%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年2月17日号 No.397

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.全世界の報道機関への公式声明
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.全世界の報道機関への公式声明 2008年2月13日
「マリー・マドレーヌとイエズス・キリストが婚姻!」
----------------------------------------------------------------
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_080213mm.html

 これは、すべての種類の障害者たち、世間から無価値なものと見なさ
れている人たち、罪に苦しむ人たちへの「希望の福音」である。

 マリー・マドレーヌ杉浦律子は全盲の視覚障害者(未熟児網膜症)、
情緒障害者(女性恐怖症)、精神障害者(統合失調症)、心身症による
筋力低下により、ベッド上での生活を送り、寝返りも困難で、トイレッ
トペーパーをちぎることさえ難しい。食べる・飲む・排泄・歯みがき・
寝返りetc、ジャン・マリー神父から24時間の介護を受けている。

彼女は世間的には何もできない人間。その彼女をイエズスは花嫁にした。

「世間の役に立たない人間は価値がない」「苦しむことは何の価値も
ない」 こうマリー・マドレーヌは教育されてきた。

 しかし彼女は、自分と同じハンディキャッパーたち、中でも特に、苦
しみが多い人、無価値な人間と見なされている人に希望と救いを与えた
くて、それをイエズスに願ってきた。

 イエズスは、まさにその最たる人物であるマリー・マドレーヌをご自
分の妻とすることで、彼女の望みを果たして下さった。


【 2005年1月7日(初金曜日)PM12:30 】

「2つの輝く指輪が見えました。そのひとつは次第にクローズアップさ
れてきました。(彼女には結婚指輪のように思えたそうです)」
「イエズスとの神秘的結婚を意味するものだと思います」というリトル・
ペブルさんからの返事をもらいました。



【 2007年5月3日 PM2:10 】

マリー・マドレーヌ:
 ちょうど5分くらい前なんですけど、私はちょっと手紙を書いてるよう
に、自分で日記を書いて、今まであった事を、つい最近の事なんだけれ
ど、それを告白文みたいな感じで、また書き始めたんです。『大好きな
イエズスへ』って感じで書いていたんだけれど、しばらくしたら耳元で
「あなたに桜の花を贈る。マグダラのマリアが、アーモンドの実、枝を
贈られたように」って。「これは婚姻だ」っていう感じでその言葉が
聞こえてきました。「しるしがありますか?」って聞いたら、識別のた
めのしるしを先ほど、ジャン・マリーを呼んだ後にすぐもらいました。

イエズス様:
 可愛い愛するマリー・マドレーヌ、イエズスが話をする。マグダラの
マリアが愛を望んだところを、ようやくあなたは聞く事ができた喜びで、
早速手紙を書いてくれている。セラフィムに願って、「愛を下さい」と
あなたは祈った。イエズスに対する燃える愛を願った。あなたに、桜の
花を贈る。イエズスがあなたにしるしを与える。松と桜である。寺沢の
聖母は、あなたを愛し、昨日誰も触る事が出来ないのを、あなたは特権
に預かり、触る事ができ、マリアへの愛を深め、幼いイエズスにも、
もうキスをしたいほどまでに、喜んでキャーキャーはしゃいでくれた。
本当だったら、扉を開けて皆は見るだけなんだけれども、あなたは、ま
ことに石で彫られたのを実際に知ることができた。愛しているから、こ
れを許したのである。あなたの不義と咎(とが)は許され、自分の弱さ
を見るのではなくて、イエズスの聖心(みこころ)の中に避難し、イエ
ズスを通して人を見れるように、少しずつ変わってきている。これから
起こる事柄についても、ますます愛する息子(ジャン・マリー神父)と
イエズスが観想の道に導くから、恐れないで歩みなさい。優しい御父を
はじめ、イエズスと聖霊、そして、ヨゼフ、マリア、天使たち、あなた
の守護の天使も、保護の聖人も、みんな同じ愛をもって、あなたを包み、
恵みで満たす。赦しとあわれみのあふれた共同体になるよう、身を捧げ
て欲しい。司祭の祝福を、この共同体と、マリー・マドレーヌにお願い
する。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。一言「婚姻である」って言われた。確認のしる
しとります。

ジャン・マリー神父:
 みんな、ちょっと来て〜。急いで・・。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・

イエズス様:
 イエズスとマリー・マドレーヌの婚姻を祝ってあげて欲しい。子供た
ちを、祝福する。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌは、このように婚姻がなったが、「傲慢にならな
いよう、助けて」とあなたは願った。謙遜なミカエルに、これからも
寄りすがるように。イエズスが与えた最初の守護の天使ミカエルである
から、彼は優しく、そしてとても強い天軍の天使長である。


【 2007年5月25日 PM1:40 】

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、そのときに桜の花のにおいがしたので、今
ちょっとしるし求めます。 今しるしありました。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌにイエズスが話をする。婚姻の指輪をいま
与える。この神秘的結婚に関するメッセージは、いま公にしないで欲しい。

イエズス様:
 5月3日に正式に婚姻をしたが、イエズスとの婚姻の指輪は、今日はめ
られたので、あなたはイエズスに一致するものとして、日々を過ごして
いく。愛する指導司祭(ジャン・マリー神父)のもとで、またアレキサ
ンドリーナ・マリア・ダ・コスタの本を読んだり、パッションを聞いた
りしながらも、イエズスに一致をしていき、観想の道に入っていく。

マリー・マドレーヌ:
「天使たちがお祝いしてます」って言ってくれますけど。しるしがあっ
て、歌の声が聞こえてきたんですけど、こないだの『クリストゥス 
ウィンチトゥ……』のメロディーの言葉が歌隊で歌われているのが聞こ
えてきます。
 今起きてること、話します。しるしがあって、桜のにおいがものすご
いんです。で、天使たちが本当に喜んで、ビジョンではちょっと全然
見えないんですけれども、喜んでくれてるのが、すごく感じとれます。
セラフィムちゃんが見えました。今しるしあります。「マリー・レベッ
カとミシェル・マリー・フランソワの赤ちゃんが宿ったことと、婚姻の
お祝いでいっぱいです」って話してくれました。

マリー・マドレーヌ:
 何か「わあ〜」っていう声があって、喜んでる声が聞こえてきました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 なにそれ?

マリー・マドレーヌ:
 「なにそれ?って言わないで(笑)」って。「天使たちは喜んでるんだ
から。わあ〜っていうのは、嬉しいってことだよ〜(笑)」って。「ミッ
シェル・マリー・フランソワもガラガラ、同じようにもってるから喜ん
でる」って。



【 2007年6月10日 AM3:10 】

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、今指輪が見えたの。

ジャン・マリー神父:
 手を出してごらん、指輪をはめてもらおう、のばして・・

マリー・マドレーヌ:
 はまった、みたい・・。(しるし求める)左手のここ・・。 あれ? 
右手だったっけ、女性って?

ジャン・マリー神父:
 とにかくそういう前持った知識はいらないから。

マリー・マドレーヌ:
 私のこの左手の薬指にはめられた感じがするから・・。

ジャン・マリー神父:
 しるし求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌに、今ひとつの指輪を与えた。前、結婚指輪と
いって、差し出したものである。確実なものなので、これからあなたは
海外旅行にいくつか行く。ミッシェル・マリー・フランソワと愛する
息子(ジャン・マリー神父)とマリー・マドレーヌで、フランスのルル
ドのベルナデッタの所に連れて行ってあげて欲しい。



【 2007年6月10日 PM12:00 】

マリー・マドレーヌ:
 今バラ園に来てます。ちょうどバラの花を見始めて、ど真ん中のとこ
ろに来た時みたいなんですけど、突然、松の木の香りがしたのでびっく
りして、しるしあるかどうか尋ねました。そしたら、識別のためのしる
し、もらいました。 しるしあった。しるし、もう一回くれました。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに、聖母が話します。あなたは、朝イエズスから
指輪をはめられました。祝福するために、バラ園に連れてきました。
小鳥たちのさえずりを聞いて下さい。あんなに喜んで、神をたたえ、嬉
しそうにバラ園の中を飛び回っています。関東では、耳慣れない鳥の声
もあります。あなたは、昔から鳥の声が好きで、よくレコードを聴いた
り、耳から聞く情報で、水の音とか自然の音などを聞いて、どういう
場所なのかな?と思いめぐらしていました。でも、今この土地に来て、
まさに自然に囲まれて生きています。
 天草行きについて、あなたの命が短いことを、聖母は伝えます。その
ために、海外旅行に行くよう、変更しました。愛する息子(ジャン・マ
リー神父)に看取られて、あなたはリトル・ぺブルのために死にます。
もうあなた自身、自分には命が縮まっているのを、感じ始めているのが、
よくわかると思います。天草行きについては、あなたは行けるかわかり
ません。今回のナウラのことで、生贄にされたあなたは、このことの
ゆえに、早く天に召されることになるでしょう。


【 取材etcの連絡先 】
  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie of the Risen Son of God
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
  URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(30)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 不思議なことに興味を持ったのもいつの間にって感じ。不思議なこと
を知れば知るほど、まー奥が深いんだ。

 マリアママの本を見つけてからは、おもちゃやさんの頃にやめる前に、
店の人全員に本をあげたな。運送業(バイト後、契約社員)の仕事に
ついて大分たってから、アルバイトの人も増えてきて、その子達にも
(おきにいりさん、特に男の子だったけど、)マリアママのメッセージ
を話しては反応を見ていたな。一人の男の子(障害があった子)は教会
まで連れて行ったことがある。ある時、その子が作業場で蛍光灯の交換
をしてもらうために、脚立に乗ってもらって、取替え後に、脚立から
降りてくる時、あやまって下に落ちてしまった。ぼくはびっくりして、
起こしながら「大丈夫か」って声をかけたけど、その落ち方が未だに
深く記憶に残っている。足を滑らせて落ちたんじゃなかったんだ。背中
を何かに引っ張られて落とされたって言ってもいいくらい不自然な落ち
方だった。その後もいろいろあった。それで、彼に聞いてみた。「今ま
で何か不思議なことってなかった?」「べつに。でも、耳元で風呂に
入るなとか、ささやきをよく聞く」って。その頃は対処の仕方がわから
なくって、メダイをあげた。その後、彼は言動がおかしくなって、アル
バイトをやめてしまった。やめる前にメダイを返されたけど。それから
はいろいろ男女を問わず、メッセージをきっかけに話したりした。ほん
と霊体験をした子が多くいた。数年たって、マリア・アントニアがアル
バイトで入ってきた。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は2月24日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]