%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年12月16日号 No.388

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月14日 AM5:55
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 これから、今日の第一ミサ、葬儀のミサを始めようとしたところなん
だけれど、ミサの依頼が昨日で一週間、イエズス様からの依頼がマリー・
レベッカとクララ、そして悪魔の道具になりつつある親族一同のために
っていう依頼が昨日で終わりました。で、「今日からマリー・レベッカ
とサーヤ、雅子、紀子、美智子、皇室の4人の女性の方のためにってい
う意向、それを全部やるよ」ってジャン・マリーが言ったときに、何か
一声聞こえたので、「クララも」って。また……男性の声です、これは
……聞こえたんで、「誰ですか?」って、まだちょっと尋ねてないんで
すけど、「しるしありますか?」って聞いたら識別のためのしるしが
あって、ていう状況なんです。今ちょっと「誰ですか?」って尋ねます。
しるしがあって、「イエズスから」って言われていますので、メッセー
ジが……。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度しるし見せてくれました。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、ミサの依頼の変更をお願いす
る。もう一週間、今までマリー・レベッカとクララ、そして悪魔の道具
になりつつある親族一同、特に大村のマリナ□□のために捧げて欲しい。
これをお願いする。彼女は、大変な道に行っていて、集会に対し、不信
をつのらせた。そのために、愛する息子に耳を傾けなかった。その罪の
ゆえに、これを救霊として、彼女のために償いのミサにして欲しい。
イエズスからお願いする。大村のマリナ□□を今、祝福する。司祭の
祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(大村のマリナ□□に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。しるしがあって、「マリー・レベッカに」って
イエズスが言われています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛するマリー・レベッカに、イエズスが話をする。心の揺れは、よく
イエズスは把握しているが、どうかこの時にあたって、親族のことに
対する執着を捨てるよう、心に置いて欲しい。厳しいことではあるが、
召し出しに関することを言われたときに、家族の中から一人、種を蒔か
れて、その召し出しに応じるか否かを選択させる。そのときに、決まっ
て戦いが起こる。しかし、最後の救いに関して、その家族・親族のため
に、最も弱く最低な人を選び、最後に家族・親族全員を天国に導くため
に、一つの麦として地に落とす。それを愛する息子(ジャン・マリー
神父)も、コルベ・マリーもミッシェル・マリー・フランソワも、ロン
ジン・マリー、フランソワ・マリー、そしてマリー・マドレーヌ、クラ
ラ・ヨゼファ・メネンデスに至るまで、皆このように一人で選ばれて、
戦いを強いられてきた。
 キリストを信じる家族の中にも、信仰の度合いがそれぞれ違っていて、
全く世俗に傾く者もいる。だから、全部が清いわけではない。家族の
救霊のためには全員祈っているが、愛着心・執着心を持たぬよう、指導
司祭が皆に教えている。これをよく覚えておくように。あなた(マリー・
レベッカ)は、特に姉である大村のマリナ□□がカトリックの洗礼
を受けられた時に、本当に喜んでいた。でも、残念ながら環境の悪さが
彼女の信仰を乱し、人に対する不信頼という情緒の傷のゆえに、愛する
息子にも、そしてここに集められたメンバーにも不信を抱くようになっ
た。あなたと同じく善意に満ちている。けれども、内面は大変な傷を
抱えていて、人に見せたくなくて、それをあえて指摘する愛する息子に
対し、逃げてしまった。どうか、これからの時を、沈黙してイエズスと
マリア、ヨゼフと天使、あなたの保護の聖人との語らいに向けて欲しい。
仕事をするとき、同宿服を作る時に、まさにそれが出来る絶好のチャン
スである。イエズスは、あなたの苦しみ、疲れた状態を知っているし、
早くそこから解放したいのである。どうか愛する息子に信頼をおいて
欲しい。司祭の祝福を、マリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ: 
 いや、もうしるしないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ないです。



--------------------------------
2007年4月14日 AM8:20
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様、
聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど、これ一時間前のことなんだけれど、聖体拝領をして、カリ
スの洗浄をジャン・マリー司祭がしてた時に、なんですけれど、何が
あったかっていうと、私自身こう、ほんとに最近、ものすごい毎日毎日、
いろんな事を、こう、イエズス様、マリア様、ヨゼフ様が、また天使
とか聖人とかが総動員で私たちを助けてくれてるっていうのを、もう
ほんとに瞬時感じるので、感謝してたんです。「イエズス、こんなちっ
ぽけな私に、ほんとにありがとうね、優しくしてくれて。いっつも罪だ
らけなのにありがとうね」って話をしてたら、「みじめなほど、愛して
るんだよ」っていう言葉が聞こえてきました。その声を聞いて、しるし
があるか、尋ね求めました。そしたら、識別のためのしるしがあって、
「誰ですか?」って尋ねてみたら、「イエズス」って、すごく優しい声
で話してくれて、そして識別のためのしるしをくれた、という状況です。
今、しるし、またくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛する子供たち、一人一人にイエズスの愛をおくる。一人一人に求め
られていること、それぞれ、もう一度思い起こして欲しい。ここは共通
して不信頼の状態をすぐ悪魔に付け込まれて、司祭にしたり、人に対し
てしたり、そのような行動をとってしまう。愛には恐れはない。でも、
みんな共通して持っているのは、恐れと不安、「これからどうなるだろ
う?」という心配心である。人数が増えると、それぞれに性格の違いが
はっきり浮き彫りにされてくる。
 コルベ・マリーは、もう戦闘モードに入り、堂々と戦いをして、最後
の最後まで愛する息子(ジャン・マリー神父)についていく、と宣言し
ている。彼は、自分の弱さを本当によく出す人で、一番自分の欠点を
誰よりも言う。コルベ・マリーは、大変に知恵と能力に恵まれて、世の
地位では、博士と言われる称号までもらうほど、頭の優れたところを
持っている。けれども、彼は地位も名誉も捨てた。イエズスに、そして
愛する息子に、そして何よりもリトル・ぺブルに従いたくて、全て投げ
打ってきた。彼は、堂々としており、イエズスの道を歩み、人を笑わせ、
楽しませ、そしてそれでもきちっとやるべき事はしている。
 ここの共同体は、暗くならなきゃならない、とどこか思い違いをして
いる。特に、マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスの出会い
は久々であるがために、ますますいろいろな思いに戦いをしなければな
らなくなっている。お葬式のような、暗い雰囲気の場所ではない。なん
と、何千もの天使たち、たくさんの保護の聖人たちに、皆は囲まれてい
るのである。よく祈りの中であげられる聖人の数を数えてみて欲しい。
だんだん長くなってきて、愛する息子は、「メモらないと大変だぁ」と
いう程までに、天はみんなに親密になって欲しくて、ここに波のように
押し寄せる感じで来ている。クララ・ヨゼファ・メネンデスには軍人に
なるための保護者、ジャンヌ・ダルクとロンジーノを、もう二人加える。
そして、彼女の守護の天使は、男性と一緒で、ミカエルであることを
伝える。
 子供たち、一人一人、全然性格が違い、二重構造の中で育ち。傷を
負った子供たちに、ある意味、修道者的な要求もあるように感じられる
かもしれない。でも、一人一人にぴったりの方法で、愛する息子は助言
をし、世話をしているのである。苦しい表情を出す女性の避雷針には、
大変な重荷かもしれないけれども、どうしても、実務が動けるようにな
るには、避雷針の役割が非常に重要である。
 マリー・マドレーヌは、たった一つだけのカードを持っている。それ
は、ちっちゃなちっちゃな子、可愛さ、というもので、本人は鏡で自分
の顔の表情とか行動とかを、あまり意識できないけれども、全く頭は
4歳か5歳ぐらいのちっちゃな幼稚な子供にすぎない。ミサでも、数十
分も耐えられずに遊んでしまう。でも、イエズスは、泣くマリー・マド
レーヌより、そのようにちっちゃく心の中ではしゃぐマリー・マドレー
ヌが大好きでたまらないのである。
 愛する息子のかたどりを、三人の女性が持っている。もう一度言うけ
れども、マリー・レベッカはくそ意地のメスライオンで、そしてクララ・
ヨゼファ・メネンデスは全く海賊的に横取りをしたりする。よく彼女の
行動パターンを見て欲しい。食べ物を欲しがる彼女の甘え方は、まるで
愛する息子が、ひょっと一口取って食べるようなものである。だから、
彼女は男勝りで、軍人の気質に育てあげなければ、愛する息子に従えな
いし、何もかも猫ちゃんのように、女の子に成りすましていると、どう
しようもなくなるので、それを小さなマリー・マドレーヌにいろいろと
譲り物をした。
 ミッシェル・マリー・フランソワは、男なので、堂々とすることを
求める。「おまえ、何やってんだあ!」 あの一言が欲しい。寺沢の
巡礼は、このようになって、ならず者の集団になるから、よくよくみん
な自分の性格を、もう一度見つめ直して欲しい。
 これで、だいぶ皆の心は解けたはずだから、お葬式ではないとわかる
はずである。大沈黙と言われて、実際にビビってしまったマリー・レベッ
カは、もうこれではっきり一人一人の性格を把握できたはずだから、こ
の共同体の愛の強さを増して欲しい。
 猫の性質は、コルベ・マリーが受け継いで、クララ・ヨゼファ・メネ
ンデスと一緒にした。でも、猫は死刑だから、お願いだから、もうじき
に泉が湧くから、早く猫を捨てて欲しい。
 イエズスが、このようにみんなと親密に話たがっているから、これを
みんなよく知って欲しいし、これから送られてくるそれぞれのキャラク
ターたちは、いろんな傷を抱えている。どうかこれら全てのことを、よ
く耳に入れて欲しい。これだけ、不信頼でマリア泣かせの共同体だけれ
ども、一番みじめな人ばかりを集めたのを、まわりがよく理解できるよ
うになる。今一度、大変な戦いに会わなければならないけれども、天使
たちが、特に愛する息子に軍団となって送られているので、悪魔は手出
しをすることが出来ない。愛する息子を愛しなさい。皆、これをよく
肝に命じて生活をして欲しい。イエズスからの願いである。司祭の祝福
を、この全てのメンバーにお願いする。

ジャン・マリー神父:(この全てのメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今すぐしるしくれました。しるしがあって、聖母マリア様になりまし
た。今しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、聖母がお願いにきました。出来ることなら、寺沢
によく行って欲しいのです。月に一回か、半月に一度か、時間の許す
限り、寺沢に訪れて欲しいのです。出来ることなら、一週間に一度を
望みたいのですが、司祭に全てそれを預けます。皆が寺沢に行けるよう
に、どうかこれから祈って下さい。ただ、人数の制限があって、主に
神秘家たちが行くのかもしれません。でも、誰か必ず、全然感じないで
いる一人の人をつけて欲しいのです。コルベ・マリーは、事業のために
少し苦しんでいます。寺沢の泉の湧く、その時まで訪れることができる
ように、殉教碑の側まででいいです。ときに、北向き観音に登るよう、
指示を出すかもしれません。どうか聖母に会いに来て下さい。司祭の
祝福を、寺沢の地と、泉全て一帯をお願いします。

ジャン・マリー神父:(寺沢の地、泉全て一帯を)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。



--------------------------------
2007年4月14日 PM7:11
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 第2ミサとロザリオの祈りが終わったあと、インスピレーションがあ
りました。以前、マリア様が、「天皇陛下に関してあなたに一つのしる
しを与えます」といわれたことがあって、リトル・ペブルさんの釈放の
ための印としるしは、一夫多妻の償いのSEXのことと、それがVTR
で放映されること、個人的に天皇陛下が天から光で照らされるというこ
とではないかということです。

聖母マリア様:
 愛する子どもたち。全ての恵みの仲介者、あがないの共贖者(きょう
しょくしゃ)の聖母が話します。天皇陛下のためにぜひ、祈ってくださ
い。日本の国の象徴として、天皇陛下は神道の祭司の役割を負い、日本
国民の幸せのために祈願し続けています。聖なることに関して、神道も
厳しくそれを認識していますが、やはり、天地の創り主である神を、真
の神として拝む習慣ではありません。しかし、彼の保護の聖人と守護の
天使は、すぐ側におり、その役目を負わせています。
 日本の国は、不思議な国で、神仏混合が行われています。そのため、
カトリックでこのような性的に堕落した団体があるのか、知らない人の
方が多いです。そのように見る人たちは、インターネットを自由に見る
環境にある人か、カトリックの信者たちです。一般の人々には今うねり
が出ています。
 聖なることへのあこがれを日本は本当に持っています。実際カトリッ
ク信者でない人たちは、キリスト教と聞いただけで、特にカトリックに
関しては、聖徳に関しては厳しい苦行があると認識し、修道会が存在し
ているその聖なる雰囲気を味わいたいというようなあこがれを持つ人た
ちがカトリックの教会の門を叩きます。映画でも作られていますから。
 しかし、このリトル・ペブルを支持する教会に関して、本当に正しい
知識が一般の人々にありません。リトル・ペブルがどういう人であるか、
また、これからの世界の動きがどうなるのか。パソコンを使える人達は、
メッセージというものに出会ってまず驚くのが「大警告」と「大天罰」
という預言の話や、日本のことなどに関して言われた事柄です。それで
皆、メッセージに興味をもち、あるいはのぞき見するといった行動で、
預言に興味があって、内容の深いところには行きつくことができないま
ま、離れていきます。
 今回、行われる大変なショックな出来事、これは天が明示するように、
愛する息子(ジャン・マリー神父)にインスピレーションと言う形で
示しました。マリー・マドレーヌとマリー・レベッカは、正反対の傷を
持つ女性の代表のように、最低最悪な霊魂として神がある一つの出来事
で示そうとされました。リトル・ペブルとアン、そしてベッティーナの
預言的使命の代役を、愛する息子は行いました。けれども、リトル・ペ
ブルが果たせなかったように、愛する息子もその使命を果たすことが
出来ませんでした。
 「償いのSEX」に関して、これは性的に罪を犯し続け、そこから
抜けられずに苦悩している人々への福音であり、人間は全て罪人なのだ
という意識を皆に与えるものになります。聖職者である仏教徒のお坊さ
んも神道の神主、その他教会の牧師や司祭、そして天皇陛下もこれを
耳にするはずです。メディアはいろいろなことを書いたりします。ただ、
真実だけがあらわされるので、子どもたち、これからの時をますます
愛する息子に信頼をおいてほしいのです。
 マリー・レベッカとマリー・マドレーヌは、女性の中では大変恥ずか
しい役割であり、一粒の麦となります。これは女性のエバの罪を償う
一つの事柄となります。司祭の祝福を各聖職者と天皇陛下、そしてベネ
ディクト教皇に、リトル・ペブルにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(21)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 気まぐれって言うか、自分勝手っていうか、相手の気になるところは
聞くなりすればいいのに、それが特に目障りな行動や話しの内容を聞く
とうんざりして、勝手に相手が話しかけてきても無視したり、自分の
腹の中で「そんなことぐらい大人だからわかるだろう」「馬鹿な話する
な」「相手もいやがってるぞ」なんて思ってる。ざっくばらんに自分が
どう思われようといえばいいのに言わない。体裁や体面を気にする自分
がいる。自分でも情けないと思う。ほんと嫌われたらどうしようという
不安と、いい人に見られたいんだな。(テレビでやっているおばさんが
若い子をつなぎとめる一つの手段としてお金をつぎ込むっていうそんな
感じのこともしたこともある。最高三万ぐらいかな、でもほとんどが
誕生日プレゼントとか食事したりとか何かをあげてたりした、小額だけ
ど。そのことで繋ぎとめていたんだ。)極端な話、間違っていることす
ら遠慮というか注意しない。長く付き合っている人にはどんなに傷つこ
うがガンガンいうのに。そんな時は悪いな〜とはこれっぽっちも思わな
い、いやな人間だよ。こんなことでいやな思いをずっとしてる。何か
手伝ってもらうにも、いやな人には「やれるからいい」って突っぱねて、
好きな人には「ありがとう」っていう。完全に人を差別してるね。こん
な自分がいやでしょうがない。

 コルベ・マリーと初めて会ってから1年ちょっとたって、もらった
ジャン・マリーの書いた本、ヨゼフパパの「153本の聖ヨゼフの百合」
を少しずつ読んで、自分がまさに心の狭い自己中心で、「超悪魔的悲観
主義」に気づかず生きてきた。刈谷に行くまではホンとどうしようかと
思ってた。メッセージを知ってから教会に集まった仲間たちからジャン・
マリーの事を聞いたりしていた。あの頃は仲間たちと共通のことが自由
に教会内でも話しが出来た。でも教会の人たちからは特別視っていうか、
リトル・ペブルさんのことが非難されていた時だから、遠くから様子を
うかがっているという感じだったかな。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月23日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]