%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年11月4日号 No.382

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 3. ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 4. ロンジン・マリーの告白録
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月8日 AM8:10
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど、朝ごはんを食べてたんです。8時5分ころ、「名古屋は
祝福されている」という男性の声があって、しるしを求めたら、しるし
がありました。「もう一回しるしをちょうだい」とたずねて、「だれで
すか?」とたずねたら、しるしをくれて「イエズス」という声が聞こえ
ました。

イエズス様:
 愛する名古屋の子供たち、イエズスがあなたがたに話をする。あなた
がたは、愛する息子(ジャン・マリー神父)の望みに対し、完全なフィ
アットを言ってきた。特にロンジン・マリーとフランソワ・マリーの
心に大いなる苦しみと悩みがあるにも関わらず、神を信じ、信仰一本で
進んできた。司祭になかなか会えず、ミサもあずかれず、聖体拝領も
直接に出来ないでいる。でも霊的聖体拝領を欠かさずして、私の苦しみ
をになってくれた。
 名古屋と天草は祝福を受けた土地で、北岡家も一生懸命についていく
意志をあらわしてくれた。彼らが純朴な子供たちで、全く神への愛に
燃え上がっていて、小さな子供たちにそれが現れている。二人の男の子
は、子供たちの幻視者、神秘家の模範になる。マリア・ヨゼフ北岡直樹、
あなたには洗礼を受けて大変な試しになったけれども、愛する妻のケア
に護られ、そして愛するロンジン・マリーに支えられて今がある。あな
たは精神的に苦しみをもっているが、それが今のあなたの十字架になっ
ている。泉で注付恩寵をうけるので、恐れないで愛する息子について
いって欲しい。
 名古屋と天草では、もう十分に理解されているので、マリー・マド
レーヌと愛する息子との行動になるために、今までしていたように添い
寝だけの方法で、全てさらすことはしない。なぜなら、祝福を受けてい
て、天使の軍団があなたがたに全てを教え伝えるので、もう十分に理解
できている。
 ここではっきりもう一度言っておく。この償いに関しては、秋田での
出来事に関するものなので、名古屋、またこれから行く天草では行われ
ない。ただ、マリー・マドレーヌのスキンシップの穴埋めで、二人で
最後まで聖痕をもった身として、今度はイエズスの十字架の痛みの道に
入る。愛する司祭(ジャン・マリー神父)にお願いする。ロンジン・マ
リーにこれを伝えて欲しい。司祭の祝福を名古屋のロンジン・マリーと
フランソワ・マリー、そして北岡家の全ての人にお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2007年4月8日 PM5:35
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 カリスの洗浄のとき、イエズス様の「言語の賜物」って声が聞こえま
した。「愛する息子にあてて」という声も聞こえています。しるしを
求めたら、識別のためのしるしをいただきました。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)にイエズスが話をする。あなたは、
全生涯にわたって生け贄(いけにえ)の状態で、恵みの霊魂として病気
を背負い、霊的にも肉体的にもたくさんのところを通らされ、特に修道
生活を選んでからは全くの失敗の連続で、本当に名誉も地位も求めない
生活へ自分から進んで入っていった。
 今回の預言的使命に関することも大変な勇気と決断をし、二人の女性
をもち、一夫多妻の代役になるほど、リトル・ペブルのために命をなげ
うって仕えた。これから、このことが公にされるが、あなたの髪の毛の
一本も落ちないことを今ここで言っておく。このことに関して、世間が
どう判断するか、また教会が、そしてシャーベル修道会がどう判断する
か、全て神のなさることなので、あなたはもう全部身をゆだねつくして
いる。
 愛する息子に約束されたこれからの大転換は、言語の賜物、そして
大聖アルベルトのように全て神のために使う能力が与えられる。今ミサ
中、大聖アルベルトに願っているように、もっと神を慕い、導きを求め
るようあなたにいう。今まであなたを讒言(ざんげん)した人々はこの
大奇跡により恥じ入る。愛する息子は、あなたの情熱と愛は、限りなく
セラフィムのように燃え上がっており、イエズスに、そして私の母マリ
ア、ヨゼフをどれほどに慰めてくれたかしれない。本当にあなたがいな
ければ、他の子どもたちはこの大変な試練にずたずたに引き裂かされ、
散ってしまうところである。
 一番苦しみ、一番痛んでいるのに、あなたはそれを修道者の精神から
一言も発しないで、本当に神への愛に燃え上がって、すごいくそ意地を
もって愛してくれている。人々は危険な信仰だと見ているけれども、愛
する息子の名が証明するように、「復活された神の子のジャン・マリー
司祭」という名は世界にとどろき、イエズスへの愛とリトル・ペブルへ
の愛に燃え上がった人と、正しく理解できる少数のシャーベル修道会の
メンバーたちは、感じ、はっきり知り、そこにはメアリーとクライブ・
マティソン夫妻、そしてマザー・マリー・テレーズがいる。
 このメッセージは、愛する息子にあてて話したが、後にブロサード
司教に告げられ、本当の愛を実践した人として彼もあなたを理解する。
同宿たちを励ます意味でこれを伝えて欲しい。将来司教として活躍し、
大変忙しくなるので、それに伴う大きな恵みと祝福を、一番先に愛する
息子が受けることを覚えなさい。そしてクララとマリー・マドレーヌが
それぞれにしたがって恵みをうけ、泉ののちにたくさんの巡礼者たちを、
ここ秋田の寺沢の地に送るので、子供たちに全てを用意するよう命じな
さい。父と子と聖霊との御名によりてアーメン。



----------------------------------------------------------------
2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録(9)
----------------------------------------------------------------
 3ヶ月くらい前にね、1ヶ月間、3人兄弟の子供を預かったの。一番
上の女の子は7歳、あとの二人は男の子で、6歳と3歳。両親に傷つけ
られて、情緒的に問題があって、ジャン・マリー司祭がそのケアをするっ
ていうことだったのね。もちろん、そのケアはみんなにも任されていた
よ。その子たちは、特にお父さんによる傷が大きかったから、男の人
になつかせるように、私は男の人に任せるようにって言われていたの。
でも、できなかった。子供たちと一緒になって遊んで、それも子供たち
に全部合わせてしまう。本当に注意しなくてはいけないのに、何も言え
ない。男の人に任せなさいって言われながら、寄ってくる子供たちを
つき離せなかったばかりか、子供に合わせて接して、機嫌をとってしま
う。そんな世間の価値観っていうのを見せて、結局子供たちには悪い
影響しか与えないで終わっちゃった。ジャン・マリーの言う事に従順で
きなかったの。「自愛心だよ」って言われちゃった。自分が可愛くて、
嫌われたくなくて、相手を見て、相手に合わせて行動しちゃう。本当は、
相手のことなんか、これぽっちも考えてないのに。愛せないんだなぁ、
ほんとに。

 一番上の女の子は、私にとてもよく似ていて、まるで自分を見ている
ようだった。お父さんからは、暴力によって抑圧されて、お母さんから
は、先回りされて育てられたことで「自分は何をしたい」っていうのが
なかった。まだ7歳だけど、すでに世間の価値観で生きてる子だったの。
きっと、私も早い時期からそうだったと思うよ。まわりを見て、それに
合わせて行動していた。「私はこうしたいの」じゃないんだね。‘こう
しなきゃ’。「弟の世話をしなさいって言われたから、しなきゃ」「先
生にこうしなさいって言われたから、しなきゃ」……。確かにそうして
いれば、世間的には‘いい子’ちゃんで誉められる。でも、全部『義務
感』で動いてるんだね。相手に向ける愛が原動力じゃない。自分に向け
られた愛、なのね。愛されるっていうことを知らない子だった。だから、
本当に愛してあげなくてはいけなかったのに、出来なかった。だって、
私自身も愛すること、愛されることを知らないんだもん。悲しいけどね。
同時に、その子は甘えることもしなかった。「甘えていいんだよ」って
言ってもね。きっと、人を信頼することもできないんだと思う。信頼し
て、甘えることができない、どうやって甘えていいかもわからない。私
がそう、だったから。‘しっかりして、いいお姉ちゃん’であることを
求められて、そして応えてきたんだね。

 私のいとこで、マリー・レベッカおばさんの女の子がいるんだけど、
その子も同じ。私と本当によく似ているの。しっかりして、いい子だっ
たよ。でも、信頼して甘えることは出来ない、だから愛することを知ら
ない。本当に愛されたことがないと思う。少なくとも、マリー・レベッ
カおばさんには、ね。私のお母さんとよく似てるからよくわかる。姉妹
だもん。彼女たちの価値観を、私たちはかなりちっちゃい時から押し付
けられてきたんだよ。いとこの場合は、教会、お祈り、共同生活、家事
……。そして、女性は‘清く正しく美しく’、キャリアウーマンを否定
して家庭に入るべき、とか婚前交渉なんて駄目とか……。わかるでしょ。
いとこは「今どき婚前交渉しない、化石のような人なんていないよ。」
って、言い返してたけど。小さい時から、無理矢理教会に行かされて、
家でも長〜いお祈りさせられて、よくわからない人と一緒に住んだり、
まだ小学生も早い時期から一人でご飯作ったり……。いとこは大きくなっ
て、教会を離れたの。当然だと、思うよ。にも関わらず、彼氏を家に
連れてきたとき、「お母さんは、彼にカトリックの本を見せて話をしは
じめた」って、「彼は完全にひいちゃって、恥ずかしくて嫌だったよ。
もうやめて。」って言ってたよね。そりゃ、そうだよ。あつかましい、
ただの押し付けだもん。いとこが嫌がってるの、知ってるくせに。相手
の意思なんて、全然尊重してないでしょ。「愛してる」って、安っぽく
振りまわしているけど、本当の愛じゃないんだよ。「子供を愛してる。
子供のため」って言って、大うそ。そうやってちっちゃい時から縛りつ
けて、先回りして、子供を支配してる。そうやって私もいとこも、自分
が本当に何をしたいのかわからなくなっちゃって、まわりを見て‘いい
子’を演じてきた。そして気付いたらいつまでも親離れできなくなって
たね。いとこだってそうなんだよ。同じように、私のお母さんもマリー・
レベッカおばさんも子離れできてない。それどころか、私の両親なんて、
大人になった今もなお、子供を支配しようとしてるんだよ。それも、
可愛そうなお父さん、お母さんをしっかりアピールしてね。どんな顔し
てそんなことしてるか知らないけれど、恥ずかしいから止めて。本当に
愛していたら、自由と尊厳を認めてよ。私はお母さんのペットじゃない
んだからね。

 マリー・レベッカおばさんはね、家庭だけじゃない、この秋田でも
同じことをしたの。人の意思を無視して、自分の価値観を押し付ける。
あくまでも「自分が正しい」からね。彼女は‘清く正しく美しく’ない
って思った人を見下してた。でも表面には出さなかったけど。すべて
‘義務感’で動いて、愛からじゃないの。私のお母さんがしてきたよう
に、自分は被害者で、他はみんなを加害者にしちゃう。「自分は正しい
の、あなたが間違ってるのよ」って、勝手にそう思い込んでいる。そん
な彼女の言葉や行動に、ここにいる人たちがどれだけ傷つけられたか
わかる? 特に、軽い言葉、そしてあてこすりの言葉に、とても傷つけ
られて、ずっと苦しんでいた人がいたこと、知ってる?

 婚前交渉や性的な罪、盗みとか、してはいけないこと、神様のことを
伝えたいっていうこと、確かにそれはその通り。でもマリー・レベッカ
おばさんの場合、根底にあるのは愛じゃないんだよ。掟とノルマが好き
で、それを頑張ってする自分を愛しちゃってるだけ。そして自己満足。
「ちゃんと掟を守ってるし、こんなにお祈りもいっぱいしたよ」って、
神様にアピールしたいだけ。形だけで、「神ちゃまのこと、大好き!」
っていう中身は何もないの。そんなことしたって、神様は嬉しくないよ
ね。私が、お父さんやお母さんも含めて、本当に愛されなくて悲しかっ
たり、寂しかったり、むなしかったりしたことと同じ様に……。

 それから、言わせてもらえば、マリー・レベッカおばさんが「〜は、
罪やねん。」っていうこと、クララはいっぱいしてきてるんだよ。結婚
前にセックスもしたし、コンドームも使った。男性のペニスを口にくわ
えたこともあるし、不倫もした。その場限りのセックスもして、その
お返しにご馳走してもらったこともある。制服のスカートも短く切って
はいてたし、ミニスカートや肌を露出する服も着たよ。お父さんから
お金をとったし、高校生でお酒飲んで警察に捕まった。うそもついたし、
ねたんだり、傲慢で、ずるい。洗礼だって、「ここの教会で結婚式挙げ
たらおしゃれだよね」がきかっけだし、それ以降お祈りもしなかったよ。
マリー・レベッカから伝わってくるのは、「〜は罪やねん」ってこと
ばっかりやっちゃったら、「神様に怒られちゃう」とか「怖い」ってい
うこと。でも全然違うんだよ。だって、こんなに罪だらけのクララでも、
神ちゃまは呼んでくれてるんだよ。「こっちにおいで」って。「ありの
ままのクララを愛してるよ。」、そして「赦してるからね」って。今で
も悪いこといっぱいしちゃってるのに、そんなクララを「可愛いクララ、
愛してるよ。」って言ってくれる。クララも愛したいって思ったの。
本当に愛したいって、思ったの。「神ちゃま、大ちゅき!」って。



----------------------------------------------------------------
3.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
 大学4年の後半、秋口、電話で知り合った相手に、Wさんという人が
いた。ダイヤルQ2で知り合ったんだ。ダイヤルQ2は、5〜6人くらいの
人が参加して話が出来るものだった。今のインターネットのチャットみ
たいなものかな。はじめに、ニックネームを言って、身長、体重、年齢
とか自己紹介するんだ。僕は、自分から話していくことが出来なくって、
いつも人の話を聞いていることが多かった。Wさんと知り合った日は、
他の人から質問されることについて、いろいろ答えては自分のプライ
ベートなことを話していた。それを聞いていたWさんは、僕がまじめに
自分の事を話していて、周りは面白おかしく馬鹿にするような雰囲気に
なってきて、僕のことが可愛そうになったって、それで話かけてきてく
れたみたいだった。ダイヤルQ2だと、お金がかかるので、お互い電話
番号を教えあって、いろいろ話をしたんだ。それで、待ち合わせするこ
とになったんだ。

 いつもそうなんだけど、Wさんと会うときも、ものすごく緊張して
すんごく疲れてしまっていた。会わないで帰ろうかなって思ったんだけ
ど、勇気出して会ってみたんだ。表参道にある、花も売っている喫茶店
で待ち合わせすることになった。彼はお店の真ん中ほどのテーブルに
座っていた。Wさんは漫画の少年アシベに似ているんだって言っていた
けど、確かに似ていた。かっこいいお兄さんじゃなかったけど、優しい
人だなって思った。コーヒーを飲んでから、Wさんの父親が借りている、
公営の団地の部屋に行った。そこの一室で僕らは、コンビニでご飯買っ
てきて食べたんだけど。一息ついた頃、Wさんがぼくのおちんちんを
触ってきたんだ。はじめ僕は嫌がっていたんだけど。僕もWさんのおち
んちんに触っていた。Wさんが僕の乳首を刺激してきた。女の人だった
ら分かるけど、男が乳首を刺激されて気持ちいいのかななんて思った。
すんごく、くすぐったかった。途中、シャワーを一緒に浴びて、その後、
お互いのおちんちんをなめあいしゃぶりあって、そして、初めてアナル
セックスしたんだ。自分から入れてみてってWさんに誘ったんだ。すご
く痛かった。でも我慢していたら少し気持ちよくなって、最後はお互い
興奮して、Wさんはぼくのお尻に精液を出したんだ。けどその後、内心
HIVとかの性病が怖くなって……。僕は、勢いでSEXしてしまった
ことに後悔したんだ。



----------------------------------------------------------------
4.ロンジン・マリーの告白録(15)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 人を指摘することが始まった。長く付き合えば付き合うほど、相手の
不完全なところが見えてきて嫌気がさしてくる。また人とうまく付き合っ
ているのを見ると嫉妬もする。自分勝手な本性が出てきた。今までいく
つかの仕事で関わった人たちにも言える。仕事をやめた理由は全部そこ
にある。自分中心でないといけないのか? 人を盾にして話したり、接
したりすることもある。いかにも人とは何の隔たりもないように見せて
いるけど、人と接するのが苦手だ。これは思い出せば、小さい頃からな
んだな。で、赤面性って勝手に思い込んで、それを克服するためにも
人に接する仕事に就こうと思った。それが花屋から始まった。

 花屋に勤めて1年ぐらいたって、父が瀬戸の仕事場で倒れた、脳溢血
で、半身不随になった。病院に行き、病室を開けると母が先に来ており、
愕然とした父がベットに座っていた。働いていた勇ましい姿ではなかっ
た、言葉もろれつが回らず、右手が内側に曲がっていた。哀れだった。

 花屋でいっしょに働いていた人たちからは何の連絡もなかった。その
中で一人だけはしばらく連絡はあったものの、結婚してからはそれっき
りになっていた。

 Aくんと00君と仕事を探した。やっと見つかり、00君と働き始め
た。田んぼの真ん中に大きな倉庫みたいな運送屋で、荷物の仕分け作業
にあたった。横もちという各営業所に運ぶトラックの運ちゃんと親しく
なった。00君は僕よりも早く仲良くなっていた。どちらかというと
00君のほうは人懐こく人あたりもいいので、すぐ仲良くなっていた。
それを見て影響されてついでに仲良くさせてもらったって感じ。

 自宅療養していた父とはほとんど口を利かなかった、僕はうちにいる
のがいやになった。アパートを借りることにした。母はうちを出ること
に反対していた。父の愚痴でうちを出ることを知っていたので、母は父
に文句を言って説得していたが、僕は出ることに決めていた。

 00君が車を持っていたから、朝弁当を作っていっしょに出勤した。
昼食は車の中で楽しく食事し、仕事が始まるまで日差しの当たる車の中
で昼寝した。その合間に下半身をいたずらした。仕事が終わりアパート
に帰ると、夜食、風呂もいっしょに入ったなー。寝るときもいっしょだ
った。お互いにオチンチンを握ったまま寝たこともある。当然性交渉は
あったよ。00君は土日に実家に帰った。こんな楽しい生活が始まった。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は11月11日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]