%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年11月25日号 No.385

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 3. ロンジン・マリーの告白録
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月11日 AM5:00
マリー・マドレーヌに与えられた聖ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 これからミサが始まろうとしていて、ミサ前の悪魔祓いの一般的祝福
の祈りをジャン・マリー司祭が始めて、じきに一声聞こえたんです。そ
して一声聞こえたから、「あーしるし」と思って、ジャン・マリーに
「しるしを求めたい!」って大きい声で叫んで、しるしを求めました。
最初、アタックだったので、「イエズスの御名によってサタン出て行け」
って命じました。その後また同じ言葉が聞こえてきたので、「本当にし
るしを下さい」って言いました。そしたら識別のためのしるしがありま
した。その言葉は、「エクソシストをマリー・レベッカと一緒にクララ
は見なさい」という内容です。しるしを求めます。しるしがあってヨゼ
フ様ですね。

聖ヨゼフ:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・レベッカ、そして
ミシェル・マリー・フランソワの三人に伝える。特にクララ・ヨゼファ・
メネンデスとマリー・レベッカには重要なことなので聞いて欲しい。二人
ともとても楽しい時間を過ごし愛し合うこと、これは結構だが、ここは
もうこの世から離された場所として最初修道会という形でスタートした
けれども、同宿会のランクに神が下げた。これから大変な攻撃にあう前
に、まず、エクソシストを特に二人は見るようにして欲しい。クララは
楽しいもの、喜びのあるもの、それを良く求めていて、あと薬剤師とし
ての知識のプライドがあるので、霊的な世界に関してまだ抵抗しており、
以前ミシェルが教えた祈りなどほとんどしていないし、マリア様の意識
もまだ薄い。たくさん像がならんでいるけれども、それもまだ良くわか
らず、聖体拝領のときに一つ苦しみを表していた。悪魔が大変に彼女に
嫌がらせをしていて、聖体をだめにしそうになった。これは、早急に
ミシェル・マリー・フランソワか、コルベ・マリーに書きおこしをして
もらい、将来愛する息子(ジャン・マリー神父)がになう仕事がどうい
うものであるのか、その一つの例として見て欲しい。
 それから泉の奇跡のことに関するベルナデッタの物語を見るように
お願いする。クララを霊的な世界に意識を向けさせ、軍人としてもくも
くとある修道者が従順するように内的に心を向き合わせて、言葉を黙想
したり、愛する息子の助言に対して、深く味わせなければならない。
マリー・レベッカも同じで、大変に二人とも言葉のやり取りにより時間
を過ごしてしまっている。コルベ・マリーがあのように明るくするけれ
ども、実際は彼は大変に重荷を負っているのである。けれども彼は十年
間愛する息子の意志をみて、自分でそれを知った人なので、これらのこ
とを良くわきまえている。特に、家族親族に対する見方の甘さが、二人、
マリー・レベッカとクララに見られるので、どうか早急にこの映画を
見て、そしてベルナデッタを見るように。これは主人公は幼子たちであ
るから、幼な子路線の本質を教えるようにお願いする。司祭の祝福を
マリー・レベッカ、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデス、そしてミシェ
ル・マリー・フランソワの三人にお願いする。

ジャン・マリー司祭:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

聖ヨゼフ:
 愛するリトル・ペブルにヨゼフが話をする。あなたの釈放を願い、愛
する息子は一つの行動に出たことを知らせる。三人のヌード写真を公開
し、決してリトル・ペブルが今刑罰を受けているようなことはしていな
い、ということを証明するために、天が彼に全部インスピレーションを
与えてさせた行動なので、世界が大きく分かれるのをみる。情報網が
発達した国々は、特にそれをよく示すであろう。リトル・ペブルに対し、
大きな反響を及ぼす結果となる。祝福をリトル・ペトロ・アブラハム
二世教皇に送る。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖ヨゼフ:
 マリー・マドレーヌは今、一緒にリンボウ(古聖所)の赤ちゃんを
愛しているが、もっと彼ら彼女らを愛し、無垢な霊魂たちにも愛と接吻
をもって一緒に慰め、早く天国に連れて行かれるよう祈りをして欲しい。
ヨゼフからのお願いである。優しいヨゼフが小さな子どもたちを愛して
いるので、マリアと同じ思いで、忘れられ堕胎されたリンボウの霊魂た
ちのために司祭の功徳の効果を譲って欲しい。この依頼に、マリアに
加えて、ヨゼフの依頼としてもお願いする。司祭の祝福をマリー・マド
レーヌとリンボウの子どもたちにお願いする。

ジャンマリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「もうミサに入ってください」ってメッセージがあ
りました。


--------------------------------
2007年4月11日 PM1:42
マリー・マドレーヌに与えられた
大天使聖ガブリエルと聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
大天使聖ガブリエル:
 愛する子供たち、あなたたちの同宿会の保護の天使ガブリエルが話し
をする。この出来事のために、ひとつの試しがおこっている。けれども
あなたがたに保護者を与える。もうすでに名前があがっているベルナデッ
タと幼きイエズスのテレジアを、幼な子路線のために戦うことのできる
保護者として与える。子供たちはこのままだと恐怖におびえ、健康ある
人たちのための修道会になってしまう。日本人に信仰以前の情緒的傷が
あることを、マリア司教もブロサード司教も理解できていない。考えかた
の方向が違う。それでこのやり方に対し、特にリトル・ペブルを証しす
る方法に対し、批判してきたのである。
 愛する息子(ジャン・マリー神父)が、また裁きの座の前におかれて
いる。福音はいったいどこにあるのか?! 健康な人には医者はいらな
い。病人に医者が必要である。そう言ったイエズスの言葉はどこにいっ
てしまったのか?! 子供たち、愛する息子にもっともっと信頼をおい
て、大丈夫である。男性の柱に伝える。今こそ勇気を出し、立ち上がる
べき時である。名古屋に早急に伝えるようお願いする。彼らは必ず愛す
る息子を慕ってついてくるから、恐れないで戦い続けなさい。神の前に
立つ大天使、謙遜な天使ガブリエルがあなたがたを導き、保護する。マ
リー・マドレーヌの守護の天使、そして北岡レモンの霊名でもあるガブ
リエルは、神に命じられてこのメッセージを伝えに来た。幼きイエズス
のテレジアと、ベルナデッタに頼りなさい。
 幼な子路線が危険にさらされている。大人になるよう彼らは伝えてき
ているから、誰でもひざまずいたり、長い祈りを人が小さい子に教えた
ら、そのとおりに出来るではないか、これが彼らの論法である。違う!
子供たち、よく聞いてほしい。外国の子供たちは何百年にわたって、そ
の文化を引き継ぎ、受け継いできたから今がある。でも日本は1500年こ
ろにキリスト教が布教され、そのあとしばらく鎖国の時をへて、ようや
く宗教が自由に認められるようになって、まだ日が浅い。外国と日本と
を同じに見てはいけない。修道者を目指すなら、既存の教会の修道会で
やる方法など、それをすることになる。
 でも、ここは同宿会であって、修道会ではない。けれども、長上に
対する従順を守るのは、愛する息子が修道者的な訓練を受けて生活した
ために、それが第一に重んぜられている。互いに愛し合うようにあなた
がたに言う。裁いてはいけない。子供たちに祝福を送る。司祭の祝福を
子供たちにお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

 ジャン・マリーが続けてきた「従順」に関して、いま従順できなくな
りました。そのことに関して説明をお願いしたいんですけど……。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、聖母があなたにお話しします。
今日このときに手紙が届いたのは、全くの神の摂理によります。スタニ
スラオ司教の保護を願い、公式声明を出して、それで彼らの反応を見る
ことになります。あなたは従順したけれども、どこかでそれが止められ
て、(ブロサード司教が)ここの住所と電話番号を何度も聞くといった
不純な行動が見られます。ブロサード司教をあわれみます。しかし、あ
なたにとって「153本の聖ヨゼフの百合」に書かれた事柄がおきてい
ることを覚えてください。権威主義に傾きました。これでシャーベル会
の現状を見ることができると思います。愛する息子に大勢の天使の軍団
をつかわし、すべての事柄、これからの生活のことも守ります。いま
ここに集められた子供たち全員も同じく守ります。司祭の祝福をブロ
サード司教にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ブロサード司教に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、聖母マリア様が「すぐ名古屋に知らせてください」
と言われました。



----------------------------------------------------------------
2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録(11)
----------------------------------------------------------------
 8年間一緒に生活したSと知り合うきっかけも、やっぱりダイヤルQ2
だった。後で聞いたんだけど僕と同い年のN君が電話に出て、僕と話し
ていたんだって、その時は知らなかった。 

 ダイヤルQ2はお金がかかるから、気に入った相手でお互い了解したら、
電話番号を教えあっていろいろ話をするんだ。自宅の電話を教えあって、
僕が電話したのかな、趣味の話とかして、今度会うことになった。横浜
の百貨店の前で待ち合わせすることになった。Sは僕より1歳年下で、
目が大きくて肌が色白で、背は170センチくらい、どちらかといえば
中性的な感じだった。この日は確か横浜をぶらぶらしたかな。その後、
Sの家に行くことになったんだ。三階建ての大きな家だった。その2階
の奥に部屋があった。兄弟は兄と姉がいるんだっていっていた。絵を
描くのが好きで、漫画家を目指しているんだって言っていた。今まで
描いた絵やイラストを見せてもらったりした。ひとしきり話して家に
帰った。帰り際に、頬に軽くキッスして帰った。

 その後、ほとんど毎日電話で話していた。Sが、今度は僕の部屋に
来たいっていうことになった。でも部屋の掃除をしたいからって、僕の
部屋に来てもらうことを延期してもらっていたんだ。で、Sは、僕の
返事がなかなか無いから、しびれを切らして、ある日、「今駅にいるん
だけど」って言って、「これからいくからね」って。驚いたのは僕の
ほうで、「これは困ったな」って思ったけど、駅に迎えにいった。なん
たって、築30年の傾きかけたぼろアパートだったから。挙句、風呂は、
外にあって、煙突の穴から空が見えるんだから、掘っ立て小屋で、外か
ら色んな虫がやってきていたよ。んー、部屋に招くのはいいんだけど、
どう思われるかなってちょっと心配だった。30分くらい待ってもらった
んだ。片づけして、Sは「汚くても気にならないからさ」って言って
くれるんだけど、「やっぱり気になるからって」待ってもらったんだ。
駅まで迎えにいったんだ。

 大学卒業まで何度か行き来があって、何回目かにSの部屋で会った
時に、SとSEXをしたんだ。お互い付き合おうって思っていたから、
23才と22才。若かったな、何でも出来ると思っていた。



----------------------------------------------------------------
3.ロンジン・マリーの告白録(18)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 リトル・ペブルさんが日本(東京)に来ると聞けば、高速バスに乗って、
話を聞きに言った。会場にはメッセージを聞きたい、何かが起こること
を期待している人でいっぱいだ。僕もその中の一人だけど。パイプイス
の並ぶ会場でそれぞれがその場でひざまずいて祈っている人(結構足が
痛くなるんだよね)、準秘蹟類を物色している人(歩くとメダイのすれ
る音が聞こえる)、やたらと写真を撮る人、今思えば異様だけど、その
ときは自分もそうだったな。講演会の途中で「祈りましょう」、と呼び
かけられると、いっせいにみんながパイプイスをズズっとずらし、ひざ
まずいて祈り始めた。あ〜怖い。それぞれが通っている教会で行ってい
る行動なんだろうな〜。そのときは本人は一生懸命でこれでいいっと
思ってやっていたことなんだね。

 ジャン・マリーからメダイは一個、ロザリオは一連でいいんだよって、
マリアママとお話しすることが大切だって教えてくれた。

 リトル・ペブルさんのマリアママからのメッセージは毎月定期的に
送られてきた。1988年ごろから続いているから、かなりの量になるな。

 僕は女性が嫌いってわけじゃないよ。普通にしゃべることが出来る。
肉体的なものだけが受け入れられないだけで、花屋に勤めていたときに
は、友達みたいにはしゃぎながら、店番してた。漫才みたいに冗談言っ
たり、テレビの流行のアクションをしたり、結構大笑いして楽しかった。
ほとんどの女の子はそうだったな。名駅店に移ってからは、前に話した
かな? 相手は付き合うことを前提に親しくなってきたから、なんか、
避けるようになってたな。どうしても、女の子とは手をつないだりした
いな〜と思わなかった。恋愛の対象じゃないからな。教会に通ってから
数年がたったときに、サン・ダミアーノっていうイタリアの聖母マリア
出現地の聖母マリアのメッセージを支持している女性と親しくなって、
秋田の聖母の安田神父を紹介してくれた。後にその女性との結婚話が
持ち上がるんだけどね。この話はまた後の後?で。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月2日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]