%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年3月2日号 No.399

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブル同宿会ニュース
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.ロンジン・マリーの告白録
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブル同宿会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 2008年2月28日、天草四郎と天草島原の同志殉教者4万人の祝日に、
 シャーベル中村孝一が同宿になりました。


◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月21日 AM2:20
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ジュディエル、ケルビム、
聖母マリア様、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょっと少し起きて、トイレに行ったりしてたんだけれど、実に昨日
の夕方の出来事のショックがあって、何も全然食べる気力も失って、
疲れ果てて寝ちゃったんですけど、こんな時間に起きたんですけど、そ
したら何か、私の天使、守護の天使ガブリエルちゃんなんだけど、「も
う一位、加えるよ」っていう声が聞こえてきて、「名前がジュディエル」
って名前を教えてくれたんですけど、それの言葉が聞こえたから、しる
しがあるか求めました。あと、ちょっと冷たい風も少し感じているので、
「あれ、来てくれてるのかな?」って思って、しるしがあるかどうか
尋ねました。最初何もなかったので、これはサタンだから「イエズスの
御名によってサタンに命じる、出て行け!」って、ほんとに厳命したん
ですね、強く。だけど、何にもそれが変わらずにずっと続くので、「も
う一度しるし下さい」って言いました。そしたら、ほんとにもう一回
「ジュディエル」って聞こえたので、しるしを求めたんですけど、識別
のためのしるしをもらったところです。このことに関しての説明という
か、があるみたいなんですけど、感じてますけど。「しもべは聞きます。
お話下さい」 またしるしくれました。

天使ジュディエル:
 愛する可愛いマリー・マドレーヌ、ジュディエルがあなたに話をする。
今回、愛する息子(ジャン・マリー神父)のことで、大変にあなたは
悲しみ、そしてこのことを書いたブロサード司教のことや、ナウラの
人々のために、祈りをしてくれた。あなたはちっちゃい子だから、声を
あげて泣いてしまった。でも、あなたに愛着の芽生えが、この司祭によ
り、出てきていて、恵みがあなたを強めるので、気落ちしてはいけない。
イエズスの聖心(みこころ)の中に避難しなさい。あなたは、イエズス
に愛されており、赦しを受け、必要な恵みで養われる。優しい大天使
ガブリエルと、イエズスのことを教えるジュディエルがあなたを支える。
愛している。聖心の中の心のマリー・マドレーヌになって欲しい。イエ
ズスは、何も出来ない、無知無能な者を使って、これから大きな働きを
する。祝福をおくる。司祭の祝福をマリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今ちょっとしるし求めます。しるしがあって、「聖母です」って声が
聞こえてきました。またしるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛する可愛い息子(ジャン・マリー神父)に、無原罪の聖母が話をし
ます。あなたに、書き送られたこの追放と聖職の剥奪(はくだつ)に
ついて、本当にブロサード司教は、残念なことをしました。人は先のこ
とを読めないので、実際に考え得ることを、その判断で決めて、話し
合って決めて行動しました。でも、何を愛する息子がしようとしている
か、誰もわかりません。後になってわかります。これから、愛する息子
のうえに、祈りを与えます。パブリックレターが出された後、天の方法
に従い、全てことが運ばれていきます。人間がしたのだと言わせないた
めです。神が全世界を救いたくて、あなたを選びました。昔、修道会を
追放された聖人も多くいます。彼らの取次ぎを一層願って下さい。祝福
をおくります。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、イエズスが来てくれてます。もう一度しるし、くれ
ました。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌを、イエズスが励ましに来た。幼な子であ
り続けなさい。怖がってはいけない。一緒にいっぱいちっちゃな天使
たちと遊び、リンボウ(古聖所)の子供たち、無垢な霊魂たちを愛し、
煉獄の霊魂も本当に愛し、あなたの話相手として、これから一緒にイエ
ズスに導かれて歩んで行く。まわりは大人だから、愛する息子のことを
聞いても動揺しないように、心をしっかり踏みとどまらせ、愛する息子
に対する愛を、特に男性の柱は燃やし始め、信頼を置き始めている。
マリー・マドレーヌは小さな子で全然構わない。あなたは、何だか内的
に遊べないし、会話が出来ない、そんな感覚を感じて昨日の一日を過ご
していた。でも、恐れてはいけない。あなたの霊魂の状態は、不備な
状態に創りあげられていて、途中で成長が止まってしまい、無理矢理に
大人になること、人に対して迷惑をかけないようにすること、人前に
出たときにきれいな格好をすることなどを、強く要求された。細かいこ
とまで、女性として恥ずかしくないようにしたのである。今も本当に
緊張のなかにいて、苦しい状態を生贄(いけにえ)の一つとして捧げて
くれている。子供よ、幼な子でありなさい。いっぱい天使がいて、ケル
ビムもセラフィムも、あなたを強めるために来ている。イエズスの優し
い聖心の甘美さを味わって欲しい。苦しい時にこそ、イエズスが宝とし
て、あなたの心を照らす。全てを祝福する。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、表現が上手くいかなかったんだけど、今日よくわ
かったのは、手のひらにのるくらいのちっちゃいサイズの赤ちゃんの
天使、ケルビムが羽を広げてて、ていうか羽が見えたので、ケルビム
ちゃんが来てくれてるみたいです。今しるしくれました。

天使ケルビム:
 ミッシェル・マリー・フランソワとも遊ぶケルビムが、あなたを愛し、
祝福します。ちっちゃい天使で、幼な子のような感じに見えるけれども、
でも、ずうっと神様を仰ぎ見て、余りにもの素晴らしい神様の姿と、人
に対しての計らい、計画の素晴らしさを、誉めたたえずにはいられない。
だから、いつも飛び交って、神様を誉めたたえているの。マリー・マド
レーヌも、神様のところに行ったら、目の前でたくさん天使に会えるし、
あなたの友達の聖人たち、あなたが祈ったリンボウや煉獄の霊魂たち、
そこから救われた人たちに会えるので、寂しい気持ちを持っているのは
よく知っているけれども、安心して過ごして欲しいの。これからのちっ
ちゃなケルビムも覚えて遊んでね。祝福します。司祭の祝福をお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 かわいくしるしをだしてくれました。いや、もうしるしはないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、聖母マリア様、ですね。もう一度、しるしをくれ
ました。

聖母マリア様:
 愛するリトル・ぺブル、あなたに聖母が話をします。二人のハンディ
を負った人(マリー・マドレーヌとジャン・マリー神父)を、あなたは
生贄にしました。一人は、あなたと同じ未熟児で生まれ、あなたより
少し大きかったかもしれません。そして、もう一人は、あなたがずうっ
と警戒し、悪く考えた一人の息子を、聖職剥奪しました。聖母は、あな
たのこの行動を見ています。天は、後に、あなたがた修道会が成し遂げ
た事柄の後に、愛するこの二人の愛の真実を証し、コルベ・マリーも
忠実にあなたへの献身をしたことを、あなたに伝えます。世界には、た
くさん子供たちがいて、あなたに会いたくても会えないで過ごす子供た
ちが多い、これはよくわかっています。実にマリー・マドレーヌはあな
たに会いたがっています。でも、英語が出来ないハンディを、愛する
息子と一緒に負っています。あなたのこれからの状況が変えられること
に対し、恐れないで下さい。このままだと、誰もあなたを助けません。
イエズスが助けたくて、このどうしようもないような方法で、愛する
息子の上にインスピレーションを与えました。祝福をおくります。司祭
の祝福をリトル・ペトロ・アブラハム2世教皇にお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。今一言だけ、マリア様が言われた言葉がありま
す。しるしもらいましたけど、何かっていうと、「全てヨゼフに頼みな
さい。子供たち、全員に話します。祝福します」 今しるしくれました。



--------------------------------
2007年4月21日 AM4:45
マリー・マドレーヌに与えられた、ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ: 
 ちょうど、8分くらい前、4:37か8くらいのときに、百合の香りがした
んです。「あれ?」と思って、「お花って、他に何かあったっけかな?」
と思って、ずっと考えてたんだけど、何にもなかったから、「これ百合
だよね」と思って、しるしがあるかちょっと尋ねました。ちょっと待っ
ていたら、識別のためのしるしがあったので、「誰ですか?」って聞い
てみました。そしたらやっぱりヨゼフ様だったので、「しるしあります
か?」って尋ねてみました。そしたら識別のためのしるしをくれました。
今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度しるしありました。

ヨゼフ様:
 愛する子供たち、教会の保護者であるヨゼフが話をする。識別のため
のしるし、秘密のしるしをミッシェル・マリー・フランソワと愛する
息子は頼んでいる。神秘的教会の保護者でもあるので、この建て直しの
任務を二人に与えている。神秘的に恵みを受ける子供たちは、皆、保護
者であるヨゼフを慕い求めて、何でも頼みなさい。戦いは始まっている
が、濡れ衣を着る生贄の霊魂たちがいるので、特に愛する息子に関して
は、ヨゼフが守る。全てを司り、導きを与えていく。創立者は、たいて
い迫害を受ける。ベネディクトも、十字架の聖ヨハネも、他の大勢の
聖人たちは、このような文章(パブリックレターのこと)に出会い、
追放され、あるいは修道服までも剥ぎ取られた十字架の聖ヨハネのよう
に、ありとあらゆる反発が起きた。人間的に考えるなら、火に油を注ぐ
ようなもので、ますます複雑な環境になり、相手との交渉も上手くいか
なくなっている。でも、愛する息子はそれにもめげず、リトル・ぺブル
を心底愛し、「神が立てた預言者であり、最後の教皇である」と宣言す
る文書を出した。愛する息子には、全然偽りはない。隠し事も全くない。
全てが全部、堂々と自分をさらけ出し、何もかも耐えに耐えぬいている。
この模範者がいるので、特に男性の柱はついて行くように、ヨゼフが
お願いする。責任を負う立場の人々は皆、ヨゼフに寄りすがって欲しい。
祝福の源、ヨゼフがまず愛する息子のこの迫害に対し、慰めと励ましを
与え、祝福する。もう祝福の雨は降り注ぎ始めている。司祭の祝福を、
この共同体と名古屋の共同体、そして寺沢に行く人々を祝福して欲しい。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
   (名古屋の共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
   (寺沢に行く人々に) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「もうミサに入って下さい」って。

ジャン・マリー神父:
 聖ヨゼフにね、あなたが抱っこする御像のイエズス様は、生後何週間
くらい、何ヶ月くらいがいいの?って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「羊飼いたちが来て、天使たちがイエズスを褒め
称えた時の、ちょうど生まれたばかりの感じの時がいい」って言われた
んだけれど。ちょっと確認のしるしとります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明お願いします。もう一度確認してね。横抱きがいい? 立て抱き
がいい? って。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

聖ヨゼフ様:
 今の愛する息子の質問に、ヨゼフが話をする。アッシジのフランシス
コは、馬小屋を作り、イエズスに栄光を帰した。それと同じように、
羊飼いと天使、そして横抱きのイエズスを一緒に付け加えて、私の像を
造って欲しい。馬小屋も、もちろんお願いする。これは、無知無能な
羊飼いたち、貧しい人々に、福音が、まず知らされたことを意味するの
で、これから来る人が、本当に障害を持つ人や、精神的に病弱な人たち
をあえて送り込む。これは、健康な修道会に対して、一つの証になる。
「彼らには何も出来ないじゃないか!」 障害を持つのは神の祝福と
言いながら、実に逆の行動を示すので、あえてヨゼフがそれを伝えに
来た。子供たち、あなた方を祝福する。新しく同宿院が建てられるとこ
ろでは、年をとった人も来ることを拒んではいけない。イエズスは、
差別なく人を救いたいのである。司祭の祝福を、寺沢組にお願いする。

ジャン・マリー神父:
 すごい計画だね。(寺沢組に)全能の神、父と子と聖霊とが汝らを
祝福し給わんことを。アーメン。
          
マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがありました。もう一言・・。確認をして、ちょっと
待ちます。今しるしもらいました。「しもべは聞きます。お話下さい」
もう一度しるしくれました。

聖ヨゼフ様:
 このことを言った、その理由をヨゼフが説明する。名古屋の共同体を
見て欲しい。ロンジン・マリーとフランソワ・マリーは、本当に貧しい
中、鍛えあげられて強い意志と忍耐力、そして人に対しての愛を実践し
ているがために、精神的に弱い人々が送られ、北岡一家も、その仲間と
なった。二人の証の真実性と愛の強さに打たれて、彼らはますます二人
を愛して、ついて行っている。これが、私が言いたかったことである。
名古屋の共同体を祝福する。司祭の祝福を、お願いする。

ジャン・マリー神父:(名古屋の共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 また、しるしがあって、ヨゼフ様が話されます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしくれました。

聖ヨゼフ様:
 子供たち、ヨゼフが話をする。リトル・ぺブルの故にくる、神の恩寵
のラインのど真ん中に、愛する息子(ジャン・マリー神父)がいるので、
祝福の源は愛する息子であり、インスピレーションも彼が先に受け、そ
れを真実なものである、ということを示すために、マリー・マドレーヌ
に話し続けている。これを伝えておく。祝福する。父と子と聖霊との
御名によりて、アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと待って下さい。確認のしるし・・。今確認のしるしがありま
した。「リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?」 いや、ないです。



--------------------------------
2007年4月21日 AM8:45
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど45分前、8時頃なんだけれども、聖体拝領が終わってちょう
どカリスの洗浄のときに、マリア様のとってもほんとに気の利いた美し
い声だったんですけど、昨日も何日もずっとですけど、美しい声で、
「マリー・マドレーヌ個人に」って呼びかけられたので、「あれ、誰か
なあ」と思って、しるしを求めました。そしたら、識別のためのしるし
があって、マリア様だっていうことがわかりました。で、先ほど「二人
で聞くように」っていうふうに言われたんで、その一言についても確認
のしるしを求めて、識別のためのしるしをもらったところです。

ジャン・マリー神父:
 じゃあ、始めるよ。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。
 
ジャン・マリー神父: 
 二人で聞けって言われても、大きい声で入れるんだよ。

聖母マリア様:
 愛する可愛いマリー・マドレーヌ、あなたの母、真実な母、すべての
恵みの仲介者、あがないの共贖者の聖母があなたにお話します。あなた
にたくさんの語りかけをしてきました。リトル・ぺブルに対する伝言と
いう形で、メッセージも与えてきました。聖母に、全て任せて下さい。
聖母からのお願いです。これをメッセージ集という形でまとめて下さい。
個人宛てのもの、公のものを問わず、マリー・マドレーヌに与えたメッ
セージをまとめ、メッセージ集にし、徳の実践や、一人一人の同宿のこ
とを知ってもらう意味でも、メッセージ集を書店に置けるように、お願
いします。これは、協力者が今二人増えたので、整理しやすくなると
思います。以前、コルベ・マリーひとりでは、これは出来ない作業でし
た。マリー・マドレーヌの自叙伝もかなりの量で書かれました。天も
あなたに優しく語ってきました。そして、小さな小さな神秘家の世話を
してきました。
 ナウラで愛する息子(ジャン・マリー神父)を支持する人を、聖母は
残しています。「シャーベル会は消滅した」とイエズスが宣言しました。
でも、忠実にリトル・ぺブルを愛し、愛する息子のことも理解してくれ
る人々も残しています。衝撃的なことであるにせよ、福音の伝え方に
注目を置いて、愛する息子を信頼する道を選んだマチソン夫妻、マザー・
マリー・テレーズ、レレークラ、その他あなたの名前の知らない人々を
集めています。あなたは名古屋の集会で、初めてマザー・シャーリーと
シスター・ルースに出会いました。手紙で、マチソン夫妻は、あなたを
孫と呼ぶほどまでに、あなたを愛し、祝福し、祈っています。今も変わ
らず、愛する息子のことを心から祈る人々を、あなたは知ることが出来
るようになります。子供よ、安心して愛する息子に信頼をおいて、つい
て行って下さい。恵みの母、許しの母、全ての人をマントで包み、神の
正義に打たれないよう、取次ぎをする母が、あなたを祝福します。司祭
の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。一言だけ「子供たちに」って言われていて、
今ちょっともう一回しるし求めます。今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度しるしくれました。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、聖母が話します。日本では、天使があまりにも
崇敬されていません。名古屋の共同体が、天使を愛し、慕って交わって
いるように、ここの共同体も幼な子になり、天使と交わり、たくさん
お話して下さい。同宿会には、特別に7大天使が与えられています。
本当に、子供たち、天使は純粋で愛のかたまりです。人が天使に興味を
持たないでいても、全然心を騒がせないで、いつも愛し、必要な事には
助けを与えています。全ての天使の崇敬をお願いします。司祭の祝福を、
この秋田の共同体にお願いします。

ジャン・マリー神父:(この秋田の共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうしるしはないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いえ、ないです。



----------------------------------------------------------------
3.ロンジン・マリーの告白録(32)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 僕の性格を最も発揮したのは、運送の仕事のときだった。男の子を
3人ぐらい泣かした。殴ったり喧嘩したりしたわけじゃないけど、仕事
上のことで、完璧を求めて細かいところまで厳しくしていた。あごで
使っていた。それでも、彼らは頑張ってついてきてくれた。それも僕を
カバーしてくれた。本当は彼らを好きになっていたから、女子と楽しく
している姿を見るとき嫉妬していた。

 親から自分を知ってもらうことを特に嫌った。根掘り葉掘り聞いて
ほしくなかった。体調に関しても、気を使ってほしくなかった、今も。
その反対に好きになった子には彼のことをいろいろ知りたくて、何か
口実を使っては話しかけて、根掘り葉掘り聞いた。でも、本当は僕のこ
とを知ってほしかった。何か心配とかしてほしかった。でも、慣れてな
いから、「気にしなくていいよ」って言ってしまう。それがストレスに
なってたかな。

 理想を求めて、ホモ雑誌をよく買った。その中の小説?をよく読んで
いた。あそこまではハードな気持ちはないけど、仲良くなりたい気持ち
がいつもあって、今勤めているバイトの子と仲良くなりたいと思ってる。
でも、言えない。あきらめないといけない、ともだちでいれば長く付き
合える。だから、今(同時進行だけど)パッションの映画を見せたり、
ネットで同宿会のことを放映していることを話している。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。


◆ 次回「箱舟の聖母」は3月10日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]