%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年10月14日号 No.379

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 3. ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 4. ロンジン・マリーの告白録
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月6日 6:20
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今日これで2回目のご出現です。6時15分すぎから後頭部に針で
さす痛みがあり、「茨の冠」という声が聞こえてきて、しるしが三度あ
りました。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、聖母があなたに話します。恵みを与えま
した。茨の冠です。体のあちこちの痛みは経験していますが、今日新た
に茨の冠を与えました。イエズスの受難に一致していきます。マリー・
ダニエルのことを、司祭からもう一度沢山聞いてください。愛していま
す。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 聖母が「コルベ・マリーに伝えてください」と、印をもらいました。

聖母マリア様:
 司祭が聖母の願いをいつも聞いてくれるので、また、お願いします。
愛する息子(ジャン・マリー神父)、あなたが体を休めたあと、コルベ・
マリーに伝えてください。これは、非公開になります。コルベ・マリー
に言えば十分わかります。一言だけ、話します。今、神はふるいわけを
はじめました。このことだけ伝えてください。司祭の祝福をコルベ・マ
リーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 聖母マリア様から「もう休んでください」と。確認のしるしをもらい
ました。


--------------------------------
2007年4月6日 10:03
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 体を休めていた時に、「□□さんが落とされないように祈りなさい」
と聖母マリア様からのメッセージがありました。識別のためのしるしが
ありました。

聖母マリア様:
 愛するパードレ・ピオ□□に聖母が話します。あなたは、精神的
に病気を抱えているのを聖母は知っています。今のこの試しに、あなた
は愛する息子(ジャン・マリー神父)に対し不信感を抱いており、他人
からの情報を、頭で物事を考えようとしています。既存のカトリック
教会に行ってはだめです。あなたは、東京の集会で古い教育をそのまま
受けてしまいました。新しく洗礼を受けたのに、ミシェルの教えに
従い、自分でもたくさん調べて、たくさん本を読むことや信心業に行こ
うとしています。
 だめです。既存の教会に行っても、あなたはリトル・ペブルの支持者
であるとして扱われ、批判されます。隠れることを選んではだめです。
この試しと言うのは、人間の常識でははるかに考えられない神からの
試しであって、リトル・ペブルの名を世界に広め、無実なリトル・ペブ
ルを救い出す方法を、神は、このさらし者をつかうことによりされるか
らです。
 子供よ、あなたはパードレ・ピオの聖なる姿、悪魔に立ち向かう聖な
る姿を本で見ました。愛する息子の方法は、この償いのSEXがずーっ
と続くように皆が思っているでしょうが、実は性的に苦しむ男女を救う
ためのひとつの期間です。子供よ、愛する息子は悪魔祓いをこれから
仕事で行い、もう保護者に十字架の聖ヨハネとパードレ・ピオを天が
与えました。あなたは、不信を抱いてはなりません。司祭の祝福をパー
ドレ・ピオ□□にお願いします。

ジャン・マリー神父:(パードレ・ピオ□□に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 今のメッセージは緊急なので、要点を司祭が伝え、個人宛のものです
から、彼に伝えるようにしてください。聖母は彼を同宿に迎え、強く立
たせたいと望んでいます。祝福を送ります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(パードレ・ピオ□□に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2007年4月6日 11:45
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 「みんなマリアの子供になるの」という声が聞こえてきました。

聖母マリア様:
 愛する私の可愛い娘、マリー・レベッカ。あなたの傷を今、神が癒し、
ゆるしと愛で一杯になって、あなたを強く抱きしめています。あなたの
誠実さ、それは、一生懸命に神を愛そう、もっと使えようという思いで
一杯になって今までずーっと仕えてきました。でもそれがいつの間にか、
自分の気がつかないところで自分に対して「このように仕えているから、
神様は私に何かをいっぱいしてくれる」という自信につながっていって、
十字架のイエズスに何度も目を留めても、「私、これだけ出来たから、
イエズスの十字架じゃなくて、私を愛して欲しい」という思いにだんだ
んなっていきました。でも、イエズスだけ見ると、みんな恐怖に襲われ
ます。マリアかあさんのところにすがってください。今までいっぱい
厳しいことを言ってきたのは、本当に愛しているからそうしたのであっ
て、憎んでしたのではないのです。怖がらないで、「マリアお母さん」
ってよんでください。もしそれがまだ怖いままだったら、ちっちゃい子
が「マリアママ」って言っているように、どんなバリエーションでも
いいので、決まりきった言葉じゃなくて、甘えてください。同宿院長の
仕事は新しい出発になります。裁いているのではないのです。あなたを
愛しているから、イエズスがここで仕事をするように命じました。あな
たは愛されています。ゆるされています。祝福を送ります。司祭の祝福
をマリー・レベッカにお願いします。

ジャンマリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌ、聖母が話します。あなたは、知的傲慢の償いの
ために茨の冠をかぶせられました。そして先ほど天草でのさらし者のこ
とについて、死ぬまで愛する息子(ジャン・マリー神父)とSEXをす
る意志を言ったけれど、「弱かったかな、信じていなかったのかな」と
話をしました。子供よ、それは違います、あなたは最後に聖痕を、愛す
る息子と一緒に受けて、バッシングのなかでも生き、「こんなやつらが
聖痕を受けるのか」という今度は違った辱めの道に入ります。SEX
スキャンダルを言われ、本当に子供たちは今一番愛する息子を苦しめて
います。外では大変な騒ぎになっています。マリー・マドレーヌはイエ
ズスの十字架の道を歩むために、いつも卑しめの道にいくことを覚えて
ください。決して人をうらやんだりしないでください。マリアママに
甘えるのです。見捨てませんから。
 二人の娘たち(マリー・マドレーヌとマリー・レベッカ)、タイプは
違って、大変に二人とも苦しんでいるけれども、二人が一緒になったの
は神の摂理によるもので、小さな子になるために、愛する息子のもとに
引き寄せられました。それを忘れないでください。十字架にかけられた
イエズスの手、両手は開いています。「愛しているからおいで」と招い
ているのです。磔(はりつけ)のままのイエズスですけど、みんなを
愛してゆるしたい思いでいっぱいで、今もまた修道会(聖シャーベル
修道会)がイエズスを十字架にかけたけれど、みんなゆるしています。
自分の罪を認めない人たち、その意志のない人たち、ゆるしを拒む人た
ち、ゆるしを望まない人たちだけが裁かれるのです。
 現代、意志力に関する病的弱さを持つ人たち、また精神的に病をおっ
ている人たちが沢山います。新たな十字架は「精神的に苦しむ十字架」
です。昔は、聖痕者は聖人で、精神的にも強く、全くタフな人たちが
受けました。ご出現もそうです。ベルナデッタは、単純、素朴で、まる
で幼稚のように見えていたけれど、イエズスを、聖母を愛する愛でいっ
ぱいでした。今、現代、過去にも未来にもないほど前代未聞なことが
おきています。マリー・マドレーヌとマリー・レベッカ、そしてクララ、
この三人は、ジャン・マリーのかたどりになっています。司祭から聞い
てください。祝福を送ります。二人の娘に司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブル、あなたは、聖母を慕い、イエズスを愛しぬい
てきました。あなたのために一粒の麦が地に落ちようとしています。そ
れは愛する息子(ジャン・マリー神父)、そして後に続く子供たちです。
イエズスの受難の一番近くにいるリトル・ペトロ・アブラハム2世よ、
あなたを愛する聖母がいます。神はあなたを見捨てません。イエズスの
ように「父よ、なぜ私を見捨てられたのですか」と叫んだ、あなたは
もうその叫びをする必要はありません。愛する天が子供たちを起こし、
同宿会を与えて、あなたのために命をはる子供たちを、今、神は準備、
養成しています。もう日本で、子供たちの間で痛悔の波がおきはじめ、
幼な子たちに神の業が行われ始めています。子供よ、祝福をおくります。
あなたはいつも希望しました。司祭の祝福をリトル・ペトロ・アブラハ
ム2世教皇にお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ジャン・マリー神父のかたどりとして、マリー・マドレーヌは幼子、
クララ・ヨゼファ・メネンデスは軍人、マリー・レベッカはならず者。
とくにマリー・レベッカのならず者のかたどりについて説明が欲しいん
です。

聖母マリア様:
 愛する息子に聖母が話します。三人の娘たちの性格は、愛する息子の
思いと同じで、マリー・レベッカはやる時には何でもやってやるってい
う、くそ意地のようなタイプです。いままで自我をたくさん通してきた
のもその一つで、子供たちを育てる一声が強く出せる母親役として選ば
れています。クララに関しては、愛する息子にについていく男性的強さ
をもっていて、意志を曲げない強さです。マリー・マドレーヌは、以前
から話しているように、いつも不安がっていて、ちっちゃい子の行動パ
ターンでないと安心できません。それをこの間、横手に行ったときに、
初めてあらわすことが出来ました。どんどん、ちっちゃい子になります。
だからリンボウ(古聖所)の赤ちゃんとケルビムちゃんを見せたのです。
子供たち、それぞれの性格に応じて霊的指導が行われます。愛する息子
を祝福します。父と子と聖霊との御名によりてアーメン。



----------------------------------------------------------------
2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録(5)
----------------------------------------------------------------
 夢を見たよ。夢を覚えてることなんてめったにないから、すごく久し
ぶり。車に乗ってた。道の真ん中に車を止めて、私は助手席に座ってる。
運転席の後部座席にお母さんがいて、そのドアは開いていて、その外に
はコルベ・マリーが道路に座り込んで、お母さんと何か深刻な話をして
る、そんなシチュエーション。話の内容は、よくわからかったけど、私
は「早く話しが終わらないかな〜」ってイライラしてた。お母さんに
何か言いたくてたまらなかったの。怒ってたの。でも、何で怒っていて、
何を言いたかったのかはわからなかったけど。そこで夢が覚めちゃった。

 しばらくして、もう一回夢を見たよ。今度は清水小屋の家の中。私の
両親と、母親方の親戚一同が集まってるの。そこにはマリー・レベッカ
もいたよ。テーブルに、私とお父さんが座ってて、お父さんはかなり
怒っちゃってて、私の頬を平手で叩いたの。何で怒ってたのかはわから
ない。それを、みんなは見ていたんだけど、何にも言わないの。そこで、
私も何にも言えずに、ただ泣くだけ……。でも心の中では怒っていて、
誰に対してだか、何で怒ってるのかはわからないけど、とにかく怒って
いて、外に出たの。そして、大きなお皿を選んで投げつけてた。やっぱ
り今までと同じで、「壊してもあんまりスカッとしないな」とか「後で
後悔するな」とか、ちゃんとそこで理性が働くの。夢の中でもね。そこ
で、終わり……。

 ジャン・マリー司祭に話をしたの。「こんな夢見たよ。でも、今まで
と同じで、ちゃんとまっすぐに怒れなかった」って。そしたら「治療は
始まってるよ」って言われたの。「たとえ、健全に怒れなくても、夢を
見るってことは、潜在意識の中に、両親への思いが入ってることだから」
って。以前に、「間違っていることに対して怒らなくてはいけない。夢
の中で怒れるようになったら、治療は進んでる」って言われたの。私は、
ほとんど夢なんて覚えてないし、「そんなこと、出来ないよ」って思っ
てたのね。「夢自体、見ることないもん」って。だから、夢に両親が
出てきたこと、そのことだけでもびっくりしたんだね。「治療が始まっ
てる」って言われたとき、嬉しかったよ。不正なことに対して、まっす
ぐに「間違ってるよ」って言える自分になりたいから。今までは‘まあ
いっか’って流したり、見逃したり、善悪の認識もしなかった。だって、
悪いって思っても、結局、何も言わないんだもん。自分が可愛いから、
嫌われたくないから、言えない。ほんとの愛、じゃないでしょ。

 健全に怒ること、発散するために、『叩くこと』を始めたけど、最初
は叩けなかったの。「叩いてもいいのかな?」「痛くないかな?」って
思って、ストッパーがかかっているのがわかった。でも、今はちゃんと
叩けるよ。自分の手が痛くなるくらいに、ね。「リハビリが始まってる
んだよ。」って言われて、やっぱり嬉しかったね。

 自分自身の内面がわからなくなるくらい、複雑にゆがんでしまったも
のを、まっすぐに出していきたいの。その一歩が、始まったんだね。



----------------------------------------------------------------
3.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
 二番目に知り合った人は、Tさんだった。山梨に住んでて、週末上京
してきていた。Tさんの友達と5・6人で新宿の居酒屋で開かれた飲み
会に参加した。横浜から来た人たちも何人か参加していた。飲み会が
終わった後、Tさんと一緒に帰ることになった、彼は目黒にいる知人の
家に行くことになり、僕も一緒にいくことになった。飲み会で何をしゃ
べったのか、途中で何を語ったのかはもう忘れてしまった。バスでたど
り着いたかな。部屋に案内されて、あの時は30歳くらいの人だったっと
思う。コンビニエンスストアの店長さんだった。Tさんは、毎週来てい
るみたいで、そうかって思った。つまりは相手なんだと。

 軽く食事をしてから、シャワー浴びることになって、その後は、寝た
んだけど、TVに外国人の男性が出ているポルノビデオがながされてた。
僕は、家にはビデオがなかったから、恥ずかしながらも見ていた。次第
に興奮してきておちんちんが勃起して手でオナニーを始めた。他の二人
もオナニーしていた。Tさんから店長さんのおちんちんをなめてあげて
って言われて、えっ嫌だなって思ったんだけど、結局、なめてあげた。
すごく大きなペニスでなんかグロテスクだった。僕が店長さんのをなめ
てるときに、Tさんは僕のおちんちんをなめてくれていた。最後、僕は、
Tさんの口の中に射精した。その後、Tさんと店長さんがSEXをはじ
めて、店長さんがTさんのお尻におちんちんを挿入してアナルSEXを
はじめた。ぼくは、抵抗を感じていながらもTさんを見つめていた。

 好きな人が、他人にSEXされているのをみるのは、つらかった。
店長さんは、直ぐに射精してしまって、もう年だから早いんだよ、イク
のがって笑っていた。Tさんは、ものたりなかったみたい。僕に入れて
って言ってきた。でもね、痛くて挿入できなかったし、飲み会に来る前
に今日のことが気になって興奮して5回位オナニーしちゃっていたから、
全然だめでした。それを山梨の人が、僕はタチではなくて、受けなんだ
って、つまりはペニスを挿入されるほうがすきなんだって判断したみた
いで、それから僕に対する態度が、変わってしまった。



----------------------------------------------------------------
4.ロンジン・マリーの告白録(12)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 次の仕事を探している間、5,6年はたっているだろうか、久しぶり
にAくんと会い、喫茶店でマリアママのメッセージの話をした。マリア
ママのこと、ペブルさんのこと、日本が沈没することなど、時間を作っ
ては喫茶店に呼び出し、話をした。Aくんはおちんちんを口に含んだ
こととか覚えているのか、それとも知らない振りをしているのか、以前
のことは全くなかったかのようにメッセージのことを話し込んだ。それ
が、教会へ行って洗礼を受け、また10年ぐらい信者として付き合うよう
になるんだけど。そのころも、同性相手の00くんとはお互いの家を
行き来してた。

 僕は50近くになっても中卒だし、体と頭の悪さのコンプレックスが
あるのに、何の努力もしなかった。人と話すとき、学歴を先に調べる
(他の人から情報を得る)か、聞くことがある。だから、冗談しか話す
ことが出来ない。

 今まで生きてきた中で、あまり自分の感情を表に出すことはしなかっ
た。知ったかぶりなところもある。人に対して怒ったり、注意したりし
なかったなー。自分が嫌われるかもと思ったりもした。逆に怒られたり、
注意されたりするのもいやだった。わかっているのに、指摘されると
ギャク切れして口も利かなくなる。失敗することも、そのことで人から
見られることも、情けないところを見られるのがいやだった。今も、特
に何でも知っている人だと思うと、自分が聞いたり答えようとすると
「こんなこと知らないの」とか、「それは違うよ」っといわれるのを
恐れて黙ってしまう。「何か聴くことない」と聞かれても何も答えられ
ない。後で言われたことを思い出し、その人の見ていないところで答え
を探そうとする。気に障ると口を利かなくなったり、無視をしてしまう。
言わなくてもわかるだろうな、とか、ぼくが口を利かない理由はわかっ
てるだろうなーとも。でも、本人は気づくわけないよな、言わないんだ
から。でも言えない。それは今も変わらない。

 ある時、雪道を転んだ時とか、自転車で交差点のど真ん中をスっ転ん
だ時は、痛い顔を見られないようにすっと立ち上がって、平気な顔をし
てその場を逃げるように立ち去った。後で痛みのある所を見ると血だら
けにすりむいていた。後日外科に行ったらひざの軟骨が砕けていた。

 親しくなって、食事や喫茶店や遊びに行く時は、いつも自分がおごっ
ていた。ただ肉欲を満たすためにだけの思いが強い。自分の趣味(外観
=イケメン)ではない人には自分から話をしたり、付き合うところまで
考えたりしなかった。だから孤独なんだ。ホモ雑誌やビデオで肉欲を
満たし、同性との恋愛をあこがれたり、でもこの世の中はこの悪癖を
許さないから、堂々と手をつないだり、肩を抱いて歩いたりしたいけど、
できない。何か物でつなぎとめようとする、いやらしい根性がみえみえ。

 ぼくは自分勝手なんだ。人を愛することが出来ない。いいとこ取り、
いい人に見られたいんだ。人と付き合っても、自分の思いどおりになら
ないと怒ってしまう。そんな自分がうんざりだ。人伝えで馬場さん(ロ
ンジン・マリー)は君を騙しているんだぞって。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月21日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]