%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年10月21日号 No.380

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 3. ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 4. ロンジン・マリーの告白録
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月7日 AM3:56
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様、ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 AM3時過ぎに起き、左のほっぺに痛みを感じました。ジャン・マリー
司祭に話したら、しるしを求めるようにと指導され、2度しるしを求め
たら2度目にしるしがありました。再度しるしを求めたら、識別のため
のしるしがありました。

イエズス様:
 愛するマリー・レベッカにイエズスが話をする。クララを護りなさい。
そして、家族の迫害をはじめて経験することになる。あらかじめこの
メッセージに関して伝える。これは、クララとマリー・レベッカのため
のものであるので、二人だけにメッセージを保管させるように言う。
 「親は子供に対し、また子供は親に対し、敵対する」、この聖書の
箇所をよく覚えておくように。今まで、コルベ・マリーを初め、ミシェ
ル・マリー・フランソワとマリー・マドレーヌは実際、家族にはクリス
チャンはいなく、それでもイエズスを伝えたがために頬をうたれたり、
足で蹴られたり、たたかれ、ついには絶縁状態となるまでに、キリスト
のための迫害を受けてきた。愛する息子(ジャン・マリー神父)はクリ
スチャンの中で、同じカトリックの信仰をもつ母から軽蔑を受け兄弟か
らも絶縁された。私のために、父、母、子、兄弟姉妹を、また家、畑な
どを捨てるものは、天国に行って何百倍もの報いを受け、この世で多く
御父に愛される。子供よ、あなたの勇気を奮い起こし、カトリック信者
の親族の行動をはばめ。残念ながら愛する息子から洗礼を受けた、あな
たの姉であるクララの母からも、クララは反対の攻撃を受ける。彼女
(クララの母)は、愛する息子に対する不信と憎しみを、そして大変な
計画をもっていることを覚えるように言う。一粒の麦が地に落ちて死な
なければ実を結ばない。そのように、私のために迫害の道を通り抜け、
そして魂が私への愛に強められ、導かれていく。この秋田の地は殉教者
の地である。寺沢の殉教者の取次を願うように、そしてこの同宿会の
保護者ヨゼフと、保護の天使、大天使、7位の大天使に全てをあずけて
闘いなさい。全員の子供たちそれぞれに大天使がついている。特に男性
の柱にはミカエルを筆頭に、大天使を送っている。クララを護りなさい、
彼女はバロネス(女男爵)に召されているので、神は全く彼女に対し
奇跡を行うことをよく覚え、この間の失敗を今度は彼女の祝福に変え、
彼女を護り、彼女の全ての道においてあなたが霊的な母親と言う立場に
なって助けるように心からお願いする。
 司祭にミサの依頼を、マリー・レベッカとクララ、彼女らを攻撃する
悪魔の道具になりつつある親族のために、功徳の効果を譲って欲しい。
これから、一週間の間、特別にお願いする。司祭の祝福をマリー・レベッ
カとクララにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカとクララに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 もう一言、イエズスがマリー・レベッカに伝える。あなた自身のこと
で、娘とあなたの主人が大混乱を起こし、非常に荒れ狂っている。特に
娘は、大変に心を不安にさせ、悪魔の思うつぼにすっかりはまってしまっ
ているのを覚えて欲しい。自殺するなどと脅された場合、彼女の霊を
決して身内びいきしないよう、強く強く願う。彼女が回心するよう、も
う司祭は「離れた人々が帰るように」という言葉の中に、一緒に祈って
いる。神は彼女を最期に照らし、何をしたのかを照らすので、今、突き
放し、あなた自身の使命に生きなさい。これも、このメッセージについ
て、先ほどと同じ処置をして欲しい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ヨゼフ」といわれてます。

聖ヨゼフ様:
 愛する子供たち、ヨゼフが話をする。マリー・マドレーヌと愛する
息子(ジャン・マリー神父)のこの出来事は、カトリック教会内を駆け
巡り、もうネット上でもいろいろなことが飛び交い、シャーベル修道会
からもこの二人についての誤解が生じている。今までマリー・レベッカ
のことを守るために何も言わなかったが、彼女自身の上に子供が与えら
れるはずであった預言的使命で、愛する息子がインスピレーションを
受け、リトル・ペブルが果たせなかった役割をこの二人の女性に与えら
れ、マリー・マドレーヌが先に愛する息子と共に過ごしはじめ、その後
マリー・レベッカがこの秋田の地で一緒に住むようになった。マリー・
マドレーヌは過去のプロテスタントで受けた大きな傷と、カトリックで
の神秘的体験の前味を少し味わったことから、古い教会を象徴するアン
役として、そしてマリーレベッカはずーっとリトル・ペブルの恵みを
受け、家族も祝福状態にあって、レムナント(残存教会)のミッション
の経験を受けたことから、新しい教会の象徴っであるベッティーナの
代役として、二人は愛する息子のもとで過ごし、特にマリー・レベッカ
との親密な交わりを愛する息子は行い、愛の行為をした。しかし、彼女
の傷による弱さからこのことが出来なくなり、奇跡の子供が産めなく
なった。償いのSEXに関して、ベッティーナの苦しみの代役を今度は
マリー・マドレーヌが神秘家の立場で受けるよういわれ、イエズスから
命じられた。それゆえ神の計画の一つひとつが変わっていっている。神
の計画には失敗はないけれども、人の弱さにより、悪魔の巧妙な罠に
かかってしまう。大きな危険を沢山くぐらなければいけなくなっている。
ミシェル・マリー・フランソワもクララも同じである。
 リトル・ペブルを支持している、ただそのことによりカトリックの
仲間から冷たい目であしらわれることをパードレ・ピオ□□は経験
していない。彼は教会に行って司祭にいろいろと尋ねようとしている。
洗礼は受けているが、愛する息子から受けたので、その教会の司祭が
どう判断するのか。以前、マリー・マドレーヌはとても名の知れた有名
な司祭のもとに、101日間、家に連れ戻された時、親の説得と自分の
意志で行ったときに、「これは違うので、1年聖書の勉強をして、二度
と戻らないように」という指示を受けた。このことからカトリックの
多くは、残念ながらリトル・ペブルの支持者を白い目で見ていることを
伝えなければならない。隠れていく人は、それぞれの考えに従って行っ
ているかもしれないが、聖体拝領のときに至るまで、もうどっぷり今の
教会のやり方に飲み込まれてしまう。「寛大な司祭は、聖体を舌に授け
る」ことをいう人がいるかも知れないが、それも定かでは無い。
 子供たち、リトル・ペブルをいったん支持したならば、その恵みに
あずかったならば、もうリトル・ペブルがたてる教会に行かねばならな
い。どうか子供たち、天使と聖人の通功(つうこう)を大事にし、愛す
る息子(ジャン・マリー神父)が何を語っているかによく注意して耳を
傾けるようにお願いする。愛する息子は恩寵により強められ、司教叙階
は必ずされるので、どうか愛して支えていくように言う。これを名古屋
のロンジン・マリーにも伝えて欲しい。パードレ・ピオ□□の代父
であるから、彼のことを祈るよう、司祭がどうかロンジン・マリーに
早急に伝えて欲しい。今、特にパードレ・ピオ□□に祝福を送る。

ジャン・マリー神父:(パードレ・ピオ□□に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今のメッセージに関して、ヨゼフ様から指示があります。

聖ヨゼフ様:
 この緊急なメッセージにかんしての、公開、非公開に関しては、司祭
の判断にゆだね、それを同宿たちが読むようにお願いする。祝福を送る。
父と子と聖霊との御名によりてアーメン。



----------------------------------------------------------------
2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録(6)
----------------------------------------------------------------
 10月14日の昼過ぎに、『週刊ポスト』の人から電話があったの。取材
だって。その時、男性の2人は外出中で、ジャン・マリー神父と2人で
対応したの。そう言えば、一週間くらい前にスーパーで見かけた人。後
から聞いたんだけど、ちゃんと予定されていた事、だったんだね。でも、
こちらとしては突然のことで、正直びっくりしたよ。

 早速いろんな質問をされた。前もって下調べをしていて、質問する
内容もまとめてたみたい。学生の時、ほとんど予習したことなかったか
ら、変なところで感心しちゃった。一番興味があったのは、やっぱり
‘正しいセックス’のこと。かなり突っ込んで聞いていたね。クララの
妊娠、同宿会のことetc..。ほとんどジャン・マリー司祭が話をしたから、
クララはボーッと聞いてただけ。でも、秋田に来ることになった経緯に
ついては、正直に全部を話したよ。1時間半、話をした後、実際に聖櫃
の前で、裸で抱き合ってセックスをしたの。いつものように、ね。そし
て、ジャン・マリー神父は私の性器を口で吸って、私は彼のペニスを口
でくわえる。彼は私の乳首を吸って、おっぱいを飲んで……。ちゃんと
出るんだよ。「ごちそうさま〜」って、ジャン・マリー神父、言うんだ
から。記者さんは、デジカメでパシパシ写真撮ってたよ。知らない人の
前でセックスするのは、これが初めてではなかったけど、さすがにプロ
の人となると違ったね。緊張、しちゃったあ。裸で寒かったのもあるけ
ど、正直、体が震えてるのを感じた。でもね、一人じゃないから、ジャ
ン・マリー神父がいるから、安心だったよ。

 最後に一通の手紙を渡されたの。「実は……」って言ってね。「私の
両親に連絡した」らしいんだけど、両親から私宛にFAXで手紙を送っ
てきたんだって。別にそんなことしなくても、ここの住所知ってるんだ
から、直接送ってくればいいのに。わざとらしい、でしょ。さすが、そ
うやって編集社を通して送ってくるのにふさわしい内容だった。ちゃん
と「このお父さんとお母さん、かわいそうね。」って感じが伝わってく
るよ。

 今まで、この『告白録』を通して、今私が両親に対して思っているこ
とを伝えたけど、何にもわかってないみたい。相変わらず、「愛してる」
とか「由美ちゃんのことを思っている」「いつまでも待ってる」「帰っ
てきて」って。お父さんはうつ状態で、お母さんも悲劇のヒロイン。
あげくの果てに、今度は『夫婦で老後を楽しく過ごそうと思っていたの
に……』って書いてきたね。よくそんなこと言うよね。4年前、両親は
お父さんの実家のある大阪に帰ることになったんだけど、離婚するしな
いでもめたこと、忘れた? あの時、お母さんは契約書を作ったよね。
内容はお母さんの一方的な要求ばかり。お父さんが浮気をしない、家事
を無理強いしない、マンションの仕事を強制しない、教会に行かせる、
趣味をやらせる、とか……。それを条件で、お母さんは大阪に行きま
すってこと。もし破ったら、東京で一人暮らしできるお金を出す、とか
離婚でも十分なお金を支払うっていうことなんだけど、結局はお金。
お父さんも、「なんで信用してくれないんだ」って言いながらも印を
押してたね。私も‘証人’ってことで、印を押した気がする。そこまで
して、お父さんの退職後も一緒に生活することになったの。お金、おば
あちゃんの世話、マンション経営、雑用、趣味……。結局は、自分の
利益を求めて一緒にいるだけじゃない。お互いに「信用できない」って
言いながら、『老後を楽しく』ね……。よく言うよ、めっちゃくちゃ!

 この前、両親が秋田に来た時、実は2階から二人の姿が見えたの。
よく一緒にいられるなあって。気持ち悪いなあっとまで思ったんだよ。
二人の間に、愛なんてかけらもないんだもん。最初っから、だけど。
お父さん、お母さんと何回セックスしたの? 新婚初夜と、私と弟の時
で、たった3回じゃない? 「おまえは子供が出来やすい」ってお母さ
んに言ったらしいけど。そのくせ性欲はあって、私の知ってる限り、つ
い最近まで、でしょ。その自分の欲望をお金で買って、つぎ込んで……。
何万回くらい、よその女の人と遊んだの? 気持ち悪い、反吐が出そう。
そうして、家にはぎりぎりのお金しか渡さずに、ずーっと私たちを裏切
ってきたんだよ。

 お母さんだって、『子供たちのため』に、そんなお父さんと一緒にい
てくれたみたいだけど、そうやって自分を美化してるんだよ。自分は、
品行方正で、清く正しいって思ってる。お父さんのことを軽蔑して、そ
れを子供にも植え付けて、復讐する。そして、私のことも、自分と同じ
ようにわざわざ美化してくれたけど、私はそんな人間じゃないよ。浮気
もしたし、好きでもない人とセックスもした。お母さんは絶対認めなかっ
たけど、私は全然清くないし、正しくないし、不潔で汚れた人間なの。
自分がどれだけ汚れてしまっているか、最低で最悪なのか、今ここで
やっと気付いた。お母さんも、わかってよ。自分が、そして自分の娘が
どういう人間なのか、どういうことをしてきたのかを、謙遜に認めて
欲しいの。でも、残念ながら謙遜っていう言葉を、お母さんは知らない
んだね。あのね、高校の時から感じ始めたことがあるの。‘私のことも
美化してる’‘自慢してる’って。それがすごく嫌だったし、傷ついた。
その反動で、不潔なことをいっぱいしてきた。お母さんに見せつけるた
めに、ね。でも、完全に私のことを美化しているお母さんには、見せつ
けにはならなかったね。告白録でここまで書いても、わかってないんだ
から。

 友達の話だけど、「うちは家庭内離婚なんだよ。」っていう子がいた
の。洗濯も別、もちろん一緒に寝てもないし、会話もない。食事は母親
が作るけど、その子が父親の部屋に運んで、食べるのは別々なんだって。
何のために一緒にいるんだろうって言ってた。友達は「絶対結婚なんか
しない」って言ってたな。私のお父さんとお母さんだって似たようなも
んだよね。仮面夫婦だよね。愛なんてかけらもない家。お互いの利益の
ために、ただ一緒にいるだけ。私もその一人だったけどね。

2007年10月16日
クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美 [ サイン ]



----------------------------------------------------------------
3.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
 Tさんは、暴力団の組長さんの息子さんで、モデルもやっていた。特
に、和服のモデルさんとか言っていたな。3人でSEXした後からは、
Tさんとあんまり親しく話をすることもなくなった。

 夏にみんなで横浜のゲイバーに遊びに行った、その時、お店のママ
に突然ディープキッスをされたりした。お酒も少ししか飲めなかった。
一緒に来ていた中に、同じ秋田出身のIさんがいて、僕より随分背は
低かったけどね、ちょっと年上で、お酒が好きで、飲むと酔っ払って
大変みたいだった。でも何故か懐かしい気持ちになった。それって父親
に対する気持ちがオーバーラップしていたのかもしれない。お世話して
あげなくちゃって思った気がする。父親に対する気持ちが、酔っ払って
いる父さんは大嫌いだっていう思いがずーっとあったけど、しばらく
父親とは離れていたから、父さんどうしてるかなっていう思いと、父親
を慕う思いが強くなっていたのかもしれない。

 大学が休みの日、Iさんと遊ぶ約束をした。焼肉屋さんに行って、
今日はおごるからって言われたんだけど、いや払いますって、半分払い
ますっていってしまった。年上には甘えられない自分で、本当は甘えた
かったんだけど、素直になれない自分がいて、結局相手の気分を損なわ
せてしまった。このときも、なんか可愛くないな、なんていわれた。
その後、ゲイバーで飲んで、Iさんの家に遊びに行った。誰かの家に
泊まりに行くのって嬉しかった。

 しばらく話をして、寝ることになった。ビデオを見せてもらった。
Iさんはもう早くにベットで寝ちゃって、僕には全然関心がなかった。
隣に寝させてもらった。で、僕から、おちんちんを触っていった。秋田
の人のおちんちんは大きくなっていって。僕のも触ってくれた。気持ち
よかった。ぼくはIさんに、お尻に入れてもいいよっていったんだ。で
も、そういう風にはならなくって、Iさんが僕のパンツの上からおちん
ちんをさすってくれて、僕が射精して終わり。Iさんは、年上が好み
だったみたい。一晩明けて家に帰るとき、なんだかすごい罪悪感に駆ら
れた。むなしかった。



----------------------------------------------------------------
4.ロンジン・マリーの告白録(13)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 職場は常に男性が多かった。女性のそばにいるとか、話しをすること
が嫌いってわけじゃない。冗談を言ったり、楽しく過ごしたこともある。
女性との恋愛はなかったし、肉体的にも性欲は湧かない。ただ、小学1、
2年の頃、近所の女子寮にいたお姉さんにあこがれていた。ピアノの
上手な大学生だった。学校の体育館でピアノの演奏を聞かせてくれた。

 職場の男性と親しくなるのも下心ありありで、自分勝手、体裁を装い、
傷つくことに恐れ、臆病で、人を愛することが出来ない、自分しか愛し
ていない。人を愛せるように求めもしなかった。「親切」、「やさしい」
の言葉だけを求めて、いざ、その言葉を聴くと、善人みたいに「そんな
ことないよ、何もしてないよ」って、笑っちゃうな。その人のためには
何もしてあげなかった、それはほんと。人が親切にしているのを見てい
ると「そこまでする必要はないのに」とか、「逆に邪魔してる」って、
腹の中で思い、その人の行動にケチをつける。自分が親切にしても、
見掛けだけで、心は自分が喜べばそれでいい。「いいことをした」と
自分のために喜んでるだけ。いやな人間だよ。

 こんな僕だってわからせてくれたのがジャン・マリーだった。ジャン・
マリーをはじめて知ったのは1993年ごろかな、ひげ面の大きい人だった。
また、その頃のことはこの後出てくるけど、ジャン・マリーの運転で
実家に連れて行ってくれた。その道中はジェットコースターなみのテク
ニックで、楽しいって言うか、体が右、左、前、後ろに自分を支えるの
に必死だった。

 ぼくが書き始めた告白録で、「生き方にうそがある」って教えてくれ
たのはジャン・マリーだった。うそをついてるわけじゃないのに、でも
その言葉でも聴くのがいやだった。「そんなんじゃない」と気持ちでは
否定してたけど、でもそれが自分なんだって気づいた、気づかされた。
よくも50年近くも何も気がつかずに生きて、人をずいぶん利用して、傷
つけてきたもんだ。マリアママ、人を愛することを教えてね。

 ジャン・マリーは「人の欠点を楽しめ」って教えてくれた。そんな
教え方、教会の中でも聞いたことがなかった。教えもしてくれなかった。

 仕事を探している間に教会にたどり着いて、何も知らず、教会で勉強
はしたものの、教えではなく、メッセージ本によって恐怖心だけで洗礼
を受けた。人にも恐怖心を植え付けた。これで今まで自分が犯した罪か
ら解放されると思った。ぜんぜん違った。罪は犯したい放題、その場だ
けの痛悔だった。僕の同性愛のことは話すことが出来なかった。誰にも。
ただ、教会のことを知れば知るほど、修道士や司祭職に憧れを持つよう
にはなった。でも、同性愛という性癖が邪魔をして、同性愛者が聖職者
にはなれないっていうことを知った。大きなスキャンダルだから、映画
にもなったぐらいだし。でも、憧れは強くあった。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月28日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]