%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2008年1月13日号 No.392

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月17 AM0:26
マリー・マドレーヌに与えられた、ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 15分くらいのときなんですけど、ヨゼフ様の声で「□□のことで」
っていうローキューションが一言ありました。これがほんとにヨゼフ様
かどうかってことで、しるしを求めるために「識別のためのしるしあり
ますか?」って尋ねました。そしたら識別のためのしるしを頂いたって
いう、こういう状況です。

ジャン・マリー神父:
 しるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ヨゼフ様:
 愛する子供たち、ヨゼフがあなた方に話をする。パードレ・ピオ□□
に関し、同宿になるのを嫌がっていて、共住生活も出来ないと言い、
今あらたに一夫多妻の声明が出されて、とうとう道を決めてしまってい
る。これをロンジン・マリーに伝えて欲しい。もう愛する息子(ジャン・
マリー神父)に対する不信でいっぱいで、お米を送ったり、寄付をした
のに裏切った、という怒りと、もう憎しみのような感情を抱き、精神的
な病気に付け込んで、悪魔の論法に誘導されてしまっている。
 こんな悲しいメッセージを持ってこなければならないほどに、東京は
今揺れ動いている。パブリック・レターの後、はっきり愛する息子に
ついて行く人と、そうでない人が分かれ、真っ二つになってしまう。
彼らの改心は、ある光により照らされなければ無理である。大村のマリ
ナ□□も、同じタイプで、大変な悪感情を愛する息子に抱いている。
だから、もう母のことは忘れて、愛する息子に従い、天を信頼するよう、
皆に告げる。
 ヨゼフが全部導き、神の計画の一番良いときに、全て恵みの素晴らし
さ、また愛する息子の献身的な愛の事実を知ることになる。肉欲ではな
く、天の命令に従った、そういうことをはっきりした形で、多くの人に
知られ、それで皆は判断する。司祭のところで過ごせる幸せをかみしめ、
一つ一つの行動や、全ての生活の細かいところまで、愛する息子の姿を
見て欲しい。コルベ・マリーが一番よく知っているし、彼の言うことは
本当なので、どうかこれからコルベ・マリーと一緒に生活をするクララ・
ヨゼファ・メネンデスはよく彼の模範に習い、全て忠実に仕事をこなし
て欲しい。
 マリー・レベッカの救霊に関しても、非常に非常に祈らないといけな
い。彼女の弱さは、ますますエスカレートしていて、もう痛悔が出来な
いことを、最初に言っていた。けれども、今愛する息子のこの叱責に
対して、大変心をまた苦しめているし、女性の付き合いが出来ない、こ
の何とも言えない感情を、どこにぶつけていいかわからず、パニックし
ている。それで、クララ・ヨゼファ・メネンデスの親族関係を、もっと
強める意識で、マリー・マドレーヌの全てを見ることを、かえって心
の自分の傷とみなし、見ないようにしている。善意のかたまりなのに、
内面がぐちゃぐちゃで、どうしようもない霊魂たちが、日本の女性の
大半を占めている。日本の女性の愛し合い方、付き合い方は、「やはり
女性同士でないと、男の人にはわからないよね」と言いたいほどに、外
でもこの場所でも起きている。
 マリー・マドレーヌは、必要最低限のことに絞り、なるべくイエズス
のところに入ろうと必死で、今魂の渇きを覚えている。最低最悪な霊魂
なので、彼女はいつもイエズスのところにいないと不安でならないし、
心の全てを見られるイエズスに安心して寄り添うことの出来る時間が、
もう彼女の幸福感になっている。徳の問題に関しては、マリー・マド
レーヌは、何も持つことが出来ないほどに、一つのある部分が抜け落ち
てしまっている。人を愛し、信頼し、そしてその人の良いところを見る
目を持つ、これを以前の家族から受け継ぐことができなったために、今
非常に辛く苦しんでいる。幼な子の道、小さな子供の道に行こうとする
けれども、悪魔の誘惑が彼女の心に起き、そして周りを見てしまう、と
いう欠点を持った土台のない霊魂であるために、一生懸命に人に優しく
あたりたいとしても、一旦苦手意識を持つと、どうしてもそれが抜けら
れず、「祝福します。許します。」という祈りに支えられ、ようやく
ここまできた次第である。女性の性格の全てが嫌なのではなくて、ある
ところで気を使うとか、そう大人のように振舞うのを見ると、彼女の心
はそれに対する自立心が刺激され、何でも自分でやらないといけない、
という衝動にかられる。
 子供たち、これからの全てにおいて、パブリックレターが子供たちの
行き方を決める。もうマリー・マドレーヌは、愛する息子から離れられ
ないのを知っているし、彼女自身も、もし離れてしまったら、自分の
一生は無駄になる、と感じているので、ますます愛着を増やしていって
いる。コルベ・マリーは、もう絶対について行く決意でいっぱいである。
一番危ないのはマリー・レベッカなので、どうか祈って欲しい。20年来
のミッションの行動を今もずうっと心に秘めたままで、過ごし、戦う
意志の欠如を悪魔が利用し、彼女の善意を使いながら、本当に彼女自身、
自分で自分を、また縛り始めている。一番愛を注いで神秘的な事柄、
霊的指導を司祭がしたのはマリー・レベッカで、話をする、これが彼女
が好きな行動のパターンなので、人と話す、それに時間を費やし、自分
で何とか戦う事の出来るように祈っている。けれども、愛する息子の
叱責にあうと、たちまち変わってしまう。でも、もうパブリックレター
が用意され、始まってしまったら、もうそんなことは言っていられなく
なる。
 子供たち、あなた方、一人一人を祝福する。□□の心の自由意志
に、もう任せて欲しい。彼は愛する息子に「改心します」という内容の
電話であれば、何か吹き込むか、メールでコルベ・マリーのところに
知らせるはずである。非常によくない状態なので、彼の救霊のために、
最後の祈りをして欲しい。あるときに、神は、彼を照らし、それは泉の
後であることを言わねばならない。司祭の祝福を、パードレ・ピオ□□
、そしてマリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(パードレ・ピオ□□、マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 お願いだから、何としても、一粒の麦、マリー・レベッカ、どうした
らいいの? 一つのきっかけ……。堅忍できるための一つのきっかけに
なる……。それは何なの? ジャン・マリー神父は何すればいいの? 
(マリー・マドレーヌに)考えなくていいよ。ジャン・マリーの心の中
のこのお願い、聞いてあげてって。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ヨゼフ様: 
 ヨゼフが話をする。クララ・ヨゼファ・メネンデスには心を開くが、
あとの人に対し、特に何もかも世話をしなければならないマリー・マド
レーヌのことを、心の中で非常によくない感情を持ち、言いにくいこと
だけれども、この一夫多妻に対し、彼女(マリー・マドレーヌ)が償っ
ているのに、憎しみを抱き、結局愛する息子(ジャン・マリー神父)と
マリー・マドレーヌは二人でいたほうがいいのよ、という考えを吹き
込まれている。だから、もうマリー・マドレーヌは彼女(マリー・レ
ベッカ)の前に出ないほうがいい。そして解決方法は、寺沢に家を借り、
そこで一緒に住むミッシェル・マリー・フランソワとの生活を、いち
早く始められるよう、お願いする。
 愛する息子のストレスは大変なもので、今全部状態がよくない。一度、
分離を経験すると、彼女(マリー・レベッカ)の心の動きはどう変わる
か、以前の一夫多妻の前に、最後の働きかけに対し、「私は耐えられな
いから、湯沢駅まで送って」と話したこの彼女の言葉から推測するよう
に、彼女の心は、リトル・ぺブルを慕い、愛する息子の行動を、今どう
しても何とか受け入れようとする動きになれずにいる。顔の表情も、
愛する息子が一番知っている。残念ながら捻じ曲げられた悪魔の誘導の
ために、言葉では良いことを言うけれども、内面が違うので、ますます
彼女に悪魔がつけ込んでしまい、自分の正しさ素晴らしさを誉めあげる、
自分に香を焚く、これをエスカレートさせてしまっている。善意のかた
まり、これが人に対する親切だという思いと裏腹に、拒否もするので、
言葉を聞くマリー・マドレーヌは、そっと身を引くだけである。
 愛する息子に全てを任せる。このままいくと、彼女(マリー・レベッ
カ)はリトル・ぺブルを選び、愛する息子から離れてしまう。しかし、
いつも一緒に助言をしてもらって、人より多くの時間をさいてもらって
いるのに、何も変われず、急いだり慌てたりする行動も増えてしまって
いる。一番期待していたクララと同宿服を作る、これが彼女の一番の
思いの中にあった。でも、クララの仕事は違うことを知らされたために、
結局私だけがまた一番奴隷のように、家事や洗濯、同宿服を作ること
しか出来ない、そういう思いでいっぱいになってしまっている。でも、
クララ・ヨゼファ・メネンデスには、与えられた使命があり、今書き
起こしの仕事を続け、コルベ・マリー、ミッシェル・マリー・フランソ
ワを助けねばならない。
 愛する息子にこれだけ伝えておく。愛して止まない人であったけれど
も、裁判の厳しさ、甘さを、どうしても彼女は甘さのほうに変えてしま
い、自分に対する質問の恐ろしさには、どう答えねばならないか、教え
られても、記憶の面が弱いので、どうしてもそこが抜け落ちて、全部の
言葉が流れてしまう。子供たち、このような最後の結果に、どうか全て
神に任せて欲しい。マリー・マドレーヌは、もう自分の部屋の中にいて
欲しい。それが、一番の安全圏になるし、コルベ・マリーも一番苦しん
でいるのは、実にマリー・レベッカのことである。今まで語ったメッ
セージに関し、名古屋の同宿会に伝え、特に□□の状態の悪さ、も
う自由意志で決めてしまっていることを伝えて欲しい。司祭の祝福を、
この子供たちにお願いする。

ジャン・マリー神父:(この子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、もう一言言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

ヨゼフ様:
 ヨゼフがはっきり、このことを伝える。マリー・レベッカとクララ・
ヨゼファ・メネンデスが一緒にいると、クララ・ヨゼファ・メネンデス
が落とされてしまう。これだけ伝えておく。祝福を、クララ・ヨゼファ・
メネンデスにお願いする。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(25)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 同宿会は敬語禁止。自由でいいんだ。ちっちゃい子になっちゃえ〜。

 いま、外国ドラマにはまっていて「スーパーナチュラル」って言うん
だけど、兄弟の悪魔退治って内容。その兄弟がまたいいんだね。兄弟な
のにともだちみたいなまた、何でも言って喧嘩もするし、それでいて
冗談好きなハンサム、ディーン(兄)がちょっと頑固なサム(弟)を
俺がお前を守るって、かっこいい。それに比べて、またまた、嫌な性格
なぼく。

 外人はみんな日本人にはない楽天的なものを持ってるんだろうか。あ
こがれる。また、彼(理想)と付き合っている妄想が始まる。

 口に出して言えばいいのに、テレビで自分の心の声が全部人に聞かれ
ているって言う内容のドラマがあったと思うけど、ホンとそういう風に
なっていれば……。というより自分のプライドを傷つけられるっていう
理由だけで口に出さない。自分で自分をいらだたせている。これは今だ
に続いている。

 何か、言葉だけではなく、肉体的な接触をいつも求めている。今、
働いている職場でも、話は気軽にできるんだけど、職場以外でも付き
合いたいナーといつも思う。今年の初仕事でみんなに会った。ニコニコ
して出迎えてくれた子、つい握手をして「今年もよろしく」って挨拶す
る。でもホンと限られた子だけ、ぼくは好き嫌いがはっきりしている。
っていうか、相手がざっくばらんに、冗談の言える中になってしまえば、
お構いなしに、冗談でからだを触ったり、触られたりする。じゃれるっ
ていう感じ。でもぼくは下心ありなんだけど。SEXだけが目的じゃ
ないけど、ふざけることができない相手は大体がぼくの年齢を知って、
当たり前だけど大人扱いする。もっとじゃれてほしいんだ。同年でも
やっぱりふざけて、じゃれてくれば、仲良くなれるかな。でも、自分が
同性愛ってことを知られたらって考えてしまう。結局自分のことしか
考えていない。お前のために死んでやるって気持ちが揺らぐ。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は1月20日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]