%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年11月11日号 No.383

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 3. ロンジン・マリーの告白録
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月9日 AM3:10
マリー・マドレーヌに与えられた聖ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 赤ちゃんグッズのがらがらを落としてしまって、聖櫃の後ろにおっこ
として、それを取ろうとしたら突然ユリの香りがして、しるしを求めた
らあって、誰ですかとたずねたら、「ヨゼフ」としるしと同時にもらい
ました。

聖ヨゼフ:
 愛する子供たち、ヨゼフが話をする。以前マリー・マドレーヌが愛す
る息子(ジャン・マリー神父)と償いのSEXをしたときに、クララに
見せたが、彼女はショックと混乱のために泣き、マグダラのマリアの
出現に対して初めての長いメッセージに出会った。今度、三人が聖体の
前で裸を見せることによって、今度はマリー・レベッカに対し、激しい
ショックを受け、また泣き出してしまう。彼女には今パソコン上の仕事
をさせていないのが幸いであって、リトル・ペブルに関する非常に捻じ
曲げられた「オカルト宗教」という断罪の言葉と「SEXの親玉」のよ
うに言われていて、今、愛する息子がこのように公然とさらしたのを
見て、多くの人たちはやっぱり大もとにそれを広めている。
 愛する息子が第5部門と称しているある男性の働きに皆納得をするか
のように、だんだん変わってきている。しかし、裸でのご出現に対する
前代未聞の出現のことを見る人たちが興味を示し、少しづつアクセスの
件数が増えている。マグダラのマリアの名前がまたクローズアップされ
はじめ、マリー・マドレーヌはマグダラのマリアのようにおんなじたぐ
いの女だとしてどんどんキャンペーンで広められている。
 愛するマリー・マドレーヌ、ますますマグダラのマリアを愛し、強い
女性の模範として立てられたマグダラのマリアをもっと愛して親しんで
欲しい。旅行に関してであるが、コルベ・マリーと愛する息子、そして
マリー・マドレーヌの三人がしばらく行く。けれどもミシェル・マリー・
フランソワの状態が、愛するジャン・マリーと離れると悪くなるので、
今度は女性に囲まれる生活となり、いろいろと打ち明けると思う。愛す
る息子よ、これからの状態については、よくミシェル・マリー・フラン
ソワを見て、彼の状況を把握するように。今までしたように、もっと
男性に心が開けるよう、コルベ・マリーと一緒に彼のケアをして欲しい。
ミシェルについては、今コルベ・マリーが大変な防御をした。あと
は彼の行動をよく見るようにお願いする。悪魔の働きに対し注意し、引
き続き彼のことをケアするようにお願いする。パードレ・ピオ□□
もあぶなく、大変に東京のメンバーは揺らされている。子供よ、愛する
息子よ、どうかこれからの動きに気をつけて、皆で東京のメンバーのた
めに祈りを捧げて欲しい。ミサ中に内的に祈って欲しい。司祭の祝福を
ミシェル・マリー・フランソワとミシェル、そしてパードレ・ピオ□□
また□□にお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 ヨゼフ様が一言だけ、しるしがありました。

聖ヨゼフ:
 今日、子供たちが帰ってくるが、ヨゼフがお願いしたいのは、三人の
女性を一緒にしないことに変わらない。三人の男性がケアをそれぞれに
願いする。祝福を送る。父と子と聖霊との御名によりてアーメン。



--------------------------------
2007年4月9日 AM11:33
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 調度2、3分前、休んでいた時、「あなたををツンボにしない」と
女性の声、その時「誰?」と聞いたら、「聖母マリア」と「あなた個人
宛の耳のシナリオを変えます」と聞こえました。もう一度しるしを求め
ます。「ミッシェル・マリー・フランソワが従順じゃないので」という
一声も聞こえていました。今しるしがありました。

聖母マリア:
 愛する子供たちに悲しみの聖母が話します。マリー・マドレーヌは
ちょうど1年前の4月30日に、「ミシェル・マリー・フランソワの
身代わりになるから、私の耳を聞こえなくして彼にローキューションを
与えて」という訴えをして、天はそれを喜んで聞き入れました。何度も
不安にあいながらも、マリー・マドレーヌは「早くツンボにしてねー」
っと愛する息子(ジャン・マリー神父)の嘆願に乗せて一緒についてき
てくれましたし、自分から耳栓をして会話を聞かないようにしていまし
た。でも、ミシェル・マリー・フランソワの不安と恐れにより、また
将来への思い煩いによって、「思い煩うな」という愛する息子の言葉に
心が開けずに、そこで不従順になり、ますます恐れと不安を抱え、今
コルベ・マリーと一緒にいます。この間、「寺沢でしるしをあげます」
といって約束をしましたが、その時にもらえなかったのがショックで、
また聖母にすがれなくなっています。
 ミシェル・マリー・フランソワは、ビジョンだけになります。泉で
強められないと、彼は注腑恩寵によらなければ立つことが出来ません。
マリー・マドレーヌは新たに言葉をたくさん聴いて十字架を負うことに
なりました。耳が聞こえないほうがよかったけれども、讒言(ざんげん)
によるこの痛みを、愛する息子とともに共有する道に入ります。ミシェ
ル・マリー・フランソワの耳と目に関しては、司祭が識別のしるしを
もらって、それが祝福のスタートになり、泉が湧いて、後に彼に癒しを
与えるという約束になります。子供たち、ミシェル・マリー・フランソ
ワを支えてあげてください。祝福をミシェル・マリー・フランソワに
お願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「マリー・マドレーヌに」と一言だけ、マリア様が。今しるしをもら
いました。

マリー・マドレーヌ:
 マリー・マドレーヌに聖母がお話します。だんだん聖母を愛してく
れています。このように聖母を慕う心を、どうか愛する息子とともに、
名古屋に行っても小さな子供たちに伝えてあげてください。皆、罪を
痛悔する恵みを聖母に願うなら、恐れなく、「私は心が痛んで、この罪
を犯したことを悔やんでいます。ゆるしを取り次いでください」と、小
さな子が話すように、もっと親しく話ができるようになります。第一世
代、第二世代の子供たちは、本当に神とイエズス、聖母、ヨゼフ、天使
たちに対し、聖なる天の方々というイメージを強く持つよう指導され、
話すのもうやうやしく、もっともっと尊敬をこめ、おそれかしこむよう
に育てられました。そのため、自分の心に傷のある人たちは、恐怖を
植え付けられ、天が本当に遠くなってしまっているのです。第三世代の
模範は、今立てられた北岡家のライムとレモンのように、本当に「お母
さん」と言って、はしゃいで近寄るのが、神の子供になった特権です。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年4月9日 PM4:50
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど、今日は出かけていたんだけれども、車に乗る途中、ジャン・
マリー司祭が、「シストとカタリナ夫妻殉教者のライフ・ヒストリーを
マリー・マドレーヌに教えてって頼むように、マリア様に内的にお願い
しなさい」と車の中で言っていました。今日、一時過ぎから、待合室
相談事のために、みんなで出掛けたんですけど、ロビーでずっと話しを
しながら、「マリア様、ガブリエルちゃん助けてくれるよね。神様の
望みの通りにして、私知ることが出来たら知りたいです。でも私よく
わからないし、助けてくれるんだったら助けて」と言ってました。午後
2時5分ころ、「愛する息子に。聖母マリア」、「愛する息子に全部
見せます」と言われました。償いのSEXを終えたあとに、「ミシェル・
マリー・フランソワ宛なので非公開にして欲しい」と言われました。

聖母マリア様:
 愛するミシェル・マリー・フランソワ・ヨゼフ、あなたを深く愛する
聖母が、あなたにお話します。今、また、心がズタズタに引き裂かれて
いて、東京の共同体の創立者として立てられていたのに、自分が男性に
対し心が開けない傷と繊維筋痛症の病気ために、ほとんど集会に顔を
出せず、仲間から激しい誤解と憎しみに似たような感覚を受け、大変に
嫌悪感で一杯であり、今ものすごい悲しみと疲れに満ちています。それ
と自分の職業に対しての失敗とつらさ、悲しみのゆえに、また自殺の念
にかられていたのを、この間、愛する息子(ジャン・マリー神父)に
知らせ、もう一度立ち上がれるように祈りをして欲しいと、内的に訴え
ているのを天は聞いています。
 あなたの耳が聞こえないことと、目が片方見えにくいことの仕業は、
全て悪魔の仕業なので、泉により癒しを与えます。この間、寺沢の時に
しるしをたくさん見たけれど、ビジョンがなくて、また幻視者の使命に
対する重荷が大きく、今度秋田で司祭になってみんなを導けるのか、
自分は司祭としてふさわしいのかどうなのか、不安に恐れにおののいて
いるのを今聖母は知っています。ただ、愛する息子のカリスマに信頼で
きれば、どんなにいいかしれません。子供たちに共通なところは、愛す
る息子の大胆な行動と思いもよらない計画、そして言葉の発し方で、驚
きと恐怖感になっているのを天はみんな知っています。コルベ・マリー
も最初苦しみました。でも彼は苦しみに苦しみながらも、今も一所懸命
についていこうとしているのを聖母は喜び、愛する息子も喜んでいます。
 ミシェル・マリー・フランソワには、一つの重荷を下ろさせ、もう
一度ビジョンに戻して、しばらく休み、今の現実の問題に直面している
事柄を愛する息子とコルベ・マリーに一緒にやってもらって、そうして
仕事を再開することになります。ただ今回の事件のことでまた不安が
生じているのを知っています。でも、愛する息子に信頼してください。
二人の女性が一粒の麦になり、大きなうねりが起こります。でも、ミ
シェル・マリー・フランソワとは全くこの出来事は関係ありません。
リトル・ペブルの名を世界に広げるためにすることであって、誰もリト
ル・ペブルを助けないために、愛する息子が踏み切った行動であること
を覚えて欲しいのです。祝福を送ります。司祭の祝福を、ミシェル・マ
リー・フランソワとコルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
 Sとは八年間一緒に暮らしていた。Sとちょっとしたことが原因で
けんかして、長い期間、Sは全く話をしなかった。僕は家に帰るのが
嫌でしょうがなかった。ある日、仕事がおわって、僕は、ゲイ映画を
上映する映画館に入っていった。浮気だ。発展場って言われるゲイ映画
を専門に上映する映画館で知り合った人、発展場っていうのは、同性愛
者同志が知り合う場所で、有料のところもあれば、公園や公衆トイレな
どいろいろある。そういうところで、お互い、目で合図したりして、
相手にアプローチをかけていく、大方肉体関係が目当てで来ている人
が多い。
 映画館で見かけた人の中に、色白で、一見すると男の子というより
女の子に見える子がいた。中性的な顔立ちとその雰囲気が僕は気になっ
ていた。彼が帰ろうとして、出口に向かって歩いていった。ぼくも後を
つけて歩いて行った。彼の後を追った。声をかけた。お茶かご飯でもし
ていかないって、二人して駅のほうに歩いて、新宿に向かうことになっ
た。彼は関西弁だった。神戸出身で19歳だった。僕はこのとき26位
だったかな、この日は、新宿で一緒にご飯食べた。ふたりで道を歩いて
いる時、「いよっ、ご両人!」なんって掛け声がかかったりした。
 彼とは3ヶ月くらいの付き合いだったかな、プラトニックで、月に
何回か会って食事したり飲み屋に行ったりしていた。ある日、終電を
逃してしまい、彼の部屋に泊まることになった。そこで結局彼とSEX
した。彼は女の子のように反応した。下着も女性用の下着をはいていた。
小さい時に両親が離婚してしまったことや、お母さんやお姉さんが彼を
可愛がってくれていたけど、その程度が度を越したもので、あまりにも
べたべたするから嫌になって家を出てきたこと、父親に対してすごく
憧れがあって、父親のたった一枚の小さな白黒写真をいつも携帯してい
て、その写真を見せてくれた。不倫関係だ。T君は早く僕に別れて欲し
いって言ってきた。
 僕はT君に職場の電話番号を教えていた。ある日、会議中に彼から
電話がかかってきて、いま会議中だから話が出来ないからまた後で電話
をしてくれと強い口調で伝えたら、彼は怒ってしまって、もういいよっ
ていいながら電話を切ってしまった。それ以来彼からは電話がかかって
こなくなった。



----------------------------------------------------------------
3.ロンジン・マリーの告白録(16)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 00君といっしょに1年ぐらいは暮らしただろうか、時々仕事のこと
でけんかをするようになった。本の些細なことだったけど、ぼくがいち
いち指摘したり、00君がきっかけでミスが出たと責めてしまった。

 けんかのきっかけはいつも自分にあった。でも人のせいにした。「あ
の時、あんなことしなければ、アーならなかったのに」と。責め立てた。
自分はただ、肉体関係だけがあっただけで、心から愛するものではな
かった。いっしょに暮らして1年続かなかった。

 肉体関係があっても、ホモ雑誌やビデオは買い続けて、オナニーは
続けていた。町や仕事場に行けば、男性に目が言ってしまう。「あんな
子と仲良くなりたい、いっしょに寝たい」って。心の中はそんなこと
ばっかり、今でもそうだけど。

 カトリック教会へは夜しか行けなかった。日曜日は仕事の関係でいけ
なかった。港区の仕事場から東区の教会まで自転車で通ったな。その
教会はお化け屋敷みたいに外観が怖かった。夜7時に毎日ミサがあった。
マリアママの本を読んでいて大体はわかっていた。ミサの後にロザリオ
をした。初めてだから何でもしていれば安心だった。数週間通ったかな、
ミサの後、神父さんに呼ばれて、司祭館へいった。

 1989年にマリアママが天に昇ったのを記念した日に洗礼を受け、数年
がたって、一応この年で教会の青年部を神父さんから「作れ」といわれ
活動?したかな。2002,3年ごろかな、青年部の主催で秋田の聖母出現で
名の知れた安田神父を呼んで黙想会を開いた。そのとき初めてコルベ・
マリーに会うんだけど。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は11月18日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]