%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年12月30日号 No.390

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月16日 AM4:35
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、
天使ティモシからのメッセージと、リンボウの霊魂の訪問
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ベルナデッタの命日の日で、ベネディクト16世教皇様の誕生日だとい
うことを、今日朝起きてすぐ知りました。今4:35になりました。ちょう
ど10分くらい前なんです、4:25くらいのときに、いろんな話ちょっと
してたんだけど、そしたら「寺沢でミッシェル・マリー・フランソワと
愛する息子(ジャン・マリー神父)に識別のためのしるしを与えます」
っていうマリア様のような声が聞こえたので、女性の声だったから、
「しるし、最初ありますか?」って聞きました。で、このローキュー
ションに対して、しるしをもらって、その後「どなたですか?」って
もう一度確認してみました。そしたら「無原罪の聖母です」って言われ
たんです。で、「しるしありますか?」って聞いたら識別のためのしる
しをもらった、っていうこの状況です。今しるしもらいました。

無原罪の聖母マリア様:
 子供たちに、無原罪の聖母が話します。殉教者を記念する記念碑の側
か、北向き観音の近くにシュロの枝を男性用、女性用それぞれ一本持っ
て行って下さい。そして、寺沢では愛する息子(ジャン・マリー神父)
とミッシェル・マリー・フランソワに、識別のためのしるしを与えます。
ベルナデッタの保護をお願いして下さい。必ず与えられますし、ビジョ
ンを見ることになります。どうか聖母に甘えて信頼して下さい。悪魔は
この二人が立てられるのを、大変に嫌がって妨害をしています。でも
必ず与えられますから、信頼して「お母さん、欲しいんだけど」って
甘えていいんですよ。
 子供たち、もっと「マリアママ」とか心の中で叫んで下さい。名古屋
のマリア・ガブリエルれもんは、「マリアちゃま」って言っているけれ
ども、可愛い可愛い幼な子です。これからどんどん幼な子たちに神が
働いて、永遠の御父を見るかもしれません。子供たちを愛する永遠の
御父、彼らは最初びっくりするかもしれないです。でも、マリア・ミカ
エルらいむよりも、マリア・ガブリエルれもんは、誰も教えていないの
に、ひざまずいて祈るなど、大変不思議な行動をとっています。マリア・
ミカエルらいむもマリア・ガブリエルれもんも、とっても素直な子たち
です。マリア・ラファエルくるみについては、しばらくすると何か変化
を受けるはずです。どうか彼女のことも忘れないで祈ってあげて下さい。
名古屋は、にぎやかな神秘家・幻視者の集まりになるはずです。ロンジ
ン・マリー、フランソワ・マリーは遊び心がいっぱいで、子供たちを
愛し、一緒に喜んで遊んでいます。どうか二人が本当に幼な子たちを、
悪魔の妨害からガードできるように、祈ってあげて下さい。□□さん
の子供に関しても、何か神の計画があると思います。守護の天使と保護
の聖人がついています。少し知恵が遅れているという事ですが、彼も
必ず聖母、そしてイエズスに引き寄せられていきます。名古屋の方で
働く有力な家族になると期待して下さい。まだ、両親は北岡家の動きを
見て、少しの興味だけになっているけれども、でも何かを求め始めてい
ます。ロンジン・マリー、フランソワ・マリーは、子供のいる家族たち
を世話することになります。
 祝福を、全てのこの同宿会におくります。修道会と同宿会は違います
から、緊張しないで、みんな仕事をして下さい。『ベルナデッタのパッ
ション』を観た人々は、みな修道会の重さ、厳しさを知っているがため
に、愛する息子の修道者精神の発言が、かなりこたえているみたいで、
緊張しながら「何とか一日を過ごそう」、そういう気持ちになってし
まっています。でも、ここは聖人も天使も、総動員で来てくれています。
わからない聖人もたくさんいます。けれど、昨日ベルナデッタのお話を、
聖人伝から聞いたように、愛する息子からいろいろな体験を聞いて下さ
い。そして、自分のこれからの生活の肥やしにしていって欲しいのです。
 聖母は、本当に誰も罰しません。恐れないで、何でも打ち明けて下さ
い。罪を犯して、痛悔しないでいる霊魂は、とっても悲しく、涙を流さ
ざるを得ないですが、絶対一言「私、こんなことをしたけれど、ゆるし
てくれるよね」と言ってみて下さい。無意識に自分で自分のことを縛り、
霊魂の首を絞めていることもあります。特にミッシェル・マリー・フラ
ンソワは、どこか豪快さが消えてしまって、今も、少し不安と恐れに
捕らわれています。恐れないで下さい。優しい聖母がいますから、あな
たもビジョナリストとしての使命が、また再開されます。神に願って
いいのです。「しるしをちょうだい」と。そして「ビジョンをちょうだ
い」と言っていいのです。仕事のことは、大天使聖ミカエルとバラキエ
ルがあなたを支えます。マリー・レベッカには、守護の天使の名は、
マリー・マドレーヌは知らないでいますけれど、聖母はあなたをよく
見ています。一番年が上で、お母さんで、幼な子路線に一番なりにくい
存在になっていて、でも何とかして探そう、そういう思いが芽生えてき
ています。だから、幼な子路線の本質を知ることが出来るように、もっ
と愛する息子の話を聞き、記憶に留め、思い出して、自分の心の中で
思い巡らしてみてください。今日、とても祝福された日になります。
コルベ・マリーを祝福します。司祭の祝福を、名古屋とこの同宿会に、
そして特別にコルベ・マリーに祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(名古屋の同宿会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (ここの同宿会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと待って下さいね……。すいません。私の霊魂が今ちょっと下
に沈み始めたんで、しるしを求めます。今、5時過ぎなんですけど、私
の霊魂がちょっと下に沈み始めました。しるしを求めます。今しるしを
もらって、どこかちょっと尋ねます。今リンボウ(古聖所)に来ました
ね。「しるしありますか?」

ジャン・マリー神父: 
 一つ一つ、丹念にしるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしを今もらって、何か赤ちゃんたちが、わあ〜ってマリア様の
とこに行く感じが見えます。「しるしあるかな?」 一人の赤ちゃんが、
「私、おしゃぶり」ってせがんでますから、ちょっと出しますね。「し
るしありますか?」 天使が見えて、その隣に一人の赤ちゃんがいて、
天使が「ほら、おしゃぶりだよ」っていうように教えてるみたいです。
「しるしありますか?」 しるしがあったんだけど、口で吸い付いてま
すね。可愛い〜。確認のしるし、とれてます。しるしをもらって、口が
離れました。その天使も、ちょっと今いません。先ほどの、そのおしゃ
ぶりをした赤ちゃんは、男の子か女の子か、ちょっと見えませんでした
けど。
 「しるしある?」 今またしるしあって、女の子かなあ〜? ちょっ
と髪がふさぁっとした感じの女の子が、「ミルク欲しいの」って言うの
で、「ちょっと待ってね」「はい、どうぞ」「しるしありますか?」 
天使の羽が見えて、しるしありました。で、その隣にその女の子の赤ちゃ
んがいます。何か…… 「しるしある?」 チューチュー吸って、ごく
ん!って飲んでるような音も聞こえますけど。「しるしある?」 しる
しがあって、今、口が離れました。天使がその女の子を連れてっていま
すね。
 「だあれ? しるしあるの?」 今、しるしがあって、男の子の赤ちゃ
んが「がらがらは?」って言ってるんで。「どうぞ、どうぞ! どれが
いい? これがいいかな?」 しるしがあって「こっち」だって!
「しるしあるかな?」 今しるしがあって、何かにこにこしてる赤ちゃ
んの顔が見えました。何か「もういい」って、何か天使が言ってます。
しるしもらってます。
 しるしがあって、女の子かな? 「早くイエズスに会いたい」って、
ちょっと泣き顔のような感じで言ってますね。しるしがあって、その今
言った女の子にも、天使が一緒にいてくれてます。
 しるしがあって、男の子が「僕、天草四郎の名前が欲しいな」って
言ってます。確認のしるしがあって、その男の子の隣にも、天使がいて
くれてますね。
 しるしがあって、日本の子ではないみたいなんだけれど、どういう
顔立ちで、どの国の子かわからないんだけど、男の子で「お母さんに
捨てられちゃったから、僕、天国行きたい」って言ってますね。その
男の子の天使がしるしをくれました。
 えっと、ジャン・マリー、あの、天使の出現でティモシーって名前の
天使みたいなんですけど……。

ジャン・マリー神父:
 これはね、マリー・ダニエルの守護の天使の可能性が強い……。

マリー・マドレーヌ:
 初めて……。

ジャン・マリー神父:
 聞いてごらん。「マリー・ダニエルの守護の天使なの?」って。違う?

マリー・マドレーヌ:
 「マリー・ダニエルの守護の天使なの?」 しるしがあって、「そう
だ」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、私にはどんな姿かっていうのはわからなくって、色
も形もわかんないんだけれど、ただ羽があるのがわかるので、天使だっ
て言うのはわかります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

天使ティモシー:
 愛するマリー・マドレーヌに、初めて挨拶します。可愛い天使ティモ
シーが、あなたにお願いしに来ました。リンボウ(古聖所)の赤ちゃん
たちの世話をいっぱいしてあげて下さい、かつて、マリー・ダニエルが
煉獄の霊魂を愛したように、あなたにはリンボウの赤ちゃんと無垢な
霊魂を愛し続けて欲しいんです。この役目を与えに来ました。
 幼な子の子供たちが、今一番この時代、危険にさらされています。ど
うか、守ってあげて下さい。この世に生まれて大きくなる子供たち、こ
の子たちには天使たちが一緒にいますが、ところが、世が与えるのは
みな悪魔のもので、天からのものではない、ということを伝えておきま
す。特に、ゲームが出来るようになる年齢の子供たちから、悪魔は本当
に自分のものにしようと、すごい勢いで幼な子たちの無防備な感情に
つけ込んで、良いものを与えるかのように、おもちゃやパソコンのゲー
ムなどを与えています。全部のゲームが悪いわけではないけれども、昔
の単純な遊びが出来なくなった時代です。どうか子供たちのことを、優
しく優しく見てあげて下さい。将来、あなたが天草に行く理由は、幼な
子と住むためであり、彼らの幼な子の路線にいっぱいひたって、十字架
の道を行きながらも、一緒に遊ぶことです。祝福します。司祭の祝福を、
この時代に生まれて育っている幼な子とマリー・マドレーヌにお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:(この時代に生まれて育っている幼な子たちと
マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしくれました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ: 
 もう、しるしがあって、リンボウから出て、普通の状態に戻りました。
しるしがあって、「最後に一言だけ……」って、聖母マリア様が……。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。

聖母マリア様:
 聖母が、愛する子供たちにお話します。特に、今日ベネディクト16世
教皇の誕生日でもありますから、ベネディクト16世の全ての職務が全う
されるよう祈って下さい。そして、リトル・ぺブルのために花嫁の愛を
燃やす一日にして下さい。これをお願いします。司祭の祝福をベネディ
クト16世教皇、そしてリトル・ペトロ・アブラハム2世教皇にお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:(ベネディクト16世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。ちょっと待って。リトル・ぺブルさんに伝言ある
か、聞いてみます。いや、ないですね。



--------------------------------
2007年4月16日 AM8:20
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど1時間くらい前になると思います。第一ミサをしていて、カ
リスの洗浄をしてた時に、「哀れみの神をたたえる人は裁かれません」
っていう、本当に優しい女性の声が聞こえたんです。で、しるしがある
かどうか尋ねました。そしたら識別のためのしるし、しばらく待って
識別のためのしるしがもらえました。「どなたですか?」って聞いて
みました。そしたら「聖母マリアです」って一言、言ってくれました。
しるしも、確認もらってます。

ジャン・マリー神父:
 しるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「昨日のベルナデッタのメッセージから、これから
話すメッセージ全ては非公開にして下さい。」ってマリア様に言われた
んです。もちろんそのリンボウのことも含まれてますけど。もう一度、
しるし求めます。

ジャン・マリー神父:
 ティモシーのことは公開かもしれないよ。確認してみてね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるし、もらいました。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、聖母が話します。ベルナデッタが話したこと、そ
してマリー・マドレーヌが、リンボウに行って赤ちゃんと遊んでいると
ころ、これは非公開になります。特に、マリア司教とその仲間をあわれむ
ために、あえて出しません。名古屋とここの共同体だけで把握しておい
て下さい。なぜなら、リトル・ぺブル自身が悪い情報により、もう愛す
る息子(ジャン・マリー神父)とマリー・マドレーヌのことを、よくな
い形で見ています。全てかたよった情報で、こちらの情報がふさがれ、
閉ざされてしまうために起きた事です。マリー・マドレーヌが偽幻視者
として、偽神秘家として落ちた、とまで断罪されます。彼女の神秘的長
であるリトル・ぺブルからのパブリックレターにそれが載ると、多くの
人は彼女をそのように見ます。特に既存のミッションの人々は、リトル・
ぺブルのパブリックレターでの、神からのふるい分けに、またさらされ、
これで完全にふるい分けが終わりになります。
 マリー・マドレーヌの状況は、全部愛する息子が把握しています。こ
のことが起こった後に、天は一つのしるしを与えます。寺沢の出現が
真実であることを証明するために、泉を湧かせます。ティモシーのロー
キューションに関して、これは公開されます。彼女の役割を、後になっ
てリトル・ぺブル直接に届けられるからです。子供たち、あなた方も
ふるい分け、試しにあいます。リトル・ぺブルに対し、マリー・マド
レーヌは愛する息子から離れるよう言われ、それでもここで彼に対する
不従順の形をとらなくてはいけなくなります。ちょうど愛する息子が
ブロサード司教に従順できないことに近い状態になり、彼女の打撃は
大きいので、どうか多くこれから起こされる神秘家・幻視者たちの、こ
の様々な試みに対する試練を見て、祈ってあげて下さい。
 コルベ・マリーは、大変に燃え上がっています。でも、この雰囲気の
中では耐えることが出来ません。マリー・マドレーヌは、彼に会いた
がっています。イエズスが、「猫は死刑」なんて言いましたが、彼は
昨日マリー・マドレーヌに、そっと「にゃー」と言いました。でも全然
イエズスは、彼を裁いていません。イエズスのあわれみの中で、彼は
休むべきです。早く寺沢の泉が湧くのを、皆で心を合わせ祈りを捧げて
下さい。子供たち一人一人を愛し、祝福します。司祭の言うことを、よ
く聞いて下さい。
 このメッセージで、一言付け加えねばならないのは、ミッシェル・マ
リー・フランソワがマリー・マドレーヌと接する時に、大人の部分を
見せてしまい、料理の味のことや、たくさんいろんな不安を言うことに
より、マリー・マドレーヌの内的な痛みは起きています。「全然気にな
らない」と言っているけれども、またお世話をすることに不安を示すの
で、「大丈夫」しか言えなくなっています。もっと勇気を出して、秋田
のラテン系の人格、元ある人格になって下さい。あなたを責めているの
ではなくて、本来持つ自分の姿がどこにあるのか、それを神が創った
自分自身を大事にして、捻じ曲げられたものではなく、本当の生身の
自分に向き合うことこそ、唯一の福音を知ることができます。祝福を、
ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカに、そしてまだ
何も慣れていないクララ・ヨゼファ・メネンデス、コルベ・マリーに
お願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(23)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 教会に通って洗礼を受けてから数年たって、青年会の行事で黙想会の
計画のとき、良い神父さんがいるからと紹介してくれた女性が、これを
きっかけにぼくの所属教会に通うようになり、青年会を手伝ってくれた。
別にぼくはなんとも思っていなかったけど、親しくなるにつれて女性は
ぼくの好みに合わせようとしてきた。周りはその女性のことをよく知っ
ていて、「いい子だよ」って薦めてくれた。それと同時にb君も彼女の
ことが好きらしく、よく三人で時間を合わせて教会に通った。あるとき
帰り道、彼女から「好きになっちゃった付き合って」と言われ、ぼくは
付き合うならと「うん」と答えた。それ以降二人で食事に行ったり、ド
ライブしたり、ぼくの家にも連れてきた。ぼくはそんなに深く付き合っ
ているとは思っていなかったけど、周りは深い付き合いだと思って、
「信者はね、貞潔を守るのに付き合い方に気をつけないとね」と言われ
た。それを聞いて、二人でそんな付き合い方はしてないのにと話してた。
でも、もともと、べたべたが好きでないし、これからこの人と一生生活
していけるか悩んだ。

 ぼくが恋愛の対象にされたときの女の子の異常?(ぼくがホモだから
そう思うのか?)な親切さ、何でもぼくの気に入るような行動をする、
こんなことが嫌で、うっとうしかった。その人が嫌いってわけじゃない
けど、はっきり嫌とは言えず、無視したり、不機嫌な顔を見せて、嫌わ
れるようにしていた。これはぼくの母に対してもまったく同じ、子離れ
できていないのか、親離れできていないのか。ぼくが親切でなく、思い
やりがなく、自分勝手だから、自分のことを邪魔されたくないから、
自分中心だから。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は1月6日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]