%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年9月16日号 No.375

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2. ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月4日 15:36
マリー・マドレーヌに与えられたリンボウ(古聖所)の啓示と
大天使聖ラファエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
償いのSEXの途中の休息のとき

マリー・マドレーヌ:
 一段階SEXが終わって、お休みをしようとちょっと安らいでいたん
だけども、私の霊魂が下に沈みはじめて、しるしを求め始めたんです。
しるしがあってリンボウだって教えてくれました。
 ヴィジョンなんだけれど、風がゆるやかに吹いている感じ。しるしを
もらいました。いっぱい赤ちゃんが、私の横に赤ちゃんが並んでいる
感じ。赤ちゃんの横についている天使が見えて。「堕胎しないでね」と
いっています。今、しるしがあって、「がらがら買ってきてくれたの。
うれしい!」と言っている子がいる。髪の毛が、今しるしがあって、
男の子が言ったみたい。確認のしるしをもらった。かわいくしるしを
見せてくれてね。「おしゃぶりあるの?」って。「あるよ。ここにある
よ。しるしあるかな……?」 赤ちゃんの口が見えて、おしゃぶりを
スーッと吸っています。「うれしい!」って。しるしをもらった。「お
んぶひもちょうだい」 しるしありました。しるしがあって、きゃー
きゃー笑っている。しるしあって、「ママのミルク」って言っている。
 これは哺乳瓶だね、あげるね。天使が哺乳瓶を持ってあげて、小さい
子にあげています。一所懸命、ちゅうちゅう吸っています。しるしも
らって、今、口がはなれましたね。いましるしがあって、「これ全部く
れるの?」って、男の子が聞いてきました。しるしがあって、「マリア
ママのおっぱいのみたいなー」って。
 しるしがあって、一位の天使が見えるんだけども、その天使が言って
いることがあります。今、しるしがありました。

天使:
 リンボウの赤ちゃんたちにこんなことしてくれたの、はじめてです。
でも、永遠の御父に会えないのが一番、かわいそうだから、洗礼をいっ
ぱいいっぱい授けて欲しいんです。毎回ミサがあるごとに、マリア様か
らお願いを受けた「忘れられ堕胎されたリンボウの霊魂たち」へのお祈
り感謝してます。
 これから、クララ・ヨゼファ・メネンデスが祝福の子を一杯産むので、
その環境づくりを男性はしてあげてください。クララもメディアに取材
されます。彼女は英雄的に男性のような行動のできる霊魂ですが、いろ
いろ質問攻めに会う時に、男性の3人が彼女を護ってあげてください。
マリー・マドレーヌのこの苦しみの時もコルベ・マリーとジャン・マリー
司祭は特に強く説明してあげて欲しいのです。彼女(マリー・マドレー
ヌ)は、だまって愛するジャン・マリーの指示に従います。全部ちい
ちゃな子のままで 性的なつぐのいの為に十字架の道を行きます。
 これは、非公開のメッセージで、コルベ・マリーとミシェル・マリー・
フランソワに説明し、名古屋のメンバーと北岡家には話します。他には
これは載せないでください。リンボウの新しい啓示に関して、リトル・
ペブルに届けられるよう祈りをお願いします。今、司祭の祝福をリンボ
ウの赤ちゃんたちに、そして無垢な霊魂たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしをもらいました。

大天使聖ラファエル:
 愛する息子の償いたい意志と、マリー・マドレーヌの意志はきかれて
いますが、天草ではそれ(償いのSEX)はありません。秋田において、
以前の聖体奉仕会の失敗と、この預言的使命の失敗の償いなので、五島
や過去おきた赤ちゃんにかかわる償いはもう十分であるので、とらわれ
なくともいいです。愛する息子(ジャン・マリー神父)の働きは悪魔
祓いですから、ここ(秋田)だけで十分です。重荷をおろしてください。
聖痕は、二人ともここではなくて、新しい土地で受けます。まずクララ
の祝福が、泉と同時にはじまります。
 愛の行為に天は喜んでいます。マリー・マドレーヌと愛する息子は、
聖痕を境にSEXの状態は、終わりになります。司祭の祝福をクララに、
そして、リトル・ペブルの泉にお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララに、そしてリトル・ペブルの泉に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

大天使聖ラファエル:
 ミシェルのことについては、婚姻の秘蹟で、民法上の離婚を天は
要求します。同宿に関しては、決まりごとをもうけない意志をあらわさ
なければ、だれも彼を信用しないし、決まりきった祈りを人に教える
ならそれはだめです。赤ちゃんのようになるように、彼自身の傷を取り
去らなければ今のままです。恐れの心を、不安の心を伝えてしまい、
裁き主の神を伝えてしまいます。横浜にいる必要は、彼の自由意志で
決めます。クララに対する愛の完成は、天国でないとできません。愛す
る息子(ジャン・マリー神父)への信頼を彼はどうしても通過しなけれ
ばなりません。ゆるしの神を彼自身が体験しないと、戦う恐れを捨てる
ことができません。今彼は、マリー・マドレーヌと愛する息子に対して
信頼をおけていません。ですから、しばらく様子をみてあげてください。
彼がクララを自己愛で愛してしまっているから、クララは「愛している」
といいながらも、もうズタズタになっています。祝福を司祭にお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしをもらいました。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(8)  =同宿会はぼくの居場所=
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 仕事は順調だった、給料もよかったな。ホモ雑誌を買うことはズー
と続いた。その中にあるホモ写真集やホモビデオを買うようになった。
月に2万円ぐらいはそれにつぎ込んだかな。デッキもそのころ買った。
デッキを買うやつはスケベビデオを見るために買うんだってよく言って
た。(当ったり〜。テレビの番を撮るんだってごまかしてた。)ビデオ
は家族が寝静まってからしか見られなかった。イヤホンを付けてビデオ
を見ながら、オナニーをしてた。演じている人にあこがれたり、うらや
ましかった。僕にもいい人が見つかるといいなって。

 やっぱり、ここでの仕事も、かっこいいお客さんや、従業員のことを
いつも思って働いてた。でも花屋の頃のことを思うと、ビデオで慰めら
れていたので、どちらかというと仕事が中心だったかな。友達のAくん
とも仕事が終わってから喫茶店に行き、仕事の話をよくした。

 玩具屋の仕事が順調になってきた頃、新しい人が入ってきた。かっこ
いい人だった。冗談を言ったりして慣(な)れてきた頃、僕の手を握っ
てきたり、からだを密着させたりキスするまねをしてきたので、彼は
ひょっとしてと思った。ちょっと、僕がキスしてやろうと気を許した
瞬間、やっぱり彼は普通だった。いつも僕と関わる人はこういうタイプ、
思わせぶりで、でも普通なんだな。だから片思いばかり。

 4,5年たってからかな、名古屋地下街の本屋さんに行ったころ、
「戦慄の聖母預言」って本が山積にされていた。これがきっかけでカト
リックのことと、マリアママのことを知るようになるんだ。まさかキリ
スト教の信者になるとは思っていなかった。

 以前から興味があった心霊的な本も好きで「ムー」も毎号買ってた。
その中にもキリストに関する不思議なことの特集があったりしてた。
そういえばUFOのことも、テレビで放送してからよく見てたな。最近、
またテレビで見るようになったな、なんか周期的にあるみたい、そのこ
とで昔のことをよく思い出す。でもほとんどがマリアママの預言の本で
書いてあったことを話してる。まー時代が違うから若い人には新鮮に
聞こえるだろう。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は9月23日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]