%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年8月26日号 No.372

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2. ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
(No.369の続き)

--------------------------------
2007年4月1日 AM8:20
マリー・マドレーヌに与えられたリンボウ(古聖所)と
煉獄へのバイロケーションの体験
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌの霊魂が下に沈みこむ、バイロケーションがおこる。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、赤ちゃんがいます。しるしがあって、一人の赤ちゃ
んがまた手をだしています。しるしがあって、その横に天使が一位つい
ています。しるしがあって、一人の赤ちゃんが「神様に会いたい」って
頼んでいます。しるしがあって、双子の赤ちゃんですね。しるしがあっ
て、私のこちらとこちらに二人で手つないでいる。しるしがあって、
「マリアおかあさん、おっぱいちょうだい」って言っています。しるし
があって、今まで見ている赤ちゃんは全部形があります。しるしがあっ
て、天使が動物のぬいぐるみみたいなものをあげるような感じが見えま
す。しるしがまたあって、ちっちゃいベッドが見えました。しるしが
あって ふわふわしたものがある。かすみがかっている。少し深いとこ
ろにいっているので しるしを求めたら、しるしがありました。しるし
があって かすみがかっているのがものすごく覆っています。
 今リンボウから抜けて煉獄にきました。しるしを求めたら、しるしが
ありました。しるしがあって、一人の女性が、私の前にいます。髪の毛
がとても長いです。色はみえません。しるしがありました。しもべは
聴きます、お話しください。

煉獄の霊魂:
 今、みんなに話します。私は二十代の女性で、堕胎に立ち会いました。
本当に、手術の場所にいたし、私も看護婦だったから、忙しくって子ど
もの面倒が見られないと思ったので、子どもを産むことを拒否しました。
今、私がいる場所は天使が入れないところです。とっても深い場所で、
地獄に近い場所です。神様に「ゆるしてください」と言ったから、地獄
に行かずにすみました。お願いだから、堕胎しないでください。もし
そんなことをしたら永遠に地獄の炎で焼かれて神様にあえないですよ。
看護婦は生命をあずけられた仕事です。生命を取り去るなんて絶対にし
ないで下さい。つぐのってください。お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ヴィジョンがあって。涙をいっぱいためて泣いてい
ます。
 しるしがなくて煉獄からでました。聖母マリア様から「ロザリオをし
て、終わってください」と言われ、確認のしるしをもらいました。



--------------------------------
2007年4月1日 AM11:08
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
 償いのSEX。かなり体が痛み みんなをゆるしたいという思い、
「イエズス、本当に独りぼっちだったのね」という思いがあって、涙が
沢山でてきました。計3回しるしを求め、2回しるしがあった。

イエズス様:
 イエズスがあなたがたに話をする。今日は、枝の主日で、群集が棕櫚
(しゅろ)の枝を持って、イエズスがエルサレムにロバの子に乗って
入場した日にあたる。教会はそれを祝っている。ユダヤ人たちは神であ
る、そして救い主であるイエズスを、王としてむかえ、ほめたたえた。
ところが、その数日後、今度は犯罪者として、しかも人を惑わす悪人と
して、十字架につけるよう宣告した。幼な子たちと、純粋に自分の弱さ
を出す、そして「救って欲しい」と願う人だけがイエズスについてきた。
 今までカトリックは、聖なる教会と、特に修道院では、全く男女の
交際をしないで童貞を守ることが命じられて、「一生涯私は童貞になり、
SEXはしません」と神に誓って、誓願というのをたてて修道生活を
行なう。愛する息子ジャン・マリー司祭は、シャーベル修道会で修道
司祭として他の修道会から移って、童貞の誓願を守り、一切のことを
全て神に捧げるといってきた。これから、彼は全くひどい扱いを受ける。
私は彼に、精液をコップにとり、受精させないで、そのまま童貞の生活
を守るよう命じた。けれども、女性の性器に触れるというのは大変な
大罪にあたるために、教会からの追放が起こる。しかし今まで、マリー・
マドレーヌは全く妊娠しないで、生理もきて、つい数日前に終えた。こ
のことは真実であり、神の願いに「はい」と言うか、「いいえ」と言う
かをよく理解できることがらになる。
 子どもたち、目に見えない神の願いは、人の道とは異なると、先ほど
マグダラのマリアが話した。神が、一人ひとりを創り、深く愛しておら
れるのである。今、「つぐのい」という言葉で心が揺れているクララに
対し、神はやさしく話をする。ワルトルタの「イエズスの受難」を読ん
で欲しい。それと「マグダラのマリア」という本もあるので、難しくて
解らないかもしれないけれども、話の筋は理解できるはずである。恐れ
ないでついて来るようにイエズスがあなたにいう。祝福を子どもたち
全員におくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。



--------------------------------
2007年4月1日 PM1:26
マリー・マドレーヌに与えられた聖体のイエズスからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 昼休みでみんな寝ている最中でしたが、急に悲しくなってきて、ただ
ただわんわん泣くだけで、どうしていいかわからなりました。その後、
涙がとまり、ヴィジョンがありました。私の目の前にものすごい大きな
ホスチアがありました。三度とも確認のしるしがありました。

聖体のイエズス:
 愛するマリー・マドレーヌに聖体のイエズスからの言葉を告げる。
ホスチアと一致させるあなたを、聖体のイエズスと一緒に行動して、何
も知識の無いあなたを聖体の奇跡にあずからせる。
 生まれた時から三ヶ月間保育器に入り、一人であった。男の子も一緒
にいたが、その子は死んでしまった。あなたはひとりぼっちの生活で、
ずーっと過ごした。音楽をしても、学校で勉強をしても、いつも人と
変わった存在に見られ、ずーっと一人でいることを何とも思わなくなる
ほど、心を閉ざして過ごした。ここに来てようやく男性の三人が愛を
示してくれるようになって、少しずつ心がとけてきたけれども、女性と
の傷が深いために、また苦しみをあらわにするようになった。このメッ
セージは、公開をしないようイエズスからお願いする。天草行きは、は
やまるので愛する息子についていって欲しい。
 一人ひとりの情緒の傷を聖体拝領により癒していくので、どうか聖体
を愛して欲しい。ミッシェル・マリー・フランソワと愛する息子(ジャ
ン・マリー神父)、そしてマリー・マドレーヌは聖体の冒涜に対する
償いを負っているので、特にミサの聖変化のときに心をあわせてつぐ
のって欲しい。祝福を二人におくる。司祭の祝福を二人にお願いする。

ジャン・マリー神父:(二人に祝福をおくる)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.ロンジン・マリーの告白録(5)  =同宿会はぼくの居場所=
----------------------------------------------------------------
僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 花屋は辞めたんだけど、従業員に引き止められ、再び花屋でも名古屋
駅店に飛ばされた。そこは上階がホテルになってるから、宴会、結婚式
用の花を作って持っていった。駅前は名鉄ホールもあって、楽屋にも花
を届けたりしていた。俳優さんに出会ったな、サインもらったり、少し
話したり、これはこれで楽しかった。
 店に買いに来るかっこいいお客さんにはよくサービスしてあげたな〜。
名駅店ではホテルのボーイと親しくなって食事に誘われたり、家に泊め
てもらったりするぐらいに仲がよくなった。でも、彼らは普通なんだ。
いつも期待していたけど、何もなかった。名駅店は女の子が中心で親切
にしてくれた。すごく生活観のある子で結婚を意識(母がぐちぐちうる
さかったな、今も子離れしない、どこどこ部屋に入るわ、ものめずらし
そうに見回すわ、書き物などもメモでも興味で読むわ、でうっとうしさ
を感じイライラすることがたびたび。)したけど、仲がよくなるほど、
ベタベタとか狎(な)れなれしくなると自分から離れていった。
 花屋にも慰安旅行があって楽しかったけど、普段から女の子の話は
一切しなかった。温泉街に行ってストリップ劇場につれてかれた。生ま
れて初めて(当たり前だけど)の経験でびっくりしたけど、何も興奮は
しなかった。お酒を飲んでいたこともあった、みんながやるように踊り
子さんのまたぐらに顔を突っ込んで普通に女好きを演じた。面白くな
かった。飲み会のときはディスコが流行っていた栄で夜中まで踊って飲
んだかな。その夜は花屋の上階が寮になっていたから、みんなで雑魚寝
した、そしたら酔っているAさんが僕のそばに横たわって耳を触りだし
た。これが気持ちいいんだよって言いながら、僕もついでにAさんの
オチンチンを触ってやってら、大きくなっていた、勢いあまってズボン
の中に手を入れて直にオチンチンを触って、成り行きでAさんの股間に
顔を近づけ、オチンチンを口に含んだ。これが初めての経験だった。
翌朝Aさんは何も覚えていなかった、知られてなくてよかったと思うの
と、期待が外れたのと複雑だった。
 花屋では好きな男子従業員の傍にいて話をすることだけが楽しみとし
て残った。名駅店では長続きしなかった。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は9月2日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]