%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年7月22日号 No.366

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月2日 AM3:45
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに聖母が話します。過去の聖人達や、信仰
の英雄と呼ばれる人々に共通するところは、「イエズス大好き!」「マ
リアお母さん、いつも愛してくれるのね!」、これです。

 今、(秋田で)集められたメンバーで、ジャン・マリー司祭を入れて
6人います。実に攻撃にさらされているのはマリー・レベッカとクララ、
そしてミシェル・マリー・フランソワ、この3人は霊的な意味で非常に
あぶないところにいます。3人とも山にぶつかって、その山がとっても
高いので、それぞれに登ろうとすると、足を滑らせて、また戻ってしま
います。悪魔がこの3人のそれぞれの弱点につけこんで、弱い部分を
本当に楽しむかのように自分の悪賢い知恵をつかって引き寄せようと
たくらんでいます。この解決方法は、神が悪魔を追放し、情緒をみな
癒さないと解決しません。
 人間的に世の中の知識をよく蓄え、どのように生きるか自立した3人
で、それぞれ結婚をした2人の女性と、ミシェル・マリー・フランソワ
は福祉につとめ、また職員としての地位もあり、経済的に力を発揮する
よい年齢になったのです。でも、3人は全部地位も名誉も神によって
はぎとられ、そしてどのように生きるのか、路頭に迷うような、そんな
生活になるのではないかという恐怖が、共通して心にあるのを、聖母は
あなたがたに伝えます。
 この3人は寺沢の地で暮らします。ただ、ミシェル・マリー・フラン
ソワは司祭となるので、愛する息子(ジャン・マリー神父)と行動をと
もにするためバイロケーションの賜物を必要とします。
 二人の女性は、親族の関係でつながりがあるために、姪のクララに
対する深い愛着をまたマリー・レベッカは起こしはじめました。彼女に
会えば当然です。誰もが家族に会うなら、愛情をいだくのは当然の行動
になります。しかし、クララは「男爵(バロネス)」の地位としての
使命を、これからリトル・ペブルにより与えられます。彼女の激しい
孤独は増すことを、もうこの先にマリー・マドレーヌが経験をはじめま
した。クララはまったく男性の性器で受精するのではありません。本当
に神のまことの全能の力を体に受け、体験します。ちょうど聖母がヨゼ
フと婚約する前に、聖霊によって身ごもったのと同じように、リトル・
ペブルの奇跡による「聖なる輝く棒」が子を産むための種を聖霊により
運ばせて、彼女は超自然的な形で妊娠をし、子供を産みます。新しい
「平和の統治」のさきがけになるひとつの出来事として、レムナント
チャーチでは世界中、神の神秘的な事柄がたくさんなされてきました。
日本でも過去何人もそのような奇跡に出会うと言われた人がいました。
けれども、たいへんな妨害と、本人の不安と不信頼により、全てがだめ
になりました。
 マリー・マドレーヌとクララは第3世代のはじまりの人たちです。マ
リー・マドレーヌはこれから起ころうとすることに対する非常なうめき
と、罪に対する激しい悲しみのゆえに、イエズスのゲッセマニでの園の
祈りをまた続けています。実際、クララの前ですべてをさらしましたが、
今度はそれ以上なので、本当に恐れをなしてしまっています。ちょっと
したことで、気になったり、不信頼の言葉を話すなど、情緒的不安をま
たあらわにするようになり、聖なることを求めていたのに、私が償わな
ければならないと、非常に自分を憎しみ、痛めようとしています。一般
的にぜんぜん結婚をしないでセックスすると、本当にポルノ雑誌などで
エッチな人だとか、本当にバッシングが強いので、見下げられることを
感じているマリー・マドレーヌは、人との交わりも怖くなり、少し心が
開けるかなと気分的に思ったときだけ、みなに話すようになりました。
実際、自分の部屋にいるほうが安心できるからです。昔からとても自分
に難しい問題が目の前に来ると、やらなければならないけれど、とても
「うつ的」のような状態におちいり、悲観的な思いが強く彼女を襲い、
何度も天の真実を体験しながら、そして愛する息子の行動を真実な愛の
行動を体験しながら、人に対する信頼の心が開けず、すぐに不信頼へと
おちいり、それが神に対する不信仰にもつながってしまうと、さきほど
司祭の指摘に会い、一生懸命、勇敢に立ち向かおうと決めながらも、そ
の言葉のゆえにずーっと「イエズス、私は不信仰で、不信頼で、あなた
の真実にどれだけ傷をまたつけてるのかわかりません。もしいま死んで
しまったら、神様、私はこわいです」という罪責感にさいなまれ、クラ
ラとマリー・レベッカを見ると、大人の女性への自己嫌悪におちいり、
「もしこんなことが取材でおきて、哺乳ビンとかちっちゃい赤ちゃんの
用具など見られたらどうしよう」などと、また「幼な子路線」に対する
不安をかかえるようになり、悪魔は彼女をも危なくしています。「聖体
を拝領できるか? 怖くて全部この痛みを司祭に打ち明けないと、拝領
できない」と思い、話しをしたマリー・マドレーヌです。
 あえてマリー・マドレーヌのすべてをあからさまにするのは、本当に、
本当にみじめで前代未聞の一人の小さな子だからです。特別に扱って、
ほめたりとかしているのではなくて、このことを出すことにより、彼女
の今を認識させ、もっとやさしい天を知るように導いています。
 あまりにもきびしいことだらけで、すべてこのように自分で自分を鞭
打つ人が多いのを、この世に知らしめるために、マリー・マドレーヌの
ことを話しています。神は確かに聖なる方で、裁き主です。でも罪人に
対しての愛がどれほどであるか、身をもって知らないと、本当に滅びに
走り、自由意志で決めてしまう、そういうあわれな子供たちがいっぱい
います。
 クララもマリー・レベッカも同じような傷です。人に気をつかい、よ
い子でないと受け入れられない、そのようにして二人は育ちました。
クララはまだマリー・マドレーヌに少し似たところがあります。孤独に
されたから、家族からの孤独を彼女は小さい時に受けました。彼女は
自分をよく見せようと、本当にたくさん話し、明るくふるまいます。し
かし、内面はもうどうにもならないほど傷だらけで、「誰がわかってく
れるの?」という思いでいっぱいになっています。二重構造なのです。
 愛する息子の直接話法の言葉に、この4人はいつもびっくりして、恐
れをなしてしまいます。どんな人が来ても彼の語り口は、はっきりとし
て適切なので、驚かされています。誤解を生じるひとつの理由がここに
あります。自分の考えであって、人にそれを押し付けているのではない
かという疑問を、いつも悪魔は愛する息子が話すたびに吹き込もうと、
やっきになっているのです。頭の部分にそれをいれます。
 でも、十年コルベ・マリーは、愛する息子の生き方、人を愛する愛し
方、行動の仕方を見て、彼への信頼をゆらがさないよう、本当に前向き
にいま燃え上がっています。彼も弱さのゆえに戦いますが、いつも愛す
る息子に対する「ついていく」という決断は強く、どんどん増すばかり
です。たくさんたたかれ、打たれれば、同じ運命にあずかれたという
喜びにひたることができたのを、彼は身をもって学んだからです。
 ジャン・マリー司祭は、いつも一人で歩いて、誰からも助言を受ける
こともなく、ただ天によりすがっています。リトル・ペブルとまったく
同じです。子供たち、弱さの中で、その弱い部分に苦しんだとき、全部
を天に吐き出してください。助けがすぐ来ないように見えても、カト
リックでは天使や諸聖人の通功があります。ここがプロテスタントと
まったく違います。助けてくれるのを理解できるからです。一人一人に
祝福を送ります。このあと、聖体訪問とロザリオを終え、休んでくださ
い。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2. お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は7月29日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]