%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年11月18日号 No.384

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 3.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 4. ロンジン・マリーの告白録
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月10日 AM5:45
マリー・マドレーヌに与えられたマグダラのマリアからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今日の第一ミサが終わるころ。カリスの洗浄のとき、私の左のほっぺ
たのほうから風が吹きました。だれだろうなと思ってしるしを求めたら、
「マグダラのマリア」って、とっても優しくってすごく親しみが湧いて
きそうな話し声が聞こえてきました。「しるしありますか?」と聞いて、
識別のためのしるしをもらいました。

マグダラのマリア:
 愛する皆さんに、マグダラのマリアが話します。大変な戦いの中、コ
ルベ・マリーの働きによってミシェル・マリー・フランソワとクララ・
ヨゼファ・メネンデスは、よくこの秋田の地に戻ってきてくれました。
二人ともそれぞれに心の疲れを覚えています。でもクララの場合、やは
り明るく振舞おうとして一所懸命に気を使っています。ここは病人共同
体です。でも愛する息子(ジャン・マリー神父)は、修道者的な精神、
特に長上に対する従順を強く教え、人に対して反感を抱かないとか、
悪口を言わないとか、軽蔑しないなど、「153本の聖ヨゼフの百合」
に書かれてあることがらを実践するように、一人ひとりにあったケアの
仕方で接しています。
 全員違うんです。だから、こうならなければいけないと、だれも全員
に押し付けないでください。一人ひとりすごい深い傷を負っているので、
ある言葉によって傷をつけられてしまう恐れが、いつもどの人にもあり
ます。一人ひとりは司祭から離れたらなんにも出来ません。マリー・マ
ドレーヌがいい例です。彼女は本当に101日間、激しく打たれ、人が
変わってしまい、危うくリトル・ペブルさんへの忠実を捨て、使命まで
も失うところでした。でもヨハネ・パウロ二世教皇の死去の後、彼女が
メッセージを読んだ時に、またリトル・ペブルさんに対する愛が戻って
きたのです。今、一人ひとりがすごい問題を抱え、これからすごい環境
の変化が起きると思います。これから、マリー・レベッカに対し、大変
な反応が起きるので、彼女が使命をすてないように祈ってあげてくださ
い。
 司祭(ジャン・マリー神父)は神から賜った洞察の賜物に従い、一人
ひとりを導き指導します。そして世界に向けての救いのことをいつも
とりなし、いつも神の前にへりくだることを要求され、絶えず自分の中
にあることと戦い、羊のために命をはって進んでいます。司祭の苦労を
みんなは一緒に生活しないとわかることが出来ません。司祭も人ですか
ら、沢山過ちを犯し、時にはそれが打撃になって人が絶縁などをいう時
があり、大変な苦悩を司祭は身に負います。パパ様も罪の告白をするよ
うに、愛する息子ジャン・マリー司祭も告解をします。そこをよく覚え
ておいてください。独裁者のように考えないで、愛する羊を世話してく
れる牧者、お父さんとして慕って欲しいのです。
 司祭に対する尊敬は、マリー・マドレーヌは、愛する息子に出会って
深められています。クララも同じようにそうなります。ただ、ミシェル・
マリー・フランソワとマリー・レベッカは既存の教会に行って、司祭を
何人も見たので、尊敬する心を与えられていたはずです。そのことを
愛する息子にしてあげてください。彼は、本当に限界を超えて職務にあ
たっています。司祭は沢山のバッシングを受けます。マリー・マドレー
ヌもそうですが、今度は皆、マリー・レベッカに注目します。勇気をだ
してください。剛毅の賜物をマリア様にお願いしてください。一人ひと
りが試練をのりこえるために大変に重要なことです。「私とっても弱い
から助けて。みんな一緒にいてくれるよね」、この一言をいってみてく
ださい。そうしたら、心に感じなくても平安が与えられ、恵みが先に
先行します。司祭の祝福を、ミシェル・マリー・フランソワとクララ・
ヨゼファ・メネンデス、そしてマリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年4月10日 PM12:05
マリー・マドレーヌに与えられた聖ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私たちは、疲れていたので横になっていましたが、お茶を飲んでいま
した。先ほどユリの香りがあり、印を求めたらありました。もう一度強
くしるしを求めました。誰?と聞いたら「ヨゼフ」と答えがありました。

聖ヨゼフ: 
 愛する子どもたち、ヨゼフが話をする。今日の一つの仕事をきっかけ
に、一夫多妻の公式声明を出すことで、これは全てリトル・ペブルの、
そしてアンとベッティーナの代役であったと理解する人と、もう真っ向
から完全にネットで騒がれていた以上に、SEXスキャンダルの教団だ
とかかって決める人たちとの別れになる。
 神は光で照らし、聞く耳のある人に真理を悟らせ、愛する息子(ジャ
ン・マリー神父)がいたずらにしたことでは無いことをわからせる。
世界に配信された時の反応に関して、これを伝えにきた。
 先に天が子どもたちを祝福する。性的に苦しむ人々に光が注がれるの
で、子どもたち、彼らの苦しみを解くために祈って欲しい。ミサ中に
内的に彼らの救いのために祈って欲しい。決して軽蔑したりしないで
欲しい。本当に自分は、女性なのに、男性にあこがれて性転換手術まで
するほど心が多く悩み、それをした後も大変なバッシングを受けている
人々がいるから。
 祝福をこの三人に送る。ミシェル・マリー・フランソワとマリー・レ
ベッカ、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデスに送る。司祭の祝福を
お願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録(10)
----------------------------------------------------------------
 ジャン・マリー神父にね、「クララは、何でもすぐにわかろうとする。
そして理解しないと行動しない。」って言われたの。もう何度も言われ
てること。まず頭で考えちゃって、すぐに行動に移さない。そして「わ
からない」って言い訳する。これが、私の悪いパターンなんだね。

 2回目の結婚で、横浜にいたときのこと。2005年1月にマリー・レ
ベッカおばさんに連れて行かれたミサで、ジャン・マリー神父に初めて
出会ったの。その時、私はまだ独身で、そのミサに来ていた男性を知り
合って、その年の9月に結婚することになったんだけど。そして、神様
とかマリア様とか、カトリックとか、とにかく何も知らなかったの。
もちろん、洗礼も受けていなかったし、正直なところ受ける気もなかっ
たよ。洗礼を受けた動機も、かなり不純。横浜のある教会で結婚式を
挙げたかったから。でも、彼は長くクリスチャンで神様を信じてたから、
私も同じように信じたいって思っていたよ。なのに、ずっと「神様のこ
と、マリア様のこと、わからない」って言って、知ろうとしなかった。
そして、神様が私たち夫婦に望まれていたことがあってね、具体的に
言えばハウスチャーチを作るとか、共同生活をするとかっていうことな
んだけど、それについても知ろうとせず、私は蚊帳の外って感じで、遠
くから見ていただけ。「わからない」「知らない」って言って、単に
逃げてただけ。そうやって、責任逃れをするテクニックをもっていて、
無意識のうちにやっちゃうんだね。今思うと、本当にずる賢いことをし
ていたと思うよ。ジャン・マリー神父に「それも、母親から受け継いで
るものだ」って教えられた。確かに、そう。お母さんの行動パターンと
同じだもん。

 お母さんだって、神様、マリア様に対して同じことをしたんだよ。
ジャン・マリー神父に洗礼を受けて、カトリックを信じるって言いなが
ら、何もしなかったよね。それどころか、お母さんが離婚するとかしな
いでもめた時に、ちょっと親身になってくれる人がいたからって、それ
を利用しただけじゃん。マリア様に「(神様のところに行くために)
前進しなさい」って言われたのに、「私は関係ないわ」って顔をして、
見向きもしなかったよね。ちゃんとその時、お母さんに求められていた
ことがあったんだよ。マリア様からのメッセージ、それは同時に理解し
て、実行する賜物も一緒にもらってるんだって。そのことに責任があるっ
てことだよね。だから、理解しようとしなくちゃいけないの。そして、
たとえわからなくても、謙遜だったらとにかく‘やる’でしょ。「わか
らないけど、マリアちゃまのこと信じてるからやるもん」って。「わか
らないから、知らないからやらないし、出来ないし、私には関係ないわ」
なんて、ちょー傲慢。ましてや、自分の都合のいいとこだけを利用しよ
うなんてとんでもないよね。何のことを言ってるか、わかるでしょ。

 私もお母さんと同じパターンをもっている。それは罪なんだって教え
られて初めて気付いたの。また、ある時、ジャン・マリー神父に「自分
の我を折るようにしなさい。」って、「相手の望みに答えるように。」
って言われたの。でも、実際には出来なかった、というより、しようと
しなかったんだね。ジャン・マリー神父の望みに対しても、軽く見てい
て、完全に棚上げにしてたの。すごい傲慢、でしょ。そんな風にして、
横浜にいた約2年間、ずっと神様の方を見向きもしないでそっぽ向いて、
世間の快楽にどっぷり浸かってた。でも、こんなひどい私を、それでも
呼んでくれたんだよ。愛してくれてたんだよ。ずっと。ジャン・マリー
神父でさえ、私のことをあきらめていたのに。神さまって、ほんとに
ほんとに優しいよね。「神ちゃま、マリアまま、ごめんね」 そして
「いっぱい、いっぱいありがと。だいちゅき!」



----------------------------------------------------------------
3.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
 時代はもっとさかのぼって、予備校の時の話。上京して寮に入ること
になった。僕の部屋は、一番はじの6畳の部屋だった。親に負担をかけ
ることになったから後ろめたかった。本当は、自分で働いて、その金で
こういうことをしていればよかったのに。自分でやれればって思ってい
た。なんでかな。親が僕に対して精神的に密着してくることが、いや
だったな。「心配している」って言われることとか「お前のために働い
てきたんだから」とかね。親戚からは、お坊ちゃんってイヤミ言われて
いたし。

 なんだろう、プレッシャーにプライド、親が自慢している内容と、お
んなじにならなきゃって無意識で思っていたんだろうね。で、その反対
に干渉しないで欲しいって。だけど自分で切り開いて道筋作ってやって
いくのって、不安と心配ばっかりで、全く自信がなかった。それに毎日
の怒鳴りあいから逃げたかったっていうのもある。

 独立しようと思っても、結局親の期待を意識しているから、何かした
いっていうことよりも、何かしなきゃだったからね。いつも義務的に
思っていたんだね。何かをしなければならないって思っていたんだね。

 入寮した日に、実家から贈り物が届いていて、その中に、山菜が入っ
ていて、それを世話人のご夫婦の処に持っていって、ひとしきり話をし
た。その後、一人の入寮生と会い、話をした。いろいろな話を自分から
切り出していた。寂しかったから、相手に付き合ってもらっていたわけ。
その後、一人、部屋ですごした。一人暮らしは初めてだったけど、寮
生活なので、そんなに不自由はなかったと思うし、全部新鮮な気持ちで
いれた。

 夏のある晩のこと、寮の中で、Hと始めて遭遇した、何気にしゃべっ
ていた、4月から同じ寮にいるのに、全然、話したこともない人が何人
もいた。近所の大きな工場で夏祭りをしている時だった、みんなでお祭
り行ってみようってことになって、5・6人と出かけた。その時にHと
たわいもない話をしたり、夜店の的屋の若いおねーちゃんと、三人で
話したり、その後、帰って来てから、だんだん親しくなっていったけど。
Hは高校時代、野球部でピッチャーだったけど、肩を壊してしまって、
野球で進学できなくなったっていっていた。凛々しい精悍な顔立ちで
少し不良少年ぽいところもあった。あこがれと片思いで。いつも切ない
思いが続いていた。夜になると当然Hを思いながらオナニーをしたんだ。
休みの日とか、昼ごはんを作って、部屋に持っていって一緒に食事した。
少しでも一緒にいられるのが嬉しかったな。

 いつものパターンで、好きになった人に何かしてあげたいなって思う
ようになっていったから、恋心っていうやつは、なんか、勉強の妨げに
なって、またこんな思いが出てきたよって、一方では思っていた。でも
好きという思いや感情には逆らえなくなっていた。食事した後、Hがい
なくなって残った箸をなめたりもした。Hが寝ているときに、きずかれ
ないように、キスもした。



----------------------------------------------------------------
4.ロンジン・マリーの告白録(17)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 洗礼を受けて、これで罪から開放される、ホモからも、オナニー、男
の子のことばかり考えることもって、ほんとに思ってた。洗礼のとき
涙が出てきたほどだった。でも違うんだね。罪を犯した後、告解をする
のに、名古屋の教会にあちこち、良い神父をさがしまわることになる
とは……。愛知県にも足を運んだ。東京へも。

 黙想会の時、コルベ・マリーから本をもらった「153本のマリアさ
まのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」 なぜぼくに本をくれるか、
わからなかった。数ページ読んだだけで、そのあと1年ぐらいは、その
ままで読まなかった。

 教会にはマリアママのメッセージを知って来た子が集まっていたから、
リトル・ペブルさんのこととかメッセージのことなど、情報交換して
楽しくしていた。でも、心から悩みを相談するところまで入っていな
かった。メッセージを知ってるぼくたちが、現役の信者さんや神父さん
より天のことを知ってると思っていたし、正しいことをしていると思っ
ていた。その面で団結は強かった。

 ロザリオ会というものにも参加した、教会でロザリオをたくさんした
後、食事などをして交流を深めていった、「この祈りがいいよ。こんな
こと書いてあった。いつ起きるんだろう。……」と「すごいねー。自分
には出来ないよ。」って自慢めいた話が多かった、でもその頃は何も
気づかづ、祈りさえしてればいいんだっと。会があるたびに待ち遠し
かった。でもだんだん祈りが競い合い、義務って思うようになってから
は、会に行くのがつらくなっていった。祈りさえしていても、自分の
同性愛やオナニーの行為、同性同士の性行為はとめることが出来なかっ
た。罪悪感だけがいつも付きまとっていた。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は11月25日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]