%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年1月27日号 No.394

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月18日 AM6:55
マリー・マドレーヌに与えられた、
イエズス様、幼きイエズスの聖テレジアからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

(……つづき)

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ジャン・マリー神父、熱烈にお願いしたい事が一つあって、マリー・
レベッカに幼きイエズスの聖テレジアね、お話してくれない、って。
大きなお恵みを、幼きイエズスの聖テレジアからあげて欲しいって願っ
てるのって、取り次いでね。長の望みなのって。お願いって。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。今しるしがあって、ビジョンが見えたんですけ
ど、ニコニコ笑ってます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 幼きイエズスのテレジアね?

マリー・マドレーヌ:
 はい。確認のしるしもらいました。またしるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

幼きイエズスの聖テレジア:
 愛するマリー・レベッカ、あなたに幼きイエズスのテレジアが挨拶を
します。あなたに、希望の徳をあげます。クララ・ヨゼファ・メネンデ
スが産む赤ちゃんを、どうか面倒見てあげて下さい。あなたは、その
赤ちゃんを見る恵みが与えられています。祝福された人です。あなたの
これからの同宿院長の働きは、大変にいろいろな思い煩い、悩みを抱え
ているかもしれないけれど、いつも「こうしてやってやるわ!」みたい
に、くそ意地でやれる情熱の塊の持ち主なので、一生懸命に頑張るので
はなくって、楽しんで、むしろ喜んで寺沢で過ごして下さい。むしろ、
殉教公園に行きたければ行ける距離に、この残された4人よりも近いの
で、彼らを慰められる唯一の特権者になります。祝福します。司祭の
祝福を、マリー・レベッカ、そしてこれから一緒に寺沢で済むミッシェ
ル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ないです。リトル・ぺブルさんに伝言、聞いてますけど。ないです。
 


--------------------------------
2007年4月18日 AM10:40
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 先ほどから、ちょっと休むために、今一緒に二人でいるんですけど、
頭にやはり針のように刺される痛みがまた始まりました。すごい手とか、
左足の横側、ちょうど土踏まずの辺りの方なんだけど、その横側あたり
もかなり痛くなってきてて、左の頭の、ちょうど、何て言ったらいいの
かな、横の方の部分、目よりもっと上の部分なんだけれど、この左の頭
のすごい痛みがあったので、「すごい痛い痛い」って言って。「でも
捧げます」って言ってました。そしたら、同じイエズスの声があって、
「避雷針だよ」って。で、私自身は「自分の罪を赦して下さい」って、
「傲慢にならないように助けて」って祈ってたら、「避雷針だよ」って、
そういう声が聞こえてきたので、「しるしありますか?」って聞いたら、
識別のためのしるしを今もらいました。今識別のためのしるしもらいま
した。 

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回、しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。
 
イエズス様:
 愛する子マリー・マドレーヌ、あなたに平和。心を落ち着けて、この
痛みを受けるように。今、シャーベル会の人々は、残念ながらパブリッ
クレターのことで非常に揺れ、大きな波になっている。このメッセージ
に関しても、公開は避ける。なぜなら、マリア司教の救霊のために、これ
をあえて公開せず、名古屋とこの同宿会に限ってこの話を進める。
 子供たち、マリア司教の権威主義、そして才能に甘んじて全ての徳を
身につけているのを聞いているはずである。彼は必死に信心業を進め、
そして厳しい規定を設け、祈りに関しても厳しく、本当に修道会はこう
でなければならない、というように、規定、規定、規定で進めているの
である。その規定の中で、それを守ることが出来る人だけが、幼きイエ
ズスの聖テレジア修道会に入れるとし、英語の能力をフルに生かして、
今回ナウラに、この秋田で起きた同宿会のことを報告した。
 子供たちよ、これを覚えて欲しい。もうブロサード司教は、愛する
息子(ジャン・マリー神父)とのやりとりで、パブリックレターを作る
意志を表明した。どうか、皆、マリア司教のために祈り続け、そして救霊
のために祈って欲しい。ミサの意向を変更して欲しい。ナウラの修道会
とマリア司教とその仲間たちの救霊のために、司祭のその功徳の効果を
譲って欲しい。今、全くの分裂状態で誤解が生じ、これは愛する息子が
全部悪いもの、と相手は決めていて、意志を変えない。いくら話し合っ
ても考えは変わらないし、全ての事柄が全く食い違ってしまっている。
 どうか子供たち、揺れないで欲しい。特にマリア司教のことを知ってい
る東京メンバーたちは、恐れおののいている。神のあわれみに寄りすが
りなさい。神のあわれみをたたえる人は、決して裁かれない。神により
頼む人は、人により頼む人よりも良い。だから、神にあわれみを今、
早急に求め、マリア司教たちの起こした事柄に関し、あわれみを求めなさ
い。
 マリー・マドレーヌは、避雷針の機能を、もう一度確立させる。イエ
ズスが一緒にいて、この緊急事態な状態を守る。全て愛するコルべ・マ
リーと愛する息子の働きにかかっていて、それが成就されつつある。
全てイエズスの道に行く者は幸いである。祝福を、子供たち全てにお願
いし、名古屋にも連絡を入れて欲しい。司祭の祝福を、マリア司教、イン
マクラータ、そしてその仲間たちにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリア司教、インマクラータ、その仲間たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。しるしがあったんですけど、ミッシェル・マ
リー・フランソワに、しるしを求めるよう言いなさい、伝えて欲しい
って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 今聖櫃の前に、私と二人で一旦行きますけど、それでいいですか?

イエズス様:
 今しるしと同時に、「そうして欲しい」って言われました。



--------------------------------
2007年4月18日 AM11:25
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今「しるしを二人に求めるように」っていうイエズス様の指示の通り
に、みんなで私たちは祈って、ナウラのことと、マリア司教様のことと、
祈りながら、ミッシェル・マリー・フランソワとジャン・マリー司祭の
ために、しるしが与えられるように祈ってました。そしたら、最初、ミッ
シェル・マリー・フランソワとジャン・マリーの真向かい、ちょうど
真ん前なんだけれども、そこにイエズスの十字架がバアーって立つのが
見えたんです。一番最初、そのとき、しるしを求めたんだけれども、し
るしがなかったから、「サタン、イエズスの御名によって出て行け!」
って言って命じて追い出さなきゃ、と思って、「イエズスの御名によっ
てサタンに命じる、出て行け!」って追い出しました。そして、ちょっ
としばらく心を落ち着けて、静かに祈ってたら、また同じように、ほん
とにはっきりした形で、二人の真ん前に十字架が立っていました。で、
「しるしがありますか?」って聞いたら、識別のためのしるしを今、も
らったところです。
 今しるしがあったんですけど、いいですか? 「しもべは聞きます、
お話下さい。」

イエズス様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワと愛する息子(ジャン・マ
リー神父)、二人に対し、イエズスが話をする。あなた方は、これから、
また一つの重荷を負う。最終的に、実りによって、この同宿会の働き
は認められることになるが、マリア司教との最終的な一致を、天は望む。
むしろ、マリア司教とその仲間たちが、愛する息子を認めなければならな
いけれども、今は「私たちのほうが正しくて、愛するジャン・マリー
神父のほうが違う」という考えに凝り固まっており、聞く耳を持ってい
ない。神秘的教会の立て直しが、この二人、つまり、愛する息子とミッ
シェル・マリー・フランソワに課せられた仕事になるので、マリア司教た
ちとの戦いになることを、よく覚えて欲しい。神秘的な事柄に対する
識別の方法を、彼らは誤っているので、それを正すことになる。彼らが
会いに来るか、あなた方がそちらに呼ばれて行くのか、そこに関しては、
これから天が決めていく。今、心の状態を閉鎖したのは、向こうである
ので、たぶん会う気持ちがないはずである。
 子供たち、二人の重荷は非常に大きいので、どうか覚えて祈ってあげ
て欲しい。直接対決になるからである。もうそれは始まっており、「ナ
ウラがこう言ったから、あなたは全く異端説を唱えている」とまで、
愛する息子に書き送るかするであろう。二人に祝福をおくる。引き続き、
識別のためのしるしを、沈黙のうちに求め、今日特別に追加で、ロザリ
オを一連唱え終わって欲しい。祝福をする。父と子と聖霊との御名によ
りて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今識別のためのしるしをもらいました。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(27)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 気がついた時にはもう男性を意識し、男性のからだに興味を持ってた。
何が原因で同性愛になったのかはわからない。興味ばかりが先行して
男性といい感じになりたい、今まで知り合った人(ノンケ)に対して
すきがあれば股間を触ったりしていた。そればかりを追い求めていた。
別に一人で生きていくことに不安はなかった、自分がどうってことより
周りがうるさかったから、30代の時は自分の将来に自信がもてなかった
不安になった。父親はあまり話しはしなかった、口を出すときは怒って
いた。母親のほうがうるさかった。嫌だった。けど、父親によく怒鳴ら
れていたから、可愛そうだって思うほうが強く、甘えることとかわがま
まとかは言ったりやった覚えがない。両親は共働きだったから、カギっ
子で、おやつとか欲しい時は、買い置きがあったからそれを食べたり、
他の物が欲しい時は母親のタンスから小銭入りの缶からいくらか頂戴し
た。今でも母親は癖なのかいろんなものを買い置きしている。ちょっと
したお店の在庫置き場みたいに。

 弟の自由な行動がいつもうらやましかった。弟は行動的で、ぼくは
家でじっとしているほうが好きだった。小さい時の写真も直立不動、
あまり笑わなかったかな。楽しさは何も伝わってこない、けど、父親に
自転車の後ろに乗せられ、熱田神宮へ初詣に行って、でかいあめを買っ
てもらったこと。日間賀島に連れて行って海釣りをしたこと。そこで、
旅館の大浴場で大人のおおきいオチンチン、ビール瓶ぐらいに見えたの
を見て、頭から離れなかったことを今でもはっきり覚えている。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は2月6日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]