%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年2月3日号 No.395

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月18日 PM1:40
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 1:35くらいに、ちょっとマリア様の像を、ちょっと私の机の台の前に
置いて「お母さん、こっちに置くね」って話をしながら、そしたらロー
キューションがあって、まず一言がローキューションだったんですけど、
「寺沢組を励まします」っていうローキューションだったんです。
「あれ?」って思って、ちょっと十字をきって、しるしがあるか尋ね
ました。ベネディクトの十字架を使って、十字を最初きって、しるしが
あるか尋ねたところ、識別のためのしるしがあったんです。で、「どな
たですか?」って聞いたら、「無原罪の聖母です」って言われて、「し
るしありますか?」って尋ねたときに、識別のためのしるし頂いたとこ
ろです。今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。 

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。
 
聖母マリア様:
 愛する可愛い子供たち、無原罪の聖母があなた方に話をします。同宿
会が立ち上がるときに、「いっぱい失敗しながらも、また立て直す」と
神が言われたことを思い出して下さい。マリー・レベッカとミッシェル・
マリー・フランソワは、それぞれに失敗し、司祭に不従順をしたことな
ど、たくさんあります。でも、寺沢に行く恵みを受けました。あなた方
は、野獣のように、思い切って寺沢で仕事をして下さい。二人とも似た
ところがあります。それは何かというと、くそ意地でやるところ、そし
てけんかが出来るところです。
 実に、マリー・レベッカはどすの利いた声が出せます。あなたは、す
ごく上品にならなければならないと育てられ、それが本当の自分だと
思っていたと思います。でも、人に指示をおくる時に「これこれをして!」
と、この一言が、かなり強いんです。はっきりものが言えます。それで、
どすの利いた声、関西の特徴のあるくそ意地根性で、同宿の娘たちを
育てて下さい。もちろん、それだけではなくって、優しさも持っていま
す。
 ミッシェル・マリー・フランソワは、結構気短かなので、けんかっ早
い部分を見せる、そんなタイプで、今非常に静かに穏やかにしています
が、それは非常に苦しんだためであって、本来のラテン系で何でもおお
らかにやれる性格を持ちながらも、正義感にあふれ、いっぱいいろんな
人とやり合ってきました。だから、逆にこの人は強い、信頼できると、
みんな年の上の人たちが見たほどに、人との付き合いが上手い人です。
あなたは、寺沢でこれから来る人々のガイドをし、キリシタンの知識を
彼らに伝え、またたくさんのパソコンでの仕事をします。寺沢に送られ
るというのは、第一軍団として先に旧約のカレブともう一人の人を遣わ
したのと同じように、マリー・レベッカとミッシェル・マリー・フラン
ソワを先に寺沢に遣わし、そこで同宿の本体が生まれ育ちます。
 ここで残された4人は、しばらくの間、出版のことや他の実務に司祭
も一緒に仕事をするので、それまでしばらくこの4人は一緒に過ごしま
す。クララは、コルベ・マリーに頼り、従っていって下さい。子供たち
全員を祝福します。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワ、
そしてマリー・レベッカ、この寺沢組とクララ・ヨゼファ・メネンデス
とコルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・レ
ベッカ、寺沢組に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
       (クララ・ヨゼファ・メネンデスとコルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今ちっちゃい天使が見えて、しるしがあったんですけど、これはケル
ビムちゃんですね。もう一回しるし、くれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

ケルビムちゃん:
 ミッシェル・マリー・フランソワに、ケルビムがお話するよ。ケルビ
ムたちも一緒にいて、寺沢の殉教者たちも一緒だから、怖がらないで
仕事をしてね。そして、ケルビムちゃんたちを可愛がってね。よ・ろ・
ぴ・く。そして、将来、ちっちゃい赤ちゃんを抱いたヨゼフパパの像を
造るのを忘れないでね。祝福してもらいます。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ちっちゃい赤ちゃんのような天使たちが、にこにこ
微笑みながらくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ほかにありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 無原罪のマリア様ね、おねだりしていいんだったらね、ロード・オブ・
ザ・リングの話をしてちょうだいって。

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと、しるしが今ないですね。あ、ちょっと、一言だけ、かな?
今しるしがあって……。今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 誰なの?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「聖母です」って言われました。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、よく聞くとわかると思います
が、少し話をします。これは、リトル・ぺブルに関連することで、エル
フたちは、聖書で言うと天使、全く罪のない世界に生き、過ごす、心の
美しい天使たちです。オークとか、他の悪い者たちは、悪魔の軍団に
なぞらえることができます。サウロンについては、悪魔のルシファーと
同じ役目になります。フロドはリトル・ぺブル、サムに関しては、これ
から起ころうとする愛する息子の状況によく似ているので、サムは愛す
る息子です。一度、フロドからサムは捨てられる場面が『王の帰還』と
いう第3巻の映画に入っています。フロドが窮地に追い込まれ、全く力
を失って倒れて死ぬのではないか、という場面で、エルフのもう一人の
人が出てきます。それはガラドリエルといって、聖母の役目のような
存在です。この森のエルフたちも、罪を犯すことは全くありません。
ガンダルフは、良いほうの魔法使いになっています。サルマンは悪い
ほうの魔法使いです。そして、アラゴルンはまさに勇者そのものです。
このあらすじは、たくさんの話を含んでいるので、一番よく知っている
愛する息子から聞いて下さい。可愛いホビット族も、本当によく活躍し
ます。旅の仲間たちは、ちょうどあなた方の同宿たちと同じようにみて
いいと思います。祝福します。特に、クララ・ヨゼファ・メネンデスを
祝福します。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか? しるし、確認してね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるし確認できました。他はもうないですね。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 一言だけ……。しるしが今ありました。 

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回、しるしくれました。

聖母マリア様:
 愛するリトル・ぺブル、あなたに伝えます。聖母は、あなたへの情熱
でいっぱいの愛の仲間たちを起こしています。あなたの、いろいろな
見方、そして寛大な部分はよくわかっていますが、そのために苦しむ
霊魂たちの存在も覚えて、もう一度、思い出してあげて下さい。マチソ
ン夫妻、マザー・マリー・テレーズ、この人たちが、一番あなたに尽く
しています。愛する息子(ジャン・マリー神父)に対して、あなたは
警戒心を持ち、それでも愛を捧げています。「良い意味での警戒心」と
よく愛する息子が言っていました。聖母は、あなたを愛している、この
ことを伝えます。司祭の祝福を、リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇
にお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(28)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 男性に貢(みつぐ)ことをよくしてた。花屋に勤めていた時も従業員
の男性を好きになって(当然片思い)、親しくなった頃に高山にドライ
ブに行った。一刀彫が好きで名人といわれた人の作品をいろいろ見て
回った。値段の高いものばかりだった。数ヶ月して彼の誕生日で何が
いいか聞いたら、「一刀彫がほしいな」って、高山まで買いに行くわけ
もいかず、いくらぐらいで買えるかなって聞いたら「5万円ぐらい」
って言ったから、何の躊躇もせず、渡した。(その頃は羽振りがよかっ
たから)彼の喜ぶ顔を見たかったし、今までどおり付き合いたかったか
ら、驚きもしなかった。彼に対して下心があったのはまちがいない。

 そんなこんなで好きになった人にはやたらと物をあげたりしていたな。
今もそれは治らない。金額的には安くなったけど。職場職場であげて
いたな。運送業のバイトのときは運ちゃんの兄ちゃんから気に留めても
らっていたから、バレンタインデーにチョコくれってせがまれて、「ほ
れ」って買って渡した。渡すときはしょうがないナーって感じで渡した
けど、チョコを買いに行ったときは、うきうき者だったな。今働いてい
る職場でも若い子(二十代)に、ぼく今度誕生日です、とか成人式です
とか、結構言われて、よくプレゼントしてしまう。これも下心ありあり。
バレンタインも近いからちらほら言われてる。物を手段として使って
好感をもたれようといつも思っている。口では何も気にしていないフリ
をする。とことん、つぎ込むけど飽きるのも早い。自分勝手だ。好き
嫌いも激しいし、醜い人間だ。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は2月10日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]