%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年2月24日号 No.398

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.ロンジン・マリーの告白録
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月20日 AM7:55
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど、7:15過ぎくらいだったと思うんですけど、聖体拝領が終わっ
て、カリスの洗浄をジャン・マリー司祭がしていた時に、「寺沢組の家
のことで、ラファエルとバラキエルに祈りなさい」っていう一声と、
「寺沢の聖母があなた方を守ります」っていう一声が聞こえました。し
るしがあるかどうか尋ねたら、識別のためのしるしがありました。

ジャン・マリー神父:
 マリー・レベッカ・・

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしもらいました。


聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカ、二人に
お話します。ヨシュアとカレブのように、先にあなた方を寺沢に遣わし
ます。そこで、新しい家での生活をするにあたり、まず、家のことを
ラファエルとバラキエルに頼んで下さい。そして生活するうえで、二人
とも同じ守護の天使を3位おくります。それは、ミカエルとラファエル、
そしてバラキエルです。リーダー格になる人たちには、全て大天使ミカ
エルを、聖母は与えます。そして、殉教者、特にヨハネ・ルイス・馬井
六左衛門は、あなた方の保護者になります。この人の取次ぎをよく願い、
生活をして下さい。寺沢の聖母が、あなた方に全て恵みを注ぎます。
司祭の祝福を、二人にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、もう一言付け加えて言われるみたいです。今しるし
もらいました。

聖母マリア様:
 それから、もう一言、聖母が付け加えます。アッシジの聖フランシス
コと聖クララ、この二人の取次ぎも忘れずに祈って下さい。祝福をおく
ります。司祭の祝福を、お願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父: 
 他にありますか?
 
マリー・マドレーヌ:
 「愛する息子に関して」って、今ちょっと聞こえたので、今しるし
求めます。しるしがありました。マリア様です。
 
聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、聖母があなたを祝福します。
パブリックレターに関することで、あなたのやり方は「全く異端だ」と
言われます。なぜなら、「ロザリオを一日一連唱えるだけ」とあり、
「勝手に同宿会を創立するなんて」という彼らの不満がそこに表れます。
とにかく、「ロザリオの玄義を祈らない司祭は、地獄に落ちる」とまで
メッセージに載せられています。残念ながら、インマクラータは、識別
の方法が違うので、これは全部天からではありません。愛する息子を
守るために、先に天が話します。このパブリックレターに書かれていな
い事柄について、この部分は隠され、公に出されるのは、愛する息子、
つまりジャン・マリー司祭のやり方が危険極まりないので、皆離れるよ
う指示されます。でも、愛する息子に信頼をおく人は、祝福を受けます。
欠乏するかのように見えますが、天は祝福を与え続けます。リトル・ぺ
ブルを愛し、そして最後の教皇として信じる限り、全ての愛する息子の
支持者たちは、祝福を受けます。なぜなら、天が日本を救い、世界の
子供たちをリトル・ぺブルのもとに集めていきたいからです。愛する
息子のことで、どうかますます祈って下さい。イエズスの御名によって、
あなた方全てを祝福し、全ての生活において恵みを注ぎます。祝福を
おくります。愛する息子に、特にお願いします。クララ・ヨゼファ・メ
ネンデスを祝福して下さい。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (すべての子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあったんですけど、「非公開にして下さい」っていう
声が聞こえているので、今ちょっともう一度確認します。

ジャン・マリー神父:
 説明して下さいってお願いしてね。クララ・ヨゼファ・メネンデスの
特別な祝福の意味も説明して下さいって。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがないので、今ちょっと十字をきってサタンを追い出します。
「非公開にして下さい」っていうメッセージに関して、しるしはありま
せんでした。クララ・ヨゼファ・メネンデスのことですね、ちょっと
尋ねます。今しるしがありました。一言、言われたんですけど、「これ
からの戦いのために強くするためです」って一言、言われたので確認の
しるしをとります。

ジャン・マリー神父:
 説明をお願いしますって。ローキューションがあるはずだから。もし
確認がとれたら言ってね、今の・・。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしとれました。確認、とれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 長の望みで、説明が欲しいんですけど・・。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

聖母マリア様:
 クララ・ヨゼファ・メネンデスのことで、聖母が話ます。今、マリー・
レベッカと愛する息子とマリー・マドレーヌのこの一夫多妻の預言的
使命に対し、悪魔は失敗させました。そして今、償いのセックスをマ
リー・マドレーヌと愛する息子が行っています。もうそれは知られて
います。そして、これからクララに降りかかる誤解があります。男性の
精液を使わずに妊娠するというのは、本当に恐ろしいほどに誤解を受け
ます。今の一夫多妻のこともそうですが、リトル・ぺブルはこれ故に
多くの苦しみを受けました。ダビド王家に召されているこの多く子供を
産む女性たち、みな同じ激しい激しい誤解の中をくぐらねばなりません。
全然男性のセックスなしで産むのですから、これは神の奇跡に預かる
一つの事柄になり、目的はリトル・ぺブルとつながっている諸族の一つ
であるからです。そして、このパブリックレターは、マリー・マドレー
ヌもそうですが、リトル・ぺブルにつながるクララ・ヨゼファ・メネン
デスも、リトル・ぺブルの故に、いろんなこの試しを受けねばならなく
なりました。愛する息子に関して、ずうっと誤解され、ある意味軽蔑さ
れ、罰せられたままで、シャーベル修道会を過ごした、その最後の結末
がこうなるとは、天は望んでいませんでした。けれども、人は本当に
残念なことに、恵みの霊魂、生贄の霊魂の、何も出来ない、隠れていて、
何も表立った仕事が出来ないでいる人々を、さげすみの目で見る、とい
うこの痛ましいことが、実にナウラで起こり、今度は日本で起こってし
まいます。メッセージのサインに関しても、ほとんど愛する息子は、
自分の能力の限界を超えていて、仕事が出来ない、学習障害の重荷も
負っています。そのために、皆、誤解されてきたのです。クララのこれ
からの生活すべてにおいて、愛する息子とコルベ・マリーが、しばらく
ケアします。恐れないで、聖母に甘えて下さい。泉と同時に、あなたの
妊娠がはっきりします。それは、奇跡の妊娠なので、全て受け入れて
下さい。そうでないと、流産か、子供が出来ない状態になります。祝福
をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 聞きましたけど、何もないです。




----------------------------------------------------------------
3.ロンジン・マリーの告白録(31)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 将来はどうしたらいいんだろう。何になればいいんだろうって、仕事
をしている時は考えたこともなかったけど、年齢的に、また周りから
言われるとホンとどうしょうと思っていた。マリアママのメッセージを
知ってから、自分の罪(同性愛)の深さに恐怖心が出てきて、何とかし
ないと地獄にいっちゃう、だから教会に逃げた。でも、洗礼を受けて
しばらくしたら、オナニーしても、同性愛の肉体の交わりを持っても、
告白をすればまた赦されるって、最初はほっとしてたけど、慣れっこに
なってしまい、罪悪感がなくなってしまった。まじめなカトリック信者
を演じていた。そんな反面、誰かにマリアママのメッセージを伝えたく
て伝えたくてしょうがなくなって、それに費やす時間が多くなった。
友達と話すのもメッセージを話題にした。「これしちゃーいかんよ。」
「だめだめ」って。それも人に対してばかりで、自分にはぜんぜん。
人に厳しく、自分に優しくしてた。特に運送業にいたときは、僕と関わ
る子は全てにメッセージを伝えては教会に来るよう誘った。クリスマス
や復活祭なんかには誰かを連れてきた。僕が聖歌隊にいたから、それを
見せたかった。教会で中心的な活動をしていたことを見せたかった。
自慢したかったんだ。でも、「馬場さんすごいね」って言われると、
「そんなことないよ」って、口では謙遜に、腹の中ではうれしくてたま
らなかった。

 仕事場では「将来修道士になるんだ」ってみんなに言ってた。これが
ほんとに将来の仕事として、そう思って言ったのか、「結婚しないの」
って聞かれるとそう答えた。僕は同性愛だからなんて言えなかった。
修道士にはあこがれていたけど、その時はそういって逃げた。今は神父
になりたい。

 マリア・アントニアに初めて会った時は、大きい子でいつも角に座っ
ていた。よく話すようになったのは、僕のクール作業グループになって
からかな。話し出すと面白く、ユーモアのある子だった。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は3月3日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]