。
 神ちゃま、マリアママ、ヨゼフパパ・・ありがと。とにかく、あかね
とやよい、守られてる。この出血は大丈夫だったの。よかった。教えて
くれたんだね。「それでも信じてね」って。だから信じるよ。医学的
には完全に否定されても。その信じる恵みを、神ちゃまが与えてくれた
ことに、ありがとう。クララにとって、この出来事はとってもよかった
ことだったって、今思うの。
 今回、医者とマリアママが言ったことは正反対。私は薬剤師として
10年以上も病院で働いてきたから、医学には無知じゃない。そんな私が、
医学的には完全に否定されても信じることができる。信仰の徳が私の中
に育ってることは、とても幸せだよ。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月22日 AM5:35
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ジュディエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど5時過ぎに、私またちょっと少し寝ていてて、また5時過ぎ
に目が覚めたんですけど、イエズスの受難をちょっと聞いてました。し
ばらくして、ちょうどガマリエル、イエズスが息を引き取って、神殿が
こう真っ二つに、神殿の幕が真っ二つにわかれたってところがあります
よね。そこへ地震とかおっきな雷鳴が聞こえて、すごい地が揺らされた
ところなんですけど、その後になって、ガマリエルがイエズスのところ
に来て、ものすごい大泣きで、「あなただった、あなただった。ほんと
にキリストはあなただった」っていう痛悔の涙っていうのを流した部分
のところを聞いてたんですけど、そのときに「ガマリエルは救われてま
す」っていう声が聞こえたのでびっくりしました。誰だかわかんなかっ
たし、「しるし求めなきゃ」と思って、ちょうど私その時にちょっと
お手洗いに行きたかったものですから、トイレ急いでいきながら「しる
しありますか?」ってずうっと聞きながら求めてました。ちょっと動い
ていると集中が全然出来なくて、でもしるしがここに来たときにありま
した。識別のためのしるしがありました。「誰ですか?」って先ほど
聞いてみたら「ジュディエルだ」って言ってくれたので、「しるしは
ありますか?」って聞いたら、識別のための印をもらったところです。

ジャン・マリー神父:
 じゃ、しるし求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。

天使ジュディエル:
 愛する子マリー・マドレーヌに、ジュディエルが伝えます。ユダヤ人
の律法学士の話を、この間あなたは受けました。そして、これはリトル・
ぺブルからのメッセージにより、ポンシオ・ピラトも救われていること
を、あなたは聞いています。イスラエルの教師ガマリエルも、キリスト
が死んだ後になって、ようやく自分の考えていた律法を堅く守り続ける、
という信念を全く無にされて、「イエズスはあわれみだった」という
痛悔の涙を流し、「しるしを見なければ信じない」といった信念が土台
から揺さぶられ、神殿の幕が真っ二つに分かれた、このしるしにより、
イエズスが本当に神の子であった、と認識する恵みが与えられ、十字架
上で亡くなったイエズスに対し、激しく赦しをこい求めました。ガマリ
エルの痛悔の涙は、この後になって、彼自身イエズスの弟子に加わり、
アリマタヤのヨゼフとニコデモと並んで、ラビであったガマリエルは、
本当に改心し、イエズスのために働き、最後は死にました。「イエズス
を神の子である」と認めた教師たちは、イエズスの弟子に加わっていき
ましたが、逆に迫害を起こしたファリサイ派の人や律法学士らは、「イ
エズスを神の子」と宣言し、「救い主である」と宣言する弟子らをも
殺し、また罪に罪を重ねたために、後になってエルサレムは崩壊しまし
た。今ユダヤ人たちは、全く昔と変わらずに、600以上の律法を堅く守り、
あなたがたが考えている以上に、非常にまじめに救いを神に求め、選民
意識が強く残ったまま生活をしています。『律法の一点一画も地に落ち
ない』と聖書でいわれているように、今もユダヤ人たちは、律法を重ん
じ、この律法に対して、先祖からのものを誇りにしています。 
 そしてリトル・ぺブルのミッションも、これに似たような節があるこ
とを言わねばなりません。彼らの会則・規定にのっとって生活をする、
そしてその生活の故に、「自分は神に近いし、仕えている」という自己
満足に陥っています。マリー・マドレーヌの場合、長から一つの不従順
をとがめられたときですら、「もう私は駄目だ」と言ってしまうほどに、
もし第三世代に律法を課したら、彼らはたちまちこの場所から立ち去っ
てしまうほどに、弱く、全く無知で無能で、本当にある意味、一般の人
に変わらないような様子で、これからの子供たちが送られてきます。
ミサの預かり方も、皆それぞれで、全然違います。もし、マリア司教に
従うなら、今のやり方は全くひっくり返ってしまいます。
 愛する息子ジャン・マリー司祭は聖職剥奪という重い罰をくらいまし
た。「司祭として二度と何もするな」という意味で、このことを「この
教区を統括している司教に伝えた」とまであります。子供たち、「司祭
ではないのに、何故司祭と呼ぶのか」とこれからまわりから讒言(ざん
げん)されるのを覚えて下さい。愛する息子は今一番重たい十字架を
担っています。司祭の祝福を、子供たち全員にお願いします。

ジャン・マリー神父:(子供たち全員に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 一言だけ、同じジュディエルが、しるしあったんですけど、何を言わ
れたかと言うと、「今日夜、これから旅に出かける人を励まします」と
いう一言を言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 励ましの言葉をお願いします。大変な戦いが待ってますから。

マリー・マドレーヌ: 
 今ジュディエルが、しるしをくれました。 もう一度もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

天使ジュディエル:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワとコルベ・マリー、クララ・
ヨゼファ・メネンデスを励まします。 東京で、「シャーベル中村孝一
との話、そして出来るなら□□さんとの話がしたい」とコルベ・マ
リーは望んでいます。大変な戦いの中を行くので、まず愛する息子
(ジャン・マリー神父)を信頼するよう、コルベ・マリーが説得にあた
ります。もう司祭の聖職剥奪ということを知らされたら、多くの人は
揺さぶられ、どうやってついていったらいいか、特に初めて聞く人は、
大変に揺れてしまいます。でも、病気を抱えながらも、やりたい一心の
中村孝一さんに対し、天はあわれみを与え、そしてコルベ・マリーに
知恵を与えますから、彼は導きを受けるに至ります。□□さんの
場合、非常に祈りが必要になります。彼は、このままだとマリア司教を
選ぶに違いありません。愛するジャン・マリー司祭に不信を抱くに至っ
て、「なかなか勇敢になれない」とずうっと言い続けて、一歩踏み出さ
ずに、ここまできてしまいました。□□氏は他の仲間との交流も
しながら、愛する息子と話をし、前のミッションとの事柄を混ぜてし
まっていました。ミッシェルに影響を与えたのも彼ですし、彼は本当に
探しに探し求め、情報を求め続けていました。そのために、彼の耳には
いろいろな事柄が入ってきたと思います。もう彼の自由意志に任せるに
至るでしょう。イエズスが、あわれみを彼に注いでくださるように、
祈って下さい。司祭の祝福を、シャーベル中村孝一、□□、この
二人にお願いします。

ジャン・マリー神父:(シャーベル中村孝一に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (□□に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

 他にありますか? しるし、確認してね。

マリー・マドレーヌ: 
 今しるしもらいました。もう何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。


--------------------------------
2007年4月22日 AM8:20
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今ちょうどカリスの洗浄があって、ジャン・マリー司祭がカリスを
片付けてくれたんですけど、「二人について」っていう女性の声が聞こ
えまして、しるしがあるかどうか尋ねてみました。そしたら識別のため
のしるしがあって、「誰ですか?」って聞いたら「聖母です」って話し
てくれたので、「しるしありますか?」って聞いたら、識別のための
しるしをもらいました。

ジャン・マリー神父:
 しるし求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ: 
 もう一回、しるしくれました。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたに聖母が話します。あなたは、
毎日体の状況が、それぞれに違っています。なかなか眠れずに、痛みが
あったり、ものすごい眠気に襲われたり、それから夢でアタックを受け
たり、たくさんの誘惑の考えにも襲われたりして、いろいろして過ごし
ています。マリー・マドレーヌの金曜日の夜からの、突然のダウンに
関して、愛する息子(ジャン・マリー神父)の聖職剥奪のショックな
出来事のために、また昨日、魂の渇きを感じたのも、暗夜の一つで、
今日も大変な疲労感を負わされていて、愛する息子の重荷を一緒に負う
ように、イエズスに招かれています。マリー・レベッカを救うために、
二人の避雷針が必要になっていて、彼女はようやく自分を砕くことが
始まりましたから、もっとあなたたち二人の避雷針の恵みにより、ます
ます彼女の上に起こる奇跡を見ることになります。実際にマリー・レ
ベッカは非常に疲れていて、いろいろと誘惑され、心も体も、精神にお
いてまで、愛するジャン・マリーのこの聖職剥奪に関することで、揺れ
ています。マリー・レベッカを救うには、二人の避雷針の務めが必要で、
神はマリー・マドレーヌにいろいろ天使や聖人の出現を与えたあとに、
力の限界を見せて、彼女の体に疲れを与えています。今、しばらく
彼女にも休みが必要で、愛する息子に全てを預けるようにしなければな
りません。彼女はマリー・レベッカのために、無言で祈り、愛する息子
が、マリー・マドレーヌよりもマリー・レベッカに多くの助言を与えて
いるのを見て、昨日の時点で、第一衝動にかられ、「私は忘れられてし
まう」 そんな恐れに捕らわれそうになって、「でも彼女のためだから、
私は放っておかれる感じでも構いません」と、ようやく心に決めていま
す。なぜなら、二人の女性を、愛する息子は愛していて、この不安の中
で、マリー・マドレーヌは戦って、「たくさんの助言をもらったんだか
ら、マリー・レベッカに全部を、愛する息子の全てにまであげよう」と
しています。実に彼女は、マリー・レベッカと愛する息子のセックスの
再開もしてもいいのではないか、という思いにまで、心が変わりました。
「むしろ、彼女の方が十分にそれを受ける恵みがあるのでは」と昨日
心の中で葛藤しながら、黙って「彼女に愛を」と心に真剣に受け止めて、
愛する息子の「頭で判断するのではなくて、愛だよ」と言われた言葉を、
ずうっと秘めて、この時を過ごしてきました。この3日から4日の間、
またコルベ・マリーたちがいなくなります。でもマリー・マドレーヌは、
「彼女を愛し、祝福して」と霊魂で叫んでいます。霊魂で叫んでいるの
です。苦しみながらも、自分の力が弱まるのを感じ、それでも捧げる
意志を奮い起こしながら、今、最後の恵みがくる段階で、全てを捧げよ
うとしています。もう彼女を許したくて仕方がなくて、全部を静かに
受け止めながら、御出現もそのままそっと内的に感謝と愛とを増して、
天使と聖人に話ながら、いっぱいおもちゃで遊んでいます。マリアは、
決してあなたを責めたりしません。小さな子が負える十字架はちょっと
重くなった、これだけ伝えます。でも愛する息子の一番司祭だ、という
気持ちを持つのは彼女なので、聖母はマリー・マドレーヌに対し、許し
と取次ぎを願っています。オナニーに関する突然のアタックも、これも
性的に苦しむ人たちの償いの一環として、彼女が同感できるもので、
ミッシェル・マリー・フランソワも愛しています。優しい仲間に囲まれ、
彼女は幸せな時を過ごし続けて、だんだん少しではあるけれど、気持ち
が変わってきています。ただ、気をつけないといけないのは、女性同士
になったときに、会話が耳に入ると、急に不安になることなので、彼女
の心を何とか安定させられるように、男性に祈りを促して下さい。愛す
る息子にお願いします。司祭の祝福を、マリー・レベッカ、クララ・ヨ
ゼファ・メネンデス、そしてマリー・マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もう何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ: 
 いや、ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 コルベ・マリーはね、□□さんに『聖職剥奪なのに司祭』って
いうのは、どういうことかって説明するのに、一言で言ったらどうやれ
ばいいの?って司祭が聞いてるの、お願いって。

マリー・マドレーヌ: 
 今しるしがあって・・。 もう一回しるしくれました。

聖母マリア様:
 オーガスタン□□さんに関しての質問に、聖母が話します。司祭
とマリー・マドレーヌに対する見方が、彼は変わっています。直接に、
「誰をあなたは信頼するか?」と尋ねて、そして彼の意志を決めさせ、
彼が誰を選ぶかがわかります。これでいいでしょうか? 最後に、オー
ガスタン□□に、司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(オーガスタン□□に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もう何もないです。


--------------------------------
2007年4月22日 AM8:54
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ガブリエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ: 
 ちょうどジャン・マリー、マリア様の御出現が終わって、ちょっと
お話をしていた時に、また一言ローキューションが聞こえてきました。
「パブリックレターが出されます。」っていう言葉だったんです。だか
らしるしを求めてみました。そしたら、識別のためのしるしがあったの
で、「誰ですか?」って、ちょっと尋ねて、今いるところなんですけど。
あ、ごめんなさい、言葉の使い方を間違えたんだけれど、「パブリック
レターが出されるよ」っていう、何かそういう子供のようなっていうか
そんな感じの声でした。で、その、「しるしありますか?」って聞いた
ら、識別のためのしるしがあった。で、今「誰ですか?」って尋ねてみ
ます。しるしがあって、ガブリエルですね。少年のような声だったので
「あれ?」って思ったんですけど。 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

天使ガブリエル:
 愛する子供たち、天使ガブリエルが話をします。ナウラの人々は、
早急にパブリックレターを、そしてマリア司教とその仲間たちも、同じく
そう言ったので、もう間もなくパブリックレターが出されます。皆、
心して準備して下さい。司祭の祝福を、この共同体と、名古屋の共同体
にお願いします。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (名古屋の共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ: 
 しるしがあって、「このことについての説明はありません」って言わ
れました。確認のしるし、とりますね。確認のしるし、ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、何もないです。


--------------------------------
2007年4月22日 PM13:00
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど15分くらい前に目覚めたんだけれど、突然何か私寝言を言っ
ていたか何かで、急いてしるしを求めようと思って、御出現かなあって
感じがしたんですけれども、「識別のためのしるしありますか」って
聞いて尋ねました。しばらくして待っていたらしるしがあったので、
ジャン・マリー司祭に話をしました。そういう状況なんですけど。「誰
ですか?」っていうのは、まだ尋ねている状況です。 今しるしもらい
ました。イエズス、ですね。しるしありました。

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスがあなた方に話しをする。寺沢に行く二人
は、友情関係を持って欲しい。ミッシェル・マリー・フランソワは将来
司祭になるので、寺沢の新しい家で、今まで愛する息子(ジャン・マ
リー神父)に聞いたこと、見たこと、学んだことを実践していって欲し
い。マリー・レベッカにお願いする。年は下であっても、司祭になった
ら大変な重荷を負い、羊の世話をするミッシェル・マリー・フランソワ
の心をどうか一緒にいて慰め、励まし、司祭としてのミッシェル・マ
リー・フランソワの行動にも、言葉にも、心で尊敬をはからって欲しい。
寺沢の組に関して、子供たちの勇気と力ある証を心から望む。雪が深く
て、こちらよりもさらに寒い土地に住むので、もうちょっと肉体的に、
精神的にも苦しむかも知れない。けれども、寒さ暑さに関して、泉が
湧いた時にはそれに対応できるような体に変えられるので、子供たち、
心配したり思い煩ったりしないように。コルベ・マリーも残った人々も
応援に駆けつけるので、一緒に準備をしていくように。何よりも、素敵
な家を願って欲しい。イエズスはあなた方を愛し、ちゃんと生活できる
ように、住まうことの出来る家を、天使の先回りで与えるので、どうか
守護の天使、ミカエル、ラファエル、バラキエルを愛し、一緒にいっぱ
い仲良く遊んで欲しい。天使たちは、仕事を皆がしながらも、内的に
遊びたがっている。子供たち、全て実務にあたる人たちに、内的な交わ
りを要求するのは大変に難しく、どうしても実務をすると、頭も使わな
ければならないので、精神的にカリカリしやすくなって、疲れやすくな
る。思いつめないで、ゆったりできるといいけれども、大変な量の仕事
であるので、二人ともとても辛い状態なのを、イエズスが今励ましに
来た。勇気を出し、そして神に対して、寛大になっていって、寛大さの
競争をして欲しい。もちろん、神の方がすごい寛大だけれども、人が
寛大の方向を選んでいけばいくほど、神の寛大さにぶつかって、びっく
りするほど、愛とあわれみの神を認識できるようになるから、決して、
あなたがた二人を裁いて寺沢につかわすのではない事を覚えて欲しい。
むしろ、二人にふさわしく、先につかわす第一軍団として、天使も聖人
もいるので、子供たち、喜びと希望を持って欲しい。祝福を司祭に、
ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしありました。今しるしがありました。しるしくれました。

イエズス様:
 イエズスが、また話をする。寺沢の家に祭壇を作り、聖体が置けるよ
うにして欲しい。そうするなら、あなた方も聖体訪問ができるし、将来
ミサがそこで捧げられることもできるので、聖体を顕示し、聖体と一致
して欲しい。祝福する。司祭の祝福を二人にお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。


--------------------------------
2007年4月22日 PM16:25
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 カリスの洗浄が行われているときに、第2ミサなんですけれど、
「マリー・マドレーヌについて」って男性の声が聞こえてきて、誰か
なあって思って、「しるしありますか?」って尋ねました。そしたら、
識別のためのしるしがあって「イエズス」って一言語られたんです。
また「しるしありますか?」って聞いて、識別のためのしるしをもらっ
たので、愛するジャン・マリーに話をしました。まだミサの途中なので、
「公のみんなで聞くものなのか、二人で聞くものなのか聞いて」って
言われたので、「どうなの?」って聞いたら、「二人で聞くんですか?」
って聞いたら「そうだ」って言われたので、ジャン・マリー司祭と私、
この二人だけでここの場所にいます。今しるしもらいました。「しもべ
は聞きます、お話し下さい」 しるしもらいました。

イエズス様:
 愛する子、マリー・マドレーヌにイエズスが話をする。天草行きのこ
ともあって、あなたの命は延ばされている。そして今、愛する息子が、
ちょうどカルワリオに行くところで、皆から讒言(ざんげん)される、
その状態に入った。皆はもう愛する息子(ジャン・マリー神父)を、
特に教会関係者は司祭としてみないばかりか、二人の女性のことで、も
ろに讒言をする。愛するマリー・マドレーヌ、観想修道者のことをあな
たはずう−っと考えていて、「私にそれができるのか? すぐ何かで
遊んでしまってたりするんだけどなあ」という思いにとらわれていて、
観想修道者の徳の高さを自分とまた比較した。幼な子の観想修道生活の
ように、愛する息子はわざわざ聖体のそばにあなたをおいて、寂しくし
ないようにした。昔、あなたはいろんなものを求めて、イエズスを探し
に探して、一人で部屋にこもることが多く、音楽を土台に、そしてイエ
ズスにつながろうとしてきたし、いろんな人に意見も聞いて、全くちっ
ちゃな子同然の振る舞いしかできなかった。皆は外見の大人のように
見える殻をかぶったマリー・マドレーヌを見ていた。必死にそうならな
きゃいけない、そういう考えで今もだえているように、私は見ている。
暗夜に関しても、あなたの渇きを潤すのは、イエズスであって、あなた
の創り主、全部のことを知っているのはイエズスである。実際に、事が
目に見える形でまだ実現しないうちに、実現する約束を与えているのは、
あなたにイエズスがよい牧者であって、決して見捨てないことを知っ
て欲しいからである。昔は寂しさ一辺倒だったけれども、そばでいつで
も聖体に会える場所にあなたは置かれた。これが、寂しさを取り除く
一つの出来事になる。突如と空虚な感覚に襲われる、そんな感情を抱く
のを経験して怖がっているけれども、イエズスと愛する息子がこれから
も導きを与えるので、恐れないで、ちっちゃな子のままの観想修道生活
をして欲しい。観想修道者は、全部大人で、タフな人ばかりで、全く
全く皆がイメージするよりも、はるかにイエズスを愛し、黙想し、自分
をもう天国の世界に入れている。マリー・マドレーヌは天使ケルビムと
ガブリエルとジュディエルがいて、イエズスのことをいっぱい聞くこと
が出来る。たわいのない話も出来るし、本当にちっちゃな子を、神を
決して一人にはしないので、恐れないでこのまま生活をするように私は
言う。皆がそれぞれの生活に入った。これで子供たちの役割が固まって
きたのである。恐れないで、愛する息子にもっと尋ねて、一緒に道を
歩きなさい、司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ニコニコが欲しい」って言われちゃった。「誰で
すか?」 しるしがあって。「イエズスが最後につけ加える」って言わ
れただけです。もう一回しるしくれました。

イエズス様:
 あなたの事を愛してやまないイエズスが言う。微笑みがどんな時にも
できるように、これは難しくて、つい辛いとなると、顔の表情が変わっ
てしまう。「何もない時とか、剥ぎ取られた時とか、ニコニコするの、
どうやってやるの?」っていう心の質問を私は受け取っている。もう一度、
だいぶ前にパードレ・ピオの祝日の時に与えたニコニコニコが、あなた
の第一の喜びの表し方であった。ここに立ち戻って、大人ではなくって、
そのまま赤ちゃんになって、あなたにしか与えられないこの道を歩んで
いくように。「誰もいない、見えないのに、ニコニコできるのかな?」
そんな思いを抱くのをやめて、ここにはイエズス、天使、聖人たちが、
もう家の中いっぱいにいるから愛して欲しい。愛する息子が祈る祈りの
天使、聖人の数は大変なもので、いつも助け舟が欲しくってたまらない、
と実に彼は望む程に長い食前の祈りになったり、たくさんのミサの時に
もいっぱい聖人の名前を挙げて祈っている。これは、前代未聞の出来事
であるのをどうか覚えて欲しい。あなたは、11月1日の諸聖人の日に洗礼
を受けた。あなたの今までの悪魔によって引き回され、縛られた生活を
とくために、神がカトリックに改宗させる日を選んだのである。打ち明
け話をしたけれども、愛する息子と一緒に、そして愛する息子が愛して
やまないマリー・レベッカのことで、そっと祈りをしてあげて欲しい。
ミッシェル・マリー・フランソワも『えさ係』という名前がつけられる
ほど、あなたの生活はここにいるハッピーというねずみとアンブロジオ・
マリーというねずみに変わらないような感じで、わざとあなたにユーモ
アを与えてブッと吹き出させている。でもあなたはねずみではないから、
あなたに対して優しくみんな愛を感じてしてくれている。クララ・ヨゼ
ファ・メネンデスにとっても、存在の理由がよくわかるようになるはず
である、この子供たち、一人一人がユニークたっぷりの子供たちで、コ
ルベ・マリーはブラックユーモアをたっぷりに出すけれども、すごく
精神的に支えの強い模範をあなた方に示し、でも弱さを決して隠さない
で、恥じないで言う謙遜さも持っている。みんな一人一人が貴重な霊魂
たちなので、ならず者集団ではあるが、他の修道会に目を向けないよう
お願いする。ここはもう特別に分離されたリトル・ぺブル同宿会である。
名古屋はまた、カラーの違う同宿達が集まっている。ロンジン・マリー
もまじめさとフランソワ・マリーの本当にユーモアたっぷりの、対照的
な性格の持ち主の二人に、北岡家がついてくるような、そんな同宿会に
なっている。祝福をおくる。これを名古屋に伝えて欲しい。全てこの
メッセージは公開して大丈夫である。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(名古屋の同宿会、ここの同宿会、マリー・マド
レーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。本当だって・・。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミサを続けて下さい」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 一つ聞きたいんだけれども、クララ・ヨゼファ・メネンデスの妊娠
期間は普通より短いですか? そして出産の時、取り上げるのはコルベ・
マリーですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

イエズス様:
 クララ・ヨゼファ・メネンデスのことで、イエズスが話をする。妊娠
期間は普通10ヶ月であるけれども、それよりも短く半年で生まれ、コル
ベ・マリーが父親のように取り上げ、二人で世話をし、愛する息子も
その子を見ることが出来る。マリー・レベッカも大変に忙しくなるけれ
ども、皆子供のゆえに祝福を受けるので、楽しみに待って欲しい。司祭
の祝福をクララ・ヨゼファ・メネンデス、そしてコルベ・マリーにお願
いする。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスとコルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。


--------------------------------
2007年4月22日 PM19:39
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今食事をしてたんだけれど、ずっとクララ・ヨゼファ・メネンデスの
事を思いながら、イエズス助けてねってお祈りしてたら、「クララ・ヨ
ゼファ・メネンデスにミカエルの他にラファエルを与える」って声が
聞こえてきました。そういう言葉が聞こえてきたもんだから、しるしを
求めようと思って、識別のためのしるしがあるかどうか確認して求めま
した。そしたら、識別のためのしるしがあって、ジャン・マリー司祭に
報告ができました。

ジャン・マリー神父:
 しるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。今ビジョンが見えて、しるしがあったんだけ
れども、大天使ラファエルが来てくれています。ちょうど杖を持った姿
で来てますね。もう一回しるしくれました。

大天使ラファエル:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデス、あなたに挨拶する。大天使
ラファエルがあなたに話をする。アトピー性皮膚炎のことで、あなたは
大変に苦しみ、もだえてきた。マリー・レベッカも同じである。この
二人に対し、泉でこの病気を癒す。そして、これからの働きのために、
クララ・ヨゼファ・メネンデスの天使ミカエルに加えて、私ラファエル
もあなたと共にいるので、何でも話をして欲しい。祭壇にラファエルの
像があるが、愛する息子(ジャン・マリー神父)からこの天使の話を
いろいろ聞くとよい。あなたに祝福をおくる。司祭の祝福をクララ・ヨ
ゼファ・メネンデスにお願いする。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。確認のしるしです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もう一言聞こえてきた。しるしがありました。聞こえてきた言葉は
「妊娠期間は…」って聞こえてきました。もう一回しるしをくれました。

大天使ラファエル:
 クララ・ヨゼファ・メネンデスの妊娠期間について、ラファエルが
話す。先ほどイエズスが半年といったように、今もこの言葉は変わらず、
半年で子供を産む事になるので、それまで子供を宿し、お腹の中にいる
その経験をすることになる。もちろん、あなたの「苦しまないで3ヶ月」
という言葉も聞いたけれども、神はやはり6ヶ月を望んでいる。十字架
を負いなさい。司祭の祝福をクララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いする。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

 「一人ずつですか?」って聞いてくれる?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「それは神にまかせて欲しい」って言われました。
 天使が笑ってる・・。しるしがあるんだけど、声も聞こえてきて、
「そうしないと楽しみが減る」って。「もう一言」しるし確認します。
「何でも聞きたいのはわかるけれど、愛する息子、あなたの楽しみを
十分にとっておきなさい。ラファエルがあなたに話した」 確認のしる
し、今とれました。



----------------------------------------------------------------
3.ロンジン・マリーの告白録(33)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 運送業のバイトで知り合ったマリア・アントニアには教会のこととか、
いろいろ教えて、バイトが終わった後も、喫茶店でちょっと勉強を教え
ていたかな。バイトに来ていた人と付き合う話があって、その時はマリ
ア・アントニアは修道女にあこがれていたかな。そのことで今付き合お
うとしている人とは、今後、付き合わないようにって、きつく言ったこ
とがある。ぼくは「こうでないといけない」と思うと、どんな人であれ、
あれしちゃだめ、これしちゃだめって、それも、直接言えない人だと
心の中で「そんなことしたら掟に反するのに」って思ったりして、自分
自身も掟に縛られていたな。だから、僕も、カトリックはきびしいって、
ジャン・マリー神父に会うまではそう思ってた。掟さえ守っていればっ
て。でも洗礼を受けたのは、地獄に行きたくないって恐怖心で受けてた。
同性愛だから、性病になるってことも恐怖心があった。教会へ行くにも
掟だった。反面、安心もしてた。今は教会に行っていない。行っていな
いと不安になったときもあったけど、ジャン・マリー神父やコルベ・マ
リーがちゃんとケアーしてくれた。少しずつだけど自分を見つけ出して
いる。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。


◆ 次回「箱舟の聖母」は3月16日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]