%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年7月29日号 No.368

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2. ロンジン・マリーの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月3日 AM4:30
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様、マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスが話しをする。またイエズスを、あなたが
た(シャーベル修道会)は十字架にかけた。なぜリトル・ペブルを愛さ
ないのか。シャーベル修道会は消滅した。あなたがたは舌で聖体拝領を
して、他の教会は手で聖体を拝領してるから、「自分たちは聖体を冒涜
していない」という思い上がりに心が行き、さげすまれた人、苦しんで
うめいている重大な使命に召されたベッティーナやマルーを痛めつけた。
彼女たちは彼らにより圧迫された。ブロサード司教は寛大であり、愛に
燃え上がってリトル・ペブルのために働き、命をはって彼を助けようと
日々努力した。
 愛する一人の息子(ジャン・マリー神父)のことで、このことにおい
て、悪い情報を日本から出したので、ずーっとリトル・ペブルと愛する
息子はまったく誤解のうちにおかれた。ブロサード司教も警戒心を持ち、
観察して、今まで何も連絡をしないで忍耐と祈りをした。
 愛する息子のことで、イエズスが弁護する。今、集められた秋田の
メンバー5人は、皆ハンディをおっていて、しかも愛する息子は英語が
できなくて、脳の病気(ミトコンドリア脳筋症:40歳が平均寿命)のた
めに苦しみ、体の限界を超え、本来ならもう命がなかった。けれども
彼には奇跡が行なわれており、今も寿命が延ばされている。洗礼の人が
与えられたときには連絡を入れ、必ずアクションをおこし、すべてナウ
ラに報告していた。ある時には日本語で出されたメッセージを英語に
直し、それを送っていたけれども、英語に能力のある人に訳してもらお
うとしたが、能力のある人が愛する息子を裏切った。コルベ・マリーも
努力したが、全部一人で実務のことをしなければならなくなり、英語の
仕事はできない。愛する息子がマリー・マドレーヌに最初に神からの
働きかけかどうか、彼女が五感に感じたものを識別させ、サタンからの
ものであれば全部消去するようにさせた。途中の部分でも何かおかしい
と、そこで止めさせ、もう一度しるしを求めさせた。そして、しるしが
あった時には再開を頼み、天はそれを行なった。最後に確認のしるしも
求めさせた。確認のしるしがあれば、それを司祭が識別し、保管するよ
うに記録にとって、またみんなが読めるように日本語でプリントをした。
 リトル・ペブルに送ったときに、メッセージのことでひとつの出来事
がおきた。英語に翻訳をお願いするために、全部をある人にあずけたと
ころ、マザー・シャーリーにより、「このメッセージのガードの方法は
全く違う」と言って、マリー・マドレーヌを苦しめた。彼女にとっては
まだ最初の段階であったので、愛する息子は必死に彼女(マリー・マド
レーヌ)に「ジャン・マリーに従うように」と、マリー・マドレーヌを
説得した。「彼女」というのは、「『マリー・マドレーヌが』司祭に
従うように」という意味である。これは日本人の能力のある人の誤解
からすべてナウラに配信されたために、マザー・シャーリーがマザー・
シャーリー自身の判断を、リトル・ペブルの名で愛する息子に送ってき
た。
 それからのちにリトル・ペブルは牢獄に入れられ、ジャン・マリー
神父は識別のためにリトル・ペブルにメッセージを届けることができな
くなった。けれども、ジャン・マリー神父は何度もメッセージに対し、
識別のしるしを確認し、何度も天に要求をした。悪魔の妨害を避けるた
めである。最終的にはリトル・ペブルの判断に基づくものであるけれど
も、世界でいちばんジャン・マリー神父がメッセージを慎重に取り扱い、
識別していった。
 いま、何も世界で情報は得られなくなったこの5人のメンバーたち、
そして一人加わろうとしているクララも、たいへんな重要な使命をおっ
ている。けれども彼女も、能力のある人から苦しめられている。日本の
ミッションの能力の高い人たちの影響に、新しくおこされる子供たちは
影響されないようにと、愛する息子は絶えず処置をしてきたし、それで
も離れた人々をリトル・ペブルのもとに帰らせるよう、嘆願と切実な
願いをミサでしている。愛する息子を侮辱したモンフォール会の有名な
司祭(ブレ神父)と、クイーンに選ばれていた人(マリー・ダニエル)
にも、祈りをささげるよう天は愛する息子に要求し、彼は従っている。
 子供たち、シャーベル修道会によってリトル・ペブルは見捨てられて
しまった。そして彼らは愛する息子(ジャン・マリー神父)の行動は
「まったく異常だ」と言い、彼をなぶりものにした。「どこに愛がある
のか?!」 彼は会則をよく見て、ただ福音にのっとってイエズスの
教えを守り、人を裁かず、濡れ衣を着るよい模範になっている。司祭と
しての務めを十分にはたし、自分のことはいっさいほめず、もっと苦し
みを、もっと下げられることを、と願い、今にいたった。
 英語のできない、脳に障害をおう病気をもつ司祭が、一生懸命に自分
の出来る範囲でやったのは事実である。リトル・ペブルに対する伝言を
天はマリー・マドレーヌという、何もわからず、知識もまったくなく、
愛着形成にハンディをおった、虐待をされて育った子供に与え続けてき
た。しかし、リトル・ペブルには英訳で伝えられない重荷をこのメンバー
はおっている。それでもマリー・マドレーヌは彼の釈放を願って、愛す
るリトル・ペブルとイエズスを一緒に心に迎えることにより、最低最悪
な人格の持ち主であるけれども、少しずつ人を愛せるようになってきた。
でも、自分は修道会にはふさわしくないという思いをもって過ごしてい
る。徳の実践が、情緒の傷により出来ないでいるので、修練者となった
けれど、もう前のようにシスターになりたいという願いはまったく持っ
ていない。
 ここに集められたメンバーは、みな非常に信仰以前の心の傷をおって
いて、霊魂の治癒が必要な人たちが集められている。みな謙遜を目指し、
愛することを目指して戦っているけれども、悪魔の猛烈な攻撃に、肉体
も精神もズタズタになって、苦しめられている。神は愛する息子に同宿
会ということをしようというインスピレーションを与え、彼は創立した。
リトル・ペブルへの完全な献身と愛徳の実践をうたった会則を作った。
でも、日本人は長い祈りを祈りたがり、決まった作法をしたがる民族で、
形だけのものになり、自分は規則をまもっているというプライドにすぐ
傾くので、彼はそれをやめさせ、誰もがやさしくロザリオ一連を祈るこ
とと、箱舟のメダイをつけることを義務づけるだけで、ミサのあずかり
方は形をぜんぜん信徒に要求しないという、大胆な行動にふみきった。
でもイエズスもそうであったように、貧しい人たちに、しかも神のこと
をまったく知らない人たちに難しい要求をしなかったように、今の日本
人にも、愛する息子はそうしている。外国の人と日本人の体力の違いは、
ひざまずく行為でもよくあらわされる。まったく違って、耐えられる体
のある外国人は、まだ小さいころからキリスト教の文化に生きた子供た
ちには、祈りを自然にできるように、まったく無理なくしていて、何十
年にも何百年にもわたって伝統となって続いているので、メッセージも
要求が高い。しかし日本人にはまったくそぐわないのである。隠れキリ
シタンたちがいた時代、宣教師たちは一生懸命に祈りを教えたが、彼ら
はその祈りを愛をもって実践し、英雄的に殉教していった。踏み絵で
信仰を失う人も多かったが、それでも信仰を守りぬく人たちは、愛を
忘れなかった。
 ところが、シャーベル修道会の歴史が20年前に日本にはじまった時か
ら、いろいろな司祭によって教育されたけれども、ぜんぜん愛が実らず、
かえって反感と軽蔑を持つように、そしてプライドをもつようにさせて
しまった。先ほど激しく怒りを発したのは「なぜ、愛を忘れたのか!?」
と言いたかったからである。他の修道会のほうが一生懸命に愛を実践し
ようと努めている。シャーベル修道会は特別に信徒も恵みを受けられる
開かれた修道会として、リトル・ペブルも愛の願いをこめて会則が生み
出された。でも日本人の民族性はまったく悪魔的悲観主義であるので、
それを直そうとヨゼフが愛する息子(ジャン・マリー神父)に介入し、
「ヨゼフの百合」を書かせた。「マリアのバラ」についても同じである。
日本人に向けてやさしい言葉で、親しみをもって天とお話しできるよう
に、幼な子のようになるよう勧めているこれらの本を日本人はあざけり、
ナウラに「私たちを侮辱、批判しました」と報告をしたために、リトル・
ペブルによるひとつの命令が愛する息子に科せられ、今もそれから解放
されていない。彼は従順をした修道者であり、修道会にあこがれて入る
第3部門の信徒にも、自分の修道生活で得た「徳の実践」を教えようと、
子供たちに心血を注いで教えてきた。けれども、先ほど話したように、
生まれてまもなくおった心の傷のある人々が、この日本人にほとんど
あるのを愛する息子は知らされて、修道会では無理であることを悟り、
同宿会を立ち上げた。いまリトル・ペブルのために皆が命をささげよう
としている。本当にイエズスの福音の再来を見るようになる。どんな人
も例外なく、彼は受け入れると宣言したからである。愛する息子による
実りを天は与える。すべて愛を実践したかった少数派の人々は、本当に
苦しめられているはずである。実りを見て判断すると、愛する息子に
知らせた。彼ら(シャーベル修道会)はいま、彼(ジャン・マリー神父)
をある非情な悪い扱いをした。リトル・ペブルには最後まで彼(ジャン・
マリー神父)のことを見させる。祝福をこの消滅したシャーベル修道会
の子供たちにおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(この消滅したシャーベル修道会の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(マリー・マドレーヌに)「日本のシャーベル会のことなの? 世界の
シャーベル会のことなの?」って聞いてもらえる?

イエズス様:
 愛する子供たちにイエズスが話す。日本と主にナウラの修道会であり、
他の世界の修道会についても、奇跡があることで、それに依ってしまっ
ているジュリアーノ司教は、徳は高いけれども、非常に危ない。これだ
け伝える。司祭に祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 シュナイダー司教について、イエズスは彼を高く評価している。ブロ
サード司教を叙階し、そして勇気ある行動をいまにいたるまで続けてい
るからである。残されて愛を実践する共同体もあるので、警告を出し、
そして今、激しく悲しみと怒りでいっぱいになったのは、日本とナウラ
の人々のことである。しかし、愛する息子(ジャン・マリー神父)の
行動を見て、世界が驚嘆し、道が分かれる。信じる者と信じない者たち
がはっきりここで明らかにされる。司祭の祝福を世界の子供たちにお願
いする。

ジャン・マリー神父:(世界の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしがあって、ビジョンが見えます。それは十字架にかかった
イエズスです。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母が話します。みなここに集められた子供たちは、
小さな小さな子供たちで、誇るところが一切ない子供たちです。ただ、
あわれみの神に支えられて生活しているだけです。まったく無知無能な
いとしい子供たちばかりが、この秋田に集められました。弱さのゆえに、
行なえなかったひとつの出来事、それはただリトル・ペブルが果たす
はずだった預言的使命の実行でした。でも、いちばん最悪な結果に終っ
てしまい、マリー・マドレーヌはこのために償いが科せられて、激しく
リトル・ペブルを愛し、はずかしめの道に入りました。全世界の性行為
に対する償いでもあります。苦しむ性的病者を救う道は、一粒の麦が
地に落ちて死ななければ、実を結ぶことができない、その方法で愛する
息子(ジャン・マリー神父)の使命がますます深まりました。マリー・
マドレーヌは情緒の傷のために、愛する息子と一緒にいないと死んでし
まいます。これをナウラのリトル・ペブルに届けられるよう、皆が祈っ
てください。この行為に対して、天が介入をはじめています。悪魔も
妨害し、彼女を痛め苦しませていますが、愛する息子への愛と、リトル・
ペブルに対する愛は変わりません。愛する息子と小さな仲間たちによっ
て支えられています。神秘家としては、幼な子の神秘家のようにいちば
んちっちゃい神秘家です。どこにも誇りはありません。聖母が愛する
世界の子供たちを祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(世界の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2. ロンジン・マリーの告白録 (1) =同宿会はぼくの居場所=
----------------------------------------------------------------
 僕は同性愛、ホモセクシャルなんだ。今もこの性的な罪に陥ってる。
でも、こんな大罪人の僕をマリアママや天のお父さんがいつも見てくれ
てて、守って、ほんとに僕のことを愛してくれていることに気づいたん
だ。そしてこんな僕を受け入れてくれる仲間がいて、僕のために同宿会
も作ってくれた。

 1958年3月14日、僕が生まれた。もう50歳に届くから記憶が
あいまいで今までのことを思い出すってたいへんだけど、思い出したこ
とをこれから話していくね。

 小学生の頃、からだに対してのコンプレックスがあったな、色が白く
て、細くて運動も苦手、頭もお馬鹿ちゃんだった。ぼくには何にもいい
ところがないなーって。だから普通にその反対のものを持っている人に
憧れてた。僕が男性に対して意識しているなって思ったのが小学5・6
年ころかな、その憧れが男性に対して強く恋愛の対象としてもみるよう
になった。



----------------------------------------------------------------
3. お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は8月5日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]