%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年8月5日号 No.369

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2. ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月1日 AM7:06
マリー・マドレーヌに与えられたマグダラのマリアからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
 第一ミサ、葬儀ミサ 聖体拝領が終わって、ジャン・マリー神父が
カリスの洗浄をしているとき、マリー・マドレーヌの左耳にすごい風。
6時35分ころ、マリー・マドレーヌは風を感じて、「マグダラのマリア」
という声が聞こえてきた。

マグダラのマリア:
 愛するここに集められたとってもかわいい子どもたち、マリア・マグ
ダレーナが話します。
 私はイエズスがイスラエルにいた時、売春婦でした。ずーっとローマ
の男の人たちの中にいて、自分の裸を見せたり、香水や宝石、いっぱい
飾りつけて、自分を美しく見せて、私のように美しい肌を持つ女性は、
世界を探してもどこにもいないと自負してました。でもイエズスに出会っ
てからだんだん自分の行動を恥じるようになりました。罪の中に生まれた
女で、この街で一番の罪人で、汚れたものだと言って、みんなが私を軽蔑
したんです。すごい宗教熱心な人たちが一番侮辱しました。でもイエズス
だけは違いました。最初素っ裸の私に対して、目をそらしていたけれど、
何度か遭うたびに、そして私のお姉さんであるマルタが私に話をしてくれ
るたびに、心の傷がどんどん開いて、イエズスの方に飢え乾くようになっ
ていきました。
 聖書とマリア・ワルトルタの本をみてもらえればわかるけれど、ある
ファリサイ派の人の家に行った時に、イエズスのところに行って、香油を
注いで涙でイエズスを濡らし、髪の毛でイエズスのその濡れたところを
拭いて、「私の犯した罪をゆるしてください」といいました。本当に罪深
いわたしは、イエズスのやさしさに圧倒されました。イエズスは「多く
愛したからあなたは多く罪がゆるされました」といってくれたのです。
イエズスが十字架にかけられるとき、私は一緒に他の女の人たちと、イエ
ズスのお母さんであるマリア様と一緒にいました。最後まで私はイエズス
を愛し通しました。だってこんなに汚れきっていて、何もかもめちゃくちゃ
な私をゆるしてくれるやさしい神様は、どこをさがしてもこのイエズスし
かいないと知ったからです。
 昔、神様がアダムとエバを創造した時、人はいまのように洋服を全然
着ていませんでした。その時、二人は素っ裸であったけれど、全然恥ずか
しがらなかったんです。でもすべての女性の母であるエバが蛇にだまされ
て、神様から「食べてはいけない」と言われていた木の実を食べてしまっ
たら、なんと自分が裸であるのに気づいて、その後イチジクの葉で腰を
おおいました。蛇は神様と一緒にいることのできる幸せをねたんで、人間
からそれを奪おうとして、まず弱い女性をだまして、その次にすべての
男性の父であるアダムをエバが誘惑しました。蛇の言葉をそのまま伝えた
んです。「知恵を得たら賢くなる、神様みたいに私たち賢くなって過ごせ
るの」って。「だからこの木の実を食べて」ってアダムに言いました。
 女性が先に悪魔である蛇にだまされました。私が何を言いたいかという
と、女性は男性と一緒にならないと一人で立てないということです。でも、
独身の女性のことについてはまた違います、結婚というのは神様が決めて、
結婚をする人と、そうでない人をあらかじめ決めます。
 愛するクララにお話します。クララはこれから人生の転換期を迎えます。
もう今あなたは、心がズタズタになってます。明るく振舞えば振舞うほど、
あなたの心の苦しみが抑えられているということを、どんどん神様に知ら
せています。あなたに信頼して欲しいことがあります。これからこの同宿
会は一つの出来事により全世界を驚嘆させます。カトリックの教会から
断罪され、沢山の人々から白い目で見られます。愛するジャン・マリー司祭
は、真実な司祭です。あなたは、マリー・マドレーヌと愛するジャン・マ
リー司祭の行動により、大変な打撃を受けると思います、でも先ほど話し
たように、愛するジャン・マリー司祭は、全く女性をだます人ではありま
せん。
 リトル・ペブルが、今、婦女暴行の罪で訴えられ、牢屋に入れられてい
ます。彼は神から遣わされた預言者です。神様は旧約の昔の時代から特別
な使命を与える人に対し、人間的にとんでもないことを要求されて、昔の
預言者たちは、それに従ったために、ある人は首を切られ、また石殺しに
遭うなどされました。リトル・ペブルは二人の妻を持ったということで
世間からあざけられ、全く無価値な人間として見られています。預言的
使命といって、一人の人は、古い教会の象徴として、腐って落ちるといわ
れ、ロード・マイトレーヤという悪い悪魔によりめちゃくちゃになる教会
の滅びの象徴として、アンという人が選ばれました。もう一人は、ベッ
ティーナといって、虐待を、しかも性的な虐待を父親から受け、17才で
リトル・ペブルと結婚をした、本当に可愛い女性です、その人は、これか
ら生まれる新しい教会の象徴として立てられました。ところが「重婚の罪
である」と、ある神父様が話したためにアンは裏切って、リトル・ペブル
から離れました。愛するジャン・マリー司祭が、この預言的使命をリトル・
ペブルが果たせなかったことについて、天からのインスピレーションで、
マリー・マドレーヌとマリー・レベッカを二人同じ屋根の下で生活するこ
とにより、その使命を果たそうとしました。マリー・マドレーヌは、先に
愛知県の刈谷につれてこられたので、古い教会の象徴であるアン役として
ジャン・マリーと一緒に過ごしました。マリー・レベッカはリトル・ペブ
ルのミッションのことを良く知っている人で、残りの教会といわれるレム
ナントチャーチの代表になるためのベッティーナ役として、赤ちゃんを
産む奇跡にあずかることになっていました。そして「正しいセックス」が、
この二人にされました。リトル・ペブルには本当に神秘的に「聖なる輝く
棒」から精子がでて、超自然的な形で女性に子どもを産ませるという奇跡
を神が多くの世界の子どもたちに与えていました。
 けれども、今一つの償いが行われています。マリー・マドレーヌという
名前はフランス語の読み方で、マグダラのマリアの意味です。私は以前、
彼女が101日間千葉に連れ戻され、ジャン・マリー司祭が彼女を助けた
後に、「あなたはふしだらな女と世間からいわれます」という言葉を話し
ました。今2チャンネルといわれるネットでは、マリー・マドレーヌを
ふしだらな女として、おもしろおかしくキャンペーンで皆書きあってあざ
笑っています。今、性的に堕落した時代で一番悪い時代になりました。女
の人が女の人を恋したり、男の人が男の人を愛し結婚するという生活を
送ったり、また沢山の男の人に、女の人が、自分の体を売り渡すように
生活をするなど、本当に人間の常識といわれる点から見て異常な状態と
判断され、軽蔑され、この世のくずとされています。
 イエズスは、沢山の娼婦のところに行って、何もとがめないで一緒に
食事をしました。今、大きな出来事が起きようとしています。マリー・マ
ドレーヌには子どもは与えられません。イエズスとの神秘的結婚というこ
とがリトル・ペブルから言われて、神秘家として目に見えない聖痕を負っ
ています。彼女は最低最悪で罪人です。マリー・マドレーヌとマリー・レ
ベッカには、対称的な心の傷があり、お話しが出来ない状態です。マリー・
マドレーヌは母親から虐待されたために、女性に対し心が十分に開けない
という情緒の傷を負っています。
 もう一つ違うことをお話します。性的な堕落の他に、沢山の赤ちゃんた
ちが堕胎されています。結婚をしたのに、経済的理由や、仕事のことや、
他に一族からの圧力も加わり、妊娠したのにおろしてしまう人を、たくさ
んクララは見て知っていると思います。マリア様はリトル・ペブルに激し
く「堕胎は罪である」と言っています。最近マリー・マドレーヌは小さな
赤ちゃんたちを幻で見るという体験をしました。そして、着床できずに
取り出した受精卵のようなもの、彼女にはかすみのかかった何かわからな
いものだけれど、それを目で見ました。ちっちゃい子たちはお母さんに
捨てられて泣き叫んでいます。自然的に幸せなリンボウ(古聖所)という
ところに行っているけれども、天国には行けていないのです。イエズスや
たくさんのお友達、お兄さんやお姉さんたち、天と地を創った神様を見る
ことが出来ません。薬で殺すということが行われていることを知っている
と思います、受精した瞬間に霊魂が与えられ、命が与えられます。殺人が
行われているのです。
 今、たくさんクララに向けてお話したけれど、どうかちっちゃい赤ちゃ
んたちを愛してあげてくだい。あなたは、特別な方法で赤ちゃんを得ます。
先ほどの預言的使命のことではなくて、リトル・ペブルに繋がれた一人の
女性の地位にあなたは選ばれています。だから超自然的な形で赤ちゃんを
産みます。愛するジャン・マリー司祭から聞いてください。男爵の地位で
す。祝福を送ります。あなたはここの秋田に来て、ミッシェル・マリー・
フランソワとマリー・レベッカと一緒にもうまもなく住むことになります。
同宿服を一緒に彼女とつくってください。数ヶ月先に、愛するジャン・マ
リー司祭とマリー・マドレーヌは、天草に行きます。いつ行くのかは、天
はまだ教えません。クララに祝福を送ります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2. ロンジン・マリーの告白録 (2) =同宿会はぼくの居場所=
----------------------------------------------------------------
 僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。

 小学高学年のころは「ささた」と「すずりいし」(あだな)トリオで山崎
川に行ってザリガニをよく取った。なべで煮立てて赤くなるのが面白かっ
た。グループサウンズのタイガースが流行ってたかな? ジュリーって
知ってるかな? 花の首飾りとか、レコードプレーヤーなんて、持って
なかったからささたがうらやましかった。ささたは薬屋、すずりいしは
医者、ちょっとしたセレブだよね。その医者の子がハンサムで好きだっ
た。肉体的に興味があったわけじゃないけど。好きだったなー。

 女性が嫌いってわけじゃないけれど、友達って感覚で恋愛の対象では
なかった。特に中学のときはクラスの男の子に意識がいったな〜。腕白
坊主っていう子ほど気になってた。オナニーもそのころからかな。クラ
スの男子と抱き合っているとかぁ、キスしているのを想像してオナニー
してた。普通にクラスメートとして、笑ったり、話したりして、スカー
トめくりもやってたし、男同士だからオチンチンをふざけて触りあった
りしてたけど、それが僕にとっては男同士がいいって思ってた。帰り道
はちょっとした空き地で相手から興味だけでチュッとされたことがあっ
たけど、本人は心臓バクバク。でも、友達はいなかった。おとなしい、
でも、何とか明るく振舞ってた。同類、でも同性愛ではない、ただ一人、
同級の友達がいた。大人になってから分かり合える本当の友達として
付き合いがあった。でも、ぼくが同性愛、ホモセクシャルだって打ち明
けることは出来なかった。うすうすは感じていたと思う。

 1988年ごろ、預言的メッセージマリアママの本が出たときにその話を
持ちかけ、それ以降、友人として長い付き合いが始まった。それをきっ
かけにマリアママのことリトルペブルさんのことを知って、早く洗礼を
受けなくちゃーと思って二人は洗礼を受けたんだ。マリアママのメッ
セージにのめりこんでいった。性癖も強くなっていった、そのころは
あるホモ雑誌で知り合った子との付き合いが始まっていた。



----------------------------------------------------------------
3. お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は8月12日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]