%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年9月2日号 No.373

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2. ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
(No.367の続き)

--------------------------------
2007年4月2日 AM8:00頃
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌは、信頼を学びます。聖母は怖くないです。寺沢
に行って私に会います。メンバーについては、司祭に決めてもらってく
ださい。単純に赤ちゃんになればいいです。大人の女性でなくていいの
です。愛する息子に信頼してついて行けば大丈夫です。いつも天使が
支えます。一人じゃないです。司祭が、連れて行くメンバーを言ってく
ださい。皆を祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「すぐに寺沢にいってください」とのことです。し
るしがあって、「北向き観音に登らせます」。しるしがあって、「ガブ
リエルが一緒です」。今確認のしるしがありました。



--------------------------------
2007年4月2日 AM9:10
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 今日の最新のメッセージは公開しないようにして、全員に配るように。

 愛するここに集められた子どもたち全員に、聖母が話します。今日の
朝方、私はマリー・マドレーヌに今のみんなの状態を告げました。愛す
る息子に対し、まっすぐ信頼を持ち一瞬たりとも疑わずに、行動も言葉
も全部を信じきっている人は誰であるか告げました。はっきり言います
が、コルベ・マリーだけが全部を信じ、支持しています。この重大なこ
とについて朝方、話しているのでコルベ・マリーも含めて、ミッシェル・
マリー・フランソワとマリー・レベッカ、クララ、マリー・マドレーヌ
に後で文章に直して読めるようにしてください。そして名古屋のロンジ
ン・マリーとフランソワ・マリー、北岡家にメールで送ってあげてくだ
さい。非公開のメッセージです。これを皆に伝えます。司祭の祝福を
集められたメンバーにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがとれたんだけど、もう一言。しもべはききますおはな
しください。しるしがありました。

聖母マリア様:
 もう一言、聖母がはなします。同宿会の一致のために、名古屋のメン
バーに祈りをお願いするように書き加えてください。

マリー・マドレーヌ:
 今、識別のためのしるしをもらいました。



--------------------------------
2007年4月2日 PM2:35
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市、寺沢の北向き観音前にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ロザリオの4玉目に温かい風を感じ、識別のための印がありました。

聖母マリア様:
 ミシェル・マリー・フランソワにしるしをここで与えます。

ジャンマリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 何か指示はありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしを求めたら、識別のためのしるしをいただきました。

ジャンマリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 今すべきことを教えてください。

マリー・マドレーヌ:
 私は後ろに下がって、ミシェル・マリー・フランソワが前に来て、こ
ちらで祈ってください、としるしがありました。

(みんなでロザリオの祈り。ミシェル・マリー・フランソワはしるしを
 求める)

聖母マリア様:
 愛する子どもたち、約束の通り、聖母がここで話をします。ミシェル・
マリー・フランソワにあわれみを与えます。雄々しくあってください。
クララを支えてあげてください。この地一帯を祝福します。シストと
カタリナ夫妻殉教者と韓国の全ての殉教者たち、そして寺沢で処刑され
た日本の殉教者たちを記念し、ここで彼らを崇敬してください。司祭の
祝福を今いるミシェル・マリー・フランソワと、クララ、そしてマリー・
レベッカ、そしてこの地一帯にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしを確認しました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しるしを求めるための指示ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしとともに「聖母は怖くないです」と語られています。

聖母マリア様:
 ミシェル・マリー・フランソワにユリの花束とバラの花束を贈ります。
それは、ヨゼフと聖母がいつもあなたとともにいて、何もかもを世話す
るからです。ですから、引越しのこともこれからの生活のことも全部
大丈夫です。全然恐れないでください。愛に燃え上がった仲間たちが
あなたを支え励まし、力づけ、そして修徳の道にいかせます。ヴィジョ
ンを見ます。そしてそのヴィジョンにはっきりしるしがわかるので、そ
れがあなたに与えられた新しい識別のためのしるしです。ミカエルがい
つも持ってきますから、ミカエルに頼んでください。あなたを祝福しま
す。今、少しの間沈黙してください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、確認のしるしをもらいました。

(ミシェル・マリー・フランソワは、しるしを求め続ける)

聖母マリア様:
 大天使ミカエルの祈りを、もう一度いのってください。

(皆で祈る)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ヴィジョンがあって、優しいマリア様が、バラの冠
をつけて両手を合わせて祈ってくれています。

聖母マリア様:
 愛するミシェル・マリー・フランソワの傷を癒します。神様に対する
恐怖感や、自分の性的なことに対する嫌悪感とか、全部、全部、イエズ
スの十字架にもっていってください。泉の恵みが早く来るようにみんな
で、残った人たちも、また名古屋の人たちにも呼びかけ、熱烈に祈って
ください。恵みがはじまれば、ものすごい回心者が与えられます。みな
強められますから、恐れないでください。例外として誰もいません。
ただ、愛する息子に信頼しきった人たちに大きな力と恵みが注がれます。
クララもその一人になります。全てを忘れて、思い煩わないで、愛する
息子のいうことを聞いて、信じて従ってください。祝福をします。必ず
約束は果たされます。リトル・ペブルのために祈ってください。司祭の
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 それと同時にミシェル・マリー・フランソワが司祭に聞いてください。
ジャン・マリー神父が、今日、薬の服用を禁じました。以前のしるしの
ようなものはあったけれども、ミカエルちゃんがあらわれてしるしを
示すヴィジョンはなかったです。「生命を全部預けてください。イエズ
スに助けを願ってください」。しるしがありました。

聖母マリア様:
 聖母がミシェル・マリー・フランソワに話します。あなたは今してい
るように聖堂の聖体の近くで睡眠をとるようにしてください。痙攣(け
いれん)と発作の危険を心配するよりも、司祭と近くにいて、三人が
聖体をはさむような形で夜睡眠を取ります。聖体の侮辱の罪をつぐのう
ために側で寝てください。薬を習慣的に使っていたために、また、繊維
筋痛症のために体のあちこちに痛みをおって苦しみもだえますが、でも
イエズスに苦しみをになってもらうのです。逆にマリー・マドレーヌは
薬によらなければ悪魔に殺されるので、彼女の処置はイエズスにより、
そのようになります。聖霊派の強い影響を受けた彼女の体を軽くするた
めにそうします。しるしに関して、今まだ前の影響があるので聖櫃に
戻り、祈り続けてください。失望しないでください。祝福をおくります。
司祭の祝福をミシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 泉の場所をクララに見せて帰ってください。



--------------------------------
2007年4月2日 PM6:05
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
(償いのSEXが終わった後、他の人達は「パッション」をみていた)

聖母マリア様:
 パッションを作ったメル・ギブソン監督の映画のように、今愛する
息子の心は砕かれようとしています。リトル・ペブルが真っ先に知りま
した。イエズスの役をになった司祭が、愛する息子ジャン・マリー司祭
です。しかし、イエズスを宗教家たちが断罪したように、「彼は司祭
では無いので気をつけるように」と教会からの一つの文章が出されます。
同宿たち皆は、一つの群れになり、リトル・ペブルのもとに集められま
す。引き続きパッションを見てください。イエズスの全てがわかります。
 愛する息子の身に起こることで、もうそれぞれに反応が起きています。
マグダラのマリアにならい、この人こそ私の命を救った人だと愛する
マリー・マドレーヌは知り、そしてそれを、身をさらし、多くの人の中
で笑いものになりながらもついていきます。それは、彼女が強いから
ではなくて、ただ支えられてのことです。ひと突きで、悪魔は倒そうと、
いつも誰もが狙われていることを、おぼえてください。生命の危険に
あうようなことです。
 これほどまでにイエズスを愛し、リトル・ペブルを愛しぬく司祭(ジャ
ン・マリー神父)の方法は、人には理解しがたいことばかりで、今まで
多くの人が彼を軽蔑し離れました。マリー・マドレーヌは実に裸になる
のをさけて聖なることを求めたくて、心にいろいろと願っていました。
でも自分に情緒の傷があって、修道会ではやれないと知らされ、激しく
苦しみもだえていました。実際に性的なことを経験しているマリー・レ
ベッカをたてることで、自分の処女をまもり、そしてアン役として死ぬ
ことを承諾していました。でも、償いが始まり、彼女はイエズスの受難
に深入りを始めました。心にイエズスを受け入れなければ何も出来ない
と知ったからです。自分の苦しみはイエズスに到底及ばないけれども、
でも女性の中で一番下になりました。彼女は愛する息子がいないともう
だめです。子どもたち、一人ひとりに用意された道を歩き、雄々しく、
強くあってください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「引き続きみてください」といわれました。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(6)  =同宿会はぼくの居場所=
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 中学の頃はテレビ番組で夏に恒例の恐怖、お化けドラマを良く見てた。
ドラキュラなんかは特に十字架に興味を持ってた。2時間スペシャルが
流行っていた。特番ってやつ、ファチマの聖母出現の特集もやっていた
のもその頃かな。UFO、神秘的、不思議、霊体験、預言、恐怖ものが、
その影響もあるのかな? 本屋にもよく通った。宗教、神秘コーナーで
密教にもはまった。霊的なもの、特にエドガー・ケーシー(メッセージ
を眠っている間に受け取り、病人を治す)にはまった、その本の中で
キリストに関することがよく出てきた。だから余計にキリスト教にとい
うか、不思議なことに興味を持つようになっていった。

 両親に対しては何の思いでもない。2歳ころかな? 伊勢湾台風で
母の背中におんぶされて、雨戸を閉めているところは覚えているのに、
それ以降、抱かれたり、甘えたりした記憶がない。父はほとんどしゃべ
らなかった。酒を飲むと愚痴をこぼす、母に対して文句を言う。そんな
父親を恐れていた母。アルバムを取り出して、こんなこともあったんだ
と思い出すけど、両親との写真は少ない。父が倒れてからは自分の体が
自由にならないのをいつも歯がゆく思っていたらしく、そのことを母に
八つ当たりする、タクシーに乗っては服を買いに行ったりして、気をま
ぎらわしてたのか? 自殺をほのめかしたり、未遂の話などをよく母か
ら聞かされた、そんな話は聞きたくなかった。

 花屋に入って1年ぐらいたった頃、じいちゃんも体の不自由さを苦に
ある朝、首をくくった。じいちゃんのことで父方の兄弟(親戚)が集ま
り、財産の話で、この本家から兄弟たちが出て行って、今まで父がじい
ちゃんの面倒を見てきたこと、じいちゃんには遺産がないこと、うちも
貧乏で兄弟に出せるだけのお金で、承諾してもらい、今の土地を父に
譲ってもらった。それ以降、これを盾にとって兄弟たちは難癖を投げか
けてきた。その愚痴も全部母から聞かされ、その親戚らを憎むように
なった。(父が亡くなってからも、本家であることも棚に挙げ、所帯を
持たない連絡の取れない兄弟を最後は看取るように、誓約書を書かされ
たり、また脅されたこともあった。今はその兄弟も亡くなり、僕がカト
リック教会で葬儀を依頼し、約束どおり実行した。その後は、誰も、何
も連絡がない)

 夕食の時ぐらいかな、家族がそろうのは、終わればすぐ部屋に戻り、
家族団らんってテレビドラマのような楽しかった、って思い出すことが
ない。怒られたことは覚えていても、ほめられたことも思い出せない。
ただただ、花屋をやめたことで心配かけたくないから、というより愚痴
を言われるのがいやで、次の働き場所を新聞の求人を毎日のように見て
いた。

 求人雑誌を買いに行くついでに、よくホモ雑誌(その頃はアドンとか
薔薇族)も買いにいった。今、思い出したけど、中学の頃、近所の子を
畑であって、自分のおちんちんを触ってごらんといったことがある。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は9月9日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]