%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年9月30日号 No.377

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録
 2. ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.クララ・ヨゼファ・メネンデスの告白録(3)
----------------------------------------------------------------
 ジャン・マリー司祭から「クララの傷を癒すには、二重構造を砕くに
は『抱っこ法』しかないからやるよ」って言われたの。早速その日から
始まったんだけど、ジャン・マリー司祭が抱っこしてくれてね、安心し
て、リラックスしてお話しするの。「まず、小さい頃からのことを何で
もいいから、どんなに些細な事でも話してね。」……それは、秋田に
来ることを決めたとき、全部を捨ててきたから、忘れようとしていた
こと。でも、今は逆にそれを思い出して吐き出すこと、そして今までの
自分に何が起こっていたのかを認識することで、自分の傷の癒しにつな
がっていくんだって。

 まず、生後間もないときのこと、もちろん覚えてないから聞いていた
ことから話し始めたの。そしたら、自然に涙が出てきた。「思い出した
くないから、封印してたのに……」って、わんわん泣きながらしゃべっ
たよ。自分でもびっくり! あまり意識していなかったけど、結構傷つ
いていたんだね。お父さんとお母さん、2つの結婚生活のことに触れる
のは、とても辛かったよ。話をしながらいっぱい泣いちゃった。本当に
愛してもらいたかった人たちなのに、誰も私のことを愛してくれていな
かったんだから。何よりもショックだったのは、親でさえも愛してくれ
なかったこと。愛されることを知らないから、愛することを知らない。
自分がこんなにも人を愛せない人間だってことに気付いたときは、本当
に悲しかった。

 こうして子供の頃からのことを話しながら、無意識に体をぼりぼり
掻(か)くようになってた。吐き出すことを続けていくうちに、だん
だんとアトピーが悪くなったね。特にお父さんとお母さん、それから
マリー・レベッカのことを思い出すと、急激に悪くなったね。一時は、
アトピー本当にひどい状態になって、結構しんどかったな。でもマリア
様に言われたの。アトピーが悪くなっても、恐れないで吐き出すことを
続けなさいって。それが癒しにつながるからって。そして妊娠と同時に
癒しも始まって、アトピーも良くなっていくからって。確かに、少しづ
つ良くなってきてたよ。本当に妊娠したんだね。マリー・レベッカに
関しては、一緒にいた間はずっと悪かったよ。彼女とは、肉親の情を
断ち切ろうって思いながら、なかなか出来なくて自分を責めてた。彼女
は、私のことを「自分の娘のように思ってる」みたいで、明らかに他の
人とは違った態度で接していたの。いくら注意されても、次の瞬間には
また同じことをしていたね。全然従順してなかったよ。私もそれを振り
切ることができなくて、最後には目が合ってもそらせるようになっちゃっ
た。すーごく疲れた。そして、彼女が無意識に人を傷つける発言や行動
の一つ一つが、私にとってすごくストレスだったの。

 9月24日、弟が突然訪ねてきたの。私に会いたいって。弟は、全て
を捨てて秋田に来た私を責めたりしなかった。でも、話をすると必然的
に家族のことを思い出すよね。やっぱり何らかのストレスを感じるよう
で、その日の夜は、体中痒(かゆ)くなった。

 そういえば、実家にいた頃も、お母さんにお父さんのいや〜な話を
された後は、たいてい次の日にアトピー悪くなってたよね。お父さんの
悪口、特に女性関係のことを聞くのは本当に嫌だったから。いやみった
らしく「こんなネクタイ持ってなかったのにどうしたのかしら?」とか、
「きれいな下着はたくさんあるのに、今日は新しい下着を着て行ったの
よ」とか、「家にはお金は入れないのにお父さんはたくさん持ってる。
一晩で5万もなくなってるの」とか……。だいだい財布や手帳の中身を
チェックしてること自体、何やってんの?って感じ。すごく嫌だった。
「もう聞きたくない」って言っても、お母さん止めなかったでしょ。
「何で逃げるの」とか何とか言って……。なんで私なの? お父さん
に直接言ってよね。ぶつける相手が違うでしょ! で、そんなことを、
ばかみたいに繰り返してたね。すごく腹が立ったよ。でも私もお母さん
と同じことをしていたんだね。いやみったらしい‘あてつけ’。直接
お母さんにぶつけずに、部屋のドアをバン!って閉めて、物を投げつけ
たり、壊して暴れるの。だけど、そんな状況でも、どこか冷静なところ
があって、‘これは壊したら後悔するな’とか‘後で掃除が大変だし’
とか考えちゃってね。壊す物は、選んで投げつけた。お父さんに買って
もらった空気清浄機を壊したけど、後で理由を聞かれて「上から物が
落ちてきて……」とうそついた。本当に私もゆがんでしまっている。そ
して、暴れた後は決まって体が痒くなったり、ぶつぶつが出てきたり、
顔が赤くなったりしたよ。本当に、いつも同じパターン。お父さんと
お母さんは、今でも私のことを連れ戻そうと思ってるみたいだけど、そ
んな状況に、また私を引き戻すの? 私を殺すつもりなの? 二人とも、
今までと何ひとつ変わってないじゃない! こんなに私のことを傷つけ
てきて、まだ傷つけるつもりなの? もう、やめてよ。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(10)
 = 同宿会はぼくの居場所、マリアママ大好き =
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 前にも話したと思うけど、いつ頃か、テレビの番組で「吸血鬼ドラ
キュラ」を退治するために使った道具の一つに十字架があって、それに
興味を抱いた。次第に「エクソシスト」「オーメン」だとか関連の映画
を見るようになり、聖書や聖職者へのあこがれも強くなっていった。

 マリアママの本に出会った、キリスト教の教会に行ってみたくなり、
自分なりに調べてみた。プロテスタントとかカトリックとかがあるなん
て思ってもみなく、カトリックはとても厳しいと聞いたことがあって、
最初に出会った聖書も「イエズス」となっているからこれは違うのかなっ
と思った。大罪の同性愛のぼくが、教会に行けるわけがないと思ってい
る反面、ちょっと行ってみよという思いが強くなって教会へ出かけた。
数度行ってみたものの世間で言う暖かい、落ち着くなんて思えず、がら
んどうで心は落ち着かず数度の誘いはあったものの、引き続き行く気に
なれなかった。そこはプロテスタントの教会だった。

 玩具屋の休みの前夜にホモ雑誌の投稿で知り合った子(00くん)の
ところへ行き、いっしょに夜ご飯を食べて、ひとつのベットでキスした
り、互いのオチンチンを口に含み、お互いに精液も飲んで眠った。特別
話をするでもなく、翌日にはドライブをしてまた、帰って仕事をするっ
て言う具合に、休みのほとんどは00くんといっしょに過ごした。この
時はほんとに楽しかった。

 マリアママのメッセージは読み続けていた。同性愛の後ろめたさ、後悔
はありながら。それでも、ぼくだけじゃなく他の人、他の人はぼくのよ
うに罪深い人じゃないけど、日本、世界が今後どうなるか伝えたかった。
何かしたかった。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月7日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]