%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年10月7日号 No.378

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 3. ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 4. ロンジン・マリーの告白録
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月6日
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど葬儀のミサ、赦祷式の前、識別のためのしるしをジャンマリー
司祭が求めているとき。「愛する息子に関して」という言葉をいただい
ています。

聖母マリア様:
 愛する私にとって大切な子(ジャン・マリー神父)よ。あなたは司祭
として従順に、限りなく従順に、イエズスと同じようになろうとして
従ってきました。苦悩する子どもたちを救うのはあなたしかいません。
あなたは、病気がありながら、沢山の誤解の中を歩きました。これから、
しるしを与えます。悪魔はあなたにあらゆるヴィジョンを見せ、憎しみ
と怒り、そして苦しませて滅ぼそうと、体の限界を超えるまで痛め続け
ています。でも、あなたは、苦しみを喜んで捧げて、自分が生け贄にな
り、全てをリトル・ペブルへの愛のためにだけ捧げてきました。祝福は
まずあなたから与えられます。バッシングの最中に神があなたをなぐさ
め、はっきりとした完全な、あなたにしかわからない一つのしるしを
知ります。それが、これから行われるために必要なもので、識別のため
の秘密のしるしとなります。
 天使と会話し、一人ひとりに対する愛がますます深められます。天使
たちは喜んで司祭の求めに応じて、全てを助けてくれます。もう一位
天使が加えられます。男性の柱に選ばれた人たちには、大天使聖ミカエ
ルが一緒であることを告げます。ロンジン・マリーも、フランソワ・マ
リーも、マリア・ヨゼフ北岡直樹にも、同じく男性の柱になって立ち上
がる勇者たちは、ミカエルの保護の元で軍団を率いていきます。これは
大天使と悪魔たちとの戦いで、リトル・ペブル同宿会は大天使たちの
保護を本当に必要としています。そして、ヨゼフとマリアが全てのメン
バーの保護者です。小さな子供たち、マリア・ミカエルらいむとマリア・
ガブリエルれもんには神の介入が始まっています。ミカエルに全て子供
たちを預けています。マリア・ラファエラくるみに関しては、もう少し
様子を見ます。神のなさることがらによく注意してみていてください。
 識別のためのしるしに関して、まず最初に司祭が与えられ、そして
ミシェル・マリー・フランソワが試練に立ち向かい、乗り越えたら完全
に与えられます。彼はしるしを見るけれども、今は恐れと不安のために
聖母を信じられず、悲しい状態で、ずっーと不安を背負ったまま、話を
打ち明ける勇気を男性に持てないでいます。でも、司祭に話せるように
なった今、徐々に、徐々に男性と友情を結べるようになります。彼の
弱さが本物で、強く生きなければならないと父親に激しく厳しくしつけ
られたために、一生懸命に強く男らしく生きようと頑張ってきました。
秋田での生活で彼は本当に朝早くから起こされ、家長制度のもとで父親
のしつけを受けました。自分の弱さを出せないまま育って、ここに来て
沢山たくさん泣いています。マリー・マドレーヌが愛する息子(ジャン・
マリー神父)と一緒にぴったりついていないと弱いように、彼も全く
同じです。愛する子供に全てを伝え、司祭としての任務に耐えられるよ
う、天にますます頼んでください。
 愛する息子にしるしが与えられる時が近づいています。しるしが与え
られたら祝福の始まりになります。もうバッシングが始まっていますか
ら、そう遠くはありません。そのあと泉が湧くことをあなたは見ますし
聞きます。あなた自身が見て聞くのです。
 ミシェル・マリー・フランソワには仕事が山ほどあります。シストと
カタリナ夫妻の殉教のことを韓国に伝えること。そして、「全ての恵み
の仲介者、贖(あがな)いの共贖者」の商標をもらうための仕事も、コ
ルベ・マリーと一緒にします。愛する子供よ、あなたをいつまでも離れ
ず、イエズスを愛したように、同じようにあなたを強く強く抱きしめ、
イエズスの子どもそっくりにあなたを育てています。勇気を出してくだ
さい。悪魔はあなたに対し、怒りに怒り狂っていますが、ヨゼフがゆる
しません、私、聖母も蛇を足の下に踏みつけたように、あなたの十字架
の道をゆくなかで悪魔を追い払います。祝福を送ります。父と子と聖霊
との御名によりて、アーメン。

(ジャン・マリー神父の質問に対して……)

聖母マリア様:
 「愛する子供よ」と聖母がよびかけたのは、イエズスと同じ道を行っ
た息子、ジャン・マリー司祭のことです。途中、ミシェル・マリー・フ
ランソワの状態を伝えました。そして彼も司祭になるために通らなけれ
ばならない道を知らせました。今、しるしが先に与えらるのは、愛する
息子(ジャン・マリー神父)のほうです。祝福します。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしをもらいました。

聖母マリア様:
 この秋田に今集められた女性の三人について話します。マリー・レベッ
カとクララ、彼女たちは実際に血縁関係にあるので、泉によってそれぞ
れ独立した同宿仲間という意識を持つように変わります。むしろクララ
のほうから男性的にマリー・レベッカに働きかけを始めると思います。
それは、もちろん愛する息子の指示によらなければ出来ないことですが、
今ここにきて、はじめてカトリックの信仰について、そして愛する息子
(ジャン・マリー神父)のカリスマについて触れるので激しく泣き、激
しく反応を見せます。でも、約束は約束だから従いますときっぱり言え
る性格をもっています。
 マリー・レベッカは自分の過ちを話し、クララに助けを求めるような
行動に走ると思います。愛する息子、どうか二人の会話に気をつけてく
ださい。クララは何も知らず、何もわかりませんから、彼女(マリー・
レベッカ)に助けを求めるなといってください。親族関係を求めてしま
いますから、それはいけません。聖体に寄りすがる、これをマリー・レ
ベッカに教えてください。聖体はゆるす神で、無防備な自分をそれで
はっきりわかるようになりますから、どうか愛する息子が話して、聖体
によりすがるようすすめてください。マリー・レベッカは神の認識があ
まりにも恐れと不安を心にいだくので、行動がみなクララとマリー・マ
ドレーヌに影響を与えかねません。マリー・レベッカは自暴自棄になっ
ています。特にマリー・マドレーヌに何度も何度も「申し訳ない」と言
うようになっていますが、でもマリー・マドレーヌは「マリアお母さん」
としか今言えずにいます。彼女は「助けてね」と愛で一杯になってきて
います。ただ悪魔が彼女(マリー・レベッカ)を誘導してしまうのは、
彼女の激しくせわしく動く時や、一生懸命に何か情報を聞き出そうとす
る時に出ます。今もしているように司祭が内的に彼女の能力を支配して
いる悪魔を追い払ってください。
 この三人の女性に関することは三人の女性、そしてそれを知るべき
男性の柱だけに示してください。マリー・マドレーヌに関していいます。
十字架のさらし者の道は、秋田では全く売春婦扱いとして、そして天草
ではそれが広まっているので、聖痕が愛する息子と一緒に与えられた時、
皆は驚きます。そして、逆に聖人のように扱おうとする人たちがでます
から、彼女がいま特別扱いを嫌がっているように、これからもそうして
ください。天草に行ったら愛する息子とマリア・ヨゼフ・北岡直樹さん
が、彼女を決して決して持ち上げないように沢山の訪問者に言ってくだ
さい。むしろ、前に裸の償いのSEXをしたので、事態は以前とは違う
かもしれません。静かな時を過ごせるよう配慮してあげてください。
痛みは今も続き、足の裏などに来た時には、歩けなくなるように感じる
と彼女は思っています。聖痕の痛みは十分に経験していますが、実際に
傷が開いたらどうなるのか不安で一杯なために、今イエズスの傷の痛み
に心を向けさせています。多くの神秘家たちの話は、とても彼女の場合
と違うので、司祭はあえて少なくしています。司祭と一緒に痛む苦しみ
をになわせるのは、彼女がちいちゃくて、赤ちゃんのような霊性をもつ
子供とみなされるために、そう天が定めました。女性三人は全くそれぞ
れ役割が違います。……

(悪魔のアタックのため中断……しるしをもらい、再開……)

 ……英雄的に指揮官についていくのはクララで、そして娘たちを育て
る役割はマリー・レベッカ、イエズスの花嫁としてもっと引きこもるの
はマリー・マドレーヌになります。祝福を三人の女性にお願いします。

ジャン・マリー司祭(三人の女性に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしをもらいました。

聖母マリア様:
 愛する息子に伝えます。これは、ここと名古屋だけに知らせてくださ
い。□□家のルーツに関して直接、天草四郎との関係ではなくて、大友
宗麟とのかかわり、有馬とのかかわりにおいてキリシタンとかかわった
事実に基づいて、彼女の霊魂にイエズスの道を歩くよう天がそうしまし
た。歴史の資料館などにはもう少し詳しくあるかと思います。□□とい
う名は宮崎にもありますから、その関係も含まれます。天草四郎との
血縁関係で、今まで過去たてられた幻視者、神秘家はそうでした。でも
今回、キリシタンとの交流に寛大だった武士の子孫であるということで、
このマリー・マドレーヌをイエズスが愛し、導き、育てました。彼女の
親族、親戚には全くといっていいほどクリスチャンとして洗礼を受けた
人はいません。しかし、彼女の父親の兄弟、一番下の弟がキリスト教に
かかわりをもちました。そういうことから種はまかれています。マリー・
マドレーヌのこれからのことは、全て愛する息子と一緒に行動を共にし
ます。また、ミシェル・マリー・フランソワやコルベ・マリーも一緒に
いくことになります。これは旅行についてです。祝福をします。司祭の
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 赦祷式をして終わってください。



----------------------------------------------------------------
2.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録(4)
----------------------------------------------------------------
 今、叩くことをしてるの。って言っても最初はわけがわからなかった
けどね。突然ジャン・マリー神父から「ジャン・マリーの背中を思いっ
きり叩いてごらん」って言われたの。叩けなかった。どこかでストッパー
がかかってるのを感じるんだね。何の抵抗も感じずに、思いっきり叩く
ことができないの。「抑圧されてるんだ」って。お母さんによって受け
継いだ‘しつけの文化’によって感情をストレートに出すことが出来な
くなってるの。だから‘怒り’を健全に発散することができずに、とて
もいびつな形で現れていたんだね。お母さんに対するあてこすり、自殺
するのを想像したり、破壊したい衝動、実際に叫んだり、暴れたり……。
本当は、それをまっすぐにぶつけないといけないのに。自分がどれだけ
ゆがんでしまっているか……。

 そして「叩くっていう攻撃する行動は、その人に接近すること。本当
に愛するってことは、接近することなんだよ」って言われたの。接近…
…。本当の意味で接近したことなかった。接近するどころか、自分から
距離を作ってたの。それは、いつの頃からかはわからないけど、何とな
く感じてはいたことなんだけどね。。

 ‘吐き出すこと’を始めてから、一番最初に言われたこと。「クララ
はあきらめてしまってる」って。意味がわからなかったね。一体、何を
あきらめちゃったんだろう? 「本当に愛すること、そして与えるだけ
ではなくて、求めないといけないよ」って言われたの。そのとき初めて、
自分は本当に愛することが出来ない人間なんだって知った。知的傲慢と
か、卑怯で二重構造で、ねたみや悲観主義、自分が誉められたい、とか
高く評価してしまうこととか、いろんな自分の悪徳を指摘されて、結構
ショックだったけど、一番ダメージをくらったのは‘愛せないこと’。
本当は、生まれてから最初に親に愛されなくてはいけなかったんだよ。
お父さんもお母さんも、自分しか愛していない人間なの。自分のことで
精一杯で、自分のことしか考えてなかったでしょ。本当の愛なんてかけ
らもない家庭の中に私と弟を閉じ込めて、束縛して、いかにも‘子供の
ため’っていう顔をしながら、それは外面だけ。お父さんもお母さんも、
大うそつき。特にお母さんは偽善のかたまりだよ。「子供たちのために」
「子供たちがいるから、お母さんは生きていける」んだもんね。私は、
そんな冷え切った家庭に育って、本当に愛され愛することを、さっさと
あきらめちゃったんだね。もちろん、その後に出会った人たちからも、
愛されることはなかったよ。ジャン・マリー神父に出会うまでは、ね。

 ちっちゃい時から、お父さんもお母さんも信頼できなかったね。お父
さんは怖かったから、自分が学校で怒られたり、悪いことをしたことを
正直に話すことはしなかった。お母さんは怖くはなかったけど、どこか
で‘お父さんにちくる’って思って話せなかったの。だから、自分の家
で安心したことはなかったよ。一番安心していられたのは、唯一、自分
の部屋で一人でいるときだけ。それは、私がおっきくなってからも変わ
らなかったし、今もそう。ずっと寂しかった。何でかわからなかったけ
ど、とにかく寂しかったの。孤独な人間だよね。二重構造だから、表向
きは明るく、楽しく振舞って演じることで、友達はそこそこいたけれど、
内心はちっとも楽しくなかった。本当の自分を出すことなんて出来なかっ
たし、疲れるだけだったね。だから、自分から誘ったことはほとんどな
いよ。中学生のときからで一番長く、家族も含めて仲良くしてた子だっ
てそう。その子が、この前突然電話してきたけどね、「東京のハロー
ワーク」ってうそついて。よく考えたね。「そうでもしないと、電話に
出ない」って、お母さんに言われたかは知らないけど、すっごい卑怯な
やり方して。でももうやめてね。むかつくから。何を言いたいのかは
わかるから、正々堂々としてきて来られても、たぶん電話には出ないと
思うけど。

 親にも信頼していなかったんだから、もちろん人を信頼することなん
てできなかった。期待もしなくなった。期待して、裏切られて、傷つく
のが怖かったの。ちっちゃい時から、親に期待しても無駄だったから、
いつの間にか人にも期待しなくなっちゃった。本当は愛のひとかけらで
も見たかったのに、見せてくれたのは、けんかして、相手を非難して、
家庭ではなく外ばっかり向いてる姿。すごく傷ついた。そんな冷え切っ
た家庭に育って、とっくのとうに、あきらめちゃったんだね。だから、
自然と人に対しても傷つかないように、距離を置くようになってた。あ
る意味で‘どうでもいい’って思ってるの。他人にちっとも興味なんて
ないし、感情も動かない。でも表向きは、心配したり、気持ちを向ける
振りをしてるんだよ。‘優しい’とか‘思いやりがある’とか言われる
けど、大うそ。内心は、自分にしか向いていないし、自分しか愛してな
い。人のことなんて、これぽっちも思ってないんだから。とっても冷め
た人間なんだよ。こんなにも自分が人を愛せない人間だとは思わなかっ
た。それを自覚するたびに、みじめだな〜って思う。とても悲しくて、
いっぱい泣いちゃった。「マリアママ、本当に愛したいから助けてね。
昨日よりも今日、ちょっとでも人を愛することができるように、手伝っ
てね」って、毎朝思うようになったの。

 接近……。今までしたことなかったな。一人でいるほうが楽だったし、
部屋で何もしないでボーっとしてる時間が好きだったよ。誘ってくれる
友達はいて、一緒に遊んだけど、どこかで心は距離を置いて付き合って
たね。それは、夫だった人に対しても同じで、一緒に暮らしていても、
心は離れてた。結婚していても、一人になるとホッとしてたし、一人の
時間が好きだったな。本当に幸せだったかって言うと、そうじゃないね。
だって、寂しかったもん。孤独だね〜。こんな自分じゃ、いつまで経っ
ても人ひとり愛せないよ。一人が楽だって、引きこもっていたら今まで
と何も変わらないし、満たされないまま、寂しいままだよって、そう
思ったの。「今までのパターンをぶっ壊せ」って言われた。確かにね、
今までのパターン=今までの自分、って本当に最低で最悪で、そんな
自分が嫌い。だから、ぶっ壊しちゃえ。「失敗しても構わない」って
言われて安心したね。今まで失敗が怖かったから、それを避ける生き方
をしてきた。このパターンも壊そうよ。今まで自分だけを愛してきたか
ら、その気持ちを人に向けようって思ったの。でも実際は、そう意識し
ていても、やっぱりすぐに自分に向いてしまうんだね。ほんとに、人を
愛せないってこういう事なんだって実感したよ。同時に、人を本当に
信頼できないし、安心して甘えることも出来ない自分もね。自愛心の
かたまりだもん。自分の力で、すぐに本当に愛することなんて出来ない
よ。「神ちゃま、マリアママ、昨日よりも今日、ちょっとでも人を愛す
ることができるように助けてね。」



----------------------------------------------------------------
3.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
 大学4年生になって、はじめてゲイ雑誌を買いに、横浜の伊勢崎町の
本屋さんに一人で行った。心臓がどきどきして胃がきりきりして、自分
は、同性愛を研究する人ってふりして行ったんだけど。本屋の中に入り、
目当ての雑誌を見つけて、衝撃的でどうしようかと思ったけど、全部で
4種類あって一冊、ぱらぱらとめくってみた。結局4冊ともレジに持っ
ていった、脇からおばさんが雑誌を覗き込んでじろじろ見ていた、なん
だかすごく恥ずかしくて、店員が雑誌を袋に入れるのをずーと見ていた。
その後、かばんに4冊とも入れて、落としたり忘れたりしないようにし
なきゃって思った。中身がばれたらえらいことになるって思ったからね。

 すぐに地下鉄に乗って家に帰ってきた。それから、四冊の雑誌を一気
に見ては、途中オナニーをしていた。罪悪感と抑えられない興味と欲望
が入り混じっていた。これがきっかけで、雑誌の広告を見て、同性愛者
向けのダイヤルQ2に電話して、見ず知らずな人とHな会話をしたり、
テレホンセックスをした。

 そこで知り合うことになったのが、開業医の先生だった。男性との
性的体験の初めての人だった。新宿2丁目の近くのハンバーガーショッ
プの前で待ち合わせ。会ってみて正直タイプではなかった。内心SEX
することになったら、嫌だなって思った。むこうもかわいらしい美少年
系が待ち合わせ場所にくるものだと思っていたらしく、不本意だったみ
たい。先生は車で来ていて、僕を乗せて、自分の病院に連れて行ってく
れた。他にも職員がいるから、僕は診察されて患者としてそこにいるこ
とになった。僕が網膜はく離のことなんかを話していたので、先生は目
の診察してくれた。仕事が終わるまで待合室で待っていた。先生の仕事
が終わって、新宿2丁目の飲み屋に連れて行ってくれた。3箇所くらい
まわったかな。一軒目はおじさんたちが沢山いる飲み屋さんで、老け専
バーって言うんだ。おじさん好きな若い男の子が集まるバーで、カウン
ターの向こうでお酒を作ったりしているのは、僕と同い年くらいの子
だったな。なかには、おじいさんって呼んでもいい人がいて、その人に
は、若い男の子が甘えて、擦り寄っていたな。ちょっと不思議な世界に
舞い込んできた気がしたよ。次はビルの4階くらいにあってピアノがお
いてある少しおしゃれなバーだった。先生はよく来るらしくって、店員
さんが親しげに声をかけてきた。先生と何をしゃべっていたのかは覚え
ていない。三件目のお店は、テレビドラマで有名になったバーで、ほと
んどの人が知っている定番のお店だった。そこに先生の友達で大学院生
の人が来ていた。26歳くらいの人で、この人は年上でタイプだったかな。
先生がトイレに行っている間に、軽くキッスしてくれたりした。酔っ払っ
ていたのかもしれないけど。一緒にいたかったけどね、先生に悪いなっ
て思ったから、帰り際にゲイの映画を上映している映画館に行こうよな
んて誘われたけどね。かわいい少年が主人公なんだって言っていたな。
でも先生の家にいくことになって、大学院生の人とはその場で別れるこ
とになった。

 一日なんだか、夢でも見ている気分だったな。先生の家に着いて、し
ばらくリラックスして話をしていた。

 先生には、可愛がっている人がいて、某理科系の大学に通う大学生で、
写真を見せてくれた。月桂樹の冠を付けたハンサムな男の子だった。眼
が悲しげだったのが、印象に残っている。この子は、実家にいて、しつ
けが厳しいんだとかいっていたな。なかなか連絡取るのが難しいとか
いっていた。先生は良くイタリアに行くんだって、舞踏家でもあるとか、
僕は自分はカトリックなんだって話もしたんだ。先生は今でも実家に帰
ると、両親と一緒にお風呂に入るんだとかいっていたな。明日は仙台に
結婚式で招待を受けていて、シルクハットとタキシードを着ていくんだ
とか面白いことを結婚式でするんだって。結局、僕が訪問したことで
時間的に出かけるのが無理になって、キャンセルの電話していたな。
先生は、頭のいい風変わりな人っていう印象だった。先生が、おもむろ
に外国から持ってきたポルノ雑誌、黒人の男性が裸体をさらけ出して
ポーズをとっている写真があって、イタリアで買ってきてスーツケース
に入れて持ってきたって、見せてくれた。均整の取れた、美しい体つき
だった。僕は胸中どきどきしていたかも。そして、先生と抱き合って、
しばらくして、お互い裸になって、お互いのおちんちんを口にくわえて、
刺激しあった。お尻の穴もなめてあげた。何かすっぱい味がして、先生
に聞いたら、切れ痔で軟膏をぬったんだっていっていた。だからお尻に
挿入は無理なんだって、申し訳なさそうに僕にいった。

 気持ち良かったけど、先生のほうが、興奮していた。最後は先生の
おちんちんを手でさすってあげて射精させてあげた。なんだろうか、い
つもサービスしてあげる立場になってしまう。

 そしたら、奥にいた人が起きてきた。イタリア人の青年だった。名前
は忘れてしまった。先生がイタリアに行ったとき知り合った人らしく、
気に入って日本に連れてきたみたいだけど、なんだか最近、関係が悪い
とか言って、しばらくしたらイタリアに連れて帰るんだって言っていた。
イタリアの人が、僕に入れてって素っ裸になって、僕の目の前に四つん
ばいになってお尻を突き出してきた。病気の感染が心配だから、しない
ほうがいいよって先生がいっていた。なんで僕みたいなのに、入れて
欲しいなんていってくるんだ……って思ったな。ぼくは、彼に自分で
やってって言った。したら、彼は、自分ではやりたくない、お尻に入れ
て欲しいって言ってくるから 僕は、シャラップって静止した。イタリ
ア語しかしゃべれなかったので、先生が彼の通訳をしてくれた。僕に
対して、もう少し筋肉をつけたほうがいいって言っていたみたい。彼は
すごくわがままで、日本に連れてこなければ良かったって言っていたな。
これは深夜の出来事で、明け方まで、おしゃべりしていたかな。その後、
ねむって、昼過ぎに起きた。3人で近所のファミレスに食事しに行った。
イタリア人の彼は、パスタにサラダ、そしてメインのハンバーグと単品
でコース料理にしていた。このときは、イタリア人ってこれが普通なん
だって、ちょっとびっくりした。食事の後、二人はシトロエンに乗って
帰っていった。別れ際に、先生は、イタリアから手紙をくれるっていっ
ていたけど、僕の住所を聞いてくれなかった。手紙なんて送れるわけな
いのにな……って内心おもったけど、まいいかって、帰ってきた。

 その後、3ヶ月くらいしてから電話がかかってきて、どうしている?
他の何人もの人と寝たの?って質問してきた。ぼくは、確かに何人かの
人とSEXしたから、そのまま答えたら、そうなんだ、元気でねって
言われた。そんな言い方しなくてもいいじゃんって思ったけど、そうま
たこっちからも電話しますって、電話を切った。



----------------------------------------------------------------
4.ロンジン・マリーの告白録(11)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 玩具屋の仕事は順調に行っていたものの、ぼくの苦手な仕入れを任さ
れた。何が売れるかそんなことわかるわけがないから、ぼくの趣味で
仕入れをした。売れ残った。ガッハッハッ。ど叱られた。店には有線が
流れていたので、合間に好きな曲をリクエストした。店の趣味と違うの
でチャンネルを変えられることもあった。ちっ。終了時間、なかなか
お客さんが帰らないので、終了に音楽「蛍の光」を録音して、終了の
30分前から鳴らすようにした。あんまり効き目がなかった。まーカッコ
イイお客さんが来たときは別だけど。

 こどもたちは、学校が終わるとすぐに店に来るんだな、遊び場がない
のかな?、また一人で来る子が多く、友達いないのかな?「宿題したの
か?」「した」と、生返事。もーじゃまだなー。たまに、ど叱ってやる
んだけど、「今日、学校でね」とかいろいろ話てくれるから、みんな
かわいい子なんだけど。そんな子が盗みを働くと、胸が苦しく、なんと
も言えず、繁忙期ともなると2メートル先のレジまですぐたどり着けな
いくらいお客だらけ。そんな中、小さい幼稚園児が1万円持って「この
ゲームちょうだい」と言われた時にゃー「お母さんは?」「家、好きな
の買ってらっしゃいって」 その時もショックで、世の中おかしい、
子供たちが変だ、もう関わりたくない、と思った。

 次第に店長との折り合いが悪くなり、店を辞める決心がつき始めた頃、
マリアママの新しい本が出たので、数十冊買って、店の人全員に手渡し、
数日後この店を辞めた。

 それから次の仕事を探すまで半年ぐらいあっちうろうろ、こっちうろ
うろした。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月14日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]