%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年12月9日号 No.387

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 3.ロンジン・マリーの告白録
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月13日 AM4:36
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するマリー・レベッカとミッシェル・マリー・フランソワに話しま
す。聖母が話をします。イエズスからの要求は厳しく感じられたかも
しれませんが、でもあなた方にとって、とても必要な事であったので、
二人が寺沢の地で働くことになりますから、あえて厳しい要求を出しま
した。二人とも本当にまだよりすがるところが、ようやく少しずつ出来
るように変わってきています。どうか、司祭を愛し、特にミッシェル・
マリー・フランソワは、将来自分が司祭になりますから、愛するジャン・
マリー司祭の一つ一つの助言が宝物になります。あなたは聞く耳を持っ
ていますから、恐れないでもっと男性と友情を深め、コルベ・マリーと
も、ロンジン・マリーやフランソワ・マリーなどとも友情を深め、司祭
になる仲間たちの一致に励んで下さい。
 マリー・レベッカは今、一番苦しく、親族に関して何が起きて、これ
からどうなるのか不安が解消されない状態になって、気がかりな状態に
なっています。しかし、一番残念なことが起きています。それは、クラ
ラ・ヨゼファ・メネンデスの母、あなたの姉である大村のマリナ□□の
状態が非常に悪い、と言わねばならないのです。彼女は、知識に富み、
聞く耳を開いて愛する息子(ジャン・マリー神父)に聞けば、従順を
知るはずでした。けれども、集会で愛する息子に不信を抱き、自ら選ん
で愛する息子の行動を非難するに至ってしまいました。洗礼を受ける
恵み、これに今留まったままの状態でいます。司祭から洗礼を受けられ
たのに、残念ながら愛する息子の言葉を受け入れず、他の東京の男性と
一緒になり、人間的常識に傾き、聖母を知ろうともせず、本質を知ろう
ともしません。マリー・マドレーヌに一つのテディベアをプレゼントを
して、十字架のイメージでわかるように、彼女が触れてさわれるように、
親切にそれを作りあげ、マリー・マドレーヌは代母として、大村のマリ
ナのために祈って、それを大切にしています。でも、愛する息子のこと
は忘れてしまおうとして、どんどん世間に流され、自分の家庭で起きて
いる嫁、姑等の問題で、心がふさがれてしまっています。非常に悲しい
結果になっているので、救霊を祈り求めて下さい。リトル・ぺブルに
関する反感を抱いています。これから出す、3人の写真に対し、情報が
入ったら、もう彼女はそれを理由に行動に踏み切るはずです。妹である
あなたは、もう姉の存在を忘れ、同宿院長の仕事に取りかかれるよう、
心に準備を始めて下さい。しかし、彼女があるきっかけで回心すること
もあります。それは、神の照らしによる回心になりますから、どういう
ときなのかは、神だけが知っておられます。子供たち、召し出しに関す
る親族の態度は、皆同じです。ここに集まった皆は、親族から切り離さ
れ、この世を捨てた身分であります。地の塩になりました。それを忘れ
ないで下さい。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワとマ
リー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年4月13日 PM12:05
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 11:30に、私ちょっと休んでたんですけど、11:30頃こないだ北向き
観音のところの場所に行ったのと同じ景色で、そこで寺沢の殉教公園の
ところの泉を掘ったところから、泉が湧いてる夢を見ました。泉が湧く
夢ですね。それを見たので、起きてすぐ、それが夢だったっていうのが
わかったので、「あ、これはしるし求めなきゃ」って「しるしあります
か?」って聞いたんです。そしたら識別のためのしるしをもらって、そ
のあとジャン・マリー司祭に話をしました。こういう状況なんです。

ジャン・マリー神父:
 はい、じゃあしるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしをもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、全ての恵みの仲介者、あがないの共贖者(きょう
しょくしゃ)の聖母があなた方に話をします。リトル・ぺブルの釈放の
ために、大胆に勇気を持って踏み切った行動に対し、天は報いを与えま
す。愛する息子(ジャン・マリー神父)の身は、もう自由になります。
それは、この後続く公式声明第4弾、またその追加分を載せることで、
もうはっきりと追放を宣言され、リトル・ぺブルの名でそれが語られま
す。しかし、どうか愛するブロサード司教とリトル・ぺブル、ジェーム
ス・ダフィー司教のために祈りをして下さい。これは、内的にして欲し
いのです。マザー・シャーリー、シスター・ルース、この幻視者たちが、
自分たちの傲慢に気付いてへりくだるよう、天は望みます。
 このパブリックレターに関し、マリー・マドレーヌのことも語られる
はずです。マリー・マドレーヌは、神秘的に長上として、リトル・ぺブ
ルにつながり続けています。なぜならばリトル・ペブルは神秘家・幻視
者の長だからです。幻視者や神秘家はここで試されますが、マリー・マ
ドレーヌは愛する息子の下にいたので、ずうっとリトル・ぺブルに対し、
愛が燃え上がってきています。愛着形成に傷のある全盲の神秘家ですが、
この寺沢の出現が真実であることを証明するために、ベネディクト16世
教皇に光が与えられ、真実なリトル・ぺブルのことを世界に向けて発表
されるよう、どうか皆で祈り、そして全ての恵みの仲介者、贖いの共贖
者である聖母のドグマが早く宣言され、聖母の年をリトル・ぺブルが
願っている、このことも実現できるように祈って下さい。泉が湧くのは、
本当にまず愛する息子に大きな祝福と報いが始まることから、事が動き
出します。今日のこの後行われる出来事も、その一環として祝福を受け
ます。
 子供たち、聖母にますます甘えて下さい。名古屋にも伝えて下さい。
彼らは、本当に純粋に疑わないで、車に小さなイエズスの絵を貼ったり、
聖母の絵を車で、みんなが見られる位置に貼るなど、堂々と勇敢に宣言
しています。そして、リトル・ぺブル同宿会というのを隠さないで進ん
でいます。彼らには、経済的な助けが必要です。ぎりぎりの状態で頑張
ってやっています。愛する息子を慕うロンジン・マリー、そしてフラン
ソワ・マリーも、本当に純粋に子供たちを愛し、子供たちにわかりやす
い言葉でイエズスや聖母、ヨゼフ、天使たち、永遠のお父さんである神
を伝えています。寺沢にヨゼフの像も置いて欲しいのです。その形は、
幼な子を抱くヨゼフの像です。聖母からの依頼です。司祭の祝福を、こ
こにいる子供たちと、名古屋のメンバーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ここにいるメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (名古屋のメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんへの伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛するリトル・ぺブルに、聖母が話します。あなたが出すパブリック
レターの後、寺沢の出現に関し、照らしを受けます。神が昔、寺沢の地
において奇跡を行ったこと、それから聖母が殉教者たちに出現して世話
をしたことなど、もう知識にあるかもしれませんが、でもあなたは愛す
る息子とマリー・マドレーヌをはっきり見るようになります。コルベ・
マリーも見ます。この子供たちは、一生懸命にリトル・ぺブルの釈放を
願い、だんだん送られてくる子供たちのために、一緒に重荷を担ってき
ました。一番何もできないマリー・マドレーヌには、痛みでその償いを
させ、他の人たちは実務やそしてミサのとりなしで助けを求め、あなた
のために愛を燃やしてきました。愛する息子の情熱はリトル・ぺブルに
届けられ、本当に彼は忠実にリトル・ぺブルを愛していた事が、あなた
にわかるようになります。愛するリトル・ぺブルに祝福をおくります。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ぺブルさんに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、「もう食事してください」って。確認のしるしもある
……。確認のしるしもらいました。


--------------------------------
2007年4月13日 PM14:05
マリー・マドレーヌに与えられた、大天使ガブリエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 2時過ぎにお風呂に入ろうとして、聖櫃の前に行ってお祈りをしたん
です。そうした時に、後ろから風が吹いてて、しるしあるかって尋ねた
ら、昨日から気になってたんで、昨日もそれをやったんだけれど、今日
もまた、背中の方から風がボワーって吹いてたので、「しるしあります
か?」って聞いたら全然しるしがなかったので、「イエズスの御名に
よってサタン出て行け!」と追い出しました。で、ジャン・マリー司祭
にも追い出してもらったんですけど、トイレに入った時に、私よくこう
いう事があるんだけれど、トイレの中で、天使の羽のビジョンを見まし
た。で、声も聞こえて「あなたたちを守ってますよ」っていう、そうい
う声だったんで、天使の名前まだ聞いてないんだけれど、「しるしあり
ますか?」って聞いたら識別のためのしるしをもらいました。ジャン・
マリー司祭に話をして、ここでまた求めたらもう一度くれました。

ジャン・マリー神父:
 またしるしを求めて……。

マリー・マドレーヌ: 
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

大天使ガブリエル:
 愛するマリー・マドレーヌの守護の天使ガブリエルが、ミカエルが
ここにいます。ガブリエルが話をします。これからのことは、一つの
うねりになります。そして、女性2人は多くいろいろな事柄にあいます。
でもこの償いに関して、決して悪い思いを抱かないように。神がかえっ
て、愛する息子の行動を真実であって、その真実さを証明するために、
毎日マリー・マドレーヌと一緒にお風呂に入り、裸になり、父親として、
しっかり神秘的に司祭としてのケアを強めて、事を進めています。ミッ
シェル・マリー・フランソワも、ミカエルが助けに来ていますから、ど
うか今一番苦しい状況であるけれども、それを乗り切ったら、大きな
報いが得られます。御父からの報いです。よく覚えておいて下さい。
家族の改心のために、みんな一人一人、心の中で祈っていますが、比重
を軽くしなさい。後になって照らされるので、それをよく記憶しておい
て下さい。家族・親族からの離脱の方法は、これ以外にはありません。
これから携わる阿部興業の守護の天使と保護の聖人にも祈りを捧げて、
地元の人々の協力が得られるよう、皆で祈って下さい。司祭の祝福を、
マリー・レベッカ、マリー・マドレーヌ、ミッシェル・マリー・フラン
ソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。しるしがあって、「通常の仕事に戻って下さ
い」って言われています。


--------------------------------
2007年4月13日 PM20:03
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ: 
 この時間は、本来なら聖体行列で償いの日の最後のプログラムになる
んだけれど、今日の夜7:30過ぎから、ミッシェル・マリー・フランソワ
は家族の方とお話をして、ミッシェルとコルベ・マリーが話をするとい
う電話が二つあって、内的に祈るよう言われました。私はその時、もう
始まる前からなんですけど、右肩に強烈な痛みがくるようになってきて
て、今もその痛みは続いています。「イエズス、何か私のことで、弱さ
とかそういうの全部赦して下さい」っとか祈ってたんですけど、家族…
…。今ひとつ動きがある、という感じなんでしょうか、もうちょっと
最初聖櫃の前でひざまずいて祈ってたんだけど、ちょっと苦しくなって
きたので、ベットに横になりました。そしたら、激痛がひどくなってき
て、足のほうは何とかいけそうなんですけど、体の体力が落ちてきてし
まってて、肩の痛みがすごいので、「今日は行けない」ってジャン・マ
リーに話したら、「イエズスが何を言われるかちょっと聞いてくれ」っ
て言われたので、聞いてみました。そしたら、先ほど「ベネディクショ
ンで、聖体降伏式で」って言われたので、そのことをジャン・マリー
司祭に話をして、しるしを求めたら、識別のためのしるしをもらった
状況です。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 「東京のメンバーに対して」っていう一つの声があって、しるしもらっ
てますけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスが話をする。今、リアルタイムで事が動い
ている。先ほど、マリー・レベッカの家族からのアクションがあり、そ
して、ミッシェル・マリー・フランソワの家族、それから東京のミッ
シェルからの電話と、頻繁に今日は事が動いている。残念ながら、
東京のほうでは、パードレ・ピオ□□が、ほとんどジャン・マリー
司祭との交わりを絶つような動きになり、オーガスタン□□も大変
な不信を抱き、マリア司教に対する恐れを抱き、そして情報をミッシェル
に話している。そのことのゆえに、彼が揺れたので電話をこちらに
いれてきた。内容の奥深いところは、コルベ・マリーに全て知らされて
いる。しかし、マリア司教に従うよう言われたこの既存のミッションの人
たちとの関係を、やはり□□氏は続けていたために、揺り動かされてし
まった。もう□□と□□、この二人に関しては愛するジャン・
マリー神父に対し、不信頼に傾いてしまった。ミッシェルに関して
は、毎日毎回のミサで、限りなく祈れる時に祈りを捧げ、もちろん□□
にも□□にも同じように祈りを捧げているが、今度第5弾の
ヌード写真を出した場合、□□の姉がどう動くかしれないので祈り
をするよう心からお願いする。今、東京は大きな試しの中にあり、それ
ぞれ肉体的にも精神的にも、皆、疲れがこの共同体を襲っているのを、
イエズスは知っている。一人一人、大きな十字架を背負っていくように
お願いする。ただ、信頼をおくなら、悪いことは一切起きないので、愛
する息子に対する信頼に、皆もう一度、心を引き締めて欲しい。司祭の
祝福を、特に男性の柱に、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデスとマ
リー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(男性の柱たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
 クララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何か伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。


----------------------------------------------------------------
2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録(12)
----------------------------------------------------------------
 一つ年下のSと生活していて、よく喧嘩というか、口論になって、あ
げくSは何もしゃべらなくなるっていうパターンが良くあった、ある日
も、けんかして、長期間何の会話もなくって、家に帰っても無言の時間
が過ぎていっていた。
 そういう時期のある日、僕は、仕事帰りに、ゲイの人たちが集まる
発展場っていうところにいってみた。Sとの関係がこじれてしまうと
ぼくは何度かこんなことをしてしまっていた。そこは、上野の映画館で、
通路の脇にある建物の2階だった、直ぐ大きな通りになるので、そして
不忍池が近くにあるので、老若男女良く人が通るところで、職場の人に
見られたらどうしようかとか、知り合いに見られたらとかいろいろ考え
て、またまた胃がきりきりしていた。で、勇気を出して思い切って入っ
ていった。浮気をすることになるし、って思ったけど、スリリングな
興味に負けてしまった。階段を上っていくと。そこには、カウンターが
あっておじさんがいて、チケットを売っていた。ゲイ専用映画と成人
映画がやっていて、ぼくはゲイ専用映画のフロアーに行ってみた。そこ
には、後ろのほうに、沢山の人が立っていて、座席に座っているのは
数人だけだった。良く観察してみると、立っている人たちは、そこで
さわりっこをするんだ。お気に入りの人を見つけて後ろにそっと近づき、
太ももに触って相手が逃げなければ、そのままさわり続ける。で、うま
く相性が合えば、二人は映画館の外に出て、どこかのホテルに行ったり
する。
 僕が、映画を見て立っていると、後ろから触ってくる人がいて、僕も
触り返した、お互いおちんちんはたったままで、しばらくさわりっこし
ていた。僕は、その人と話がしたくなって途中から、ソファーのある
休憩室に移った。足立区に住んでて、35歳くらいの人で、高校生と
つきあっていたけど、あいてがわがままで、別れることになった……な
んて話をしていた。在日韓国人で、結構ハンサムな人だった、僕のこと
を気に入ったって言ってくれていたけど、付き合っている人がいること
を話したら、それがなければさそっていたんだけれどねって、残念がっ
ていた。
 家に帰りたくなったから結構遅くまでいたんだ。週末は、オールナイ
トなのに帰っちゃうの?ってきかれたけど。一緒に居ようかなって思っ
たりもしたんだけど、やっぱり後ろめたいことしている自分がいたので、
最終に近い電車で家に戻ることにした。



----------------------------------------------------------------
3.ロンジン・マリーの告白録(20)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 花屋に勤めていた頃、名古屋の中心街、栄町の有名ビルに華道教室が
あってそこへ毎週金曜日、担当の華道00流の教室の道具置き場で教室
に通う花材を販売していた。日に4回ぐらいの授業で一日中そこに釘付
けで昼もそこで食事をしていた。教室外に出られるのはトイレぐらいか
な?あるとき、おなかが痛くなってトイレに駆け込んだ、4つ並ぶトイ
レで、一番はしに入って用をたした。そしたら、隣に用をたす人が入っ
た。しばらくすると微かにため息のような声がしてきて、隣の壁の下か
ら5センチぐらいは開いてたかな、そこから覗いて、サラリーマンらし
き人で30代ぐらいかな、お尻が丸出しで(当たり前だけど)金ちゃんと
ちんちんが見えてその声を聞きながらオナニーしてしまった。そのとき
は初めてってこともあるし、感づかれてはいけないというのと、心臓が
バクバクでそれが何回続いたかな。華道教室に通うのはいやだったけど、
ひとつの楽しみを見つけたって感じ。
 運送会社に勤めていたときはカッコいい運転手さんが帰社すると、よ
く僕のところに近づいて来てはお尻を触ってきたり、顔を近づけてキス
されそうなときもあって、いつも同じことをされたいと期待していても
いくらなんでも冗談だと思うし、もし、こっちから同じことをしたら
「変態か」って言われそうで、冗談を交わすようにあしらっていた。そ
うするのは一人じゃなかったけど。また、触ってもらいたいということ
もあって、運転手さんが戻ってくる頃を見計らって停車場で待ち伏せて
いた。「おかえりー」「あー」といいながら案の定触ってきた。そのこ
とを思い出してはよくトイレでオナニーしたな。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月16日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]