%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年1月20日号 No.393

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月18日 AM6:55
マリー・マドレーヌに与えられた、
イエズス様、幼きイエズスの聖テレジアからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 かなり私は昨日の夜から睡眠をとって、一度目が覚めたけれども、ま
た寝てしまって、ミサの途中ですけど、目が覚めました。で、ちょうど
その目が覚める直前に、夢を見たんですけど、久々にその夢が何かストー
リーというか、はっきりしたものだったんで、「あれっ」って思って、
ちょっと記憶に留めておいたんですけど、しるしがあるかどうか尋ねま
した。最初は一度、二度尋ねたけど何もなかったので、‘これはサタン
だな’って思って「イエズスの御名によって出て行け!」とサタンに
命じました。そしたら、今度は「むしり取られたバラの花」っていう
言葉が聞こえてきたので、‘あ、この夢は本当なのかな’と思って、も
う一度しるしを求めました。そのしるしを求めたら、識別のためのしる
しがあって、イエズス様が「これは二人だけのメッセージなので」って
いう声も聞こえてきました。しるしと同時に聞こえてきたので、‘あ、
イエズス様が来てくれたんだ’って思いました。で、夢の内容について
話そうと思うんですけど、どういう夢を見たかっていうと、私はある人
から、誰かわからないんだけれど、バラの花をもらってるんです。その
バラの花をもらってるんだけれども、バラの花だけが、花びらだけが
ストンって落っこってくるんですよね。誰かにむしり取られてるみたい
な感じで、「何だろうな、これは?」っていう感じで、バラの花びら、
くっつかない、ただ茎だけのものみたいな夢を見ました。今日こんな夢
見たの、初めてです。

ジャン・マリー神父:
 何本くらいかわかる? 本数。1本、2本?

マリー・マドレーヌ:
 本数は……? 両手に握れるくらいだから、何本だろう、あれ? で
も1本しか見えなかった、私には。

ジャン・マリー神父:
 じゃ、しるし求めて。

マリー・マドレーヌ:
 今しるし……

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 確実なしるし、今もらいました。

イエズス様:
 愛する子、イエズスがあなたに話をする。あなたは夢の中で、園にい
た。そのバラの花びらは、誰かによってむしり取られる場面を、あなた
は見た。子供よ、恐れないで、幼きイエズスのテレジアの保護を願いな
さい。今まで、あなたは本当に力を入れすぎて、イエズスの言葉から、
また逃げるように動いたりしたけれども、何よりも聖体のすぐ側にいて
欲しいのは、イエズスが願っているのは、あなたである。
 また『愛の告白』をしに来た。パブリックレターに対し、あなたのこ
とを「偽の幻視者」と断罪し、書き、広めるために、「インマクラータ
が日本の統治の主導権を握る」というメッセージの通りに、彼女らは
動いている。「永遠の御父からの命令だ」と言って、「インマクラータ」
のメッセージは今でも彼女たちにとっては有効なメッセージとして取り
扱われ、この岩手の地域にまで共同体を広げた。愛する子供よ、そして
愛する息子(ジャン・マリー神父)よ、二人は共有してこの讒言(ざん
げん)に対し、耐え抜くように、イエズスが命じる。
 あなたは、私の小さな可愛い子、そしてマリー・マドレーヌ、あなた
の弱さ、何も出来ない姿、これがイエズスにとって魅力な姿なのである。
なぜなら、皆は動くこと、何か出来ることに価値を置き、自分が出来る
喜びに、すぐに浸るからである。愛する息子は、出来ないことを全然
恥じていないし、むしろ出来ないことを喜んで受け取っている。マリー・
マドレーヌは、この34年の間にずうっと自立を要求され、「何か出来な
くては自分は駄目なんだ」と学校の教育でも言われてきたから、そして
大学でも「出来る視覚障害者」「自立した視覚障害者」とみなして入れ
る大学ばかりで、もちろん成績の優秀な者たちに対する価値を置く。あ
なたも、歌を教えられる免許証を、教師の免許証をもらっているけれど
も、イエズスはそれを望まずに、全然違う方向にあなたを導いてきた。
あなたは、単純な事しか出来ないし、素朴なことしかやれない。でも、
機械のことについての興味があって、今しばらくそれが抜けなかった
ために、いろいろ不従順が重なってしまった。でも、もう十分である。
あなたはここに寝たまま過ごし、何も出来ない赤子のような生活を送る。
神秘家の生活をもう一度再興することを、イエズスが行っている。それ
は、朝ごはん、昼ごはんも夜ごはんも、人と違う時間にそれぞれ食べた
り、一緒だったり、全部神がコントロールしていて、一番命の危険から
守るために、薬をあなたに使うように命じた。大丈夫である。あなたは、
自分で「傲慢だった」とすぐに認めたので、イエズスは全部それを剥ぎ
取ってゆるした。
 パブリックレターは、もう間もなく出され、愛する息子と今回の出来
事のこと、シャーベル修道会のこれからのことについていろいろな話、
マリー・マドレーヌの受けるメッセージに対する批判、それぞれが書き
加えられ、何よりも従順しない共同体とみなされ、愛するジャン・マリー
につくメンバーは「リトル・ぺブルに対し、不従順な態度になる」とま
で書き記される。すべてリトル・ぺブルに、そして日本ではマリア司教に
仕えるよう指示が出され、愛する息子の追放が決定的になる。子供よ、
恐れてはいけない。神からリトル・ぺブルのゆえに与えられる恩寵の
ラインは、必ず必ず愛する息子に与えられているから、それを信じて
歩みなさい。実りを見ることになるのである。秘密のメッセージでは
あるけれども、これをいつも手元に置き、読んでもらえるようにして
欲しい。司祭の祝福を、マリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、声だけなんだけど、幼きイエズス聖テレジアが来て
くれてます。今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

幼きイエズスの聖テレジア:
 愛するマリー・マドレーヌ、私はあなたのとっても可愛い部分を愛し
ています。幼きイエズスのテレジアが話します。何にもかも剥ぎ取られ
ることに関し、怖がってはいけないです。イエズスは、本当にむしり
取られたバラの花が好きで、あなたを深く愛し、小さなことの従順が
出来なかった、今回の数日間の出来事も、優しく守っていました。あな
たの全ての執着を捨てるために、あなたは一生懸命何かをしようと動き
回っていました。誰かに物をあげたり、何かをしなければ、あなたは
迷惑をかけていると思い込んで、愛着を一生懸命に他の人に示そうと
やったけれども、でもあなたには、小さな子が何も出来ない、何もやれ
ないように、この大人への道ではなくて、本当に本当に「幼稚で、白痴
で、引きこもる」、この独特な道にイエズスが育てたくて、その封じら
れた園、ほんとに秘密の花園、封じられた泉の側に置きたくて、あなた
をそうします。
 リトル・ぺブルによって、あなたは一つの経験をします。あなたのこ
とを、一番理解できる二人の男性に、特に伝えますが、マリー・マド
レーヌの弱さの点を、しっかり見て、祈りをしてもらうように頼んで
下さい。小さな赤ちゃんの道を、これから行きます。あなたの弱いとこ
ろに、神は栄光を現したくって、あえて何も与えませんでした。「何か
出来た」という一つの小さな事柄でも、「目が見えない」、この汚点
により、何も出来ないのと変わらないように、あなたの手の動かし方、
運動にまで、本当にぎこちなくするほど、がちがちの緊張状態にあなた
は置かれましたが、神は、そんな高い要求を、あなたにしていません。
でも、あなたは手先の仕事をしたくって、いろいろ遊び始めてます。
ちっちゃい子が、昔よく洗濯物の何かについている糸や、機械の外に
貼ってあるシールを爪で剥がすいたずらをするような、そんな事を、あ
なたは思い出しています。ちっちゃい子は、何でもそこに好奇心を抱き、
ものを剥がしたり、壊したり、それで親から怒られて、「あ、やっちゃ
いけないんだ」って成長します。でも、あなたにとって小さな熊のぬい
ぐるみと遊ぶのは、全然構わないし、イエズスはむしろ小さな子の成長
を、小さな子として成長するあなたに魅力を感じて、もう本当に幼な子
のままでいい、としか言いません。
 誰も、幼な子の道をいく人はいないし、それを支援する名古屋のメン
バーと北岡家以外は、みんな誰もが例外なく大人です。クララ・ヨゼ
ファ・メネンデスに関しては、彼女はジャンヌ・ダルクのような、軍人
の精神を持たせていかねばならないので、甘えるような猫声は禁止で、
本当に本当に声が変わる、男性のような声が、かなりイエズスに求めら
れています。むしろ親しくなればなるほど、愛するマリー・レベッカと、
そのような低い声での会話をしていますし、愛するジャン・マリー司祭
にも、その声は聞けているはずです。
 幼きイエズスのテレジアは、たくさんの苦しみにあって、のたうちま
わるほどだったけれども、イエズスのおもちゃになるんだったら、私は
それが嬉しくってたまらない、と言えるように育ててくれました。かよ
わかった私を、イエズスが、わざと放っておいたり、わざといろんなも
のを剥ぎ取ったりして、幼いイエズスのやりたいようにする、この生活
を私に与えてくれたんです。あなたの保護者、本当にいつもすぐ側に
いる、幼きイエズスのテレジアと、幼稚で白痴のような部分を出して、
ユーモアでみんなを笑わせていたベルナデッタを、あなたの保護者にし
ました。愛するジャン・マリー司祭に、このメッセージに関しては公開
して、名古屋とここのメッセージにして欲しいです。
 この時にあたって、リトル・ぺブルの一つの限界を、皆が知ります。
かえって必要である生贄(いけにえ)の霊魂が、逆にうとんじられてし
まう、ナウラでの出来事が、日本でも起きています。つまり、健康で
能力のある人と、よく話し合い、計算をして、うまくやれる人たちだけ
が、そこにいる組織の中で過ごせる、そんな修道会になってしまって、
子供たちは、その中で教育され、プログラムがきちっと決められて生活
をしています。
 愛するジャン・マリー司祭は、体の具合の悪さが日にちによって全然
違うので、もしプログラムで動くんだったら、もう駄目になってます。
いい加減のように見えても、全然違います。愛するジャン・マリー司祭
の、これほどの自由と寛大さを、どうかみんなわかって下さい。こんな
いい加減に見えるような形で動く司祭は、他にいません。でも、ちゃん
とちゃんと生活できてます。全ての人々を祝福します。
 幼きイエズスのテレジアのメッセージは、このメンバーと名古屋の
メンバーに話して下さい。マリー・マドレーヌのイエズスの告白につい
ては、これはまた続けて2度目になりました。書き起こす人は、それを
知ります。でも逆に公のものではないから、今ここで聞くのは二人だっ
たけれども、読むのはみんなが読んでも構いません。イエズスがどれだ
け、マリー・マドレーヌの弱さを愛しているかを、特に名古屋のメンバー、
幼な子たちを支援するメンバーに読んで欲しいくらい、本当に弱い子、
何にも何にも出来ない子を、イエズスが求めているのを知って欲しいの
です。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッ
カ、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・レ
ベッカ、クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

(つづく……)



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(26)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 若い子にじゃれてほしい。それを満たしてくれているのが職場のSく
ん。まだ19歳で30の開きがあるけど、自然なんだな。彼のことが知りた
くて根掘り葉掘り聴くんだけど、「ぼくは、遅くに生まれた」って。だ
からかな? 年齢差を気にしないし、言葉遣いも敬語はほとんど使わな
い。同僚は「あいつ、敬語を使わないんだ」って。仕事が終わって誘っ
ても、「家に電話してみるっ」て、すぐにお母さんに聞くとか、マザコ
ンではないけど。

 最初、彼からじゃれてきたから、「おめ〜」って答えてからだんだん
と慣れてきて、もう2年になるかな? 今じゃ、ふざけたり、触りっこ、
こそぐり、ふりまね・・・でも、仕事はばっちりこなす、すげーやつ。

 でも彼はある部分、大人だなーって。ぼくが誰かの愚痴を言えば、
「そんなことないよ」「気にしない、気にしない」 同じA型の血液型
なのに、若いわりにさっぱりでさらっとしていて、その反面、チューが
できるぐらい顔を近づけて、周りを気にせず楽天的な部分を出してくる。
うらやましい。「Sくんいい性格してるね」って、たまにほめてやる。
いいやつだ。また、また、作業中にちょっかいかけて、さわりっこ、ま
た見つめ合ってはウインクしたりする、可愛いやつです。Sくんはホモ
ではないと思うけど、何か癒される。また今日会うのが楽しみだ。

 それから、アルバイトのFくん、今、試験中で休んで、2月に復帰す
る彼も20歳だね。外国のテレビドラマが好きで、「プリズン・ブレイク」
「ロスト」などの内容をよく話してくれる、仕事の間でも世間話をする、
いいやつだ。もうちょっと彼と接近したいと思う。

 よく同性愛の同棲の話を聞くけど、ぼくもよくそのことを夢見ること
がある。現在、肉体関係(オーラルセックス、アナルは一度もないけど)
にある男性は一人だけ。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は1月27日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]