%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年12月23日号 No.389

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月15日 AM5:05
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
あわれみの神の主日
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私は、調度ファウスチィーナに祈りをしているんだけれども、十分く
らい前のことなんですけれども、ジャン・マリー司祭がミサ前の祈りの
ときロラーテをうたっていて、待降節前に歌うんだけれども、いまも
うたいつづけています。こんなことをやるなんて驚きでいっぱいになる
というみんなの反応をマリア様が示してくれた感じだったので、しるし
を求めたらあり、どなたですかと質問したら聖母ですと、再度識別のた
めのしるしを求めたらありました。

聖母マリア:
 愛する子どもたち、戦いは始まりました。聖母が話をします。無原罪
の聖母の像を良く見て黙想してください。サタンは聖母によって、頭を
砕かれます。皆は、マリー・マドレーヌより、はるかに知識をもってい
ますから、たくさんの聖母の像あるいは絵を見たことがあるとおもいま
す。
 聖体に対する考えが、この三人のヌード写真を出したことにより、こ
れも世界をゆるがし、純粋、素朴な人は、聖体と一緒にいられる喜び、
幸せを感じるはずです。しかし、既存のミッション、そして教会に通う
人々は、聖体の距離が遠いし、聖櫃にも触れてはいけない決まりになっ
ていて、「こんな冒涜な行為があるか!」といって、愛する息子(ジャ
ン・マリー神父)を断罪しようと計画をはかります。
 家庭でも聖体を置くところは本当に少ないです。シャーベル修道会が、
恵みの中にあり、たくさんたくさん天からの恩寵を受けた時に、ハウス
チャーチを作り、聖櫃と像を身近に置けるように、司祭がいる場所では
特にそうさせ、本当に小さな家の教会という親密さを与えるために天が
そうしました。愛し合って欲しかったからなんです。でも人間の弱さ、
知的傲慢や、いろいろ自分に香をたいて神よりも自分を愛し、偶像崇拝
を始めてしまった人たちはもう耳を傾けなくなっています。ですから、
愛するブロサード司教とジェームス・ダフィー司教をあわれみ、もっと
もっとイエズスに近づけるようになるまで、彼らの重荷は本当に大きく、
苦しいものになると思います。司教の……

(悪魔のアタックにより中断。再度、印を求める。印が与えられる)

 司教の重大さをよく認識して欲しいのです。お坊さんも、本当にびっ
くりします。まさか自分の拝している仏像の前でそんなことをしないか
ら、まして聖なるカトリックの司祭である一人の人が、素っ裸になり、
脇に女性を二人つけて、しかも聖体が顕示された場所でそうした。これ
は多くの人を震撼させます。手によって聖体拝領をした人たちは、これ
は、私たちは聖体に対して正しく敬っていると考えを変えずに行い続け
るはずです。各司教の命令により、絶対にリトル・ペブルの支持者、特
に愛する息子についていくなと宣言するはずだからです。もう司祭の中
で大変な噂話のように広がりはじめています。全国、津々浦々、届くの
で、特に旅行をした際、「あーあの神父とふしだらな女、マリー・マド
レーヌだね」と人はある目をもって彼らを見るはずです。
 しかし実際にまったく強制的に女性に押し付けたのではありません。
司祭のインスピレーションを説明され、同意したから動いたのです。
預言的使命の再開について、愛する神父はリトル・ペブルを愛している
がために、この行動に踏み切り、自分の命を投げ出しました。子どもた
ち、マリー・レベッカとクララにおそいかかる事柄に関して、男の人た
ちでもっとつめて話をしてください。マリー・マドレーヌは、過去自分
が受けた裁判のことを思い出し、本当に重要な時期に二人は来ているん
だなと感じ、祈りを捧げはじめています。このメッセージに関して、
非公開にしてください。なぜなら裁判は確実におこされ、親族がクララ
とマリー・レベッカを苦しめ、痛めるはずですから。そして悪魔は愛す
る息子を取り除こうと、必死にこの悪巧みを吹き込み、親族にすべて
ことを行わせて、いかにも親族自身が訴えたかのように見せようとして
います。愛し合い、司祭と一緒にいられることをしみじみとかみしめ、
この司祭のやり方に関し、もう何度も経験をしたはずですから、どうか
ついて行ってください。
 ミシェル・マリー・フランソワにもヴィジョンがはじまります。恐れ
ないでついてきてください。印を、確かな印を与えますし、愛する息子
にももう印が与えられています。ただ、今まだ見えていないのは、悪魔
が、また彼を疲労こんぱいにおとしいれ、識別の印を判らなくさせ、
全く神秘的なことを見せまいと躍起になっています。なぜなら、愛する
息子に印が与えられ、ヴィジョンやローキューションが始まったなら、
完全に悪魔祓いの道に行き、完全に追い出されることが彼らにはわかっ
ているからです。パードレ・ピオと十字架の聖ヨハネ、それから、スタ
ニスラオ司教と大聖アルベルトがあなたの味方です。
 愛する息子の全ては、今まで真実そのものでした。本当に一人が危険
に陥ると、命をはって取り戻しにくる、こんな司祭は昔の時代にいまし
た。でも現代は全然違います。生きた宗教生活ではなくなり、日常生活
と信仰が分離されています。生きて生活をする中で、天使と聖人、そし
てイエズス、ヨゼフ、そして聖母にいたるまで交わることが本当にでき
るからです。それが現代はできていません。カトリックの純粋培養の中
で育った愛する息子から離れれば、ほかの司祭のいうことにみな、巻き
込まれてしまいます。古いことを知っている年齢の高い司祭も、司教の
権威の下にあり、従順を課せられています。
 子どもたち、愛する息子の昔かたぎの男らしい部分をどうか嫌がらな
いで、本当に彼の司祭としての務めを忠実にこなせるように祈ってあげ
てください。祝福の源は、司祭から出ます。なぜならリトル・ペブルの
恩寵のラインのど真ん中にいて、全てよりすがりを神にしているからで
す。一番苦しみもだえているのは、愛する息子です。みんな良く聞いて
ください。ジャン・マリーから「こうして欲しい」と言われたときや、
ジャン・マリー、ジャン・マリーと連発された時に、何か思っていませ
んか? これは、愛する息子の長上としての言葉であって、自分の肉欲
や権威、名誉などを全然求めていないで、話をしていることをよくおぼ
えてください。
 父親がよくこの父親に従わなければ「罰を与える!」と子どもにしか
る、そんな場面のように重ね合わせないで欲しいのです。確かに霊的
指導者で父親なのですが、この世の父親とは全く違います。子どもに
対する愛情は、この世の父親は一生懸命に持っているはずですが、言葉
が良くなくて、行動も良くなくて、子どもに受け取る力の限界があるた
めに、たくさん要求や厳しいことを言われると傷がつけられ、深くなっ
てしまいます。母親に対する傷を持つマリー・マドレーヌは、聖母恐怖症
という名前がつくほどに、聖母の助言によく泣き続けていました。でも
聖母は、本当に怖くないですし、イエズスが自分の目の前で死んでしま
い、十字架に磔(はりつけ)にされた、あのむごたらしい姿を見て心が
引き裂かれ、「自分が死んでイエズスを生かして」と永遠の御父に訴え
たほど、本当に引き裂かされてしまいました。今、現代の聖母を知る
子どもたちも皆、聖母に対し同じ行動をとっています。つまり、聖母に
無関心をして、口では「敬い、尊敬している」と言いながら、内面は
それぞれに違った傷や悪徳が存在しています。
 愛しています。皆が神の正義に打たれないよう、いつも聖母は祈りを
捧げています。寺沢でマリー・マドレーヌが見たヴィジョンはその意味
を現し、皆一人ひとりのためにとりなしをしている母であることを伝え
たくてあのようにヴィジョンをみせました。子どもたちを祝福します。
ミシェル・マリー・フランソワも、愛する息子が印を求める時に一緒に
きて印を求め始めてください、恐れないで聖母に近づくのです、そして
聖体を見つめ、大天使聖ミカエルの保護を願いながら、愛する息子の
指示に従ってください。祝福をこの二人におくります。司祭の祝福を
ミシェル・マリー・フランソワとマリー・マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 一言だけマリア様がミシェル・マリー・フランソワに。印をもらって
います。

聖母マリア様:
 愛するミシェル・マリー・フランソワに聖母が話をします。クララ・
ヨゼファ・メネンデスをたすける意味でメッセージの書きおこしを手伝っ
てください。マリー・マドレーヌの状況説明は、時に、時間、日にちが、
ずれたりしていますが、コルベ・マリーがメディアのファイルのところ
に出る時間を見ていますし、「日にちがはっきりわかるものはそれだけ
最初に記すだけでもいいから」と、マリー・マドレーヌが記憶の問題で
苦しんだ時に彼が話をしました。メッセージの量が増えていますし、
私的啓示も与えられ、リンボウのことも与えられています、煉獄の霊魂
の話ものっています。どうかこれを書ける時に書いて、後はコルベ・マ
リーと商標登録について話をつめていってください。実際、ミシェル・
マリー・フランソワとコルベ・マリー、そしてクララ・ヨゼファ・メネ
ンデスが実務の役割を果たしながら、ミサにあずかり、祈りをする生活
になります。マリー・レベッカは、同宿服を作ります。子どもたち全て
を祝福します。今日、今、この時間に与えたメッセージは、こちらの
共同体でのものなので、知らせるのは名古屋だけにしてください。名古
屋の人たちも秋田の状況を把握し続ける必要があるからです。どうか
お願いします。司祭の祝福を実務に当たる4人にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年4月15日 AM8:30
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 実は、カリスの洗浄をしていた頃なんですけど、ものすごい愛、優し
い愛がすごく伝わってきたのと同時に、「マリー・マドレーヌあてに」
って「秘密の」っていうふうに言われたんです。「しるしある?」って
聞いたら、識別のためのしるしをくれて、「誰ですか?」って一度確認
をしました。そしたら、識別のためのしるしがあって「イエズス」って
言われて、それをジャン・マリー司祭に話をした後、またもう一度ロー
キューションとしるしが一緒にあって、「このメッセージはマリー・マ
ドレーヌ個人宛のものなので、公開しないでくれ」って頼みがありまし
た。しるしを求めたら、今確認のしるし求めますけど。確認のしるし
もらいました。しるし、もう一回くれました。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌ、イエズスが話す。あなたは、幻視者・幻聴者
そして神秘家と呼ばれる霊魂の中で、愛されることの少ない、最もみじ
めな霊魂として愛する息子(ジャン・マリー神父)のもとに置かれた。
他の幻視者・神秘家たちはリトル・ぺブルのしるしをサインとして受け
たり、助言をいつももらえる状態であり、指導司祭がそれをチェックし、
優先的に彼らに伝えた。皆はリトル・ぺブルのサインをもらうと、「そ
こに天からのものも含まれている」という慎重な受け止め方ではなく、
「認められた」という喜びにひたり、「天からのメッセージ、自分が
受けるものは絶対に間違いないんだ」という大きな大きな喜びにひたり、
ついに自分を持ち上げてしまう。あえて、あなたにそうしなかったのは、
リトル・ぺブルの苦しみを一緒に味わって欲しかったためであり、ノミ
ネートされた人々はそれに酔ってしまい、今自分が認められている喜び
を常に保ちたくて、人にも自分のこの天から受けるメッセージを共有す
るよう押し付けるようになる。イエズスが打ち明け話をあなたにしてい
るのは、あなたを本当の花嫁にしたくて、本当にマグダラのマリアが
「多くゆるしてくれたから、もう私はイエズスの愛で燃え尽きたい」と
言ったのと同じように、あなたには全然徳はないけれども、本当に静か
で穏やかで、しかも愛にあふれた観想的な雰囲気に身を沈めて欲しくて、
あなたへの愛を伝えに来た。
 パブリックレターが出た時には、愛する息子に全部読ませ、皆に聞か
せるが、一旦あなたは「見捨てられる」という経験をするので、イエズ
スの十字架の重荷を少し担うことになる。リトル・ぺブルの名前で出さ
れるが、しかし「リトル・ぺブルは皆の幸せを願い、あなたのことも
忘れてはいない」とイエズスはあなたに伝えておく。傷のためにショッ
クを受け、泣いてしまうあなたを知っているから、あえて前もって伝え
に来た。
 このメッセージに関して、『愛の告白』と受け取って欲しい。マリー・
マドレーヌは愛する息子と一緒でないと、観想的な修道者の生き様が
わかることが出来ないので、絶対に愛する息子から離さない。子供よ、
あなたをこれから強めていく。傷を抱えたままの強さ、それはセラフィ
ムの炎により強められていくので、嘆願をしなさい。ゆるしを与え、
償いを果たさせ、そして使命を最後まで全う出来るようにする。あなた
は先ほど、「自分がもしイエズスのいた時代に生きていた時、イエズス
が十字架にかけられる場所に一緒にいたら、自分はもしかしたら群衆に
混じって何かしてしまったのではないか」という祈りをした。今、自分
のおかれた虐待から来る傷のゆえからみた時の状態でイエズスに話して
くれた。子供よ、「もし自分が神様だったら」という幼きイエズスの
テレジアの考えによく注目して欲しい。「本当にその場に自分がいたら、
どうなっていたかな?」 これは本当に素朴な思いである。愛を教える
ので、沈黙と内的にあこがれ、遊び、はしゃいで欲しい。しかし、外的
には穏やかになれるように、指導司祭の言葉をよく聞いて欲しい。弱さ
を少しずつ取り除いていく。最初のあこがれ、「シスターになりたい」
といったあこがれは、何か静かな雰囲気を味わうために、あなたの求め
があった。それをはっきりさせるために、今から本当に静かな環境が
必要である。『マグダラのマリア』と『イエズスの受難』を聞き続けて、
内的にこの世界に入って欲しい。天使たち、聖人たちと話し、何も答え
がなくても喜べるようにさせるから、安心して愛する息子に身を任せて
あずけて欲しい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。



--------------------------------
2007年4月15日 PM18:33
マリー・マドレーヌに与えられた、聖ベルナデッタからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど一時間くらい前、PM5:35頃なんだけど、カリスの洗浄をして
たときに、私の左耳の方から風が吹いてきて、言葉も聞こえました。
「幼な子を忘れないでね」っていう、何かとっても元気のいい声だった
んです。そして、しるしがあるか求めたくって、しるしを求めました。
そしたら、識別のためのしるしをくれて、「誰なの?」って聞いてみた
ら「ベルナベッタ」って答えてくれました。識別のためのしるしももら
いました。こういう状況です。あ、今しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度、しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

ベルナデッタ:
 愛する、とってもそれぞれユニークなみなさんに、ベルナデッタが
話します。クララ・ヨゼファ・メネンデスは、ベルナデッタの歌の映画
を観てくれて本当に私、嬉しかったです。もう一つ、『ベルナデッタの
パッション』があります。これは、ちょっと修道院での生活がどんなも
のであったかも含まれる長い映画になっています。いつかそれも観ても
らえるといいかな。でも、今はそのお願いはしません。そう、今日から
みんな仕事を始めて、マリー・マドレーヌは一人離れて自分の部屋に
こもり始めていたけれど、やっぱり幼い子の可愛さが、ちょっと緊張の
ために薄れてしまっています。「何だか遊ぶの駄目かな?」って、一人
で一生懸命本を聞いたり、そしてイエズスとの交流がどのように続いて
やっていったらいいのか、ちょっと不安になっているみたいです。
 実は、クララ・ヨゼファ・メネンデスは、このメンバーの中で一番
若いけれど、大人の女性で、マリー・マドレーヌは、年が上だけれど、
神様が幼な子の能力しか与えないようにしました。でも勇気をもって、
マリー・マドレーヌは、自分の持ち物を少しずつ彼女にあげて整理して
います。今日、「自分を葬る」とあなたに言いました。マリー・マド
レーヌは、これからリトル・ぺブルさん自身からいろいろ言われ、激し
くいろんな事をつかれていきます。今までリトル・ぺブルさんにメッ
セージの確認をする事が出来ないまま、ずうっと愛するジャン・マリー
神父様に頼って、全部任せていたからです。これから日本では、幻視者・
幻聴者・神秘家の長は、マリア司教様の奥さんだと、みんなはっきり言う
ほどまでになります。どうか、この小さな弱くって、何も知識がなくっ
て揺れやすいマリー・マドレーヌの重荷の大きさを、皆覚えてあげて
下さい。でも、特別扱いではなくって、普通に話し、普通に用事のある
時に声をかけてあげて欲しいのです。冷たい態度が、彼女は敏感に受け
止めてしまう、そういう傷を持っています。どうか、マリア司教とその
仲間の人々のために、祈って下さい。
 マリー・マドレーヌには、無原罪の御宿りの聖母マリア様が、あなた
を支えてずうっと導いてきました。私も、あなたを守ってきました。こ
れからもずうっと無原罪の聖母マリア様が、あなたを守り、最後まで
使命が全う出来るように保護します。マグダラのマリアに加えて、幼き
イエズスの聖テレジアと私が、あなたの保護の聖人です。そして無原罪
のマリア様が、あなたの本当のお母さんなので、ついて行って下さい。
 これから、いろいろ傷の深い人たちが送られてきます。みなさんに
お願いがあります。朝、マリア様が「戦いは始まりました」と言いまし
た。自分の心の中の戦い、外からくる戦いもあります。みんな、傷を
自分たち、それぞれに負っているけれども、みんなはっきり世話をする
ことが出来る人たちです。送られてきたら、暖かい優しい目を、その人
に向けて下さい。日本は、傷だらけなんです。だから、みんな助けを
求めてあちこち歩いて探し物をしています。恐れないで、仕事を続けて
下さい。優しいお兄さん、お姉さん、お母さん、お父さんでいて下さい。
 愛するジャン・マリー神父様とマリー・マドレーヌは、これから多く
の讒言(ざんげん)を共有します。皆、神秘家になる人たちの重要性を
考えて下さい。イエズスの十字架を、みんな一人一人負って、過ごして
います。けれども、今日トマの不信仰の箇所が読まれたように、幻視者・
神秘家、それから特別な方法で赤ちゃんを産むクララ・ヨゼファ・メネ
ンデスも、このしるしとかがないと、本当に不安に陥りやすい弱い霊魂
で、救われるためには、この方法でしかないことを、神様が決めました。
愛するジャン・マリー神父様、そしてマリー・レベッカ、そしてコルベ・
マリーは、信仰一本で進むように、何も感じない、何も見えない、と
いったことで、今まで過ごしてきました。でも、愛するジャン・マリー
神父様は、幻視者・神秘家の教会の建て直しを図るために、賜物が注が
れます。明日、みんなで寺沢に行って下さい。泉のことは、お祈りで
聞きました。マリアお母さんは、明日何か恵みをくれると思います。
でも、泉に関しては、もう少し先かもしれないです。気を落とさないで
下さいね。神父様の祝福を、ここにいる一人一人にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今ひとつしるしがあって、同じベルナデッタで、一言だけ……。今し
るし、またくれました。

ベルナデッタ:
 みなさんに、もう一言、ベルナデッタが話します。今沈黙をしている
みんなに伝えます。暗い沈黙じゃなくって、楽しくって明るい沈黙です。
『パッション』を、私のパッションを観たら、それがわかります。いろ
んな歌を歌って、苦しい中を耐えました。これが鍵です。祝福します。
父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ベルナデッタちゃんに聞いて欲しいんだけどね、何で聖人伝には
18回って書いてあるのに、御出現15回って言うの?

マリー・マドレーヌ:
 聞くんですか? 聞きます。しるしあって、「それはわかりません、
私ばかだから」って言われちゃったんですけど。しるし求めます。しる
しあった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他には? 何かある?

マリー・マドレーヌ:
 もう他にないです。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(22)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 女性に対してSEXしたいとは一度も思ったことはないな。いつも
眼にするのは男性の方だし、寝る前に思い浮かべたりするのはやっぱり
男性との絡みのシーン。ぼくが勤めていた中での女性は明るくて、ユー
モアがあってさっぱりしている人が多かった。花屋のときはよくピンク
レディの振り真似を面白く見せてくれた子、顔をよくひょうきんに見せ
て場を盛り上げてくれた子。こんな自分(ホモ)でもこの人なら付き
合えるかなと思っていると、ぼくが一目ぼれした新人の男の子といつの
間にか付き合っていて結婚をする。ぼくが恋愛の対象にされたときの
女の子は非常に親切になり、何でもぼくの気に入るような行動を見せ
はじめる。ちょっとベターっとしてくる感じであまり好きではなかった。
その子が嫌いってわけじゃないけど、はっきりいやとは言えず、不機嫌
な顔を見せて嫌われるようにしていた。こんなことが数回あった。

 玩具屋時代でもそうだ。逆のパターンでぼくが好きになった子(男で
相手もホモではないけどスキンシップでからだを触るほど親しくなった)
に対して女の子が親しくすると嫉妬して、相手(男子)を無視したりし
た。

 運送会社でもそうだったな。運送屋ではぼくが信者であることは、
マリアママのメッセージを広めていたから知られていた。相談もよくさ
れた。特に恋愛もの。その中でも、浮気のこととか、最悪なのは演劇を
していた人(女性)がバイトに来ていて、現場の妻子ある男性(かっこ
よかったのに)といい仲になった。見ていても仲がよく、それを見て
浮気のうわさが広がり、ぼくは相手に真偽を聞いてみた、まったくの
誤解だって二人から聞いて、そう思っていた。だまされてるよ、女優だ
から嘘を簡単につくぞ、演技しているからと、上司に言われ、そんなこ
とはないはず、本人から聞いたことを伝えたんだ。でも浮気はほんと
だった。男子は離婚して女優といっしょになり、ここの仕事もやめた。
あるときは女性は浮気はしていないのに、男性社員との噂が立って旦那
さんが疑っているという相談。旦那はバツ2で、女性は初婚、旦那さん
を呼んで、そんな事実はないよって、安心するように話した。男性社員
の方が新人女子バイトをよく誘っていた。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月30日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]