%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年7月15日号 No.366

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月31日 AM6:10
マリー・マドレーヌに与えられた、ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 聖ヨゼフのいと清き御心の祝日になってます。ジャン・マリー司祭が
ミサ前のお祈りで、カナンのお母さんに取り次ぎをお願いする意味で、
以前からずうーっと私のことで祈りをしてくれていました。クリスマス
の前、待降節の前までに歌うロラーテって言う曲を歌っている途中に、
久々に百合の香りがしたの。「しるしある?」って聞いたら、識別のた
めのしるしをもらったんです。ちょうど、休憩したかったんで「ちょっ
と待って下さい」ってお願いして待ってもらってました。6:25頃、その
際ずうっと悪魔祓いのお祈りをしてくれていました。6:30近くに「もう
一回しるしある?」って尋ねてみました。そうしましたら、識別のため
のしるしをもらったので、全部の祈りが終わったあと、ジャン・マリー
司祭にお話したんです。「誰か聞いた?」って言われて、まだ聞いてな
かったので、「誰ですか?」って聞いたら「ヨゼフ」って、とっても
やさしい声で話をしてくれました。今しるしあった。

ヨゼフ様:
 私の愛する、いとしくって可愛い子供たち、ヨゼフパパがお話する。
ミッシェル・マリー・フランソワを励ましにきた。彼は、面白いイメー
ジで冗談で私のことを「ヨゼフじいさん」って言ったけど、全然怒って
いない。
 マリー・マドレーヌは、今までイエズスや私の妻であるマリア、そし
て幾人かの聖人の声と永遠の御父の声を聞いていて、どういう姿なのか
全く見ていない。今、祭壇に置かれている像が、彼女の心にあるだけで、
手で触れないと、どういう姿をしているかわからないし、芸術的に細か
く彫られたりしているので、幻でも見ることは出来ない。色も全く彼女
にはわからないので、ただ声と感覚にくるだけで、天の働きを識別して
きた。悪魔は多く彼女を痛めたし、ミッシェル・マリー・フランソワも
愛する息子もたくさんの妨害を受けて、悪魔の嫌がらせをあびてきた。
 なぜ、ヨゼフパパと言ったかというと、これから起こされるちっちゃ
なちっちゃな子供たちに、そう呼んで欲しくて、親しみを与えたくて、
そのように話した。天国では、太祖と言われるすごーい古い時に生きた。
男の人も、女の人もみんな若くって美しくって、男性は張りがあって、
筋肉もよくついていて、バリバリの30代の年齢であり、女の人たちは
マリアのように15歳の処女で本当に美しくて、ピチピチした可愛い顔を
している。
 今日あなたがたのホームページのお祝いの日であるので、祝福にきた。
コルベ・マリーの本当に忍耐強く、まるで職人気質のような研究で、ど
んどん進んできた。宣教は、本当に苦しい戦いで、こちらが福音を伝え
るのに無視するか、あるいはあざけって石を投げるように、本当に一般
の仕事をしたらすぐに評価が手に取るようにわかるのと同じではなくて、
ずうーっと忍耐と犠牲が必要で、何度も何度も転びながら、それでも
立ち上がってきた。
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に話をする。あなたに与えた百合
の祝福は、困難な時代、前に約束したように、しるしとして食べられる
ようにする。今から、一番分かれ道に差しかかる大きな戦いが始まろう
としている。
 クララにもう一人、保護の聖人を与える。ヨゼファ・メネンデスであ
る。彼女を信頼の道に導くために、そしてヨゼフの名前を、祝福の名前
を彼女に、保護者として与えることにより、悪魔の恐れとなっている
ヨゼフが守ってあげる。彼女の役割は大きいから、忍耐して使命を最後
まで全うできるよう祈ってあげて欲しい。
 愛する子らよ、リトル・ぺブルと愛する息子の私への誠の愛は、他の
誰もが持っていないほど真実である。いと清き御心の祝日を、世界に
打ち立てて、もう一度呼びかけたのはリトル・ぺブルであるし、私の
全てを本にして、私のことがみんなにわかるようにしてくれたのは愛す
る息子である。私は、私の浄配であるマリアの悲しみを、皆が心に留め
てくれるよう、マリアが出現するのを心から願い、私は彼女を助けて、
静かに控えている。沈黙が多くて、忘れられた聖人のように私を見なす
多くの幻視者たちがいるけれども、神の娘である完全なフィアットを
言ったマリアこそ、本当に女性たちは見習うべきである。「全ての恵み
の仲介者、贖いの共贖者の聖母」の名は真実である。
 ヨゼフはちっちゃな子供が大好きなので、ミッシェル・マリー・フラ
ンソワも本当に、もっともっと私に甘えて欲しい。どういう呼び方も、
私はあなたの可愛さしか目に入らないから、本当に思いわずらわないで、
苦しい胸の内をいっぱいヨゼフに打ち明け、愛する息子と一緒に、そし
てコルベ・マリーと友情を深めて欲しい。男性の柱を祝福する。そして、
クララを祝福する。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(男性の柱に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「マリー・マドレーヌ個人に」って同じヨゼフ様
の声で言われました。これは非公開になります。今しるしありました。

ヨゼフ様:
 愛するマリー・マドレーヌに、ヨゼフパパがお話しする。あなたにも、
一つのしるしを与える。あなたは、大変に崩れやすくっていつも落ち着
かない心でずうーっと過ごした。愛する息子(ジャン・マリー神父)と
夫婦の関係になるのではないけれども、あなたに与えられた十字架の道
は「償いの正しいセックス」となり、多くの無理解の中で過ごさなけれ
ばならなくなる。あなたの弱さは全部天が知っていて、いつも言葉の
危険、行動の危険にさらされ、考える部分においても、全部危険があっ
て、もう赤ちゃんのようにちっちゃい子でないと耐えられない状況に
なっている。
 早くあなたの命をこの世から取り去るようイエズスに私は取り次いだ
けれども、あなたは天草に行き、幾つか旅行に行き、愛する息子と一瞬
たりとも離れないようにして、使命を全うさせ、聖体の拝領でイエズス
が命を取り去ることを計画した。できれば本当に早くクララの目の前で
奇跡をしたかったけれども、天草において北岡ファミリーと愛する息子
のチームの中に置き、そこで臨終を迎えさせる、ということに御父が
定めた。
 悪魔はあなたを苦しめ、緊張をさせようと、また機会が延びたのを
見て、ほくそえんでいるが、ヨゼフが許さないので、何が起きてもあな
たのそのままの弱さを捧げなさい。恐れるな、といってもあなたの情緒
に傷が深くつけられ、プロテスタントで受けたカリスマ派の時の矢が
刺さったままだから、みじめな姿を見せることにより、多くの子供たち
が、特に意志を奮い起こせないで苦しんでいる子供たちの希望のために、
あなたをこのように見せ物のようにさらしたのである。決して、愛する
息子とは離れないので恐れてはならない。泣いてもかまわない。赤ちゃ
んで幼稚で白痴のまま過ごす子供として、ヨゼフが最後まで見捨てない
で過ごさせる。
 マリアは一般的な女性とは全然違う。彼女は愛でいっぱいなので、決
して責めないし、失敗してもいつも「お母さん」というなら、どんな時
でも避難所として心をいっぱいに開いて愛撫してくれる。他の子供たち、
みんなにもマリアはそうしているのであるが、受け止め方がそれぞれに
違うので、マリアのよさがわからない人が多い。マリー・マドレーヌの
ために、司祭がミサのときの功徳の効果を譲っているが、それに対する
ある悲しい思いを抱く人がいるので、マリー・マドレーヌの心の中に、
もう私ではなくてその人に譲って、と霊魂が叫んでいるのを知り、マリ
アはリンボウの赤ちゃんを彼女に出現させ、慰めている。司祭の判断に
全てを任せる。マリー・マドレーヌは決して特別扱いを受けたいなどと
いう思いは持っていない。逆に、愛する息子の2年以上の指導により、
自分の辱めを出すことを決意するように導かれた。一人で一瞬たりとも
立てないので、どうかこの霊魂が最後まで使命を全う出来るように、特
に男性の強い柱の友情をお願いしたい。名古屋の男性のメンバーにも
説明してあげて欲しい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。ヨゼフパパに「他に何かある?」って聞いたら、
しるしがあって、「もうミサに入って」って言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか? マリー・マドレーヌ個人のものは、非公開で
すか?って長の質問です。

マリー・マドレーヌ:
 先ほど言ったのの、確認のしるし、今とりました。今しるしがあって、
「公には出さずに、名古屋のメンバーにだけ送りなさい」って。しるし
ある。

マリー・マドレーヌ:
 しゃとう式が終わる頃、百合の香りがしました。すごい強い百合の
香りで、しるしを求めて、最初しるしがなかったので、サタンを追い出
しました。続いてまた、ジャン・マリーがこちらに来るときも、もう
一回百合の香りがしたので、しるしを求めました。そうしたら、識別の
ためのしるしがあって、「どなたですか?」って聞いたら「ヨゼフ」っ
て言われて、「非公開で」って言われています。

ヨゼフ様:
 愛する息子に、ヨゼフからミサの依頼をお願いする。クララ
のために、功徳の効果を譲って欲しい。ヨゼフからのお願いである。
彼女が来る前に、彼女のためにミサをたてるよう、お願いする。祝福を
子供たちにおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。一回だけでいいですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ヨゼフ様:
 クララのことで、愛する息子にヨゼフが話す。彼女は神秘的教会の
メンバーであり、まだ信仰も浅く、マリー・マドレーヌのように一人で
は歩けない。大人として結婚をしたが、彼女には非常に傷があるために、
悪魔はそこを利用し、彼女を落としてしまおうと戦いを挑んでいる。こ
れから先、一週間彼女のためにミサをたてるようお願いする。その後、
先ほどしたように元に戻してミサをして欲しい。忘れられ堕胎された
リンボウの霊魂たちについては、ずうーっと続けるようにお願いする。
悪魔の妨害にあわないよう、彼女のために皆がミサ中祈るように、ヨゼ
フが命じる。司祭の祝福をクララにお願いする。

ジャン・マリー神父:(クララに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。 

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。しるしがありました。

ヨゼフ様: 
 愛する集められた子供たちに、ヨゼフが百合の花束を一人一人に贈る。
今日ホームページを開設した記念の日なので、喜びと感謝を皆でして
ほしい。その食卓の真ん中にヨゼフがいるので、皆を祝福する。愛する
マリアも一緒にいる。司祭の祝福を、特にコルベ・マリーにお願いする。

ジャン・マリー神父:(集められた子供たち、特にコルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。しるしがあって、リトル・ぺブルさんに伝言で
すね。

ヨゼフ様:
 愛するリトル・ぺブル、ヨゼフがあなたに話をする。あなたは、世界
で一番私を愛し、御父を礼拝してくれている。あなたの功徳は天に高く
積まれており、宝の山である。あなたの愛にもかかわらず、子供たちは
あなたを愛さず、逆に軽蔑し、若者たちは去ってしまっている。あなた
は、どれほどに苦しみ、痛み、悲しみの涙を流したことか。イエズスと
一致させ、現代にイエズスを示すような形で、十字架の道を歩かせてい
る。子供たちに、あなたの釈放が一日も早く行われるよう、祈るように
呼びかけているので、希望を持って待って欲しい。あなたの思いにかな
うやり方かどうかはわからないけれども、一人の強い司祭があなたのた
めに、立ち上がり、勇者を連れてあなたの名を広めることを始めている。
もう間もなく、あなたの名は世界にとどろくであろう。ヨゼフがいつも
いるので、あなたは寄りすがって欲しい。司祭の祝福をリトル・ペトロ・
アブラハム2世教皇にお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって……

ヨゼフ様:
 最後にヨゼフが一言話す。子供達、リトル・ぺブルを愛し、彼の釈放
を願いなさい。ミサに預かるたびに、情熱を燃やして、彼の釈放を願い
なさい。祝福をおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。


--------------------------------
2007年3月31日 PM2:34
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょっとお昼寝をしてたんです。ジャン・マリー司祭はずっと寝てて、
私もちょっと静かに横になってたら、ほんとにやさしい声で「心の中か
らニコニコするんだよ」って、ほんとにやさしい声が聞こえてきました。
「誰ですか?」って聞いたら、しるしをもらって「イエズス」って言わ
れて、ジャン・マリーに話しました。この御出現があるって話をしたと
きに「二人だけで」って言われて、しるしをもらいました。確認のしる
しももらっています。

イエズス様:
 愛する子供たち……

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 ちょっと今、最初のしるしを求めてないから。もう一度ね。直前の
しるし……

マリー・マドレーヌ:
 今しるしあって、「非公開で」って言われています。確認のしるし
もらいました。

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスが話をする。愛する息子(ジャン・マリー
神父)は、この小さな子(マリー・マドレーヌ)のゆえにイエズスの
十字架の道を歩む。二人して讒言(ざんげん)されるけれども、愛する
息子は超人的な体を持ち、今までの十字架を忘れるほど強く、まるで
エリアのように、そして激しく声を出し、説教をしたパウロのように、
洗者聖ヨハネのように、悔い改めを人々に呼びかける。司祭をあざける
なら、どういう事が起こるか、目の当たりにあなたは見ることになる。
寺沢では泉が湧き、あちこちで奇跡のしるしを目にする。
 マリー・マドレーヌは、自分にも聖痕を願っているけれども、どうか
自分よりも先に、愛する息子の手足に体に聖痕をちょ!って言っている。
二人が聖痕者になったら、これこそ真実の証を立てる。秋田で償いをし
て、天草ではもう預言的使命の償いはしないで、二人のセックスの時間
は終わる。以前、死ぬまでマリー・マドレーヌの償いは続くと言った
けれども、一つのしるしをヨゼフが与えると、今日言った事に関して、
このシナリオを二人に与えることとなった。マリー・マドレーヌと愛す
る息子が二人してイエズスの傷を受ける。愛する息子の仕事は、全く
パードレピオが負ったように、今度は聖痕の痛みによるもので、その
使命を全うする。
 マリー・マドレーヌは、このビデオの公開により、世間から見下げら
れ、ふしだらな女として皆に見られるので、もう十分である。マグダラ
のマリアが話したように、すでにネット上で彼女の売春婦扱いは広まっ
ていて、彼女の心は愛する息子によって、何もかも支配されていると
見られている。マリー・マドレーヌに言う。白痴で、幼稚で、引きこも
る、これは天草でも変わらない。子よ、マリー・ダニエルを模範にして、
ますますワルトルタの『イエズスの受難』を読んで、イエズスをもっと
慰めて欲しい。今も十分に慰めてくれているけれども、最後にイエズス
のカルワリオに行くのであるから、一緒についてくるように。花婿とし
ての愛のメッセージである。祝福をおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「休みなさい」って。確認のしるしありました。



----------------------------------------------------------------
2. お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は7月22日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]