%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年2月10日号 No.396

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月19日 AM7:20
マリー・マドレーヌに与えられた、大天使聖ミカエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど私は、6:30頃、目覚めたんだけれども、そのちょっと10分か
前くらい、たぶん今1時間くらい前に不思議な夢を見ました。一つは、
それ、全部しるしを求めて確認をしたんですけど、特に今回歌を歌われ
る夢があったんです。そしてその歌っていうのが、また後でちょっと
説明しますけれど、そのことに関して、ちょっとしるしを求めました。
最初、なかなかしるしがなくって、「あ、これ絶対サタンからの誘惑だ
な」と思って、「イエズスの御名によってサタン出て行け」って言った
んですけど、またしばらくしたら、しるしをもらいました。識別のため
のしるしです。そして、夢に関して、ジャン・マリー司祭に話をして、
しるしがあったことも伝えました。で、歌は、ちょっと形とか誰かは
全然見えなかったんだけれど、天使のような、すごい美しい声の聖歌隊
のような感じでかわしてる歌でした。それが何かって言うと『クリス
トゥス ウィンチトゥ……』っていうのを、2回繰り返して歌ってまし
た。その後、私は全くこの意味がわからなくて、‘キリストの勝利’し
か知らないんですけど、単語に関しては。で、‘キリストは王’という
ことは聞いてわかりましたけれど、その後、何を見たかっていうと、
ジャン・マリーのミサの声が聞こえてるんです。ミサをしているんだけ
れども、別な所にまた同じジャン・マリーがいるんです。「あれっ」
って思って、「これ、どういうことなのかな?」 同じ所に、確かに
ジャン・マリーは今、その時点でミサをたててたんですけど、また別の
所にほんとにジャン・マリーが同時にいる夢を見ました。「これバイロ
ケーションの夢だ」って、後で説明をもらえたんですけど、ジャン・マ
リー司祭から。その夢が今回の夢でして、しるしを求めたら、識別のた
めのしるしをもらいました。

ジャン・マリー神父:
 しるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 えっと、今ちょっとビジョンが見えました。しるしがあったんですけ
ど、大天使聖ミカエルが来てくれてます。今しるしくれました。

大天使聖ミカエル:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)のことで、ミカエルが話しをする。
イエズスは十字架の苦しみの後によみがえられた。あなた方の辱めの道
について、本当に人間の人格そのものまでズタズタになり、自分の自尊
心そのものも、本当に打ち砕かれる。もうキリストに全部身を預けなさ
い。天使たちは、特に守護の天使たちは、あなた方が犯すちょっとした
迷いや衝動に関して、よく見てるし、誘惑と戦わねばならないほどに、
弱い弱い霊魂で、完全なことを求めたくても求められない、そんな失敗
をいくつもしてきたのを、よく知っている。
 マリー・マドレーヌとマリー・レベッカに関して、もうネット上で
はっきりと全てをさらけ出した。しかし、今日からの道は、イエズスに
支えてもらい、恩寵の中で過ごすことを、真剣に願って欲しい。今ここ
に住んでいるメンバー全員に、何もかも全部知られるわけだから、もう
自分をつくろうのは止めて、自我を折ってイエズスに栄光を帰し、「イ
エズスこそ私の全てです。信頼します。」と、特にマリー・レベッカは
言うように。
 愛し合う仲間たちだから、もう何もかも知られているけれども、愛す
る息子がどういうことをしていたのか、これから皆、知らされる。この
前代未聞の大きなうねりと、愛する息子に対する人々の評価が、日本で
も世界でも真っ二つに分かれる、というこの事態をよく覚えて欲しい。
愛する息子は、全身全霊をもって、自分の出来得る限り、神に忠実に
従った。修道者の精神を、今でも変わらず、首尾一貫してずうっと伝え
続けている。言葉のこの重みを覚えて欲しい。愛する息子の苦しみは
報われ、もうじき恵みの雨が降り注ぐ。何もかもが愛する息子のとりな
しの祈り、愛の祈り、全てを捨てる覚悟の祈りは、イエズスに似たもの
となる。全く真実な決意である。「全世界、全リンボウ、全煉獄の生贄
になる」、この祈りをした司祭は、愛する息子の他に聞いた事がない。
二人の女性は、まさに全世界の生贄にされた。これからの動きに関して
何らかのアクション、波紋が広がるはずであるから、「イエズス、今
こんな状態です。弱くなっているし、苦しいです。だけど、神の御旨な
らばやります」と言って欲しい。バイロケーションの賜物を、愛する
息子に与え、そしてあちこちと仕事をする事が出来るようにする。祝福
をおくる。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・
レベッカ、コルベ・マリー、クララ・ヨゼファ・メネンデス、そして
最後にマリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。


--------------------------------
2007年4月19日 PM12:26
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する世界の子供たち、聖母が呼びかけます。イエズスはあわれみに
とみ、罪をゆるしたくて、ゆるしたくてたまらないのです。あなたがた
の一人一人おかれた環境は、それぞれに違います。ひとつのしるしが
神によって与えられます。それは愛する息子(ジャン・マリー神父)と
マリー・レベッカ、そしてマリー・マドレーヌの、この出来事です。
 世界の情勢は悪くなる一方で、みな何らかのストレスをかかえ過ごし
ています。そして天と地をつくり、一人一人の霊魂を創造されたまこと
の神がいることがわからないでいる国の人たちもいます。愛する子らよ、
神のもとに立ち返り、聖母のところに来てください。あなたがたを愛し
てやまない聖母がいます。
 これから先のことについて。アメリカは新しい大統領がヒラリー夫人
で、悪くなります。北京でのオリンピックを境に中国が動き、北朝鮮と
韓国のそれぞれの情勢が変わり、北朝鮮の韓国への憎しみが増加します。
日本はいま、アメリカに頼り、世界の国で技術の面で、物を作らせるの
に中国の人々をつかっています。日本は中国を見下しています。しかし
それは大間違いで、中国によって将来おこる戦争をあなたがたは知りま
せん。日本は平和ボケしています。欧米諸国もそうですが、物にあふれ
た国の人たちは、楽しいこと、何かの娯楽を求め探し、そして一日の
時間をそれに費やしています。
 自分が楽しく過ごせる、これが一般の人々の考えであり、それがキリ
スト教の信者にまで影響し、悪魔の道具にされる信者が増えています。
「敬虔な信者」とよく未信者の人々が使う言葉は、まだ内面がよく見え
ていません。表面的にそれが出ているので、その信者の生活とくらべる
と、とっても私たちの生活は足もとにもおよばない、そういう意味で、
むしろほめているようで、実に私たちと遠い世界の人と見なし、「私た
ちには希望がない、だから何らかの宗教に求めてみよう」、そういう心
の考えを持ち続けて、あちこちの宗教をさまよい歩いています。楽しみ
を与えられているようでいて、真の幸せは得られないで、心の中はズタ
ズタになって、傷だらけでいるのが日本の国の人々のありさまです。
 欧米の人々は、ある程度、キリスト教の文化が入っていますが、逆に
教会から離れる人々が何と多いことか、これは大変になげかわしいこと
です。聖母は悲しみのあまり涙して、「はやく聖母のもとに帰ってきな
さい、聖母は裁きません」と言いたいのです。子供たち、神のあわれみ
によりすがることを始めてほしいのです。
 いま、ひとつのしるし、愛する息子が試しになりました。リトル・ペ
ブルは最後の教皇として、天がもう立てており、それを宣言するシャー
ベル修道会がありました。でも、あまりにもの迫害のゆえに弱まってし
まって、リトル・ペブルの名を隠す方向に行ってしまっています。それ
を打ち破ろうとするのが、愛する息子で、天は突拍子もない方法を愛す
る息子に示し、リトル・ペブルの教団はネットで言われているように、
性的に罪にまみれた教団であると、わざわざ人々が評価するようにさせ
ておいて、それを神が逆用されます。実にリトル・ペブルの名は轟き、
彼のために立ち上がる人々がおこされ、彼の今の状況を救う人々が立て
られます。愛する息子に信頼する人々の数も、天が責任をもって与えて
いきます。すべて天の介入のもとで行なわれ、悪魔の妨害を避けるため
にここに7位の大天使たちを、それぞれに与えました。子供たち、聖母
の愛は決して変わらないのです。ゆるしたくてたまらないのです。愛し
たくてたまらないのです。イエズスの十字架は重くてたまらない、聖体
の冒涜はとまらないのです。
 むしろ、いま行なった、聖体の前での「償いのセックス」に関して、
これは冒涜ではありません。人の自我と聖体とが向き合う瞬間です。人
の生まれもったものと聖体が向き合う瞬間です。一人一人は知らないし、
無意識でわからない部分も多いけれど、聖体は一人一人の全部を知って
います。何もかもです。祝福を送ります。司祭の祝福を全世界の子供た
ちに、そしてここ(秋田)と名古屋の同宿会にお願いします。

ジャン・マリー神父:(全世界の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(秋田の同宿会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(名古屋の同宿会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

(マリー・マドレーヌに)マリア様にね、全人類のエバの罪の償いにつ
いて、アダムの罪の償いについて説明してくださいますか? って聞い
てくれる?

聖母マリア様:
 アダムとエバの罪の償いに関しての司祭の質問に、聖母が話します。
イエズスが十字架につけられ、死に葬られて、そのときにアダムの罪の
償いはされました。そして、聖母は女性の罪の償いのために、イエズス
がよみがえるまで、本当におおいなる葛藤をせざるを得なくて、御子を
失った悲しみと、人に対しての悲しみを神に取り次ぎ、ゆるしをくださ
るよう念願しました。それで、女性の罪の償いはなされています、これ
が聖書にあります。しかしマリア・ワルトルタにより、新しい啓示を
与えました。それが聖母の受難です。この現代にあって、エバの罪の
償いは、女性のあまりにも子供を堕胎するために、この償いを科しまし
た。男女ともども知的傲慢の罪のために、愛する息子にアダムの罪の
償いを科しました。これが聖母の説明になります。祝福します。父と子
と聖霊との御名によりて。アーメン。
 もう一言つけくわえます。性的堕落の罪の償いを男女に科したのです。
このことを、つけくわえておきます。愛しています。司祭の祝福を性的
に堕落してしまい、苦しむ子供たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:(性的に堕落してしまい、苦しむ子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(29)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 今日、薬がなくなったから病院に行って来た。かっこいい人が2人
病人だけど来てた。最近の若い人はファッションがうまいというか、
自分自身をうまく出している。自分は昔、美形の人が好きだったけど、
今はそれを基準にしていない。その人のしぐさとかで決めるほうが多い
かな。でも、若い子に眼が行く。平日なのに会社はどうしたんだろう?
余計なことも想像してる。

 自分の今の状況を心配するよりも人のことを気にしている。

 ぼくは今アルバイトをしている。小さいときから将来(仕事)のこと
をあんまり考えたことがない。中学のとき、音楽の授業でパイプオルガ
ンの曲を聴いてからオルガニストになるって話してた。その反面、ただ
パイプオルガンのレコードを集めるただのマニアになった。就職して
花屋に勤めたとき、花屋になろうと思って働いていたけど、年数がたつ
につれ、この商売はむずかしい、ここに長くいても将来がないと決めつ
けて、次の仕事を探した。友人がファンシーショップに勤めていたら、
ぼくもこんな仕事がいいなって、その職種を新聞やアルバイト本で捜し
た。そしておもちゃに勤めた。そこも結局、難しいってことで次を探し
た。それぞれに8年近くも勤めて、それぞれに仕事の難しさを見てって
言うか、楽が、とにかく楽を選んで、上司から人から注意や失敗で怒ら
れること、茶かされること、それをまた人に見られることから逃げるた
めに、自由に出来るところを探し回っていた。運送業に勤めていたとき
も、結局何も考えずにのんべんだらりと生きてきて、今勤めているとこ
ろの収入が8万から13万ぐらいをうろちょろしている。バイトだから
賞与も何もなく、引かれるものはしっかり引かれている。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は2月17日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]