%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年9月23日号 No.376

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2. ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月5日 7:41
マリー・マドレーヌに与えられた
イメルダ・ランベルティーニちゃんからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
(当時、非公開とされた)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 水曜の第2ミサを行っています。聖木曜日、聖体の制定の日。イメル
ダ・ランベルティーニちゃんと聖体とのかかわり、マリー・マドレーヌ
と聖体との関係、イメルダ・ランベルティーニちゃんとマリー・マド
レーヌとの関わりなどについてジャン・マリー神父が話してくれました。

イメルダ・ランベルティーニちゃん:
 聖体を愛してください。
 とっても大好きなジャン・マリー神父様とマリー・マドレーヌといつ
もお母さんしてくれているマリー・レベッカにお話します。イメルダが
話します。
 聖体ってすごく聖なる聖なるすごい、いい、やさしい、神様なの。み
んなは聖なる聖体ってとっても近づけない、家にもおいちゃいけない、
教会で遠くから崇敬するイメージがあまりにも強くて、すごく今やって
いるジャン・マリーとマリー・マドレーヌの、聖体の前で素っ裸になっ
て償いのSEXをしますよね。それで、マリー・マドレーヌも最初おび
えてたの。なぜかっていうと、聖なる聖体に対してすごい罪を犯して、
これこそ冒涜だって周りの教会の人たち、シャーベル会の人たちも言う
のではないか、もう言っていると思うけれど、そうゆう恐れにとらわれ
ちゃって、聖体を拝領をするときに、少しでも不安があると汚したくな
いって思って、司祭から拝領する前に自分の犯した罪を言うようになっ
たの。でも聖体はなんにもいわなくって、むしろ聖体はマリー・マド
レーヌにすごく介入してきている。彼女は目がみえなし、ホスチィア
自体、絵が描いてあるようにそんなものだって周りから聞いているだけ
で、ただ舌に触れた時、あーこれがイエズスの聖体なんだって理解した
んだ。それで一般的に教会にしかおいちゃいけない聖体というふうに、
ほんとに神様やイエズス様のことを知らない人たちもそうみてるように、
シャーベル修道会や、リトル・ペブルさんが制定したようにハウスチャー
チと言われた場所では、司祭が一緒にいるのとそうでなくとも聖体をお
いて拝することができるようにっていう指導をしてる。全然イメージが
変わるよ。すっごく身近になるんだもの。
 それで話を元に戻すと、償いのSEXに関して、全部イエズスと一致
することになるから、ここの秋田でたてられてた聖体奉仕会のことを心
に留めて、聖体とマリア様を愛して欲しいの。マリー・レベッカももっ
ともっと聖体のイエズスに「大好き、私のこと愛してくれているんだね」
っていって欲しいの。こんな悪党キャラの3人の使命は悪魔が失敗する
ようにしちゃったけど、聖体のみんなに対する愛は変わっていないよ。
大丈夫だから近づいてね。ただジャン・マリー司祭の天から受けた賜物
による洞察力で助言、あるいは指摘された場合、それを「ハイ」といっ
てきいて欲しいの。
 人間って弱いから、毎日聖体拝領できるところにおかれると、それに
慣れっこになっちゃうんだよね、そとにいて司祭と一緒にいられないで
いる名古屋のロンジンマリーの家には聖体はあるけれど、いまのところ
ジャン・マリー司祭からでないと聖体拝領ができないから、実に聖体を
慕ってる。
 マリー・マドレーヌ、あなたにおはなしするけれど、天国にいく憧れ
の一つが聖体を「大好き、もっともっと愛するね」っていう、心からの
わきあがりによって強くなっていくから、あこがれること、聖体に会う
ことを楽しみにしててね。イメルダは本当に聖体大好きでずーっと拝領
したかったのに、なかなかゆるしてもらえなかった。ところが、聖体か
ら奇跡がおきて、私のほうに光を発したの、聖堂で光が急に照ったもの
だから、神父様は私に聖体を拝領させてくれた、「あー私の望みこれで
かなったんだね」って思ったら、すごく嬉しくなっちゃって、もう天国
にそのままいっちゃった。マリー・マドレーヌと聖体は、切っても切れ
ない関係にあるし、愛するジャン・マリー・パパのもとで一緒にいる、
これが彼女の傷の癒しになることを、どうかみんな理解してあげて欲し
いの。
 残念ながらミシェルの家にある聖体はすっごい孤独だから、寺沢
でそれを安置して欲しいの。ヨゼフの像に関しては、彼自身が買ってい
るし、司祭に全部判断を仰ぎたいです。聖体を孤独にさせないで。教会
に沢山、聖体がおかれているけれど、この事件をきっかけに聖体がどう
扱われているか、みんな知るのでよく見てね。イメルダは、聖体を愛さ
ないでいる人たちがとっても悲しくって悲しくって取り次いでいます。
お父さんに「助けてね」って言って取り次いでいます。みんなを祝福し
ます。
 マリー・マドレーヌとイエズスの聖体はどんどん一致に向かって子供
のように聖体に吸い寄せられていきます。私と同じ喜びであなたはイエ
ズスにまみえるので、そのままそのままちっちゃい子でいてね。マリー・
レベッカの今の聖体訪問は、自分が過ちを犯した恐怖で一杯で、「ゆる
してください」しか叫べていない、でも、神様は同宿の女の子たちを
育てるようにされたので、そして昔の□□さんの償いをあなたはしたの
で、もう聖体に「大好き」っていってね。やさしい神様、ゆるしの神様
にみんながあわないと、自分を責めて自殺しちゃう。それを避けるため
に、いまミシェル・マリー・フランソワとミシェルに、「愛してね、
聖体大好きっていってね」っていいにきたの。「ゆるしてあげるよ。
大好きだよ」ってそう聖体は言ってくれてる。だからみんなこれ以上、
聖体を孤独にしないでね。イメルダからお願いです。神父様に、ミシェ
ルとミシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカに、そして
クララ・ヨゼファ・メネンデスに祝福をおねがいします。

ジャン・マリー神父:(祝福を各人におくる)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イメルダ・ランベルティーニちゃん:
 イメルダがお話します。このメッセージに関してとくに見せる人は、
ミシェル・マリー・フランソワとミシェル、そしてマリー・レベッ
カ、そして名古屋のロンジン・マリーです。後は、コルベ・マリーが
ここに帰ってきたときに、クララにもまた保管のために愛する神父様の
手元において、マリー・マドレーヌが聞けるようにして欲しいです。
お願いします。
 教会の規定を全て知ってまもっている聖職者のみなさん、修道者の
皆さん、聖体のイエズスの何もできない、無防備な姿を黙想して、いま
どんな時なのか知って欲しいです。あまりにも聖体が軽視されていて、
今度はこんなやつらが軽視しなんていって、更に悪化させていますよ。
聖体を愛するということを、イエズスの十字架を黙想してください。鞭
打たれ、殴られ、唾をかけられ、茨の冠を押しかぶせて、「ユダヤ人の
王、ナザレトのイエズス、万歳、挨拶します!」って侮辱したうえに、
カルヴァリオまで十字架を担がせ、最後は磔(はりつけ)にしたんです
よ。今も同じことを、リトル・ペブルさんに、そして叙階を認めないと
いう態度で愛するジャン・マリー司祭に全く同じことしてます。「マ
リー・マドレーヌは全く徳も何も無いから、こんなことを平気でするん
だ」ってあざけり、「こんな人無視しましょう。軽蔑しましょう」なん
ていっていませんか? どこに「聖体を敬っています」なんていう愛を
もっているんですか? 一人のまったく罪の無い人 リトル・ペブルを
軽視するなんて、神が許しません。彼らはイエズスに十字架を担がせ、
カルヴァリオの道を登らせ、最後には磔にして、素っ裸にしてさらしも
のにしたんです。リトル・ペブルは神の奇跡の恩寵にあずかって、同じ
目にあっているし、今、二人の人も同じ目にあってます。「娼婦の腕は
柔らかかったんだろう、見ろよ!」ってイエズスにあびせたように、マ
リー・マドレーヌのことを売春婦のように見ています。全然違うのに!
リトル・ペブルが無実であることを示し、預言的使命の再開を願って
やっただけで、彼女(マリー・マドレーヌ)をさらし者にすることで、
本当はアン役だったけれども、ベッティーナの苦しみを彼女に味合わせ
るために同じ運命をいかせています。
 教会は聖なる人しか入れないで、ずーっと伝統的に護られてきたけれ
ど、道端では全然教会にいけない多くの罪人たちが物乞いをしたり、時
には人の体に身を預けて生活するなど、そんな底辺で生活する人たちが
一杯いるのを忘れています。彼らにこそ福音が必要であって、私たちは
どっぷりイエズスの恵みにあずかって、裕福な暮らしまで出来るように
なったくらい、司教様や枢機卿様たちはそこまで肥え太ってしまいまし
た。
 福音って何ですか? 良い訪れですよね! 自分もイエズスに愛され
て救われる、これが喜びの訪れです。でも、今現代は、めちゃくちゃに
堕落しきっています。あー何故でしょう? 何故? イエズスを何百回
も何千回も何万回、何億回にいたるまでムチ打つんですか? これを
聞いても、「こんな人が、底辺な人が言ってるから、思いこみだ」とか
言ってるから、そう片付ける人たち、最後の私審判を思い出してくださ
い。「小さな一人に一杯の水をくれたものは、私にしたのです」ってい
うイエズスの言葉を思い出してもらえるといいけれどね。
 イメルダは徳のある修道会にいたので、皆さんのことがあわれで仕方
がないです。マリー・マドレーヌは何にも知識は無くて、従順すること
さえ何度も危うくなって、大変な試しにあわされて、ようやくここまで
来ました。ちっちゃな、ちっちゃな神秘家です。子どもなんです。幼稚
なんです。白痴なんです。そう見る人は大正解です。知識を我が物顔で
振り回さないでください。イメルダは500年以上聖体の聖人になれな
かった、そんなの全然責めていません。だって私は小さかったもの。
皆さんに祝福をおくります。司祭の祝福を聖職者、パパ様、修道者の
皆さんにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年4月5日 13:10
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 聖なる務めをはたして、償いのSEXを終えた後、やすらいでいまし
た。「リンボウ(古聖所)の」という声があって、「だれですか?」っ
て、もう一回しるしを求め、「聖母です」とはっきりした声だったので、
再度しるしを求めたらありました。

聖母マリア様:
 愛するジャン・マリー司祭に依頼をしに来ました。リンボウのことで、
昨日、マリー・マドレーヌが空間を超えて彼らにおもちゃをあげたり、
哺乳瓶、そしておしゃぶりを差し出して吸わせるなど、目には見えない
のに遊んでいました。このような、特徴あることは今までにありません
でした。リンボウの啓示が新しいものであるので、リトル・ペブルに
早く届けられるよう、名古屋のメンバーも含めて伝え、祈ってもらうよ
うお願いします。この後は休んでください。優しい母がマントで包みま
す。祝福を子供たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(9)  =同宿会はぼくの居場所=
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 男性に対する思いは断ち切ることが出来ず、片思いのままで悶々(も
んもん)としていた。気を紛(まぎ)らわすためにホモ雑誌の投稿で、
相手を探した。しばらくすると相手からの返事が来て会うことになった。
納屋橋でサラリーマンの一人暮らしの人。部屋に入るとドキドキした
ものの、なんだか怖くなって早くここから出たかった、話をそこそこに
ジュースだけ飲んで帰ってきた。でも投稿はしばらく続いた。30歳
近くになって「そろそろ落ち着き(結婚)なさいよ」って親から言われ
るようになっていた。アー面倒くさい。ホモのことは隠してはいても、
まだ後ろめたさはなかった。しばらくしてホモ雑誌の投稿で返事が来て、
印象がよかったので、慎重に文通からはじめていくことにした。

 マリアママの預言の本を読んでからしばらくホモ雑誌、ビデオを買う
ことをやめた。でも、何か寂しさで、ほんのしばらくの間だけだった。

 預言の本に興味を持った。内容に恐怖を感じ、自分のしていることに
後ろめたさ感じ始めた。マリアママの本をきっかけにマリアママのメッ
セージを取り寄せるようになった。後日メッセージ集やお守りみたいな
ものとか、洗礼を受けるのに必要なことが書いてあるものが送られてき
た。これをきっかけに集会に参加するようになったんだ。

 次は、花屋に勤めてきたときと同じように社長とけんかして玩具屋も
やめることになるんだけど。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は9月30日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]