%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年10月28日号 No.381

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.全世界の報道機関に対する公式声明
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 4. ロンジン・マリーの告白録
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.全世界の報道機関に対する公式声明
----------------------------------------------------------------
直 訴 状 パートU

マリア!
天皇陛下、美智子皇后陛下

 皇室のあなたたちに、神は全人類のための大きな使命を与えています。

 それは、リトル・ペブル(ウイリアム・カム)と協力して、唯一で
まことの生ける神に、日本人をたち戻らせて日本人を救い日本を全人類
の光とするというものです。

 たちもどるという意味は、皇紀元年、アッシリア帝国の滅亡の際、そ
の都、ニネベに捕囚になって生活していた、日本の皇室の創始者と建国
に参加した捕囚の民が、この唯一でまことの生きる神「アブラハム、イ
サク、ヤコブの神」に忠実に従いぬくために国を興したからです。

 偉大な先祖たちの歩んだ正しい道にたちもどることが、日本人を救い
ます。彼らの多くはベニヤミン族で、彼らが神をお喜ばせし、積んだ
功徳のゆえに、今、神はあなたたちを全人類の救いのために選びました。

 唯一でまことの生ける神にたちもどる道筋を、「リトル・ペブルと
リトル・ペブル同宿会を通して」と神は定めました。あなたたちは、リ
トル・ペブルと一致協力してのみ、この使命が果たせます。
 
 全世界の人々を唯一でまことの生ける神への信仰に導くために最初に
起こるべきことが、日本の大改心です。

 このリトル・ペブルを滅ぼそうとして、フリーメーソン(ルシフェル
を神とする人たち)が、彼をでたらめな裁判によって、監獄に閉じ込め
てしまいました。

 あなたたちの、日本人と全人類の救いのための使命は、彼を監獄から
救い出すために、あなたたちの持つ影響力や人脈を通して動くことから
始めることを神が望んでいます。今後も神は、ちくいちあなたたちを
指導します。

 神に信頼するように。

マリア様の優しい愛があなたたちと皇室をつつみますように。

2007年10月28日
リトル・ペブル同宿会創立者、ローマ・カトリック司祭
復活された神の子のジャン・マリー神父 [ サイン ]


--------------------------------

直訴状

マリア! 
ベネディクト16世

 日本の秋田に全ての恵みの仲介者、あがないの共贖者(きょうしょく
しゃ)である聖母というタイトルで第二の聖母出現が、今続いています。

 神は、あなたに全ての恵みの仲介者、あがないの共贖者をドグマとし
て宣言するよう望んでおられます。

 できるだけ早く教会会議を招集し、聖母の聖年を宣言し、聖母が全て
の恵みの仲介者、あがないの共贖者であることを教義として定めてくだ
さい。

 また、神はあなたに、あなたと共にキリストの代理者でありながら、
無実であるにもかかわらずオーストラリアの監獄に入れられているリト
ル・ペブル、すなわち教皇リトル・ペトロ・アブラハムU世が、まこと
に神がたてた教皇かつ預言者であることを宣言し、彼の監獄からの解放
に力を尽くすよう求めておられます。

私はあなたの忠実な僕(しもべ)です。

2007年10月28日
リトル・ペブルの同宿会創立者 ローマ・カトリック司祭
復活された神の子のジャン・マリー神父 [ サイン ]



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年10月27日 PM17:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 さっき、悲しみですごい泣いてたら、その後なんだけれど、「天国で
過ごします。」っていう女性の声が聞こえてきて、「しるしありますか?」
って聞いたんです。そしたら、識別のためのしるしもらって、「誰です
か?説明ありますか?」って聞いたら、しるしもらいました。で、「誰
ですか?」って聞いたときに、「聖母です。」って言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する息子に、聖母が話します。愛の共同体の不足が生じていて、
「マリー・マドレーヌの身代わりになる」と申し出て、皆命の奉献をし
ていますし、今もそうなのですが、男性二人の弱さのゆえに、シナリオ
の変更をせざるを得なくなりました。マリー・マドレーヌは、何度も
自殺の念にかられるほど、神秘的な死の状態にあるのを、まだ皆が理解
できていません。パラダイスではなくて、天国で過ごします。司祭の
祝福を、コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワとマリー・
マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 ミッシェル・マリー・フランソワやった?ジャン・マリー?

ジャン・マリー神父:
 今やったんでないかい?

マリー・マドレーヌ:
 やってない。2回ともコルベ・マリーだった。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、もらいました。

ジャン・マリー神父:
 詳しく説明お願いしますって。遺体の処置について変更あるんですか?
って。死亡届、出すんですか?って。戻ってくるんですか?って。聖痕
があらわれるんですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしが今あって、

聖母マリア様:
 マリー・ダニエルの使命は、マリー・マドレーヌには負いきれないも
のです。遺体の処置は、ガラスのケースの棺ではなくて、埋葬して下さ
い。死亡届も出します。聖痕は、マリア・アントニアが、ここに戻らな
くなったために、あらわれません。その原因で、マリー・マドレーヌに
激しいプレッシャーがかかり、自殺する行動に何度も出てしまいました。
聖母は、たくさん守り手を送りましたけど、二人の愛の弱さのゆえに、
シナリオを変更せざるを得なくなりました。死亡届を出して、きちっと
葬儀を行い、マリー・マドレーヌのために、そうしてあげて下さい。
悪魔は、怒り、猛り、くるって、マリー・マドレーヌを痛めました。し
かし、シナリオの変更により、マリー・マドレーヌのこれからは変わる
と思います。普通に天国に行く状況になります。司祭の祝福をお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
「土葬ですか?」って聞いてくれる?まず、しるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとって……しるしがあって、「土葬ですか?」って聞い
たら「司祭の意思に任せます。」って言われました。確認のしるし、今
とりました。「他にありますか?」って聞いたんだけど、他にもう何も
ないです。



----------------------------------------------------------------
3.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録(7)(8)
----------------------------------------------------------------
 ジャン・マリー神父に「神はあわれみだよ。人は罪だらけ。だから
‘自分はこんなみじめな人間だけどゆるしてね’って、神様の前で言う
ことが大切なんだよ。それだけでいいんだよ。神様は本当に優しいから、
ゆるしてくれるからね」って教えられたの。私は、ここに来て、初めて
自分のことを理解してくれる人に出会ったの。ジャン・マリー神父だよ。
そして、初めて私は自分の傷、醜さ、そして謙遜を知ったの。

 ここに来て、叔母であるマリー・レベッカおばさんと3ヶ月間、一緒
に過ごしたの。マリー・レベッカおばさんも、自分がどういう人かって、
教えられていたけど認めなかった。「私はこんな人間なの」って決して
言わなかったの。そして、何かあると「私はここに来て悪くなった」って
言ってた。そんなことを言うから、いつの間にか、自分は被害者で、ま
わりは加害者にしてしまう。そして、みんなは「自分が何か悪いことし
たかな?」って、知らないうちにみじめに、そして罪責感に苦しんでし
まっていたの。そんな人と一緒に生活して、何でだかわからないけど、
楽しさや幸せな気持ちは奪われてしまったみたいだったね。『私は被害
者、まわりは加害者』にしてしまうことで、どれだけ人を傷つけてしま
うか、そういうことを教えられても、マリー・レベッカおばさんは認め
なかったの。ただ、自分を誉めてくれて、同調してくれる人を探してる
だけ。それ以外の人は、みんな彼女にとっては『加害者』にされてしま
うの。そしてあげくの果てに、「ここに来て悪くなった」んだもんね。

 お母さんも同じ人間なんだよ。同じことをしてきたんだよ。今まで、
知らないうちに私もそれで傷ついてた。何でだかわからないうちに、ね。
お母さんもここに来れば、謙遜を知ることができるかも……、って思っ
たけど、無理だね。マリー・レベッカおばさんと同じ親に育てられたん
だもん。この前の手紙を見ても、それがはっきりわかったよ。本当に
傲慢な人たち……。

 そして、大うそつき。自分を美化するために、そして自分の悪賢さを
隠すために、巧妙なうそをつくの。天才的だって思う。表向きと、内面
が全然違うんだよ。実際、お母さんにしたって、ジャン・マリー神父に
言ったことと、私に言ったこと、全然違うんだもん。それを知ったとき、
ショックだったよ。二枚舌、どころかそれは三枚舌だったけどね。‘私
は上品で、いい人’だから、下品な人を軽蔑して、嫌っていたでしょ。
お父さんでさえも。でも、表面はそんなそぶりも見せないで、‘いい人’
なんだよねえ。

 そして、お母さんは自分を美化するために、私も利用されていたの。
お母さんにとって‘品行方正な親に育てられた娘’は、もちろん‘品行
方正’なはずだったのね、実際は、とんでもない大間違いで、お母さん
が大っ嫌いな不潔で下品なこと、いっぱいする子だったんだよ。それを
言っても、認めようとしない。どこまでも‘清く正しく美しい娘、よく
できた自慢の娘’と思われることが、どれだけ私を傷つけたかわかる?

 だから、お母さんに‘あてつけ’をしたんだよ。マリー・レベッカお
ばさんにも娘がいて、私のいとこになるけど、全く同じ。まるで、自分
を見ているみたい。お母さんも、マリー・レベッカおばさんも、自分た
ちを美化するために、良い人でいるために、まわりの罪もない人を『加
害者』にするけど、二人こそ、いつも『加害者』なんだよ。って、大声
で叫んでしまいたいな。

2007年10月18日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]

--------------------------------

 マリー・レベッカおばさんには、子供が二人いたの。『いたの』って
いうのは、下の男の子は病気で6歳の時に死んじゃったから。だから、
今は女の子一人。二人とも、ちっちゃい時から仲が良くて、おとなしく
て、親の言う事をよく聞く、本当に‘いい子’だったよ。

 おじさんは、私のことも本当によく可愛がってくれたから、好きだっ
たよ。ただ、マリー・レベッカおばさんに対しては、よく怒ってた。手
を出したところは見た事がないけど、普段の夫婦の関係は、私の両親と
よく似てるなぁ〜って思っていたよ。下の子が亡くなる前に、一度だけ
この家族4人と私で、ディズニーランドに行ったの。もちろん、子供た
ちのためにね。上の女の子は私より10歳年下で、私は高校一年だった
かな……。その時、おじさんはマリー・レベッカおばさんに対して何度
か怒ったの。理由は覚えてないけど。私も、そして子供たちも笑顔なん
てなくて、すごく緊張した雰囲気になって、嫌だったな。特に下の子に
は、楽しい時間を過ごして欲しかったのに。私は、ホテルやディズニー
ランドのアトラクション自体は面白かったけど、いい思い出にはなって
ないの。「うちの親と同じだなぁ」って、思ったよ。

 うちは、お父さんが、お母さんを怒る姿を、小さい時から目の前にし
ていたから、いつの間にか‘怖い’って思うようになって、抑圧され
ちゃった。そして、お母さんは、‘〜しなきゃいけない’症候群。女の
人は、‘清く正しく美しく、そしておしとやかにしなきゃ’っていう、
今どき平安時代の貴族みたいなしつけを、生まれた時からしてくれたん
だね。お母さんもマリー・レベッカおばさんも、同じ親に育てられたん
だもん。まさしく‘しつけの文化’、そして子供にもそれを押し付ける。

 その‘押し付け’は、マリー・レベッカおばさんの方が強かったよう
に思う。自分の考えを、ずけずけとしゃべって、強引に従わせる姿に、
結構‘あっぜ〜ん’としてたんだよ。子供にも、もちろんそれを要求し
てて、‘抑圧されて束縛された、いい子’ちゃんは、ある時期まで、マ
リー・レベッカおばさんの言う事に従ってたよ。表面的には、ね。少な
くとも私の場合、内面は両親に対して反発心でいっぱいだったから。こ
の子たちは、どう思っていたんだろう。

 でも、この‘抑圧されて束縛された、いい子’たちは、二人とも子供
らしくなかったように思う。私も同じだから、よくわかる。上の女の子
は、親の言うことによく従っていたよ。彼女が小学生の頃から、マリー・
レベッカおばさんに、明け方も、まだ暗いうちに起こされて、早朝ミサ
に連れて行かれていたね。まだ眠い目をこすりながら……って感じだっ
たよ。詳しくは知らないけど、小学校に行かなかった時期もあったし、
いきなり共同生活したり。なっが〜いお祈りもさせられてた。マリー・
レベッカおばさんは教会のお仕事をして忙しいから、まだ小学生の彼女
がご飯を作ったりもしてたよ。よくやってるなぁって思ってた。そして、
かわいそうだなぁって。

 だって、全部マリー・レベッカおばさんの押し付け、でしょ。子供だ
からって、自由と尊厳はあるはずなのに、完全に無視。いかにも関西の
おばちゃんって感じで、強引に従わせたんだね。そして、‘〜しなきゃ
だめ’っていう義務感を、あんなちっちゃい時から植えつけられて、や
はり彼女も義務感でマリー・レベッカおばさんの言うこと、聞いてたん
だよね。決してそうしたかったわけじゃないでしょ。だって、その子が
ある程度の年になると同時に、だんだんと教会から離れていったから。
そりゃあ、当然だと思うし、その時はそれでよかったんじゃない? 
だって、どんなに長いお祈りしたって、‘口パク’だったでしょ。

 下の子は、亡くなっちゃったからわからないけど、もし生きていたら、
やっぱり同じように、親の言うことをよく聞く‘いい子’だったろうね。
だって、すでに5、6歳にしてそうだったもん。でも、本当は何をした
いとか、嫌だとか、そういうことを正直に出す、いわゆる子供らしさは
なかったね。

 私も同じ。ちっちゃい時から、抑圧されて束縛されて、その結果まわ
りを見て、その期待に答えて行動してきた。それも、かなり小さい時か
ら。そのうち、自分が本当に何をしたいのか、本当の自分はどういう
人間かもわからなくなっちゃった。本当に自分がやりたいから、じゃな
いの。まわりを見て、期待に答えて行動する 〜 全部‘義務’。そうし
ていれば、世の中では‘いい子’になれるし、誉められる。でも、自分
の意思で、「誰が何と言ったって、私はそうしたいからやるんだぁ」み
たいな、そんな本当の‘愛’なんてないよね。

2007年10月26日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]



----------------------------------------------------------------
4.ロンジン・マリーの告白録(14)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 玩具店をやめてからは約1年ぐらい仕事を探すことと、メッセージを
知ることが同時進行していた。マリアママの本で知ってメッセージを
取るようになった。

 1987年ごろ、メッセージで知った人と、レオ・スタインバック神父の
いる京都へ行った。その当時、神父さんはアメリカに帰って京都にはも
ういなかった。その人から名古屋には良い神父さんのいる教会があるこ
と、祈りの会があることを教えてくれた。

 メッセージを知るようになってから日本の幻視者のいる長崎までいっ
た。それをきっかけに長崎へは数度となく出かけた。

 マリアママの本の新刊が次々と発売されるとその都度、飛びついた。
そして30歳の頃かな、教会にも通い始めた。この歳で車の免許もなかっ
た。あまり興味はなかったし、不便さも感じていなかった。ちゃりんこ
(自転車)が自由の利く僕の足になってた。

 今、振り返ってみるとこの頃は何かを求めてはいたと思う、でも今の
時点で思い出すことが出来ない、また思い出したら書くことにするけど。

 1988年頃、アルバイトで港区にある、運送会社に勤めることになった。
その頃、花屋時代に仕事場で倒れた父親とは特に良い関係ではなかった
(両親との関係は今も思い出すことが出来ないくらい親しい関係ではな
かった)。家を出たかった。良い機会だと思って00くんと名古屋で
アパートを借りて同じ職場で働くことになった。初めの頃はほんとに
楽しかった。仕事や人に慣れてくると、良いところ悪いところが見えて
くる。

 僕の欠点の指摘することが始まった。

 指摘をし始めた頃はいつだろう? 親に対してだろうと思う。小さい
頃は無口で、思ったことを口に出すことが出来なかった。心の中では
いろいろ考えていただろうと思う。これが今でも普通に続いてる。何も
欠点だとも思っていなかった、普通のことだった。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は11月4日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]