%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年8月12日号 No.370

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブル同宿会ニュース
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3. ロンジン・マリーの告白録
 4. お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブル同宿会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ リトル・ペブルさんが再興する「ダビド王家」の女性の一人、バロ
 ネス(女男爵)のクララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美は2007年
 8月5日、リトル・ペブルさんの体内にある「聖なる光り輝く棒」に
 よって、双子の女の子を妊娠しました。肉体的な父親はいません。
 クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美は卵巣機能不全のため生理が
 なく、重症のアトピーであることから、妊娠できない体であること、
 また7ヶ月で胎児が成熟し生まれることによって、これが「奇跡の
 妊娠」であることを証明します。これらの双子の女の子「マリア・ガ
 ブリエラ」「アンナリア」は、コルベ・マリー阿部哲朗の養子になる
 ことを神が定めています。
  クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美が妊娠した子供は、男性の
 精子によるのではなく、オーストラリアの監獄にいるリトル・ペブル
 さんの中にある「聖なる輝く棒」から 聖霊によって運ばれた「命の
 種」によるものです。子供の遺伝子を調べればわかるはずですが、こ
 の場合、父親はいなく、母親の遺伝子のみで子供が生まれる「単為
 生殖」と呼ばれるものです。すでに10年ほど前から、世界中でこの
 奇跡がおこっています。「父親は誰か?」と問われると、あえて言う
 なら「リトル・ペブルさん」となるのでしょうが、「単為生殖」であ
 るため、生まれてくる子供は「金髪で青い目」ではなく、母親そっく
 りの子が生まれてきます。母親が白人なら白人の子が、日本人なら
 日本人の子が生まれてきます。

【 クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美の病歴 】

  20歳の頃 食が細くなり、3ヶ月で8kg体重が減少する。その後、
 体重は少し増えて安定したが、その頃から生理が止まり、産婦人科を
 受診した。卵巣機能不全と診断されて、ホルモン治療を開始し、2007年
 3月まで継続した。2007年4月より治療を中断したため、以降無月経
 の状態が続いている。
  子供の時からアトピーだったが、中学生くらいからは頻繁に病院に
 行かなくてもいいくらいに病状は落ち着いていた。しかし大学生後半
 くらいから、徐々に皮膚の状態が悪くなり、24歳のときに出た蕁麻疹
 (じんましん)をきっかけに悪化した。現在、ステロイド外用剤にて
 治療中。

【 参照 】

「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」
 第一章 神秘的結婚、第三章 ダビド王家
 (箱舟の聖母社 http://hakobune.cart.fc2.com/ )


【 取材etcの連絡先 】

  〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
 ( Father Jean-Marie of the Risen Son of God )
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
  URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年8月5日 AM1:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今マリア様の声で、その前に私の胸がすごくあったかくなったんだけ
れども、時間は8月5日の1時になります。ジャン・マリー司祭のイン
スピレーションを話してもらった後に、「もうやることないよ」って、
「やり終えたんだよ」って言われた時に、すごくほっとして、お母さん
に早く会いたいって思ったら、何か胸の方からすごくあったかいのが
感じられたので、「しるしを求めたい」って言って、しるしを求めまし
た。そしたら、「告解をして終油の秘蹟」って言われたので、それを
確認するために、今確認しますけど…。確認のしるし、もらっています。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。

ジャン・マリー司祭:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話し下さい。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに、聖母が話します。あなたは告解を受け
て、終油の秘蹟にあずかって下さい。いち早く、あなたを私のもとに、
イエズスのもとに連れて行きます。あなたは眠るので、そのまま恐れな
く、平和のうちに、安らかに死を迎えます。愛する息子(ジャン・マリー
神父)がみとり、そしてガラスのケースに入れるものを息子が指示し、
そして皆に伝える事が出来るようにします。もう、罪を犯す危険のある
この世から、あなたは取り去られていくので、祝福を与えます。司祭の
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
 
マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、「十字架を横において下さい」て言われてい
ます。しるしがあって、このメラニーとマクシマンのロザリオを持つよ
うに言われたんで、これを持ちます。確認のしるしもらいました。何か
やり終えたことで、感謝してます。

ジャン・マリー神父:
 たぶん、その手に握らせるでしょ。「その棺の中で、手にそのロザリ
オを持たせたいんですか?」って聞いて。組んだ手……

マリー・マドレーヌ:
 しるしがある……

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 十字架を、このように枕元に置いてほしいんですか?

マリー・マドレーヌ:
 今ジャン・マリー司祭の質問なんですけど、ラサレットのロザリオを
私が今、手に持っているんですけど、「その手に持たせたまま、握らせ
たまま棺に入れたいんですか?」って聞かれたら、印があって、枕元に
十字架、ベネディクトの十字架を置くようにうながされて、私はそれ
を置いたんですけど、「その枕元の十字架を置いて、棺の中に入れたい
んですか?」って言われたら、そのようにしるしがありました。
 (ジャン・マリー神父に)告解をしたいので、来て下さい。


--------------------------------
2007年8月5日 AM2:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今、終油の秘蹟を受けました。秘蹟が終わって、ちょうどジャン・マ
リー司祭が祈ってくれてる最中に、もう何か天使に会えるとかいろんな
事を考えてすごく感謝してました。そしたら、バラの香りとか、すごい
こう一面に覆っているような感覚があったんで、それをしるしがあるか
どうか尋ねたら、識別のためのしるしがあって、「もう間もなく迎えに
行きます」って。マリア様だと思いますけど、言ってくれました。

ジャン・マリー神父:
 ローキューションがあると思うから。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしあった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、聖母が迎えに行きます。仕事は全て果た
されました。あなたの命に関して、不安のないように、前もって終油の
秘蹟を授けました。愛する仲間と交わる時も少なくなってきました。で
も、聖母はあなたを愛し、祝し、放っておかず、即迎えにきます。清水
小屋の残された子供たち、むしろ喜んで下さい。神が望まれることだけ
が、ここに起こります。愛する息子(ジャン・マリー神父)が最後を
看取りますので、最後まで祈ってあげて下さい。
 マリー・マドレーヌは、みんなの事を取り次ぐために、これから旅に
でます。そして、いろいろな事柄を直接的に神から教えられ、神を霊魂
で見、天使たちと聖人たちと交わり、リンボウの赤ちゃんたちとも交わ
り、子供たちの中に入って、たくさんの事柄を覚えて、また皆のところ
に戻ってきます。
 可愛さだけの、ちっちゃい子の死ですけど、でもそれは新しい出発点
になるものなので、ぬいぐるみを棺に入れる前代未聞のガラスのケース
に飾られるものとなります。どのぬいぐるみを入れるのかは、みんなが
入れたいものを話し合って、むしろ思い出を語りながら入れてあげて
下さい。ベルナデッタやカタリナ・ラブレなどは、ただ遺体が入れられ
ていますけれど、マリー・マドレーヌの場合、前代未聞の神秘家です。
幼な子の神秘家です。幼きイエズスのテレジアが一緒にあなたを連れて
行きます。司祭の祝福を、子供たち4人と、最後にマリー・マドレーヌ
にお願いします。

ジャン・マリー神父:(子供たち4人に) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしもらいました。「しるしありますか?」って聞いたんで
すけど、「もうないです」って。


--------------------------------
2007年8月5日 AM7:40
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、
聖ベルナデッタ、聖ジャンヌ・ダルクからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど今さっき、7:30頃目が覚めて、しばらくしてたら、「ベルナ
デッタのパッション見るのを忘れないでね」っていう、みんなに対して
の呼びかけのように聞こえてきました。「しるしありますか?」って
聞いて、ジャン・マリーに話をして、「しるしがありますか?」って
聞いたら、識別のためのしるしをもらいました。ベルナデッタの声みた
いなんですけど、そこはもう一回しるしを尋ねます。識別のためのしる
しもらっています。

ベルナデッタ:
 愛するみんなにベルナデッタが話します。愛するジャン・マリー司祭
とミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・マドレーヌが過ごした
ヌベ−ルの修道院の思い出も感じながら、みんなで『ベルナデッタの
パッション』を観て欲しいんです。これから幻視者とか、神秘家たちが
立てられた時、はずかしめを受ける道に入る事を、皆は伝えていく事が
出来るように、もう一度認識してもらうためです。ミッシェル・マリー・
フランソワはこれからそういう目にあいますし、フランスでもそれを
経験しました。マリー・マドレーヌも全く私と同じような扱いで、変わっ
た人、気ちがいのような人のようにあしらわれたのです。
 みなさんにお願いします。マリー・マドレーヌが、あと数日間で臨終
を迎える最後に、『ベルナデッタのパッション』を観て、団らんのひと
ときとして欲しいのです。クララ・ヨゼファ・メネンデスにはバロネス
の役で、非常に痛まなければならない状況が待っています。マリア・ア
ントニア・理枝さんも、神秘的にイエズスの十字架上での苦しみも経験
し始め、また悪魔の攻撃も受けているので、今は彼女は痛みだけですか
ら安全ですけれど、赤ちゃんを奇跡的に産むようになった場合、大変な
大変な辛いところを通らなければならなくなります。(注:マリア・ア
ントニア・理枝さんもバロネスの使命に召されています)そのためにも、
ベルナデッタの生き方をみる、というよりも、はずかしめの道を愛する
のはどういうことなのかを観て欲しいです。
 修道院での生活なので、ベルナデッタの徳がどのように直されたか
描かれた映画です。でも全く真実な事に関して、曲げる事をしなかった、
私はそれを堂々と証しました。皆、興味本位でしかマリア様の御出現に
関して聞かなかったけれども、純粋に素直に受け入れた人たちも中にい
たことを、この映画でも観ることができます。今日、買い物の予定があ
りますね。それも考え合わせての上で、映画を観て下さい。特にクララ・
ヨゼファ・メネンデスを中心に、みんなが囲むようにして、マリー・マ
ドレーヌも同席しても構いませんから、観て下さい。司祭の祝福を、こ
の清水小屋共同体の可愛い子供たち一人一人にお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしとれました。しるしがあって、「朝ごはんの団らん、
楽しみだね」って言ってますけど。確認のしるしがあって、「笑うとき
には大いに笑っていいんですよ」って言ってくれました。しるしがあり
ました。しるしがあって、ジャンヌ・ダルクが話しかけてくれてて……

ジャンヌ・ダルク:
 ジャンヌ・ダルクが話します。家族の素朴の団らんを、私も味わう事
ができました。信仰の話、いろいろな話をみんなで語り合える家族は
とっても幸せでした。清水小屋の愛する仲間たちも、そのようになれる
といいです。これを伝えたくて来ました。

マリー・マドレーヌ:
 「みんなの事、守ってます。」って言ってくれてます。確認のしるし
もらいました。しるしがあって、聖母マリア様からで……

聖母マリア様:
 聖母が用意した今日の恵みで、みなさんを祝福します。司祭の祝福を
お願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今とれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 雪の聖母の祝日に、雪の聖母大聖堂には、赤ちゃんが欲しい女の人が
行くでしょう。今日、赤ちゃんをちょうだいって、おねだり、ジャン・
マリー司祭がします、って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、にこにこってされました、マリア様。

マリー・マドレーヌ:
「クララ・ヨゼファ・メネンデスを祝福します」ってしるしがあって、
言われました。「マリア・アントニア・理枝も祝福します」って。
「司祭の祝福を、この二人の女性にお願いします。名前を呼んで祝福し
て下さい。」って……

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリア・アントニア北岡理枝に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。  

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。「他にありますか?」って聞いたんですけど、
「何もないです」って。


--------------------------------
2007年8月5日 PM21:54
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 さっきちょっとトイレ入っていたら、「明日湊クリニックに正常に
行って、薬もそのまま普通にもらって下さい」っていうような指示を
もらいました。そしてそれが誰からか、まずしるしがあるか尋ねたら、
識別のためのしるしを今ここでもらえて、やっぱりマリア様だったので、
その事に関して、ジャン・マリー司祭に話す、私個人宛のメッセージな
んですけど、話してくれるみたいです。しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 愛するマリー・マドレーヌの傷のことで、愛する息子(ジャン・マリー
神父)に話します。彼女の深い傷は癒しと関係があり、薬を飲む、飲ま
ないといった昔の聖霊派の原因で、彼女は大変に悪魔の攻撃を受けてい
ます。聖霊派では、薬に関して、飲ませないように勧め、その後で彼女
は小癲癇(しょうてんかん)の状態に陥りました。痙攣(けいれん)と
発作、それが彼女を苦しめ、ここに来て、ある薬を使った時点で、呼吸
停止まで追い込まれるような、そんな攻撃も受けました。
 昨日、終油の秘蹟を授けた後、悪魔はまた薬を飲む飲まないで、彼女
を責め始めています。「数日間の後に臨終を」と言ったベルナデッタの
言葉を利用して、悪魔はまた2週間とか、3週間とか、1ヶ月位の精神
安定剤の薬、睡眠薬を飲ませないのか飲ませるのか、という不安を彼女
にたきつけていて、どうしようもない状態に陥れようとしています。今
彼女の心は、それで気がめいってしまっています。
 司祭にお願いしたいのは、明日の湊クリニックでのときに、彼女を
平安にさせるために、薬をそのまま何週間か分もらわせるようにしてあ
げて下さい。残った薬でも、そのままそこに置いておいて下さい。彼女
が死を迎えるのは、聖母が迎えに来る方法、よいタイミングで彼女に
与えます。
 昼間、彼女はよく寝ます。昼間のうちに起きるかもしれないし、ミサ
中であるかもしれません。それはいま彼女がほとんど半覚醒状態のよう
な感じに、今日なっていて、りえちゃんからの電話の時に、体が起きら
れなくて出られなかったのを、夢だったのか本当の事だったのかも定か
でなくなってきているのを、あなたに伝えたいと思います。でもマリー・
マドレーヌはりえちゃんと話すことを拒みました。体が起きられず、眠
たい状態が強かったからです。その結果、マリア・アントニア・りえさ
んは、話す事が出来なかったけれども、人との連絡をマリー・マドレー
ヌ自身がもう耐えられなくなっているので、あえてそれを取り次ぎませ
んでした。
 悪魔の誘惑から守るために天が介入し、不安と恐れを完全に取り除く
ために、いま彼女に眠りを与えています。もう死が近いのを、悪魔は
最後の最後まで、大いに攻撃しようとしていますけれど、全然逆の方向
に事が動きます。聖母が守りますし、全部の傷を洗い流し、全ての不安
と恐れとを彼女から一掃します。イエズスに対する愛とあこがれだけに
し、私審判の前に立つ彼女をゆるしへと導くために、いま彼女の全部を
つつんでいます。
 彼女が、非常に言葉数少なくなった理由は、非常に聖霊派・カリスマ
ティックな教会の悪さを見てしまったがために、また前のような状態に
戻ってしまったのではないか、という不安が彼女を襲ったためです。カ
トリックまでカリスマティックになったのか、と彼女は失望しています。
 愛する息子がいるうちに、彼女を早くパラダイスに連れて行けるよう
に、皆で支えてあげて下さい。彼女の弱さは、みんなの保護のもとで
行われて初めて、死を全うできる状態になります。言葉の一つ一つが、
彼女にとって受け止められてた部分が、いまは逆に出てしまっていて、
執着を取り去ろうと必死になっていて、もう音楽も、鳥の声も、他の
CDも聞く余力がなくなっています。彼女の、いま最後の苦しみ、それ
を捧げている状態を、愛する息子に知らせます。聖母と一緒に歩む、す
べて神のコントロールの内にあるのを、愛する息子はマリー・マドレー
ヌに告げました。マリー・マドレーヌは、それを理解しました。けれど
も、何かわからない不安と恐れが、彼女を縛ろうとしていて、聖霊の
働き、聖母の働きが、この間ルルドで起こった一つの癒しをもたらした
のに、ここでまた無意識な感覚によってアタックを受けたと、正直に
彼女は話し、夢の中で起きるような現実にさいなまれているのを、愛す
る息子に伝えました。オナニーのことです。彼女の罪は全部、ゆるした
くて、天はそれを望んでいます。
 彼女の全部を、愛する息子がつつんであげて、そして、明日お医者さ
んに行った時に、どうか彼女に代わって話をしてあげて下さい。コルベ・
マリーも同席できるような環境にしてあげて欲しいのですが、患者さん
の状態で、また別々にされてしまうと思います。お医者さんに、彼女は
数日後に死ぬと言うとなると、彼女は不安と恐れに見舞われます。でも、
真実な事を、司祭が光を照らされて、その時にはっきりとお医者さんに
告げるか、そうでないかは、天の働きかけを司祭に与えますから、彼女
の心が平安を保てるようにしてあげて下さい。終油の秘蹟を、またもう
一度授ける機会を設けるかもしれません。聖霊派による傷の深いところ
を洗い流すのは、香と聖水では足りないので、司祭に終油の秘蹟を授け
てもらって、そして聖体を彼女が受けて死ぬ方法が、一番良いと思いま
す。どうか愛する息子、彼女の霊的な状態の渇ききった部分を、本当に
癒してあげて下さい。
 聖母が、今日クララ・ヨゼファ・メネンデスに、妊娠の恵みを授けま
した。そして、全てにおいてこれから起ころうとする全ての問題解決を、
男性の人に知恵を与えましたので、これからの問題解決は、コルベ・マ
リーもミッシェル・マリー・フランソワも全て乗り越えられるようにな
ると思います。クララ・ヨゼファ・メネンデスには、間もなくバッシン
グが訪れます。それを彼女が理解し、彼女が耐えられるように、皆で
祈り、愛をこの共同体にかき起こして欲しいと願います。
 本当に何度も揺れてしまうマリー・マドレーヌは、小さくなっていて、
大人にならないように、そう願いながら、自分の心を沈黙に落としてい
ます。でも、『ベルナデッタのパッション』でちょっと話をしたけれど
も、わからない部分はそのままで、クララに見させていき、そのように
しました。「でしゃばってはいけないなあ」と思ったように、彼女は
もうちょっとした事での罪を感じるように敏感になってしまっています。
悪魔は「何も起こらなかった、何もないじゃないか」と彼女を非常に
散々に打ちのめそうとして、苦しませています。彼女は、昼間は全然力
が出ません。しかし、睡眠薬を飲むとか、安定剤を飲むなど、その一つ
一つに対して、全部イエズスの御名によって行うようにする以外に方法
はなく、悪魔の攻撃を一掃するために、今薬を与えています。もう睡眠
薬がきれるので、明日お医者に連れて行ってあげて下さい。しかし、何
が影響して、悪魔の攻撃があるのなら、司祭の判断でそれがやめさせる
のかどうかを考えて下さい。そして、マリー・マドレーヌに指示して
下さい。司祭の祝福を、マリー・マドレーヌとクララ・ヨゼファ・メネ
ンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしある……



----------------------------------------------------------------
3. ロンジン・マリーの告白録 (3) =同宿会はぼくの居場所=
----------------------------------------------------------------
 僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 周りや友達が女の子の話をすると、僕は話についていけなかった。僕
だけなのかな? どうしてこんなんになったのか友達にも話せない、ま
して親には……。変態、異常という言葉が何度も横切る。普段は普通の
人を演じてる。わかってくれ〜って叫んでる。
 家にいればテレビばっかり見てた。11PM、大人の番組をよく見て
た、ゲイのこと、そのとき自分だけじゃないんだ、でも自分のそばには
いないって。ゲイバーのことやってた時はまだ、他人事のように見てた
な、オカマバー(ニュ―ハーフ)なんかは自分はあんなんじゃないって
否定してた。
 自分にないものを持っていると憧れたな。さっぱりしてる性格、男ら
しさも重要だけど、男性のからだ、性に関して興味が強かった。 反面、
神秘的なことも興味があった。宗教(密教、キリスト教、天からのお告
げもの)、宇宙、あの世……UFOも。気がつけば、家族の楽しい生活っ
て味わったことがない。
 弟がいるけど、行動的で友達も多かったな、今は2人の子持ちだ。よ
く、けんかしたな。父は何にもいわないけど、酒を飲むとちょっとね、
ぐちぐち言うね。母は細かかったかな。父のぐちぐちがひどくなって母
にあたっていた。母がかわいそうと思ってはいたけど、父に口答えでき
なかった。かぎっ子だったから、ほしいものを自由に買うとかはなかっ
た。そのころはまだ、じいちゃんもいた、仏壇を壊して目が見えなくなっ
たって聞いた。マッサージが出来たから、知り合いから頼まれると連れ
て行った、じいちゃんの小遣いになってた。酒が好きだからよく、酒屋
さんに連れて行った。でも、中学になってからはそれが恥ずかしく思う
ようになった。学校に行くのはいやじゃなかったけど、勉強は嫌いだっ
た。テストはほとんど名前を書けばOK! 音楽の聞き取りテストだけ
は抜群だった。美術部に入ってた。
 文房具屋にいって、消しゴムをぱくった。母のタンスから小銭をいた
だいた。授業中にガムをかんでて先生にチョークを顔面に飛ばされた。
よけられなかった。体育のときも怒られた。健康診断の空き時間にサッ
カーで遊んだ。これが一番楽しかったかな。片思いの中学時代だったな。
僕は頭悪かったから、高校へ行くなんて考えもしてなかった。就職した
かった。
 漬物屋さんに決まっていたけど、家業を手伝うことになった。大工の
下請けだから、もう男の世界だね。いさましいよ。その中で貧弱な僕が
いた。性的な欲求は止まらなかった。男性との肉体的な交わりは想像の
中だけだった。
 不況のせいで半年ぐらいで家事の手伝いはやめて仕事を探した。花が
好きだったから、「栄」にある花屋さんに就職した。社会人になった。
そのころまだ、名古屋にも路面電車が走ってたんだ、ラッシュアワーを
経験した。サラリーマンの背広を着た姿にあこがれていたけど、自分の
身なりは大学生に見えてた。花束を作ったり、配達したり、お客さんと
話すのが楽しかった。ホテル店での応援もボーイさんに会うこと、同年
代の作業員と友達になって「栄」に飲みに行ったり、タバコを覚えたり
したもその頃かな。仕事に行くのは同僚に合えることでがんばれた。



----------------------------------------------------------------
4. お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は8月19日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]