%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年12月2日号 No.386

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 3.ロンジン・マリーの告白録
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月12日 AM6:50
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 昨日の第二ミサ後、ミサとお祈りが全部終わったあとに、一言、マリ
ア様からローキューションがありました。それは「『われはエバの子』
を聖体行列の時に歌って欲しい」というものでした。識別のためのしる
しを確認したら、しるしをもらいました。

聖母マリア様:
 愛するここに集められたかわいい子どもたち、「全ての恵みの仲介者」
「あがないの共贖者(きょうしょくしゃ)」の聖母マリアがお願いをし
にきました。今、一つの分かれ目にきています。聖体行列の時に、愛す
る息子(ジャン・マリー神父)がミサの時に歌っている「われはエバの
子、さすらいの……」という歌詞ではじまる「サルベレジナ、元后、あ
われみの御母」、この曲を歌いながら歩いて、そして「めでたしの祈り」
をしてください。クララは聖体行列を今日はじめて経験します。映像で
見たかどうか知りませんが、ロウソクを手に持って、司祭が聖体を持ち、
公然と聖体を愛して進むことを、ずーっとカトリックでやってきました。
今は、それが少なくなっています。今日からロウソクの代りに小さな
懐中電灯のようなものを皆が持ち、夜、この部落の周りを一周します。
聖母からのお願いは、しみじみと聖体と一緒にいることの幸せをかみし
めて欲しいのです。聖体を愛してください。これは、ここにいる子ども
たち全員が味わってほしいのです。
 ロンジン・マリーやフランソワ・マリー、北岡ファミリーはこの償い
の日に行われる行事に対して、それぞれの場所で一緒に祈り、仕事を
果たし、むしろあなた方よりも聖母を愛しています。司祭と一緒にいら
れる幸せも、ここで十分に味わい、かみしめてください。祝福を送りま
す。司祭の祝福を、マリー・レベッカ、クララ・ヨゼファ・メネンデス、
そしてミシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 さきほど、顕示された聖体の前で 取材陣の前で、マリー・マドレー
ヌとマリー・レベッカに正しいSEXをするという計画に関して、やら
せていただけますか? ジャン・マリー神父は、あなたのためにやりた
いんです。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に話します。聖母はマリー・マド
レーヌに主に償いをさせます。マリー・レベッカは、もう取材の時には
百合と女性の性器、それを取材陣の求めに応じて見せます。そして、裸
でずーっと愛する息子の行動を助け、そしてSEXに関しては触れない
でください。そして、主に取材陣のインタビューにコルベ・マリーと
愛する息子、ミシェル・マリー・フランソワ、マリー・レベッカが答え
ます。マリー・マドレーヌは、一言、「リトル・ペブルさんのために、
自分が望んでやった」とだけ話します。しかし、取材陣はいろいろ聞き
たがり、マリー・マドレーヌのほうを攻めます。でも償い(をすること
になった原因)はマリー・レベッカにありますから、彼らのことをよく
その場で知り、自分(マリー・レベッカ)を砕く一つの機会としてくだ
さい。もう、マリー・レベッカは、婚姻の秘蹟で前の主人のものですか
ら、それがわかるだけで十分にことが運びます。ビデオを撮られた際に
は、体を全て見せるだけにします。SEXをしたら耐えられなくなりま
す。祝福を送ります。司祭の祝福をマリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 愛する子どもたちにもう一言付け加えます。天皇陛下とベネディクト
16世に届くよう、祈りをしてください。愛する息子の望みはもう既に
全部聞き入れられています。シャーベル会にたいしても、彼は生け贄に
なりました。そして、泉の後にクララも取材をうけます。このことを
伝えておきます。司祭の祝福をこの共同体にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 先ほどの質問に関し聖母が答えます。取材陣は、マリー・マドレーヌ
がしたと見ていますから、マリー・レベッカの正しいSEXの実演はし
ません。主にマリー・マドレーヌに集中が向けられます。彼女はそれを、
辱めの道に入り、全てマリー・レベッカがしたことの償いのために行い
ます。愛する息子とマリー・マドレーヌがいかにもそれを好んでしたか
のように、もうキャンペーンが張られていますから、全部それを償いま
す。ただマリー・レベッカは不倫のことを攻められます。これだけ覚え
ておいてください。そして素直に答えるのです。
 愛する息子、あなたを祝福します。マリー・マドレーヌはベッティー
ナの辱めの道を一緒に担い、彼女の苦しみを一緒に担います。司祭の
祝福をこどもたちにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
ほかにありますか?

マリー・マドレーヌ:
 「ミシェル・マリー・フランソワに」とマリア様の声があって、しる
しがありました。

聖母マリア様:
 ミシェル・マリー・フランソワに聖母が話します。あなたは告白録で
自分が同性愛者であったとしるしました。これは、性的に苦しむ人々の
救いのために、今女性二人のことが注目されようとしていますが、あな
たもはっきり自分を隠さず、地位も名誉も捨て、自分はこんなもので
あったと話してください。そうでなければ、性的に罪を犯し、そこから
足を洗うことのできない人たちに救いはありません。あなたが立たなけ
れば、彼らのところには福音は届きません。
 聖母が命じます、自分を出しなさい。そして辱めの道を愛する息子と
共有する形で歩くのです。司祭とは、辱められ、あざけられ、打ち砕か
れ、皆から嘲笑われる存在になります。今までの昔かたぎの司祭はそう
してきました。ただ性的な事柄に関しては、彼らはそれをする必要があ
りませんでした。現代ほど性的に汚れて堕落しきった時代はありません。
その汚名を愛する息子が着ることになります。ミシェル・マリー・フラ
ンソワ、今、勇気を出しなさい。司祭の祝福を、ミシェル・マリー・フ
ランソワにお願いします。

ジャン・マリー司祭:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしをもらいました。


--------------------------------
2007年4月12日 PM2:37
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 インスピレーションが先にあり、コルベ・マリーの将来に関して秋田
に残るように感じました。同時にローキューションがあり、「コルベ・
マリーについてメッセージがあります」っていう言葉があったので、し
るしを確認しました。「どなたですか?」って聞いてみました。「聖母
です」と答えがありました。

(アタックがあったので 大天使ミカエルの祈りをする……)

聖母マリア様:
 愛するコルベ・マリーに、聖母が話します。あなたに、聖母からバラ
の花束を贈ります。あなたは、出版のためにこの秋田の家で働き、そし
てミシェル・マリー・フランソワを支えます。将来に関してのことで、
旅行にも行きますし、この寺沢の巡礼に関しても携わります。主にガイ
ド役を務めるのは、ミシェル・マリー・フランソワですが、パンフレッ
トや自叙伝、最後の教皇、そして聖ヨゼフの百合、マリアのバラの本と、
ワルトルタの本を売るためにそこで店を持ちます。あなたを助ける仲間
を送ります。あなたは愛する息子に忠実に従ってきたために大きな祝福
を受けます。どうかクララとマリー・レベッカのケアもお願いします。
 泉ののち愛する息子とマリー・マドレーヌは、旅行と天草への準備の
ために、一つひとつことが動いていきます。男の柱には、注附恩寵が
神から約束されています。女性に関しては、心の傷の癒しと、仕事に
耐えられる体力を与えられます。
 どうかコルベ・マリーの仕事のために祈りをしてください。心の中で
ミサの時ではなく、日常の生活の中でも、ちょっと意識を向けていろん
な人のために、どうか愛する子どもたち、祈ってください。祈りは形で
はなくって、天との対話になります。「こうしてくれるよね」「たすけ
てくれるよね」。それでもう祈りになります。幼な子路線をはずさない
でください。コルベ・マリーが今小ちゃい子になって一生懸命に遊んで
います。彼も自ら意識を向けてそうしています。小さいころの思い出も
話をし始めていますが、それが一つのきっかけにもなります。司祭の
祝福をコルベ・マリーとここにいる子どもたちにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ここの家はどういう目的であるんですか?

聖母マリア様:
 この家に関して、コルベ・マリーの持ち物になります。そして、出版
事業のために、庭に工場を作り、印刷など出来るようにします。それか
ら、コルベ・マリーはクララのバロネスの使命を支えてあげてください。
ミシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカは寺沢のところで
住みます。それでコルベ・マリーは出版のために働きますが、バロネス
として使命を与えられたクララ・ヨゼファ・メネンデスの環境を整える
役割も負います。そして、クララは、沢山の子どもをこの家で産み育て、
そして祝福された家になります。
 ミシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカは主に寺沢で過ご
しますが、ミシェル・マリー・フランソワの役割は、司祭としての仕事
になるので、あちこちに行き、ミサをたて、羊の世話をします。コルベ・
マリーも説明の能力があるので、訪れる人々に福音を語り、愛する息子
(ジャン・マリー神父)のカリスマを伝えていきます。助け手が送られ
るので、子どもたち皆、希望をもって待ち望んでください。決して一人
ではありません。祝福をこの共同体にお願いします。

ジャン・マリー司祭:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録(11)
----------------------------------------------------------------
 私が初めて‘しつけの文化’っていう言葉を聞いたのは、結婚して、
ジャン・マリー神父が1ヶ月に1回くらいの割合で家に泊まりに来るよ
うになって半年くらい経った頃だったかな? 泊まりに来る前日くらい
から掃除をしたり、布団の用意をしたり、始めの頃は食べ物を用意した
りしてたの。仕事もいつもどおりにしながらだったから、忙しくてね。
みんなが来てからも家の事を、一人でバタバタやってたな。そしたら、
ある時、ジャン・マリー神父に言われたんだよね。「お客さんが来たか
ら、掃除したり、ご飯の用意したり、精一杯もてなさなきゃいけないっ
ていうのは、親から受け継いだものだ」って。「それを‘しつけの文化’
って言うんだよ。きっとお母さんも、そのまたお母さんから引き継がれ
てると思う」って言われた。確かに、私のお母さんと同じことをしてる。
知らないうちに、‘そうするものなんだ’って刷り込まれてる。本当は
そんなこと、誰も望んでいないのに……。後から言われて気が付いたの。
「僕たちは、お話したりして、一緒に時間を過ごしたかったんだよ。」
って。それが相手の、そして夫の望みだったんだよね。それなのに相手
のことなんて一向に無視して、自分の考えを通してしまっていたの。
それって、私は全然意識しなかったけど、相手を傷つけていたんだね。
そりゃ、そうだよね。自分が望んでもないことを一方的に押し付けられ
て、何故かわからないけど「悪いことしてるかな」とか、肩身の狭い
思いをしちゃうもん。私が逆の立場だったら、やっぱりそう思うよ。そ
の時は、全然わからなかった。でも今、自分がずっと‘義務感’で生き
てきたことを知らされて、やっと気が付いたんだね。「お客さんには、
精一杯もてなさなきゃいけない」って、そしてそれは掃除をしたり、お
世話をすることだって。違うよね。本当のもてなしって、相手の望みに
答えてあげること、それ以外にないよね。何でそんな簡単なことに気付
かなかったんだろう。夫にもみんなにも、悪いことをしてきたんだって、
傷つけてしまったんだって、思うよ。



----------------------------------------------------------------
3.ロンジン・マリーの告白録(19)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 ぼくの普段の生活はいつも、片思いで、両思いになることをいつも
期待して、チャンスがあると同僚と親しく(関係を持つ?)なるように
努力する毎日を過ごしてた(今も……だな)。本屋にも毎月ホモ雑誌の
発売日には朝からわくわくしながら通ったな。本の中のビデオカタログ
でよさそうなのを選んでは通販を利用したよ。その当時は栄の近くの
本屋だったから、その後は熱田でたまたま入った本屋さんがホモビデオ
置いてあったから、そこでビデオをよく買うようになった(今は数ヶ月
に1回とか、どちらかというとホモ専門のビデオショップを名古屋で
見つけたから、本よりは実写版?)。それでも、内容はSEXシーン
ばかり。もちろん好きだけど、それを見ながらオナニーを毎日、でも
なんか違うんだよね。何人の男性と肉体関係を持ったってことは一度も
ない。怖いって言うこともあるけど、行き当たりばったりSEXだけが
目的じゃないから、やっぱり一人の人とずっといっしょにいたいってい
うことかな。当然、浮気心はあるんだね。だから、その日に(すれ違っ
た)あった男性に一目ぼれするんだな。一人ずつ(今勤めている会社の
人とかアルバイトの人たち)持っている(考え方とか、行動とか)もの
が違うから、それぞれに惹かれていって、付き合いたいって思う。その
人とずっとと思う。相思相愛でいたいと思う。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月9日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]